ドラム ショット ガン。 実銃のショットガンの給料弾方式について疑問があります。↓の画像のように...

Fortnite Season 9:プレスのドラムショットガンと巨大ロボット

ドラム ショット ガン

32連ドラムマガジン付きのAA-12 AA-12 種類 製造国 設計・製造 ミリタリー・ポリス・システム(MPS)社 仕様 種別 用散弾銃 口径 12ゲージ 銃身長 457mm 使用弾薬 12ゲージ 装弾数 8発() 20-32発() 作動方式 全長 991mm(時) 966mm(時) 重量 5. 2kg(なし) 7. 概要 [ ] AA-12は、とても珍しいフルオートが可能な用であり、その発射速度は毎分300発に及ぶが、発砲時の反動は驚くほど少ないものとなっている。 AA-12は、で一般に見られる、ので作動する。 性向上のため、設計には大量のが使用されており、銃の点検の際の掃除はほとんど必要ないとMPS社は説明しているほか 、 設計者は、掃除するのは1万発射撃した後で構わないと話している。 ただし、セミオートの機構はないためフルオートでしか射撃はできず、を引く指の力を調整することによって、セミオート射撃を可能としている。 は8発の装填が可能なか、20-32発の装填が可能なによって供給される。 なお、AA-12と同様にフルオート射撃が可能な散弾銃で知られるは、本銃の基本設計をもとにして作られたものである。 開発 [ ] ボックスマガジン付きのAA-12 AA-12の原型は、に銃器設計技師マックスウェル・アッチソンによって「 Atchisson Assault-12」の名称で開発され 、その後にマックスウェル・アッチソンは、に拠点を置くミリタリー・ポリス・システム(MPS)社にAA-12の権利を売った。 それからMPS社は、18年に渡り元の設計図から188の設計変更と改善を行い、方式への変更などがほどこされた。 そして、に現在のモデルが完成し、その名称は「 Auto Assault-12 (AA-12)」とされた。 重量は5. 2kgまで軽くされ、全長は966mmまで短くなったが、長は同じままにされた。 モデルの銃身長は約333mmで、通常モデルより半分ほど軽くなっている。 MPS社は他にも、アクション・マニュファクチャリング社やスペシャル・カートリッジ社と協力し、FRAG-12特殊弾とFRAG-12に対応した多機能武器システムを開発している。 弾薬 [ ] AA-12は、3インチ長の様々な種類のを使用することができる。 例えば12ゲージの散弾やスラッグ弾、またはであるである。 また、高性能爆薬を内蔵したFRAG-12を使うこともでき、1人で持ち運べるとして運用することも可能となっている。 採用 [ ] に、AA-12が10丁製造されてで評価試験が行われたが、採用されたかどうかは不明である [ ]。 モア・インダストリーズ社が開発したHAMMER無人防御システムには、2丁のAA-12が2X-40に搭載されている。 ニューラル・ロボティックス社では、で操作するに2丁搭載している。 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 エクスペンダブルズの一員であるヘイル・シーザが、と32連付きのものを使用する。 作中では、通常の散弾だけでなく「オマイヤ・カブーン」と呼ばれる架空の小型弾も使用しており、命中した敵をバラバラに吹き飛ばす威力を見せる。 『』 ヘイル・シーザが、前作と同仕様のものを使用するほか、の経営者で主人公たちの商売敵であるトレンチが、シーザが使用していたものを借用して、での銃撃戦時などで使用する。 『』 前作に引き続きトレンチが使用する。 『』 主人公であるのロイスが、と製一体型フォアグリップを装着し、32連ドラムマガジンを付けたものを使用する。 アニメ・漫画 [ ] 『』 対亜人特選群隊員「」が32連ドラムマガジンを装填したものを使用。 における亜人との戦闘では、亜人が放出したIBMを連射により下まで押し戻し、IBMの弱点となるをさせた配水管からかけることでIBMを無力化させている。 『』 対戦闘部隊「」の装備として32連ドラムマガジン付きのものが登場。 単行本第16巻にて、SPIRITS副隊長のがに対して使用する。 『』 山岸を筆頭とする対部隊の装備として登場。 での寄生生物掃討作戦時に使用され、多数の寄生生物を倒すことに成功する。 『』 ソニドデ・トトーガ島に到着したパーカー・ルチアーニを始めとするBSAA欧州本部のSOU部隊が使用。 主人公、富永タケルも使用している。 ゲーム [ ] 『Batman-The Telltale Series』 ハービー・デントとウェイン屋敷で戦う際に、デントが20発を持ち込んで使う。 『』 「オート・ショットガン」の名称で登場する。 通常の散弾との2種類のが使用可能。 『』 『』 味方陣営のTF141や敵陣営のなどが使用する。 『』 主人公らの隊員が主に使用する。 『』 韓国では別名で「アーイーリー」という。 1は韓国語で[イール]、2は[イー]と発音する。 そのためAAを読む時の発音[アー]とイーリーが合成、「アーイーリー」という別名が作られた。 『』 主人公の隊員のスタンプが使用する。 『』 ACS12としてのオペレーターであるアリバイ、マエストロが所有する。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2012年4月5日閲覧。 2013年6月29日閲覧。 clcweb. html [ ] Military Assault Shotgun: "During a Blackwater shoot, 5000 rounds were fired through a single weapon without cleaning or a drop of Lube. Crane, David 2005年6月15日. 2016年9月8日閲覧。 Business Insider. 2016年9月9日閲覧。 Moore, Jacob; Ruble, Drew July—August 2009. BusinessTN. Crane, David 2006年7月19日. 2016年9月8日閲覧。 Blass, Evan 2006年3月1日. 2011年9月2日閲覧。 2011年9月2日閲覧。 外部リンク [ ]• Johnson, Robert September 10, 2014. Business Insider - Australia Allure Media. 2015年2月26日閲覧。.

