コロナ銭湯は大丈夫。 【新型コロナ】温泉・銭湯・ジムの風呂は大丈夫?危険と安全な感染対策

コロナウイルスで自粛中に銭湯や温泉は大丈夫?サウナは危ない?!|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ銭湯は大丈夫

1,サウナ・銭湯に行ってはいけない? 新型コロナウイルスの感染についてはまだまだわからないことが多数あるのが現状ですが、 「感染症学」から見ると『高温多湿下ではウイルスの感染力が弱まる』という情報もあります。 そこで疑問なのが、高温多湿である サウナ・銭湯については 感染リスクは高いのか?それとも低いのか?ということです。 日ごろサウナや銭湯でリフレッシュしている方、自宅にバスルームがなく銭湯を利用せざるを得ない方からすると、サウナ・銭湯を控えることは死活問題に近い状況ですよね。 結論、サウナ・銭湯には行ってはいけないかどうかについては、自己責任・自己判断に頼らざるを得ないこととなります。 サウナ・銭湯における新型コロナウイルスの感染リスクや危険性が不明確な状況ですので、現状わかりうる情報を本記事で提供できればと思います。 もちろん不要不急の外出は控えるべき状況であることを前提に、参考にして頂ければ幸いです。 2,サウナ・銭湯に関わるデマ 新型コロナウイルスの感染についてはまだまだわからないことが多数あるのが現状ですが、いきすぎた情報や「デマ」を流す人が一定数いるのも事実です。 ここからは、サウナ・温浴施設に関わるデマについて取り上げていきます。 感染の元となるものはあくまで飛沫感染であるため、その元である唾液・鼻水が原因であることがほとんど。 「感染症学」が専門の中原英臣医学博士も、汗からウイルスが出ることはないと仰っています。 汗が原因で感染するケースは確認されていないため、『汗でも感染するか?』という情報においてはデマであると言えます。 熱い風呂に入ればウイルスを殺せるという情報については、「ウイルスを殺すには、温度が60度以上(新型コロナウイルスに有効かは不明)」という前提条件があります。 60度のお風呂に入ったりなんかすれば、火傷するのは目に見えていますよね。 しかも、熱い風呂に入ることは体温を変えることにはならないため、これもデマであると言えます。 3,新型コロナウイルス対応ガイドライン 2020年3月8日、「公益社団法人日本サウナ・スパ協会」が、『サウナ・スパ関連施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン』を発表しました。 国内のサウナ施設・銭湯施設の基準となるガイドラインとして掲示されており、業界に向けたガイドラインとなっています。 我々利用者としても知っておくべき情報もありますので、ここからは大事なポイントを抜粋してご紹介していきます。 感染の拡大・拡散を防ぐため、以下症状のある方はしばらくの間、施設の利用を控えるように記載されています。 4,サウナ・銭湯における感染対策 自己責任・自己判断のもとサウナ・銭湯などの温浴施設に行く場合、個人でできる感染対策は万全にしておきたいですよね。 ここからは、個人でできる感染対策について情報提供をしていきます。 定期的にサウナ内の空気を入れ替えている、かつ人との距離をとれる広いサウナスペースのある施設が理想的ではあります。 しょっちゅうサウナ内の空気を入れ替えてしまうと、せっかくのサウナ空間が壊れてしまうので難しい部分ではありますが、感染症の危険性がある期間においては各自が意識したいところです。 以前ご紹介したなどの温浴施設では、感染症における対策と利用者へのお願いをしっかりと載せてあります。 <サウナ・銭湯での注意点> 風呂や浴室は高温多湿でウイルスの感染力が弱まるが、問題は入浴後に共用スペースで過ごす時間が長いこと。 多くの客が集まる場所でごろ寝をしたり、食堂でのんびりするのは避けるべきです。 宿泊施設・食堂を兼ねた温浴施設では、入浴後リラックスしているスペースに人が集まってしまうため、そこでの感染リスクが高まってしまいます。 感染症の危険性がある期間においては、『サッと入ってサッと出る』を原則にサウナ・銭湯などの温浴を楽しむようにしましょう。 風邪を引いたらお風呂に入ってはいけないとよく言われますが、症状によっては「 お風呂に入った方がいい」場合もあります。 まとめ 今回は、サウナ・銭湯における 『新型コロナウイルス』感染リスクと対策について、まとめて解説してきました。 不特定多数の人が生活し、感染ルートがわからない中で絶対に安全な場所などない状況の中、サウナや銭湯などの温浴施設も控えるべきなのでしょうか。 最終的には個人の自己責任・自己判断に委ねられることにはなりますが、今回ご紹介した情報を参考にしていただければと思います。 この記事が、あなたのサウナ・銭湯に行くべきかどうかの判断材料になれば幸いです。 以上、最後までお読みいただき有難うございました。

