ハイパー インフレ 対策。 ハイパーインフレ時の資産の守り方

日本国債デフォルトハイパーインフレ対策

ハイパー インフレ 対策

Photo by iStock この年のトルコのインフレ率は約85%。 つまり、今、1万トルコリラで売っている物を1年後に買うのには1万8500トルコリラを出す必要があるということです。 物価の上昇は1年だけの現象ではありません。 この年の前年は約86%、その前は約80%、さらに前は90%。 数年続くだけで物の値段は何倍にも跳ね上がり、トルコリラで持っていた現金や預金、保険などすべてが大幅に価値を失うことになるのです。 日本の一般会計税収は56兆円。 それに対して国の支出は96兆円。 国の債務がすごいスピードで増えているのに、働く人の人口は減っている状態です。 そんなこともあり、数年前から日本でハイパーインフレが起きるのではないかとささやかれるようになりました。 いったんハイパーインフレが起きれば、人々は目減りする現金を物に交換しようと、商店に殺到します。 物が高くなることがわかっている店側は、抱えている在庫を出し惜しみすることで、さらに高く売ろうと考えます。 こうやって売り場の物が少なくなり、物の値段が上がっていくのです。 この悲惨な状態が何年も続いたら、物の値段に0の数が増え続け、トマト1個が5億ドルになるなど、自国の通貨がほとんど意味をなさなくなります。 まさにこれと同じで、ドルやユーロでないと買い物ができない状態になったのが、ジンバブエの経済破たんなのです。 昔から安全資産といわれている「金(きん)」は、いうまでもなく世界中で取引されています。 アメリカの市場で、1オンス 28. 34グラム が1300ドルで取引されていれば、1オンス金貨を持っている人は交換するのに手数料はかかるものの為替に左右されることのない1300ドルの価値のあるものを持っていることになります。 私が初めて「金」を買ったのは、平成20年。 当時の市況は、「金」好きなお国柄であるインドや中国の経済が活況になり「金」需要が増え、価格は右肩上がりでした。 たとえ、急激な下落が起こったとしても、大昔から人類に好まれた普遍的な美しさを持つ「金」ならいつか買値は上がるだろうと思い、現物購入しました。 また、当時、不動産関連のローンが5000万円程あったので、500万円分の「金」を持っていれば、10倍のインフレが起きたとしても、「金」価格が10倍になるので、それでローンを一括返済すれば、借金のない物件を手に入れることができると考えました。 インフレ後に土地や建物の評価が高く再評価されれば、手放す必要もなく、インフレに強い「金」が資産を保全してくれるのです。