次の

【フォートナイト】私が考える歴代最強ショットガン決定版(シーズン9現在)

ドラム ショット ガン

まず、現代の戦争ではショットガンの有効となる戦闘はまず発生する事が無く、殆どが鍵の破壊や暴動鎮圧に使用されています。 室内戦ですらショットガンよりサブマシンガンの方が有効と言われています。 最近エアバースト弾が開発されて少し話題に上がりましたが、結局採用される事は無いみたいです。 サイガの様なボックスマガジン式でも装弾数は8発とベネリM3と同じです。 それなら邪魔になるボックスマガジンよりチューブマガジンの方が持ち運びしやすいですし、必要の無いセミオート機能を省く事が出来ますので信頼性やコストの面でも有利です。 結局素早くマガジンチェンジをする状況では使わないから要らないと言うのが今の状態です。 (ポンプアクションだけで言いという意見も多く有るそうです) ショットガンは有効射程が短く、至近距離では大きな破壊力を持つライフル状の武器です。 軍事では、近距離~中距離での戦闘で汎用性のある武器が有効とされます。 ショットガンでは200m先の敵に攻撃をしかけるためには使えませんが、歩兵部隊ではそのような状況が主任務のひとつです。 主任務に使えない大きな武器を携行するのは妥当性が薄く、つまり軍用ショットガンとはドアエントリー用など特殊な用途で使われる道具と考えるのが一般的でしょう。 そういう使い方なら、大量の装弾数を瞬時に補給する必要性も薄く、AA12やスパス15のようなマガジン方式ではなく、信頼性の高い普通のチューブラーマガジンで十分なわけです。 ゾンビ映画でショットガンが大活躍するのも、200m先のゾンビから攻撃を受ける 笑 などのシチュエーションがないからで、つまり至近距離で強大な破壊力を誇るショットガンが、見た目上もっとも有効に見える、というだけに過ぎません。 もし本当に脳幹破壊がゾンビの無力化に有効、ならば極至近距離ではショットガンもアサルトライフルの破壊範囲と大差ないでしょうし、だとしたら本当は多弾数を誇るアサルトライフルの方がずっと有効かもしれません。 でも、見た目はショットガンの方が頼りになりそう、という、しょせんイメージの世界の話です。 ボックスマガジン方式のショットガンは存在します(添付写真:saiga 12ゲージ)。 ですが写真を見ると分かる通り法執行機関向けの製品で、民間のスポーツ射撃用(クレー射撃や狩猟など)として販売されているものではありません。 クレー射撃では2発以上を撃つ必要が無いためボックスマガジンの存在意義がありません。 重くてバランスが悪いので成績もあがりませんし。 狩猟ならばある程度のメリットはありますが、それでも必要数に比べて過大な装弾数はメリットよりデメリットの方が多いというのが実情です。 法執行機関向けとしても、一般的な散弾銃が持っている、銃身の下にあるチューブ状のマガジンにレシーバー側面あるいは下面から弾を装填する方式には大きなメリットがあります。 「最後に入れた弾が最初に発射される」という特徴がそれです。 撃っている途中であってもいつでも「これから撃ちたい弾」を装填すれば、それが最初に発射されます。 これはボックスマガジンでは真似できません(やってやれないことはないのですが手間です)。 催涙弾などの非殺傷弾、ドア抜きなどのための一発弾、暴徒鎮圧用の9粒弾など多種多様な弾を状況に合わせて切り替えて撃つ必要があるような立場の人間が使う銃としてはこの特徴は計り知れないメリットになります。 余談ですが「3ガンマッチ」みたいな名前で呼ばれる特殊な射撃競技(ショットガンを使ってコースを走りながら各所に配置されたターゲットを素早くヒットしていき、そのタイムと命中率で競うもの)では、装弾数は多ければ多いほどいいし、装弾補給(マガジンチェンジ)も速くできるのなら速いほどいいとされるため、サイガショットガンを使う人はけっこう多いとか。 チューブマガジンに一瞬で装填するための特殊なリローディングツールを腰に何本もぶら下げてコースを走りまわる人とかもいるそうです。

