コロナ 人口 あたり。 日本の新型コロナウイルス感染状況は東アジアで最悪。人口当たり死亡者数でついに韓国を上回る。致死率は4.11%

日本の新型コロナ対策に注目も 米国並みの検査なら最大の死者?

コロナ 人口 あたり

多くの日本人にとっては、なじみの薄い国がワースト1位となった。 だが死亡者数は他国に比べて突出しており、深刻な被害が伝わってくる。 ワースト1位のサンマリノ共和国はイタリアの中にある独立国家だ。 世界で5番目に小さなミニ国家とされているほか、世界で最も古い共和国としても知られる。 国土面積は十和田湖とほぼ同じ約60平方キロメートル。 人口は約3万3000人。 日本の市町村で言えば、千葉県の鴨川市や岐阜県の下呂市といった規模だ。 こんな小国に21人の死亡者が出たため、100万人あたりの死亡者数が跳ね上がってしまった。 それにしても、改めてイタリア国内の感染が、どれほど酷い状況なのかを教えてくれるデータと言えるだろう。 小国のため数値が伸びてしまった国は他に、アンドラ公国とケイマン諸島がある。 前者はフランスとスペインに挟まれたミニ国家だ。 フランスの被害が深刻だということも、改めて実感させられる。 パリが閉鎖状態になってしまったのがよく分かる。 それと同時に、アンドラ公国の苦境も説明がつく。 感染者数も死者数も多いフランスとスペインに挟まれているのだから、感染爆発が起きても何の不思議もない。 後者のケイマン諸島はイギリス領だが自治権を有している。 タックス・ヘイヴンとしても知られ、2016年のパナマ文書問題でも注目を集めた。 約6万1000人という人口は、沖縄県の名護市と同じだ。 死者は1人なのだが、人口が少ないため割合が跳ね上がってしまった。 2位のイタリア、3位のスペイン、5位のイランは、報道されている通りの結果だ。 人口100万人あたりの死者数を計算しても、状況の深刻さは変わらない。 次はワースト9位から15位をご覧いただこう。 こちらの表で小国は3つだ。 ヨーロッパのルクセンブルク大公国、カリブ海に位置しオランダ王国の構成国であるキュラソー島、そしてアメリカ領のグアムだ。 グアムはアメリカ合衆国の準州であり、正確に言えば国家ではない。 だが、この表ではWHOの分類方法に従った。 ルクセンブルク大公国は、1人あたりのGDPが世界1位であることで有名だ。 この表にはスイス、イギリス、デンマークなど、ヨーロッパの先進国が目立つ。 医療水準は高いはずだが、それだけヨーロッパの感染爆発は勢いがすさまじいのだろう。 更に、ワースト15位まで見ても、中国が入っていないことにも気づく。 この問題に関してはヨーロッパの状況と合わせ、後で詳述する。

