大阪 市 粗大 ごみ 収集 受付。 大阪市:品目別収集区分一覧表(50音順) (…>ごみとリサイクル>ごみ処理とリサイクルの知識)

大阪市粗大ゴミをインターネットで申し込む方法を図解で説明します!

大阪 市 粗大 ごみ 収集 受付

受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後3時( 平成29年4月より受付時間を1時間短縮しています ) 休み:土曜日・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日) 注意• 月曜日、祝日の翌日の午前中は、混み合う場合がありますので、つながらない場合は、別の時間帯におかけ直しください。 申込み日時により、収集日まで時間を要することがあります。 ご希望に添えない場合がありますので、できるだけ早めに申込みをしてください。 収集日前日に確認メールを配信 インターネットから粗大ごみ収集を申込みされた場合、収集日の前日に、登録されているメールアドレスに粗大ごみ収集日の確認メールを配信します。 なお、そのメールを配信した時点では追加・変更・取消のお申込みはできませんのでご了承ください。 収集日、手数料などを確認します 消火器、バイク、タイヤ、注射器・注射針、ガスボンベなど、自動車部品、バッテリー、 耐火金庫、農機具、業務用機器、瓦、タイル等、太陽熱温水器、太陽熱ヒーター、 ドラム缶、灯油、ガソリン等の可燃性液体、ペンキ類、火薬、建築廃材、薬品、 ボーリングボール、システムキッチン、ガレキ、レンガ、コンクリート、パチスロ台など 家電リサイクル法対象品(テレビ・冷蔵庫及び冷凍庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機) 上記のようなものは、市では収集しておりません。 購入先または専門の処理業者に相談してください。 家電リサイクル法対象品は、購入した販売店または、買い換え時に引取りを依頼してください。 事業系廃棄物は、収集できません。 PC マークのついている「家庭用パソコン」(平成15年10月以降に販売分)は、販売時に、回収・再資源化料金(リサイクル料金)が含まれていますので、購入先のメーカーへご連絡ください。

