相澤 一郎 週刊 文春。 「週刊文春」2年半ぶり完売 “森友”自殺職員の手記公開が反響 相澤記者スクープに編集長「震えました」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「佐川局長の指示」赤木さん手記掲載の文春が即完売

相澤 一郎 週刊 文春

大阪日日新聞・相澤冬樹記者のスクープ「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」が反響を呼んでいる。 発行部数は53万部。 加藤晃彦編集長は「相澤さんの原稿を初めて読んだ時、震えました。 NHKという大組織を離れ、いち記者に戻った相澤さんが粘り強い取材の末、ご遺族の信頼を得て『遺書』の公開にこぎつけた。 その経緯が9ページにわたる原稿に克明に書かれています。 相澤さんがこのスクープを発表する場として『週刊文春』を選んでいただいたことに感謝します。 こうした記事が読者の支持を得られたことは、非常にうれしく、励みになりました。 『ぼくの契約相手は国民です』が口癖だった真面目な公務員が、なぜ死ななければならなかったのか。 小誌は、今後も取材を続けてまいります」とコメントした。 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当していた財務省近畿財務局の男性職員=当時(54)=が、佐川宣寿元国税庁長官(62)の指示で決裁文書改ざんを強制され、自殺に追い込まれたとして、妻は18日、国と佐川氏に計約1億1300万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

次の

森友「遺書」スクープは、なぜ週刊文春だったのか――フリーライターが相澤さんと編集部員から学んだこと|常井健壱(トコイケンイチ)|note

相澤 一郎 週刊 文春

この記事を書くにあたりお願いしたところ、20分ほどでたちまち書き上げLINEで送ってくれました。 雅子さんの夫、赤木俊夫さん(享年54)は財務省近畿財務局で国有財産の管理を担当していました。 3年前、森友学園への国有地の8億円もの値引き売却が発覚した時、取り引きをめぐる公文書の改ざんを上司に指示され、反対しても聞き入れられず、心ならずも改ざんさせられてしまいました。 俊夫さんはそのことを苦にうつ病になり、休職中にさらに悪化して、2年前、命を絶ちました。 死の間際に、知る限りの事実を「手記」として残しました。 夫は真実を皆さんに知ってほしくて手記を書いたに違いない。 雅子さんはそう感じていましたが、夫の職場の財務局は公表しないよう強く求めてきました。 押しかけてくるマスコミも怖い。 だから公表せずにいましたが、夫の死を招いた改ざんや、その原因になった国有地の巨額値引きについて、財務省はいつまでも真相を明らかにしません。 全文は発売中のに掲載 そんな時、森友への国有地値引き問題を追及してNHKを辞めた私のことを知り、連絡をくれました。 それから1年4か月。 話し合いを重ねる中で、雅子さんはついに決断します。 夫の三回忌を終えた今年3月18日、手記を週刊文春で公表し、改ざんを指示したと夫が手記で書いた佐川宣寿元財務省理財局長と国を相手に裁判を起こしました。 すべては夫の死の真相を知るためです。 財務省が説明しないのなら、裁判で説明させるしかないと心を決めたのです。 手記の公表を週刊文春にしたのは、私がNHKを辞めた後、記事を書いていたからです。 そして3か月、雅子さんを取り巻く環境は激変しました。 日本中から共感と励ましの手紙やメールが(代理人の弁護士を介して)届きます。 大勢の人が雅子さんのことを知るようになりました。 同時にネット上には中傷とも受け取れる言葉も現れ、気持ちが揺れることもあります。 それでも俊夫さんの無念を胸に前に進んでいます。 その姿を、雅子さんと私の1000通に及んだLINEのやり取りなどを中心にご紹介します。