次の

チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス:日本経済新聞

コロナ 人口 あたり

国内での感染状況は、一定の地域での感染確認が続いている事が目立っていますが、一か月以上も新規感染者が出ていない都道府県の方が圧倒的に多い状態が続いています。 その結果、残念ながら毎日の様に感染者の報告は続き、残念ながらニュージーランドの様に感染者が一月以上確認されない状態は遠い現状です。 『 退院率 と 患者数 』 前回、6月2日付けでの退院率は 86. 92%で、一週間後の今回では 88. 79 % と2ポイント近く上昇しています。 前回よりも 治療中の患者さんの人数が 300名以上減っていますので、本来であれば 90%以上の退院率を望みたい所ですが、今も 964名の方が病床で、その内、重症の方が約 1割を占め、ご本人とご家族の心境を考えれば、先ずは 日々少しずつでも回復される事を願うばかりです。 次回、この報告の際には、ICU 治療室から通常病床へ移り、少しでも多くの方が回復され、600名程度まで減っている事を願っています。 なお、5. 4 % の致死率をさせず、最大の退院(回復者)率 94% 台の記録を待ちましょう。 『 地方行政の出番 』 表を確認して見えてくる事は、各都道府県毎に状況が異なり、全国一様な対処を進める事には大きな無理や矛盾が伴う事が分かります。 今回のウイルス禍の場合、感染症の特徴が最も表れている点が 人口密集地や密集環境で感染が広がっているという事です。 その為、多くの感染者が報告された都道府県であっても、人口が密集していない地域では全く感染者の発生が無いという例はとても多いのが実情ですが、そんな無感染地域さえも全国一律に緊急事態宣言で 外出自粛が促され、営業自粛で経済的な損失を被っているのが今日迄の日本の現状です。 東京の新宿の路上を歩く時にはマスクが有効でしょうが、広い畑で一人仕事をする毎日を過ごす人までマスクは必要ありませんし、都会と郊外の農村部とでは同じ「密集」という言葉でも状況は全く違います。 そういう状況からも、全国一理で均質な対応を推薦するのではなく、各都道府県がその中の地域別にきめ細かく適切な対策や指導を行なう事が、このウイルス禍の根絶には必要である事がはっきりしています。 『 中央政府の役割 』 政府は様々な責任とリスクを専門家の人々の意見を参考に政策を立てている事は理解していますが、もはや中央から一律に同一政策、同一指導を行なう事には無理があるという事を自覚してもらう必要があります。 それは、丁度 米国が 大統領の政策指導とは別に各州が自身の州の状況に合わせた政策を立てて進めているのと同じやり方です。 中央政府が行なうべき事は、将来的なリスクを想定して事前に対策を進めておく事です。 例えば、今年 1月には中国で 人口 1100万人の大都市を緊急封鎖する程のウイルス感染が発生したにも関わらず、日本に感染が伝わった場合に必要となる病床や医療資機材など医療体制の確認や確保を行なわず、海外からの渡航者を受け入れ続け、充分な検査体制の確保さえ出来ていない状況を指摘されながら 3月半ばまで 2020年のオリンピック開催に拘り続けたのは大きな誤りでした。 中央政府にはそれと同様な過ちを繰り返して欲しくないし、その過ちのリスクを多少でも避ける為に、各都道府県別に予算と権限を配分して独自の対策を行なう方向へと向かう分岐点が今だと思います。

次の

新型コロナウイルス感染者数世界最新国別表!現在、人口比率ではイタリアが中国を上回る、なぜ?