次の

大阪市の粗大ごみ収集がインターネット申込対応で便利になった

大阪 市 粗大 ごみ 収集 受付

必ず市指定袋(有料)に入れて出してください。 できるだけ水気を切るなど、ごみの減量化にご協力をお願いします。 市指定袋の色が、 黄色から青色に変更になりました。 (黄色の袋も今までどおり使えます。 町会活動促進袋については、指定袋と同様に取り扱います。 所定のごみ置き場に適切に出して頂だければ収集いたします。 2.資源ごみ 容器包装プラスチック(無料)• 市販の無色透明のごみ袋(45リットル程度までの大きさ)に入れて出してください。 風で飛ぶ恐れがありますので、小袋で出すのは避け、また内袋(二重袋)の使用はやめてください。 汚れのついている物は軽く水洗いして汚れを落とし、水気をよく切って出してください。 「容器包装プラスチック」であっても、中身が付着して洗えないもの物や洗っても汚れやにおいが取れない物、粒状の発泡スチロールは「可燃ごみ」として出してください。 よくあるお問い合わせ 歯ブラシ、ストロー、洗剤の計量スプーン 「商品」そのもので「容器包装」ではありません。 「可燃ごみ」として出してください。 ポリバケツ、ポリタンク、弁当箱、タッパー 「商品」そのもので「容器包装」ではありません。 「粗大ごみ」として出してください。 マヨネーズ、ケチャップの容器 「容器包装プラスチック」であっても、汚れや臭いがとれないものは「可燃ごみ」として出してください。 ハンガー 多様な種類、素材のものがあります。 市では「粗大ごみ」として出して頂くようお願いしています。 収集した「容器包装プラスチック」は、パレット等にリサイクルされています。 3.資源ごみ カン・ビン・ペットボトル本体(無料)• 市販の無色透明ごみ袋(45リットル程度までの大きさ)に入れて出してください。 内袋(二重袋)の使用はおやめください。 中身は使い切ってから出してください。 汚れのついている物は、軽く水洗いし汚れを落としてください。 大きな物の中に小さな物を入れて出さないでください。 よくあるお問い合わせ ペットボトルのラベル、プラスチック製のキャップ 「容器包装プラスチック」として出してください。 金属製のキャップ 「粗大ごみ」として出してください。 一斗缶以上の大きさの物、ガラスや陶器製の食器類、蛍光灯 「粗大ごみ」として出してください。 カセットボンベ 「カン」として出すことができますが、時折爆発や火災事故が発生しています。 必ず中のガスを使い切ってから出してください。 収集した「カン、ビン、ペットボトル本体」は、それぞれリサイクルされています。 4.資源ごみ 紙類・古着(無料)• 紙類は品目ごとに分け、ビニールやガムテープ等の異物は取り除いたうえ、ひもで十字にしばって出してください。 (新聞については、販売店からもらえる排出用のビニール袋等を使用できます。 段ボール、紙袋等を排出用の容器として使用しないでください。 古着は、ご自分で使える状態、タンスにしまえる程度に洗濯された汚れのない物を、市販の無色透明な袋(45リットル程度までの大きさ)に入れて出してください。 よくあるお問い合わせ ネクタイ、スカーフ、マフラー、ハンカチ、タオル(バスタオル含む) 「古着」として出してください。 下着類(パンツ、ブラジャー、くつ下、ストッキング)、帽子、手袋 「可燃ごみ」として出してください。 カーテン、シーツ、毛布、ふとん、じゅうたん、畳 「可燃ごみ」として出してください。 シュレッダー後の紙くず 「可燃ごみ」として出してください。 5.粗大ごみ・臨時ごみ(電話申込み制 有料) 「粗大ごみ」• 粗大ごみ収集業者に電話で申込みしてください。 収集する品、収集日等について打合せをお願いします。 (取扱いできない品があります。 また、繁忙期など、収集日のご希望に添えない場合があります。 ) 必要な枚数の粗大ごみ処理券(1枚500円)を購入して粗大ごみに貼って、打ち合わせた収集日に出してください。 「粗大ごみ」1点あたり1枚の粗大ごみ処理券を貼ってください。 ただし、縦横高さの計が3mを超える物には1点あたり2枚の粗大ごみ処理券が必要です。 「粗大ごみ」として申し込みができるのは、1回の申し込みで5点以内です。 (月2回まで)• 先のとがった物、重い物で袋が破れる可能性がある場合は、段ボール箱を使用してください。 大きな物の中に小さな物を入れて出さないでください。 また、使い捨てライターは必ずガスを抜いてください。 家庭から出る土砂・ブロックは、少量に限り申し込みできます。 小型家電については、宅配便を活用した回収もご利用いただけます。 「8.宅配便を活用したパソコン・小型家電の回収」をご覧ください。 「臨時ごみ」• 引っ越しや家庭内の掃除、整理などにより、臨時的に大量にごみが出る場合や、1回の申し込みが6点以上の「粗大ごみ」がある場合に、軽トラ(1車あたり6,000円)、2トン車(1車あたり12,000円)での収集を申し込むことができます。 申し込み先は粗大ごみと同じです。 収集する品、収集日等について打合せをお願いします。 (収集できない品があります。 また、繁忙期など、収集日のご希望に添えない場合があります。 