次の

U.S. AS12

ドラム ショット ガン

シーズン9も終わりかけの現在、FORTNITEには数多くのショットガンが存在します。 どれを使用していいかわからない状態の人も多くいるのではないでしょうか。 そこで、私の独断と偏見で歴代ショットガンに優劣をつけ、ランキング形式にして最強のショットガンを決定します。 ショットガン一覧 名前 DPS ダメージ 装填数 v9. 30存在しているか ポンプショットガン 70 100 5 〇 タクティカルショットガン 118. 早速、それぞれ武器の特色について、個人的な見解を説明していきます。 ポンプショットガン 現在、ポンプショットガンはアンコモン、レアの2レアリティが存在します。 少し前まではエピック、レジェンダリーという恐ろしいレア度のポンプショットガンが存在していましたが、現在では保管庫行きとなっています。 ポンプショットガンはv9. 00で一度保管庫に回収されています。 しかし、v9. 30のパッチでアンコモン、レアだけが戻ってきており、このまま回収されないのでは?という意見が多くあります。 ポンプショットガンはv9. 00まで主流な武器であり、出現したら持たない人はほとんどいないといった状況でした。 レアのポンプはボディダメージが100を超えるため、初動でポンプを持てたら一発で敵を仕留めることが可能です。 またヘッドショットでは200を超え、倒された時には「またヘッショワンパン」と萎えるプレイヤーも多くいました。 個人的にはヘッドショット時のダメージを200未満に抑えることで競技性が増すのではないかと考えます。 タクティカルショットガン 「これを持つくらいならサブマシンガン等を連射していたほうが勝てるのではないか」と思えるほどに信用できません。 レティクルが大きくとても当てやすいのは利点ですが、レティクルが大きいため弾がバラけ、当たっているのに雀の涙ほどのダメージしか入らないことがとても多いです。 超近距離ではごく稀にヘッドショット150以上のダメージを出しますが、2マス、3マス離れると戦えたものではありません。 他のショットガンと比較してみると、威力という点では、超近距離で150出せても、ポンプショットガンは200以上出ます。 また連射力という点では、ポンプショットガンに比べて連射力が高いものの、コンバットショットガンの方が圧倒的に連射力が高く、射程も長くなっています。 結論としてはショットガンの中では一番「扱いづらい」武器です。 本当に武器が枯渇してる時にレアであれば持つかどうかを悩むレベルです。 タクティカルショットガンを保管庫に戻し、他ショットガンの出現率を上げればプレイヤーのストレスも軽減されると考えます。 二連式ショットガン 懐かしいと感じる人がほとんどではないでしょうか。 DPSが228と恐ろしい爆発力を誇ります。 二連式ショットガンが出た当時は、ポンプショットガンでのワンパンが流行っていなかったため、二連式ショットガンの音を聞いた際には、直ぐに距離を置くのが定石となっていたほど恐れられていた武器でした。 しかし、今ではポンプショットガンが200以上のダメージを出す上、装填数、リロード時間共にフットワークが軽いため現在保管庫から戻ってきたとしても使用する人は少ないのではないかと考えます。 それでも高威力と早い連射速度で敵を瞬間的に制圧できた時は実に爽快です。 登場した当時はとても強力な武器でしたが、現在の環境では保管庫から戻ってくる可能性は低いと考えます。 ヘビーショットガン v9. 30の14日間のフォートナイトにおいて、一時的に戻ってきた武器です。 昔からプレイしていたプレイヤーの中では懐かしさ故に使う人が多く見られました。 しかしお気づきの通り、コンバットショットガンの下位互換になります。 DPS、ダメージ、装填数全てにおいてコンバットショットガンを下回っています。 敵から2マス離れた場所ではコンバットショットガンよりダメージは出ますが、3マス離れるとコンバットショットガンよりほとんどダメージが出なくなるため、現状では戻ってくる可能性は少ないと考えます。 