次の

小沢一郎と「夕刊フジ」と「週刊文春」 山崎行太郎 赤かぶ

相澤 一郎 週刊 文春

逢沢一郎議員が大臣になれない理由は女性問題なのか。 逢沢氏は祖父・父親と3代続く政治家。 しかしいづれも入閣した経験がなく大臣になることは一族の悲願だと言われてるそうです。 しかも11期目のベテランです。 順番的に大臣になってもおかしくないのにいまだに入閣できません。 なぜなのか? 逢沢氏は週刊文春で女性問題について報じられます。 本人は否定していますが家族はどう思っているでしょうね。 逢沢一郎氏がなぜ大臣になれないのか。 (文春の記事と関連)• 逢沢一郎氏の経歴や家族(嫁・娘)について 情報をまとめています。 逢沢一郎氏は当選11回・衆院議運委院長2回という経歴をもつ 自民党のベテラン議員です。 女性宮家反対• 原発ゼロ反対 などと総理と考えが近く、 当選11回で大臣になっていないというのは結構異例なケースにあたります。 なぜ逢沢一郎氏は大臣になれないのか? 女性関係で問題があって本人が断っているという話があります。 けっして地元岡山が豪雨被害で大変なときに、のんきにお寿司を食べたツイートしたからではありません。 美人な嫁さんが加計学園と関係があるからでもないと思います。 女性問題というと分かりづらいですが有り体にいえば、女好き。 「迷惑がかかるから」と2回も断るなんてよっぽどです。 (報道) どれくらい酷いのか。 逢沢一郎氏の女性問題について週刊文春が報じています。 ホテルに呼ぶやつです。 記事によると、• 週2~3回。 主に4時間以上で延長を繰り返していた 逢沢氏は延長を繰り返し頻繁に通う上客で、 年間1500万円以上使っていた可能性があると関係者が明かしていました。 このようなことが4年前にあって最近控えていたが、また再発したとあります。 文春の取材によると 「ホテルに呼び出した女性が去った後、今度は別の女性を呼ぶ"おかわり"をしていた」と。 御年65歳。 もし本当ならば驚愕ものです。 逢沢一郎は一部の業者で有名。 オカマ口調。 問題は違法風俗利用 文春の記事では逢沢氏の性癖が関係者談として明かされていた。 特に気になったのがオカマ口調。 「しばらくあえなくなるけどぉー、選挙で忙しいからぁ」 「いけない子ねぇ、いけない子ねぇ」 プレイ中はこんな風なオカマ口調だったそうです。 記事を見たとき、頭の中でワンピースのキャラ「冗談じゃないわよ!」のボン・クレーしか出てこなかった。 ただの女好きなら逢沢一郎議員は変わった性癖がある。 で終わるのだが、 問題は違法風俗利用。 売春防止法に違反した行為。 政治家としていかがなものかと言わざるを得ない。 逢沢一郎議員が入閣できない理由は、いつか文春のような週刊誌に女性問題を報じられる可能性を考えていたからだろう。 本人も顔がバレないように暗闇でするなど努力をしていたが、あまりにも派手すぎた。 ある種病気に近いものだったのかもしれない。 プロフィール 逢沢一郎 (あいさわ 一郎) 1954年6月10日生まれ 岡山県出身 衆議院議員(11期) 逢沢一郎議員は岡山県選出の衆議院議員です。 慶應義塾大学工学部を卒業。 多くの有能な人材を作り出した松下政経塾の一期生でもあり、祖父・父親と続く政治家一族で3代目です。 1986年の衆議院議員選挙で初当選しました。 32歳のときです。 それから11回連続で当選。 通商産業政務次官(1992年)• 衆議院外務委員長(1997年)• 外務副大臣(2003年)• 自民党幹事長代理(2005年)• 衆議院議員運営委員長(2006年)• 衆議院予算委員長(2007年)• 自民党国会対策委員長(2010、2013年)• 自民党総裁特別補佐(2011年)• 衆議院国家基本政策委員長(2014年)• 自民党一億総活躍推進本部長(2015年) と数々の重職を歴任してきた逢沢一郎議員の経歴を見ると、 何となくスゴい経歴の人というのがわかると思います。 「逢沢さんそろそろ大臣やらない?」と言いたくなるのもわかります。 まぁ無理だったわけですが。。 逢沢一郎の嫁や娘は?ツイッターで長女がたびたび登場 逢沢一郎議員は結婚していて美人な奥さんや娘がいることがわかりました。 — K. SAITO Remember311919 逢沢氏の奥さんは逢沢俊枝さん。 年齢はわかりませんが美人な奥さんだということはわかります。 2013年4月、吉備高原学園高等学校の入学式の祝辞の画像です。 加計学園の系列校です。 逢沢氏の親族が経営するあいさわ工業が加計学園の工事を受注したりしてて結構つながりがあります。 逢沢一郎が娘のツイートを盛んにしている件 明後日3日、長女奈緒の入学式。 大学生になります。 入学式行ってあげようか、と言ったら、べつに来なくていいよ。 だって。 なんでかなぁ。 — あいさわ一郎 ichiroaisawa 逢沢一郎議員の娘さんは、逢沢奈緒さん。 2010年の大学入学が18歳とすると、2019年時点で26~7歳くらいですね。 長女ということで、ほかにもお子さんがいるのかもしれません。 今朝の朝食。 衆議院赤坂宿舎です。 長女がつくってくれました。 さあ、今日も一日がんばるぞ! — あいさわ一郎 ichiroaisawa 逢沢議員は娘さんについてたびたびツイートしているので、 自慢の娘なんでしょう。 朝食を作ってもらって嬉しそうなのが伝わります。 今日のお昼ごはん。 衆議院赤坂宿舎で大好物のラーメン🍜。 しょう油味。 会社員している長女がつくってくれた。 ちょっと幸せな気分。 午後は「土光杯青年弁論大会」に。 青年の主張にしっかり耳を傾けます。 — あいさわ一郎 ichiroaisawa ラーメン作ってくれるなんてどんだけだ。 父娘で仲が良いのは高校生からのようで、奥さんがいないとき二人で家事したなんていうツイートもありました。 逢沢一郎と娘の関係が心配。 文春の記事は家族に影響大か 逢沢一郎議員がなぜ大臣になれないのか。 女性問題があったんですね。 (本人は否定しています) 加計問題以外はとくにスキャンダルもなく11回連続当選していたベテラン議員。 なぜ大臣にならないのか不思議に思っていましたが合点がいきました。 (本人は否定しています) 真偽はともかく文春の記事で大きな影響がありそうなのは家族です。 特に娘さん。 朝食やスイーツ、ラーメンまで作ってくれた父娘の関係性。 20代後半の女性とはいえ嫌悪感をしめしてもおかしくない記事内容です。 良好な関係がたもっていけるのかちょっと心配。 政治的な立場より家庭で立場が気になってしまいました。

次の