次の

外貨建てMMFもデフォルトハイパーインフレ対策

ハイパー インフレ 対策

日本の国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖に対する対策は準備できていますか? イタリヤやスペインの国債金利が危険水準の7%前後(これは2012年前後の金利です。 平成30年現在はイタリア2%、スペイン1.5%とかなり低下しました。 )とギリシャ国債のデフォルトから始まったユーロ危機は収まるどころか拡大を続けている状態ですし、世界を見渡せば近年ロシアでは物価が毎年70倍になるハイパーインフレを3年間経験しまし、デノミによって資産価値が一気に1000分の1になりました。 1年間に50倍のハイパーインフレを経験したアルゼンチンや金利が1万5000%のトルコ等世界各国いたるところで国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖が発生しています。 (その他ジンバブエやドイツやハンガリーやブラジル等多くの国でデフォルトやハイパーインフレが発生しています) 国家財政が破綻までせずともお隣の韓国で、近年住宅ローン金利が30%まで上昇し、多くの方が土地や建物等の財産を取り上げられて無一文になったそうです。 この国債のデフォルトやハイパーインフレの危機を対岸の火事だと全く気にしていない日本人も多いと思われますが、実は日本も早かれ遅かれデフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖等厳しい道を歩む可能性が高くなってきています。 日本の財政状態を一般家庭で表すと 平成28年度、現在の日本の財政状態を年収1000万円の一般家庭にたとえると年収1000万円にも関わらず年間に1667万円お金を使い、なおかつ金融資産が1億1155万円、借金が1億8465万円ある状態です。 収支は667万円の赤字、そして借金から金融資産を除いた借入残高が7310万円となります。 もし、このような家庭があるとするなら、誰がどうみても見ても、すでに破綻していると判断するのではないでしょうか? このような懐事情の家庭に、更なる融資をしてくれる銀行はないので、一般家庭であれば確実に破綻しています。 ところが、これは日本の国の話で、今のところ借金が出来ているので、平穏に過ごすことが出来ています。 このように説明すると、消費税増税で少々収入を増やしても収支の若干の改善にしか繋がらない焼け石に水状態であることがよくわかります。 今のところ日本の銀行や保険会社や郵便局が顧客から預かったお金の運用先として日本国債を購入しているので順調に国債の消化が行われています。 (現在は、ゼロ金利政策の影響で銀行や保険会社等の国債保有が減り続け、そのかわりに日銀が国債を引き受けています。 この現象は、正常な状態から異常な状態に一歩前進したようなものです。 ) しかし、日本の財政状態が危険な水準まで達していることを特に都市銀行等は感づいていますので、金利が安くても早めに撤退できるように短期の日本国債に切り替えています。 そして、ある時どこかの都市銀行が日本国債に見切りをつけて売り出すと一斉に金融機関が日本国債の購入側から売却側に立場を変えてくる可能性があります。 そこまで行き着いてしまうと、日本の国債価格が低下して、金利が上昇し高騰して、その高騰につられて、金融機関からの企業に対する貸出金利が上昇、為替の円安が発生。 そして、上昇した国債の金利が支払えなくなって、日本の財政が破綻(デフォルト)。 更に、変動金利や数年固定金利の借り入れや住宅ローンを利用していた企業や会社の財政や個人家計がハイパーインフレ等の影響 (実際に韓国ではインフレによって住宅ローン金利が30%程度まで上昇して多くの人の家計が破たんしました) で破綻し、失業者や破産者が急増します。 それに加えて、銀行など金融機関も安全債権として計上していた日本国債が貸し倒れになるので、膨大な負債を抱え倒産し、金融危機が発生します。 数行程度の倒産であれば、預金保険機構のペイオフで1000万円まで保護されますが、日本国全ての銀行が倒産となると、預金保険機構自体が機能しませんので、安全だと思っていた銀行預金も一瞬でなくなります。 もし、そうならなくても日本銀行の国債引き受け等によるハイパーインフレの影響で、お金の価値が何十分の一や何百分の一になり資産価値が大幅に目減りする可能性があります。 日本国債デフォルトハイパーインフレ対策 そうなると食べるものや寝るところや着るものにも困る悲惨な状況になってしまいます。 その上更に、大増税や預金封鎖や預金引き出し制限やデノミや新円切り替えや徳政令が出され、更なる混乱が引き起こされるかもしれません。 まだまだ将来のことだろうから大丈夫と思われている方もおられるかもわかりませんが、はっきり申し上げると、もうこのような悲惨な苦しい時代来る可能性が目の前に迫っています。 そして、何の手も打たなければ、今手にしている資産のほぼ全てを手放すことになると可能性があります。 そうならないために、日本国債のデフォルトやハイパーインフレや預金封鎖やデノミ等の状況下でも、大切な資金や資産を失わないための自己防衛手段や方法を考える事が必要になってきます。 このカテゴリーでは、私が近い将来起こる可能性がある日本国債のデフォルトやハイパーインフレや預金封鎖やデノミ (ここまでひどくならなくてもインフレは必ず起こると考えています) から大切な資産を守るために、アメリカや中国やベトナムなど海外株式投資や為替など外国通貨投資。 全期間固定金利の住宅ローンフラット35や海外からの広告副収入などの独自の対策を紹介します。

次の

ハイパーインフレは起こるのか!?インフレは政府にとって都合が良く、高齢者は困窮する。私たちが今から取るべき対策と株式投資をするなら押さえておきたい具体的なインフレ対応銘柄を紹介!

