朝日 新聞 通販。 朝日新聞SHOP / 洗える立体ガーゼマスク2枚セット

【新型コロナ】朝日新聞通販、『黒船ウイルス』表記が発掘されて絶賛炎上中wwwww

朝日 新聞 通販

店名 朝日新聞SHOP 会社名 株式会社 朝日新聞社 所在地 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 電話番号 0120-013-193 受付時間 9:00~19:00 年末年始を除く毎日 メッセージ 朝日新聞SHOPは、朝日新聞社が運営する通販サービスです。 そんな出会いとぬくもりのある「お買い物の場」を目指します。 セキュリティ• 【通販朝日】カタログ掲載商品• 【特集】• 展覧会カタログ・グッズ• 仏像・フィギュア・工芸・複製画• 趣味・健康・美容• インテリア・寝具・家具・収納• キッチン・掃除・バスグッズ• 雑貨・日用品・防災グッズ• 家電・冷暖房• 文具・画材• ファッション・旅・身のまわり小物• 時計・メガネ・アクセサリー• 高校野球・イベントグッズ• 書籍・DVD• 供養・エンディング• 食品・飲料•

次の

朝日新聞3300円のマスクを通販で販売し首相に指摘された理由は?

朝日 新聞 通販

朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円のぼったくり価格で販売中 () 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 他にもなにやら昔に販売されていたであろう抗ウイルス・抗菌スプレーが人気なようで:() 商魂たくましいですね。 追記:マスクについてはが「泉大津市マスクプロジェクト」として生産し、価格設定したものを販売しているようです。 布マスクの有効性を疑問視する記事を出していた朝日新聞 () 朝日新聞はこういう記事を書いていたわけですが、 WHOの「どんな状況でも(布マスクは)勧めない」というのは、医療従事者向けのアドバイスにおける表現であって、一般向けにはマスクの種類の限定はありませんし、限定的な場合には健康な人にもマスクを推奨しています。 また、アメリカCDCは一般人向けに、健康的な人でも社会的距離を保てない場所では布マスク着用を推奨しています。 医療従事者のためにサージカルマスクを確保させることを期待しているのでしょう。 そういう意味では朝日新聞の読者は高齢者が多いですし、サージカルマスク・不織布マスクを販売している様子はありませんから、むしろ布マスクへ誘導していてよいのではないか?とも思えてきます。 布製マスクの販売者が増えている サージカルマスク・不織布マスクは医療従事者のために取っておきたいので、一般向けにこうした製品が紹介されるのは「有り」なんじゃないでしょうか。 実際、アメリカCDCも一般人に対しては健康な人であっても社会的距離を保てない場所では布マスクの着用を推奨しています。 この手の布製マスクの販売者は増えているようで、検索すると無限にヒットしていきます。 参考例を以下に置いておきますが、 2枚セットで3300円ってのはかなりお高いですよねぇ。。。 あと、以下の商品は除いていますが、黒いマスクが多かったり、モデルの顔がなんだか整形顔(か、彼の者たち)っぽい感じなのが多い気がするのはなんなのでしょうかね。。。

次の

首相言及の朝日の通販マスク、産地市長が官邸に意義説明:朝日新聞デジタル

朝日 新聞 通販

安倍晋三首相が17日の記者会見で、朝日新聞社の通信販売サイトが2枚3300円で販売するマスクを取り上げたことについて、製造元の繊維メーカーがある大阪府泉大津市の南出賢一市長は22日、首相官邸を訪れた。 SNSで価格に批判が出たことなどから、木原稔首相補佐官と面会し、マスク不足の解消に向けた同市の取り組みの意義を説明した。 朝日新聞社が運営する通信販売サイト「朝日新聞SHOP」が販売していたのは、「繊維のまち」として知られる泉大津市の老舗繊維メーカー「大津毛織」の布マスク。 南出氏らの呼びかけに応じ、マスク不足の解消を目指し手作りで製造、定価3300円(税込み)で販売していた。 記者会見では、朝日新聞記者が全世帯へ布マスクを2枚ずつ配布する政策などに批判があるとして、質問した。 これに対し、首相は「御社のネットでも布マスク3300円で販売をしておられたということは承知をしておりますが、つまりそのような需要も十分にある中において、我々もこの2枚の配布をさせていただいた」と答えた。 首相の発言を受け、SNS上では価格に対する批判や、品質の良さを評価する投稿が相次いだ。 南出氏は木原氏と面会後、記者団に対し、首相発言によって価格に批判が出たことなどについて「若干残念なところは当然ある」「現場のモチベーションがちょっと下がってしまった」と述べた。 一方、大津毛織の布マスクについて「150回繰り返し洗っても使える」と品質の良さも紹介した。 木原氏からは首相からのメッセージとして、「決してこの2枚3300円が高いと言っているのではなく、それだけの価値があるものだと、日本のものづくりの技術が結集されたものだと認識している」と伝えられたことを明らかにした。 朝日通販サイト、来月再開予定 緊急事態宣言前に受注停止 朝日新聞社が運営する通信販売サイト「朝日新聞SHOP」は、一時的に受注を停止していた大阪府泉大津市の繊維メーカーが作った布マスクの販売を5月に再開する予定だ。 マスクの販売は3月20日から始めた。 だが、新型コロナウイルスの感染拡大や4月7日に予定されていた政府の緊急事態宣言の影響で物流が滞ることが予想されたため、同SHOPはマスクも含めた全商品の受注を6日に停止。 その後、物流が改善してきたため、同SHOPで販売を再開できる見通しとなった。 マスクは裏表のガーゼの間に不織布や脱脂綿を挟んだ立体4層構造で、飛沫(ひまつ)が通過しにくく、繰り返し洗える耐久性を兼ね備えている。 同SHOPはホームページで「ものづくりへの志を高くかかげるメーカーのみなさまと提携し、お客様によい商品をお届けすることに尽力してまいります」とコメントした。

次の