エドゥアルド カマヴィンガ。 レンヌのエースFWニアンがマルセイユ行きに言及 「実現すれば嬉しい」【超ワールドサッカー】

【ウイイレ2020】エドゥアルド カマヴィンガのレべマ能力値&確定スカウト|ビッククラブが狙うレンヌの逸材MF|yasublog

エドゥアルド カマヴィンガ

ジダン監督が獲得に向けて「ゴーサイン」か。 日本代表の久保建英、ブラジルU-23代表のヘイニエルに続き「18歳誕生日」での獲得を目指す。 記事では、ジダン監督の合意を得て、レアル・マドリードがカマヴィンガ獲得にターゲットを絞ったと伝える。 これまで強化担当者から、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバを獲得することは非常に難しそうであるというレポートが挙がってきているという。 そこで、レンヌのセンターハーフとして、今季リーグ25試合・1得点・2アシストを記録しているカマヴィンガの獲得に方向転換したというのだ。 ただし、「あくまでオペレーションの変更点の一つにすぎない」として、何よりもまずハメス・ロドリゲス、ガレス・ベイル、ルーカス・バスケス、マリアーノ・ディアスら人員整理ができないことには、新戦力の獲得も難しくなると改めて強調している。 コンゴ出身の両親のもと、アンゴラで生まれ育ったカマヴィンガは6歳でフランスへ移住。 レンヌの下部組織からトップチームに昇格し、ボール奪取力と展開力に長けるセンターハーフとして、今季17歳にしてレギュラーとして大活躍を見せてきた。 ジダン監督は今年11月に18歳の誕生日を迎える「フランスの超新星」を、中盤の柱であるブラジル代表MFカゼミーロとともに起用しながら、後継者として育てたいという意向だ。 ただし、カマヴィンガには複数のビッグクラブが注目している。 今後は5000万ユーロ(約60億円)とも言われる違約金など金銭面の駆け引きが、ポイントになりそうである。 チーム作りの過渡期を迎えるなかで、レアル・マドリードは切磋琢磨し合いながら、久保、ロドリゴ、ヴィニシウスらを含めた若きタレントへの移行に、本腰を入れてチャレンジしようとしているようだ。 [文:サカノワ編集グループ].

次の

レアル・マドリードがカマヴィンガ獲得に本腰!久保建英、ヘイニエルに続き「フランスの星」に照準

エドゥアルド カマヴィンガ

エドゥアルド・カマヴィンガ【写真:Getty Images】 レンヌのMFエドゥアルド・カマヴィンガの争奪戦が始まっている。 フランス『レキップ』の報道をもとに英『デイリー・メール』が伝えた。 カマヴィンガは今月17歳の誕生日を迎えたばかりのU-21フランス代表MF。 すでにレンヌのトップチームでプレーしている同国期待の超新星だ。 今回の報道によると、レンヌはカマヴィンガの移籍金を5000万ユーロ(約60億円)に設定した。 カマヴィンガに対しては、バルセロナ、レアル・マドリー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、アトレティコ・マドリーといった名だたるクラブが関心を示している。 『デイリー・メール』は先日、「来年注目の若手選手20人」という特集を組んだ。 カマヴィンガは日本代表MF久保建英らとともにこのリストに含まれている。 ヨーロッパ中が注目する期待の若手カマヴィンガ。 獲得を狙うクラブの動きは、すでに始まっているはずだ。 【了】.

次の

久保建英の「外国人枠」問題なし。レアル・マドリードが「フランスの超新星」にターゲットを絞る

エドゥアルド カマヴィンガ

Contents• 2019-20シーズンは16歳ながらリーグ・アンの開幕スタメンを勝ち取り、ここまで素晴らしいパフォーマンスを見せています。 ここまでの活躍ぶりを見ていますと、ウイイレアプリ2021以降では金玉昇格もあり得るような選手です。 【ウイイレアプリ2020】エドゥアルド カマヴィンガの能力値 レベル1 レベル72(MAX) 総合値 75 92 オフェンスセンス 67 79 ボールコントロール 81 93 ドリブル 78 90 ボールキープ 80 92 グラウダーパス 76 88 フライパス 72 84 決定力 63 75 ヘッダー 67 78 プレースキック 65 77 カーブ 69 80 スピード 75 87 瞬発力 77 88 キック力 68 80 ジャンプ 69 81 フィジカルコンタクト 73 85 ボディコントロール 73 85 スタミナ 76 88 ディフェンスセンス 68 80 ボール奪取 70 82 アグレッシブネス 72 84 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 2 2 逆足精度 2 2 コンディション安定度 5 5 怪我耐性 2 2 【ウイイレアプリ2020】エドゥアルド カマヴィンガのポジション ウイイレアプリ2020でのエドゥアルド カマヴィンガのメインポジションはCMFとなっていますが、DMFとOMFのサブポジション適性もあります。 今後確実に伸びる若手有望株なので、獲得できる方は今のうちに確定スカウトで獲得しておくことをおすすめします。 まとめ 今回はウイイレアプリ2020のエドゥアルド カマヴィンガについて紹介しましたがいかがでしたか。 知らない方も多いと思いますが、エドゥアルド カマヴィンガは2019-20シーズンにブレイクしている選手の1人です。 レンヌでは開幕スタメン出場を果たしここまで欠かせない存在となっています。 ウイイレアプリ2021以降では金玉昇格もあり得る超有望な若手選手です。 獲得した方はそのままキープしておき、まだ持っていない方は確定スカウトで獲得するなど銀玉のうちに獲得しておくことをおすすめします。

次の