必ず分別が必要です。 また、収集の際に立会が必要です。 テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン(室内機・室外機)、洗濯機・衣類乾燥機が対象です。 (法律の改正により、今後対象品目が追加変更される場合があります。 ) 家電リサイクル法対象品の処分方法• 家電リサイクル法等に基づいて適正にリサイクルしなければならず 、「粗大ごみ」や「臨時ごみ」として出したり、焼却場に搬入することはできません。 以下のいずれかの方法により、リサイクルしてください。 1 家電の販売店に引取りを依頼する方法• 処分したい家電を、購入した販売店又は買い替えを行う販売店に引取りを依頼してください。 購入した店、買い替えた店は引き取る義務があります。 (義務外品については、引き取ってもらえるかどうか各家電販売店にご相談ください。 リサイクル費用、及び収集運搬費用が必要です。 2 自分で家電メーカーの指定引取所に搬入する方法• 郵便局に備え付けの家電リサイクル券に必要事項を記入し、 リサイクル費用を振り込んだ後、処分したい家電を家電リサイクル券と併せて家電メーカーの指定引取所に搬入してください。 最寄りの指定引取所 住所 電話番号 日本通運 株 堺支店岸和田流通センター 岸和田市地蔵浜7-9 072-439-2221• 詳しくは以下のホームページをご覧ください。 市では、収集及び処分を行いません。 以下のいずれかの方法でリサイクルにご協力ください。 1 宅配便を利用する方法 「8.宅配便を活用したパソコン・小型家電のリサイクル」をご覧ください。 2 パソコンメーカー等に依頼する方法• パソコンメーカーが回収し、再資源化します。 廃棄するパソコンメーカーの受付窓口へ直接お申込みください。 (ホームページからの申し込みもできます。 ) 原則PCリサイクルマークのついているものは無料、ないものは有料になります。 pc3r. 8.宅配便を活用したパソコン・小型家電の回収• 本市と小型家電リサイクル法の認定事業者「リネットジャパンリサイクル株式会社」は、使用済小型家電の回収について協定を結び、 平成29年4月から、連携・協力してパソコン・小型家電のリサイクルに取り組みます。 今回の連携により、 パソコンの回収は無料(1箱分)でご利用できます。 データが不安、消去方法が分からないなど、パソコンの廃棄にお困りの方は是非ご利用ください。 なお、小型家電については、これまでどおりの回収も引き続き行いますので、ご利用しやすい方法でリサイクルにご協力をお願いします。 「リネットジャパンリサイクル」へ、インターネット(パソコンまたはスマートフォン)から申し込むだけで、宅配事業者が希望日時に自宅まで回収に伺います。 回収品目• 詳しくは「リネットジャパンリサイクル」のホームページでご確認ください。 箱のサイズは、3辺の合計が140cm以内の段ボールで、重さ20kg以内。 箱に入れば何点入れても回収可能です。 左図のような大きさの箱が利用できます。 5cm+49. 5cm+48cm=128cmですので 3辺の合計が140cm以内となります。 回収料金• 無料(パソコン本体を含む回収1回につき、1箱分のみ 注H29年4月1日以降)• 2箱目以降の回収、パソコンを含まない回収は通常料金1,500円(税抜• 令和元年10月1日よりCRT(ブラウン管)モニターの回収がオプション(有料)となり、1台3,000円(税別)の処理費用がかかります。 回収料金は、申し込み時にクレジットカードまたは銀行ネット決済を選択いただくか、回収時に現金でのお支払になります。 なお、回収時に現金でお支払いの場合、箱数に関係なく、回収1回あたり別途198円(税抜)が必要です。 料金(1箱あたり) 1箱目 2箱目以降 備 考 パソコン本体のみ パソコン本体と小型家電 本市の住民は無料 1,500円(税別) 各種オプションサービスご利用の際は、追加料金が必要です。 小型家電のみ 1,500円(税別) 1,500円(税別) 申込方法• 「リネットジャパンリサイクル」のホームページからお申込みください。 お問合せ事項 お問い合わせ窓口 電話番号 「可燃ごみ」・「資源ごみ」の収集曜日・収集時間の確認、万一の取り忘れの連絡など あけぼの商会 072-462-1148 岩安清掃社 072-463-1977 木村清掃社 072-469-5445 北谷衛生 072-490-1186 「粗大ごみ」・「臨時ごみ」の申し込み 奥野興業 072-465-4600 興和 072-464-5926 ナガタキヤ 072-464-3388 ごみの分別のこと 環境衛生課(市) 072-463-1212(代) 「家電リサイクル法対象品」・「パソコン」の処分のこと 「適正処理困難物」の処分のこと 不法投棄についてのこと 町会活動促進袋についてのこと 市民協働課(市) 関係先リンク PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。 お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