個人的に見た目と音が好きなので強化されて戻ってきて欲しい気持ちもあります。 コンバットショットガン ポンプショットガンと入れ換えで登場したショットガンです。 装填数が10発と多く、リロードが2発ずつ行われるなど他ショットガンにはない特色を持ちます。 レティクルが異常に小さいため集弾率が高く、中距離以降でも十分なダメージを出します。 これがあればサブマシンガンは必要としない場面が多くあります。 レティクルが小さいため乱数で小ダメージを出すことがなく、信用できる武器です。 自分のエイム力だけを頼りにする武器なので、エイムに自信がある人はこの武器が一番相性が良いと考えます。 登場した当時はあまりにも中距離以降の距離減衰がなかったため下方修正されてはいますが、十分にメインで使っていける武器です。 初動で出現した場合はその連射力・威力を武器に無双でき、終盤では中距離以降の敵を流れるように倒すことができます。 個人的に一番好きな武器です。 ドラムショットガン v9. 30で登場した最新のショットガンです。 ダメージが50となっていますがそれは超近距離、敵と同じマスに入った際の火力です。 1マス、2マス離れると10~20という頼りないダメージになってしまいますので、近づいた状態で撃ち合わないと撃ち負けることが多くなります。 脅威的な連射力が武器となるこの武器、ショットガンであるにもかかわらず建築を壊すことにも使えるのでダメージを与えた敵に対してごり押しする際に使うと効果的だと考えます。 しかし、少し離れるだけでショットガンとは言えないほどのダメージに下がるので、サブマシンガンを持っていた方が有効的だと考えます。 このタイミングでこのショットガンを追加した意図はわかりませんが、競技シーンで使う人は滅多に見られません。 順位 ここまで6つのショットガンを紹介してきましたが、個人的に強いと思える順位をつけてみました。 順位 名前 1 コンバットショットガン 2 ポンプショットガン 3 ヘビーショットガン 4 二連式ショットガン 5 ドラムショットガン 6 タクティカルショットガン 現在2強とされている「コンバットショットガン」「ポンプショットガン」で1位、2位を悩みましたが、コンバットショットガンを1位に選んだ理由は、エイムが良いプレイヤーであればコンバットショットガンで少し距離を取りつつ撃つことでポンプの高威力を回避できる点や、近距離に持ち込まれても連射力でカバーできる強みがあるからです。 そう、決め手となったのは終盤における中距離の強さです。 コンバットショットガンかポンプショットガンかで終盤のキルの稼ぎ方がかなり変わってきます。 しかし、プレイスタイルによってはポンプショットガンの強みを最大限に生かせるプレイヤーもいるので賛否両論かと思われます。 3位、4位のヘビーショットガンと二連式ショットガンですが、ヘビーショットガンの方がどんな状況にも対応できるという強みがあります。 二連式ショットガンの高威力は魅力的ですが、装填数が2発であり、リロードに時間がかかるため2発で仕留めれなかった際や敵が2人以上の場合はとても苦しい状況になります。 5位、6位のドラムショットガン、タクティカルショットガンも迷いましたが、私個人がタクティカルショットガンの乱数ダメージに裏切られ過ぎたため最下位にしました。 かなり私情の入っているランキングですが、ドラムショットガンが5位である理由もきちんとあります。 他のショットガンにはない連射力のおかげでダメージが低くてもカバーが可能である点や、サブウェポンを必ずしも必要としない点です。 新武器なのでこれからどのようなパッチが入るかわからないので今後に期待したいと思います。 コンバットショットガンとポンプショットガンで派閥が分かれている今、いわゆるハズレとされているドラムショットガン、タクティカルショットガンに強化パッチを出すか、安らかに保管庫に回収されることを願っています。

次の