ハイパー インフレ 対策

将来起きるかもしれないハイパーインフレの対策や、準備を始める場合、効果的な投資や安全な資産はあるのでしょうか。 ハイパーインフレは、起きないという説も、起こるという論調も様々です。 しかし、大地震と同じ様にいつ起こるかわかりません。 備えられる余裕があるなら、備えておいた方が良いでしょう。 前提として、煽ろうとしているわけではありません。 何も対策をせずにハイパーインフレが起こってしまった時、後悔するのは準備をしていなかった人なのです。 本記事では、ハイパーインフレ対策に有効な投資とは何かを考察していきます。 ハイパーインフレとは。 起こるとどうなる?! ハイパーインフレとは物価が短期的に暴騰し、お金の価値が下がってしまうことです。 物価が10倍にも100倍にもと、上がっていくことをイメージしますが、実際のところ国際会計基準が定義している「物価上昇率が3年間累計で100%を超えること」やフィリップ・ケーガン氏が提唱した「インフレ率が毎月50%を超えること」、「1年で物価が2倍、3倍になる」など解釈は色々あります。 記憶に新しいところでは、ジンバブエで起こったハイパーインフレは、最大800億%ものインフレ率になりました。 その結果、経済は大混乱を生じ、国民も生活苦に陥り、しまいには通貨発行も廃止されました。 日本がハイパーインフレになっても、日本円が紙くずになることは少ないと思いますが、経済の混乱や物価高になるなど、生活への大打撃は免れないでしょう。 ハイパーインフレでも生活が守れる投資案件とは? ハイパーインフレが起こったとしても、生活が守れる資産は何があるのでしょうか。 日本円のみの預貯金や円建ての資産運用だけ行っている場合、かなりの打撃になるはずです。 インフレ時代に強い資産を知っておきましょう。 株式 株式は、インフレ時代に強い資産です。 基本的に、物価が上昇すれば、合わせて株価も上昇します。 株式の特性は、企業の売上と連動しているため上昇しますが、ハイパーインフレの混乱で倒産してしまう様な会社では、資産を守ることができません。 日本円が混乱しているのであれば、外貨の方が安全です。 世界中で展開しているグローバル企業であれば、日本のハイパーインフレの混乱も影響が少ないはずです。 また、投資をする企業の商品やサービスにも着目する必要があります。 生活必需品ならば、ハイパーインフレ時代でもモノが購入されるため、耐えられます。 しかし、ライバル企業との競争力に勝てない企業では危険です。 株式を所有し、ハイパーインフレに備えようと考えているならば、投資先の選び方は重要だと考えておくと良いでしょう。 不動産 モノの値段が上がる場合、お金より現物資産の方が価値は高くなります。 不動産もインフレ時代に強い投資と言えるでしょう。 お金の価値が下がり続けるため、固定金利でお金を借りていれば、かなりのリターンが期待できます。 不動産価格が上がるだけでなく、お金の価値もどんどん下がっていくため、二重の意味で安全な資産と言えます。 ただし、家賃も上がっていくため、ハイパーインフレに備えている人が借りているならまだしも、まったく対策していない人に貸し出している場合、賃料が支払えなくなってしまい、空室リスクも増えるため、注意が必要です。 また、RIET(リート:不動産投資信託)への投資もハイパーインフレに強い投資先と言えます。 ベースが不動産で、得られた運用益を還元していく仕組みなため、投資先として考慮に入れても良いでしょう。 外貨 ハイパーインフレが起こると日本円の価値がどんどん下がっていきます。 つまり、外貨の価値が上がっていくことを意味します。 ドルやユーロなど、世界的にも信頼できる通貨に変えておくのも、ハイパーインフレ対策と言えます。 余裕があるならば外貨もひとつに絞るのではなく、複数の外貨を持っておくと良いでしょう。 