コロナ 人口 あたり

# 6月14日 日 6月13日(土) 6月12日(金) 6月11日(木) 6月10日(水) 6月9日(火) 6月8日(月) 1 東京都 5,544 39. 76 5,497 39. 43 5,473 39. 25 5,448 39. 07 5,426 38. 92 5,408 38. 79 5,396 38. 70 2 石川県 299 26. 29 299 26. 29 299 26. 29 299 26. 29 299 26. 29 299 26. 29 299 26. 29 3 北海道 1,170 22. 29 1,163 22. 16 1,154 21. 99 1,144 21. 80 1,137 21. 66 1,132 21. 57 1,125 21. 43 4 富山県 227 21. 76 227 21. 76 227 21. 76 227 21. 76 227 21. 76 227 21. 76 227 21. 76 5 大阪府 1,787 20. 25 1,786 20. 24 1,786 20. 24 1,786 20. 24 1,785 20. 23 1,785 20. 23 1,785 20. 23 6 福岡県 820 16. 05 817 15. 99 816 15. 97 807 15. 79 805 15. 75 803 15. 71 800 15. 66 7 福井県 122 15. 89 122 15. 89 122 15. 89 122 15. 89 122 15. 89 122 15. 89 122 15. 89 8 神奈川県 1,408 15. 30 1,408 15. 30 1,402 15. 24 1,399 15. 21 1,398 15. 20 1,398 15. 20 1,397 15. 19 9 千葉県 919 14. 64 919 14. 64 918 14. 62 915 14. 57 912 14. 53 910 14. 49 907 14. 45 10 京都府 360 13. 94 360 13. 94 360 13. 94 360 13. 94 360 13. 94 360 13. 94 359 13. 90 11 埼玉県 1,021 13. 92 1,019 13. 89 1,019 13. 89 1,017 13. 86 1,014 13. 82 1,008 13. 74 1,007 13. 72 合計 17,349 13. 75 17,274 13. 69 17,229 13. 65 17,168 13. 60 17,126 13. 57 17,088 13. 54 17,043 13. 50 12 兵庫県 699 12. 79 699 12. 79 699 12. 79 699 12. 79 699 12. 79 699 12. 79 699 12. 79 13 高知県 74 10. 61 74 10. 61 74 10. 61 74 10. 61 74 10. 61 74 10. 61 74 10. 61 14 沖縄県 142 9. 77 142 9. 77 142 9. 77 142 9. 77 142 9. 77 142 9. 77 142 9. 77 15 山梨県 71 8. 74 70 8. 62 70 8. 62 69 8. 50 68 8. 37 68 8. 37 67 8. 25 16 群馬県 151 7. 79 151 7. 79 151 7. 79 151 7. 79 151 7. 79 151 7. 79 151 7. 79 17 岐阜県 153 7. 69 153 7. 69 153 7. 69 153 7. 69 153 7. 69 153 7. 69 152 7. 64 18 滋賀県 100 7. 07 100 7. 07 100 7. 07 100 7. 07 100 7. 07 100 7. 07 100 7. 07 19 奈良県 92 6. 91 92 6. 91 92 6. 91 92 6. 91 92 6. 91 92 6. 91 92 6. 91 20 和歌山県 63 6. 82 63 6. 82 63 6. 82 63 6. 82 63 6. 82 63 6. 82 63 6. 82 21 愛知県 513 6. 79 513 6. 79 512 6. 78 510 6. 75 510 6. 75 508 6. 73 508 6. 73 22 山形県 69 6. 41 69 6. 41 69 6. 41 69 6. 41 69 6. 41 69 6. 41 69 6. 41 23 愛媛県 82 6. 13 82 6. 13 82 6. 13 82 6. 13 82 6. 13 82 6. 13 82 6. 13 24 広島県 168 5. 98 168 5. 98 168 5. 98 168 5. 98 168 5. 98 168 5. 98 168 5. 98 25 茨城県 168 5. 86 168 5. 86 168 5. 86 168 5. 86 168 5. 86 168 5. 86 168 5. 86 26 佐賀県 45 5. 53 45 5. 53 45 5. 53 45 5. 53 45 5. 53 45 5. 53 45 5. 53 27 大分県 60 5. 29 60 5. 29 60 5. 29 60 5. 29 60 5. 29 60 5. 29 60 5. 29 28 福島県 81 4. 38 81 4. 38 81 4. 38 81 4. 38 81 4. 38 81 4. 38 81 4. 38 29 宮城県 88 3. 82 88 3. 82 88 3. 82 88 3. 82 88 3. 82 88 3. 82 88 3. 82 30 長野県 76 3. 71 76 3. 71 76 3. 71 76 3. 71 76 3. 71 76 3. 71 76 3. 71 31 新潟県 82 3. 69 82 3. 69 82 3. 69 82 3. 69 82 3. 69 82 3. 69 82 3. 69 32 島根県 24 3. 56 24 3. 56 24 3. 56 24 3. 56 24 3. 56 24 3. 56 24 3. 56 33 栃木県 66 3. 40 66 3. 40 66 3. 40 66 3. 40 66 3. 40 66 3. 40 66 3. 40 34 香川県 28 2. 93 28 2. 93 28 2. 93 28 2. 93 28 2. 93 28 2. 93 28 2. 93 35 熊本県 48 2. 75 48 2. 75 48 2. 75 48 2. 75 48 2. 75 48 2. 75 48 2. 75 36 山口県 37 2. 73 37 2. 73 37 2. 73 37 2. 73 37 2. 73 37 2. 73 37 2. 73 37 三重県 45 2. 53 45 2. 53 45 2. 53 45 2. 53 45 2. 53 45 2. 53 45 2. 53 38 青森県 27 2. 17 27 2. 17 27 2. 17 27 2. 17 27 2. 17 27 2. 17 27 2. 17 39 静岡県 77 2. 12 77 2. 12 77 2. 12 77 2. 12 76 2. 09 75 2. 06 75 2. 06 40 秋田県 16 1. 66 16 1. 66 16 1. 66 16 1. 66 16 1. 66 16 1. 66 16 1. 66 41 宮崎県 17 1. 59 17 1. 59 17 1. 59 17 1. 59 17 1. 59 17 1. 59 17 1. 59 42 岡山県 25 1. 32 25 1. 32 25 1. 32 25 1. 32 25 1. 32 25 1. 32 25 1. 32 43 長崎県 17 1. 28 17 1. 28 17 1. 28 17 1. 28 17 1. 28 17 1. 28 17 1. 28 44 鹿児島県 11 0. 69 11 0. 69 11 0. 69 10 0. 63 10 0. 63 10 0. 63 10 0. 63 45 徳島県 5 0. 69 5 0. 69 5 0. 69 5 0. 69 5 0. 69 5 0. 69 5 0. 69 46 鳥取県 3 0. 54 3 0. 54 3 0. 54 3 0. 54 3 0. 54 3 0. 54 3 0. 54 47 岩手県.

次の