次の

大阪市の粗大ごみ収集がインターネットでできる!申し込み方法は?

大阪 市 粗大 ごみ 収集 受付

引越し、片付け、買い替え…などなど。 そんな時につきまとう問題が、不要となった 家具などの粗大ごみの処理です。 「そもそも どうやって処分すれば良いかわからない」• 「処分料金が 高い」• 「自力では指定場所まで 運べない」• 「収集日が指定できなくて 都合が合わない」• 「回収業者って ちょっと不安」 大阪市にお住まいの皆さんは、これらのお悩みをかかえたことはありませんか? ここでは、そんな粗大ごみの処分方法についてご案内いたします。 この記事をお読みになる前に この記事で紹介させていただくことは、リペアやリメイク、修復などしなければ売れないようなものや壊れているもの、分解しているものなどの、誰かに 譲ったり売ったりはできなさそうな家具の処分方法をご紹介しております。 そもそも粗大ごみって? 大阪市のHPによると、粗大ごみは以下のように定義されています。 家庭の日常生活から出されるごみで、最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものです。 また、家庭の引越しや大掃除などで一時的に多量に出されるごみについても、粗大ごみで収集します。 様々な粗大ごみがありますが、今回はタンスを例にとりご紹介いたします。 粗大ごみを処分する3つの方法 粗大ごみの処分は大きく3つに分けられます。 方法1 ごみ処理施設へ持ち込む• 方法2 大阪市粗大ごみセンターへ収集依頼• 方法3 不用品回収業者へ回収依頼 それぞれの料金目安や、処分方法などをご紹介いたします。 最も安い!ごみ処理施設へ持ち込み ご自身で運搬可能な方限定となりますが、この方法が 一番安い処分方法です。 また、処分する不用品の 数が多ければ多いほどおすすめです。 管轄施設と予約方法 持ち込みは、前日までにお住まいの区(ごみの発生区)に応じたごみ処理施設への 予約が必要となります。 ただし、最大辺が1mを超えるもの等については、お住まいの区(ごみの発生区)に関係なく破砕処理が必要です。 その場合は 舞洲工場(破砕設備設置)へ問い合わせして下さい。 予約が多い場合や工場の稼動状況などによっては、 ご希望日に予約できない場合があります。 ごみには 家庭から生じるゴミ(家庭系ごみ)と 事業活動によって生じるゴミ(事業系ごみ)があり、事業系ごみには、事業系一般廃棄物と産業廃棄物があります。 事業系ごみとしてごみ処理施設に持込めるのは 事業系一般廃棄物のみで、産業廃棄物の持ち込みはできません。 また、危険物や資源化可能な物、リサイクル家電なども 持ち込み不可となっています。 持ち込めない品目について詳しくはこちらをご覧ください。 ・家庭系ごみ 月曜日〜金曜日 9時〜11時または13時〜15時 ・事業系ごみ 火曜日または金曜日 9時〜11時または13時〜15時 持ち込みの料金 大阪市の場合、1kgあたり9円という計算になっており、入り口で車ごと重量を計量、施設内でゴミを下ろし出口で再度車の重量を計量、その差分で処分費が決まる仕組みです。 5m縦1. 8mの40kgのタンスですと、 約360円となります。 メリットとデメリット メリット• 料金が最も安い• 予約さえすれば時間は比較的自由に選べる デメリット• 車と搬出運搬の労働力が必要• 最大辺が1mを超えるもの等は舞洲工場まで行く必要がある あらかじめ1m以内に潰しておけば受け取り可能• 持ち込めない品目がある 持ち込みの注意点など 大阪市HPに記載されている注意点を引用します。 持ち込みの前にご確認ください。 ・持ち込みは1日1回1台(4トン車までに限る)• ・ダンプ車以外の車両で持ち込む場合は、2人以上で搬入する事• ・ごみの飛散・落下防止のため、シートをかぶせるなどして運搬する事• ・此花区及び福島区以外の区から舞洲破砕設備へ搬入する際は、阪神高速湾岸線を通行する事• ・持ち込みできない物が発見された場合は、持ち帰りになる場合がある• ・車検証をご持参する• ・持ち込み時に、処理施設からごみを自ら持ち込んでいることを確認する場合がある。 ・破砕処理施設へ持込む場合は、木製家具などの可燃性の粗大ごみとスチール製本棚や自転車などの不燃性の粗大ごみを、混載(積合せ)して一度に持ち込むことはできない• ・可燃性の粗大ごみと不燃性の粗大ごみは、分別して別々の日に持ち込む 費用が安く、手間もあまりかからない!大阪市粗大ごみ収集センターへ収集依頼 収集料金代わりである 粗大ごみ処理手数料券を購入し貼り付けたり、指定日に指定場所まで出さなければならないといった手間がかかりますが、料金は比較的安価に収まりますので 非常にオススメの方法です。 収集依頼方法 大阪市粗大ごみ収集センターへ受付の電話をします。 申し込みには、 住所・氏名・電話番号・粗大ごみの品目などが必要です。 また、予め粗大ごみの サイズをはかっておくとスムーズです。 収集日は、 申込みから4日後〜1ヶ月後となります。 大阪市粗大ごみ収集センター 0120-79-0053 携帯電話からは06-6377-5750 月曜日〜土曜日(祝日も受付)午前9時〜午後5時 受付が終わったら 指定日指定位置に、粗大ごみ処理手数料券を貼り付け出します。 粗大ごみ処理手数料券は取扱店(「粗大ごみ処理手数料券取扱店」の表示がある大阪市内のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、郵便局等)で購入することができます。 粗大ごみ処理手数料券について詳しくはこちらをご覧ください。 品目や大きさにもよりますが、 200円〜1,000円で引き取ってもらえます。 5m縦1. 8mの40kgのタンスですと、 1,000円となります。 メリットとデメリット メリット• 料金が明解で、木製製品などは比較的安価• 先払いなので安心 デメリット• 指定日に指定場所まで運ばなければならない• 申し込みから最短で4日後以降の収集となる 収集依頼の注意点など 粗大ごみ処理手数料券が貼られていない場合または金額が足りない場合は 収集してもらえない他、解体が必要な品目もあります。 受付の際に確認が必要です。 最も楽で早い方法!不用品回収業者へ回収依頼 最後にご紹介するのが、出張回収・買取業者、いわゆる不用品回収業者へ回収依頼をすることです。 粗大ごみ処分3つの方法の中で最も 手間をかけず、早くに処分ができる方法です。 電話一本で来てくれて、家の中にある不要品を搬出し引き取ってもらえるので、大きく重たいものでも 問題なく処分できます。 しかし、デメリットもあります。 それは後述する料金の高さです。 持ち込みや収集依頼と比べ、手間がかからない分、タンスやクローゼットといった 大型家具類は料金が高くなる傾向にあります。 回収依頼方法 業者のHPや、業者を紹介しているウェブサイトから業者を選び、電話やメールで問い合わせや依頼をします。 その際には、粗大ごみ収集センターに収集依頼する時と同じように、不要品のサイズや材質などを業者に伝えるとスムーズです。 回収料金 業者により違いはありますが、横1. 5m縦1. 8mの40kgのタンスですと、 3,000円〜5,000円程度となります。 メリットとデメリット メリット• 面倒な手続きが不要の上、運び出してくれるので手間がかかりません。 市では粗大ごみとみなされないものも引き取ってくれます。 回収日時をこちらの都合で指定できるので、忙しい方でも安心です。 メリット• 家具の回収費用は他の手段に比べ高額となることが多い• 業者によって金額にバラつきがある 回収依頼時の注意点など 回収料金は各業者が独自に定めているため、 業者によって金額にばらつきが生まれることがあります。 そのため、複数の業者に見積もりを取り、 最終的な料金と回収日などの兼ね合いで依頼先を決定することをオススメします。 粗大ごみ処分のまとめ 大阪で粗大ごみを処分したい際は、お客さまの 状況により依頼先を決めることがオススメです。 以下に、それぞれの特徴をまとめましたので、ぜひご参考ください。 手間をかける分、処分にかかる費用が少なく済みます。 逆に、手間を掛けられない場合や時間的猶予がない場合は、 不用品回収業者への依頼がオススメです。 処分費用は少し高くなってしまいますが、手間を一切かけずにすばやく処分ができます。 おまかせリサイクルでも、粗大ごみの回収を承っています。 詳しくはこちらをご覧ください。

次の