次の

銭湯経営者に聞く 新型コロナウイルス感染予防対策 その2

コロナ銭湯は大丈夫

新型コロナウイルスが世界各国で問題になり、連日大会の中止や公演の中止が発表されています。 とうとうオリンピックも延期になりました。 いつ収束するのか分からない新型コロナウイルスですが、家に引きこもっていたら感染しないのでしょうか。 罹患率が低下することは確かですが、家から出なかったとしても絶対に感染しないとは現時点では誰にも明言できないことです。 では感染に気を付けながらも普通に暮らすとして、どう言った点に気をつければ良いのでしょうか。 例えばスーパー銭湯によく通っていたのなら、その日常を崩さずにいる為に何をしたらいいんだろうと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。 日常的には利用していなくても、たまのリラックスにスーパー銭湯を利用する人もいます。 こんな状況だからこそ、体だけでなく気持ちをほっと緩めたいと考えてしまうものではないでしょうか。 自衛はもちろん大切です。 ですが、あれも駄目、これも駄目と片っ端から自分をがんじがらめにしてしまったのでは気持ちが疲れてしまい、気持ちで病気に負けてしまうこともあるでしょう。 締めるべきところは締めて、その必要のない部分に関しては緩めてやることも時には必要です。 ここではスーパー銭湯に行く場合、何に気をつけ、何を予め知っておけばいいのかをご紹介します。 新型コロナウィルスに関する詳細な情報は、をご覧ください。 そのスーパー銭湯での小規模集団感染 クラスター の報告は現時点 2020. 28 では無いようです。 湿度の確保は新型コロナウイルスが流行りだした頃から言われていますが、スーパー銭湯のお風呂場においては湿度の心配はしなくて大丈夫でしょう。 ただ、今はどこにウイルスが潜んでいるかわかりません。 そのため、 スーパー銭湯側でも出来うる限りの対策を行っています。 例えば清掃の徹底や消毒、スタッフのマスク着用や手洗いの徹底などです。 利用者を迎える側ができることは全てやっていると言えます。 それに対し、利用者側は何に気をつけたらいいのか。 どういった場所で注意が必要なのかを考えておく必要があります。 スーパー銭湯に限った話ではありませんが、共用のものに触った後には顔に触れる前に手を洗った方がいいでしょう。 その点、すぐに手を洗い流せるスーパー銭湯は非常に理想的な環境かもしれません。 スーパー銭湯でよく利用する場所は、残念ながら全て注意が必要な場所になります。 前述しましたが、今はどこにウイルスが潜んでいるかわからないからです。 しかし闇雲に気を尖らせる必要はありません。 注意が必要な場合を紹介していきますので、参考にしてみてください。 更に一定時間毎で消毒も行っているようです。 脱衣所にはお風呂がある場所程には湿度はありませんが、それでもドアを開け閉めする時や水気を纏って出てくる人達のお陰で空気が乾くということはありません。 密閉空間ではありますが、脱衣所にいつまでも留まる人はいないので大人数が集まるという条件には該当しません。 感染リスクは低い場所だと言えるでしょう。 注意をするとすれば、ロッカーを使う時は念の為に隣あるいは上下にいる人との距離をロッカーひとつかふたつ分開けて使用することをおすすめします。 その方が自分も安心ですし、他の利用者と不必要ないさかいも起きません。 『新型コロナウィルス』スーパー銭湯のサウナの感染リスクと注意点は? サウナは温泉よりも更に湿度がある場所なので、ここでも空気の乾燥を心配する必要はありませんが、湿度があまりないようなサウナは避けた方が無難でしょう。 どうしても利用したい場合は湿らせたタオルを持っていくといいかもしれません。 ただし、サウナはほかの場所に比べて空間が狭く、どうしても他の利用者との距離が近くなってしまいます。 間隔をあけて利用しようにも限界がある場所なのは否めません。 施設側は清掃や消毒を徹底していますが、サウナを利用する人が多ければ感染リスクの高まる「人が密集する」に該当する場合もあります。 サウナを利用するのは、既に利用している人の人数を確認してからの方がいいでしょう。 『新型コロナウィルス』スーパー銭湯の露天風呂の感染リスクと注意点は? 露天風呂は野外に設置されたものなので、密閉空間には該当しません。 空気も常に流れているので換気ができていないということもなく、かと言って湿度がないわけでもありません。 施設によっては、広さはそんなに無い場合はありますが、小規模集団感染 クラスター が引き起こされる可能性がある条件にはひとつも当てはまらないので、スーパー銭湯の中では一番感染リスクが低い場所と言えるでしょう。 ですが、野外といえども基本的な咳エチケットはきちんと守る必要があります。 スーパー銭湯のどの施設を利用する場合でも、常に周りには人がいて、スタッフが働いています。 感染リスクが低い場所でも、お互いの為にエチケットを守って気持ちと体をほぐすようにしましょう。 不要不急の外出の自粛要請が出ており、不要な外出ではないかと思われる人もいるでしょう。 ですが、お風呂に入ることを不要だと言い切れる人はいないのではないでしょうか。 衛生面を考えれば、むしろ入浴したほうがいいでしょう。 確かに自宅と違って不特定多数の人が利用する場所ではありますが、電車の中とは違って共用のものに触ったらすぐに手を洗うことができます。 サウナを利用する際には少し注意が必要ですが、サウナで騒ぐ人はいないため、唾が飛んできたりする危険は小規模集団感染 クラスター が報告されているような他の場所よりもぐっと低いです。 絶対に安全だとは残念ながら言い切れませんが、そんなことを言い出してしまえば人間は地球上のどこにもいられないことになってしまいます。 常にお湯に触れて洗われ続けているような状況にいられるスーパー銭湯でゆっくりしても罰は当たらないでしょう。