また外貨と合わせて、外国の国債も資産を守る上で考慮に入れられる投資先です。 中でも安全な債券と言われている米国債は、アメリカの財務省が発行している信頼性と利回りも良いため、選択肢に入れておくと良いでしょう。 物価連動国債 債券は、基本的に金利が高い時に購入すると得です。 ただ金利の高低は判断が難しいことがあげられます。 一般的に経済情勢が悪化すると金利は高くなります。 物価連動国債は、物価に連動するためハイパーインフレ時には、金利も上昇していきます。 そのため、ハイパーインフレ時には強い投資先のひとつと言われています。 金・貴金属などの現物資産。 ただし注意が必要! ハイパーインフレ時に物価が上昇するならば、金や貴金属なども価格が上昇していきます。 リーマンショック時には、金に資金が流れたこともあり、価格が暴騰しました。 不況時には強い印象が受けます。 確かに、お金の価値が下がり、モノの値段が上がるならば、金の価値も上昇するという見方をするのは妥当です。 しかし、ハイパーインフレ時には、金の価格が暴騰しても、お金に替える方法がなければ意味がありません。 今の日本では、金で買い物はできないため、一度、円に換金する必要があります。 しかし、換金所もハイパーインフレで倒産してしまう可能性もあります。 また、税率が高く設定される可能性もあります。 価値は上がったとしても、ハイパーインフレ時代を生きていくことが難しい資産は、控えた方が良いかもしれません。 スキル・語学 金融資産ではありませんが、スキルや語学もハイパーインフレ時代を生き抜くために重要な対策です。 スキルを高めていけば仕事は続けられ、収入は得られます。 さらに、語学が堪能ならば、外国へ一時的に移住することも考えられるでしょう。 ハイパーインフレが起こったとしても、そのインフレ率がどれくらいになるか想定できません。 ただ、大事なことはそのような時代に突入したとしても、生きていくことが重要です。 ハイパーインフレの対策は様々な方法があります。 準備もいくらでもできます。 しかし、最終的には生き抜く力が重要です。 資産を持っているからと安心せずに、自己のスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。 バランス良くポートフォリオを組む ハイパーインフレの対策として有効だと言われている金融商品はいくつかあります。 金や貴金属の章で述べたとおり、現金が手に入らない資産では、ハイパーインフレ時代を生き抜くことは困難になります。 とはいえ、そのような時代が到来しないとわからないこともあります。 資産をひとつに偏らせるのではなく、バランス良く分散投資をするのが安全と言えます。 共通して言えるのは、円がハイパーインフレを起こした場合、円建ての資産を持つより、外貨建ての資産を持っている方が良いでしょう。 それらも踏まえて、ポートフォリオをバランス良く組むのが大事と言えます。 まとめ ハイパーインフレは、いつ起こるかわかりません。 今でもじわりじわりと物価が上がっており、数年先には一気に暴騰している可能性もあります。 ただ、専門家の中には、ハイパーインフレは起きないと論じている人もいます。 起きないから何もしないのではなく、起きたとしても大丈夫な状況を今から作っておくことが重要です。 日本円での投資に偏っているのであれば、外貨が獲得できる投資の方が良いですし、株式もハイパーインフレ時代に耐えられるような投資先かどうか見直すのもひとつです。 起こるかわからないハイパーインフレに対する準備だけを考えるよりも、資産を少しでも増やせるような投資をしておくことが賢いです。 さらには海外移住という選択肢も日本がハイパーインフレになった時の対策と言えます。 金融資産を持つのではなく、自身のスキルアップもひとつの手段です。 いくつかある中で、あなたにぴったりな準備を行うと良いでしょう。 2018-10-26.

次の