次の

コロナ感染者が利用!富山市の銭湯「立山鉱泉」の場所は?行動歴や濃厚接触者は?

コロナ銭湯は大丈夫

「コロナは銭湯やサウナ利用は大丈夫?感染リスクや危険性は?」 コロナショックともいわれるコロナウイルスの不安は今、世界中を駆け巡っている。 トランプ大統領の後ろ向き発言で『 2020東京五輪』開催にさえ黄色信号がともるほどである。 さらにトランプ自体にも感染疑惑が浮上している始末だ。 だが庶民にとって 毎日の生活に響くコロナ不安こそが大問題。 そこで今回は 町の銭湯やサウナに絞って、その危険性や利用方法について考えてみたい。 安らぎや憩いを求める人、健康促進・ダイエット・リハビリの一環として利用する人、またお風呂や住まいがないために通う人もいるだろう。 そういう人たちにとって 銭湯があるかないかは健康や生活の質を大きく左右する一大問題である。 コロナ全盛の今、銭湯は今後どうなってゆき、愛好者はどう利用すればいいのか、それを探ってゆきたい。 スポンサーリンク 目次• 法律や憲法の後ろ盾もある不滅の銭湯文化!? オリンピックもなくなりかねないんだったら 銭湯もなくなるんじゃないか。 そんな不安を抱いている人は数多くいるだろう。 ただでさえ 銭湯文化の最盛期はとうに過ぎ地方都市ではめっきり見かけなくなった。 そのためコロナ危機を機に一気になくなってしまうんじゃないかと思うのも分かる。 だが、 銭湯がなくなる可能性はほぼゼロに近い。 日々のニュースを見ればそれが分かる。 テーマパーク・ライブハウス・スポーツジムが自粛休業というニュースは数あれど、銭湯がそうした例はほとんどない。 それは 銭湯の数が少ないからでもある。 だが根本的には、 銭湯が意義深い公共性を持っているからだ。 町の銭湯はどこでも『 公衆浴場法』という法律の元で国家的に厳密に管理されている。 これはおそらくほとんどの人が知らない事実だろう。 銭湯とは今も日本国民にとって健康維持、社会にとっては保健衛生のために必要不可欠な場所だと位置づけられているのだ。 『 公衆浴場法』とは根本的に憲法25条の有名な文句 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」 に深く関連したものだろう。 つまりそれは国が国民に保証する生存権なのだ。 銭湯がなくなれば健康や生活の質が大きく落ちるという人は今も少なからずいる。 つまり 銭湯は図書館や病院などに等しい国民生活上の基幹インフラだといっても過言ではない。 国民の健康や社会衛生を脅かすことにもつながるため政府は今も 銭湯への自粛要求をしていないといえる。 もちろん 緊急事態宣言が出されれば、銭湯の営業も厳しくなるだろう。 またスーパー銭湯や温泉は公衆浴場にはふくまれないので今の状態でも自粛の波は広がってゆくだろう。 スポンサーリンク 銭湯がコロナのホットスポットになる可能性は低い コロナウイルスの一連の報道を見ると、やはり銭湯は感染拡大の最も危険な場所・ホットスポットのように感じられてしまう。 銭湯は屋内で人が数多く密集し、無防備な裸同士なので濃厚接触も起こりうる場所。 それは一般的な ホットスポットの定義にぴったり当てはまる。 だが、電車やライブハウスや職場とは決定的に違う点がある。 それは 気温と湿気だ。 当然、銭湯やサウナは温度が高く、いるだけでむせ返るほど湿気も高い。 コロナの性質はまだよく分かっていない。 だがインフルエンザ系のウイルスである以上、その感染力は暑い中では格段に落ちるはずである。 現在、世界中でコロナの感染拡大が叫ばれているが、特に南米やアフリカでは感染者がどの国もほぼ100人以下に抑えられている。 理由はかんたん。 3月の今、地球の南半球は夏だからだ。 銭湯もサマーシーズンの国とほとんど同じ状況だと言える。 暑く湿気ている中では喉や気管が常に潤っているので、たとえウイルスが侵入してもすぐに胃に流れて消化されるものだ。 銭湯やサウナとはコロナにとって決して居心地の良い場所ではないのである。 今ほとんどの銭湯では、咳や発熱がある人の利用自粛を呼びかけている。 体調が悪いからこそ銭湯に行きたいという人にとっては酷な要求だろう。 だがコロナは感染力がハンパないため、睡眠不足や37. 5度以上の熱などで抵抗力がない人はすぐにかかってしまう。 お風呂がある家なら自宅療養でまず体力を回復させるべきだろう。 お客さんが銭湯の用意した消毒液や除菌スプレーをできるだけ利用し、咳をするとき口や鼻を押さえるなど咳マナーを守ることも大切だ。 あとは普段から守っていることを特に意識すること。 ・体を洗ったばかりでも湯船に入る前にはかけ湯をする。 ・もちろん人にかからないようにそっとする。 ・湯船には髪の毛やタオルを浸さない。 ・サウナを利用する前は体から水気を落としサウナ室をびちゃびちゃにしない。 サウナから出たあとは、これは初心者にありがちなのだが、すぐに冷水やお湯に入らないこと。 ちゃんと汗を流してからそうする。 こういうことはウイルス感染の予防策として特に効果的だ。 人のことばかり気にしていたら入浴が楽しめなくなるだろという意見もあるだろう。 しかし私自身の経験からも、特に銭湯や温泉では人を思いやると逆に自分も気持ちよくなれるものだ。 ひたすら自分勝手にふるまえば、確実に楽しさは減る。 自分のためにもマナー遵守は必須なのだ。 コロナに負けない!オリンピック延期でも、銭湯文化は続くよどこまでも 町の銭湯はより多くの人に開かれた憩いの場でもある。 例えば大半のスーパー銭湯・健康ランド・プール・スポーツジムなどでは、タトゥーを入れた人の利用を禁止している。 だが町の銭湯の多くはタトゥーや刺青を禁じていない。 先述の通り、銭湯は根本的に国民の生命や保健衛生を守る場所なので、それだけ 人権が厚く認められているということだ。 多様性が求められる21世紀の日本にとって、 銭湯は今後も大きな役割を果たすものだといえる。 コロナウイルスはすでに中国でピークを過ぎ、国内約8万人の感染者のうち約6万人は退院している。 数万人規模の集団免疫が自然発生しているはずであり、それが世界に広がればコロナ克服のゴールは見えてくる。 世界的終息は早くても6月だというので7月の「東京五輪2020」開催は厳しくなるだろう。 だが銭湯はきっと大丈夫である。 そして案外「その方がいいよ」という人は結構いるのではないだろうか。 スポンサーリンク.

次の