ガウディ。 店舗情報

ガウディ(Gaudi)|ホットペッパービューティー

ガウディ

2020. 2019. 231)に、が掲載されました。 2019. 19アップしました。 2019. 11 2019. 1アップしました。 2019. 30アップしました。 2019. 30が「LEON」10月号(8月24日発売)213頁に掲載されました。 2019. 19アップしました。 2019. 6 2019. 24アップしました。 2019. 終了 2019. 30アップしました。 2019. 5 2019. 26 革の品質、美しさに徹底的にこだわるガウディならではの、象徴的な商品・サービスをご紹介します。 2019. 6(終了しました) 2019. 25アップしました。 2019. 8ご予約はお早めに。 2018. 9 アップしました。 2018. 26をアップしました。 2018. 5アップしました。 2018. 12(終了しました) 2018. 7アップしました。 (終了しました) を掲載しました。 を掲載しました。 本店サロンでは クロコダイルレザー(ワニ革)の財布やベルト、バッグ、靴などの商品はもちろん、これぞ本物と言えるような良質の革や特別カラーの革を整然としたレイレイアウトで展示しています。 実物を手に取って、その風合や発色をお確かめいただけます。 また、一枚皮から数アイテムを製作するキングオーナーズワンサービス等の打ち合わせにもご利用いただいております。 「想像以上の質感。 手にとって、ふれて感じて、気持ちが高ぶりました」「好みの色に出会えました。 お気に入りのオリジナルができそう!」「職人技に見とれました。 ガウディでは、ご注文いただいたお客様に対し、革のサンプルをお送りして納得していただく、ご希望の方には一緒に革選びまでしていただく、サロンで実物を目の前に置きながらご相談していただくなど、完成までの不安を無くし、期待がふくらむように丁寧に応対させていただいております。 クロコダイル革(ワニ革)製品価格を大きく左右する要因は? 低価格の製品との違いは? 個別相談、職人実演、製作体験など、ガウディの技術やクオリティを体感できる機会をご用意しています。 一流百貨店や目利きのバイヤーから高い評価を得ているガウディの品質。 大丸東京店、松坂屋名古屋店などに常設コーナーがあります。 クロコダイル革(ワニ革)の基礎知識、製品の本当の価値、正しい製品の選び方、お手入れ方法などを学べるカリキュラムを用意。 職人実演、製作体験は大好評です。 本店サロンや百貨店にお越しいただけない方のために、店長が実物を持って各地に出かけ、マンツーマンで直接対応。 ご購入前の疑問や不安を解消します。 ガウディでは独自にクロコダイルの持ち味を引き立たせる新色の開発にも積極的に取り組んでいます。 しかし、ネットではその微妙な色合いやユニークな魅力を十分伝え切れないもどかしさがあります。 ぜひ、実物をご覧いただきたいと思います。 職人技が実現する美しさ、丈夫さ、手ざわり、尊厳 etc、ガウディはそんな日本伝統のモノづくり文化に貢献することをミッションとしています。 たとえば、本店サロンでの実演など職人さんが技術を披露・啓蒙できる場や、などさらにスキルアップできる機会を設けています。 予めご了承くださいませ。 そのため、お客様がイメージされていた腑柄に合致しないこともありえます。 大変申し訳ございませんが、このような事情をご理解いただき、返品にはご対応できない旨、あらかじめご了承頂きたくお願い申し上げます。 またキズ等も同時に避けて型入れをする関係上、どうしても2つに折れ曲がる部分に多少の凹凸が発生してしまうことがございます。 極端な凹凸感にならないよう職人共々最善の注意を払わせて頂きますが、表裏面の腑柄のバランスをより重視したモノづくりを優先させて頂いておりますので、ご理解の程お願い申し上げます。

次の

アントニ・ガウディの作品群

ガウディ

CONTENTS• 19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期のバルセロナを中心に活動した。 サグラダ・ファミリア(聖家族教会)・グエル公園 1900-14 ・カサ・ミラ(1906-10)をはじめとしたその作品はアントニオ・ガウディの作品群として1984年ユネスコの世界遺産に登録されている。 建築家のアントニ・ガウディの建築作品! ここからはいよいよ、実際に建築家のアントニ・ガウディの建築作品を見ていきましょう。 日本語では聖家族教会と呼ばれることも多い。 サグラダ・ファミリアは、カタロニア・モダニズム建築の最も良く知られた作品例であり、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品である。 バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に、パラボリックな(放物線状の)構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている。 2004年の統計によれば、サグラダ・ファミリアはアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントとなり、2008年には270万人を集めた。 生前のガウディが実現できたのは地下聖堂と生誕のファサードなど、全体の4分の1未満であるが、これらは2005年に「アントニオ・ガウディの作品群」を構成する物件としてユネスコの世界文化遺産に登録された。 贖罪教会なので、資金調達は信者の喜捨に頼ってきた。 資金不足により工事が遅々として進まない状況であったが、1990年代以降に拝観料収入が増えて資金状況が好転した。 2010年11月7日にサグラダ・ファミリアを訪問した教皇ベネディクト16世がミサと聖別(聖堂に聖水を注ぐこと)を行ったことにより、サグラダ・ファミリアはバシリカとなった。 教皇によるミサには司教ら6500人が参列し、800人の聖歌隊が参加した。 9代目設計責任者のジョルディ・ファウリは、ガウディの没後100年にあたる2026年に完成予定と発表している。 彫刻家の外尾悦郎が1978年から従事している。 サグラダ・ファミリアは、民間カトリック団体「サン・ホセ教会」が贖罪教会(信者の喜捨により建設する教会)として計画し、初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受けた。 1882年3月19日に着工したが、意見の対立から翌年にビリャールは辞任。 その後を引き継いで2代目建築家に就任したのが、当時は無名であったアントニ・ガウディである。 ガウディは設計を変更したものの既存の計画の踏襲はされた。 1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだ。 一方、着工時の建築許可が更新されず失効していたことから、2018年にバルセロナ市当局と支払いなどで合意するまで130年以上にわたって違法建築状態が続くこととなる(後述)。 ガウディは、模型と、紐と錘を用いた実験道具を主に使ってサグラダ・ファミリアの構造を検討したとされる。 ガウディの死後の1936年に始まったスペイン内戦により、ガウディが残した設計図や模型、ガウディの構想に基づき弟子たちが作成した資料のほとんどが散逸した。 これによりガウディの構想を完全に実現することが不可能となり、サグラダ・ファミリアの建造を続けるべきかという議論があったが、職人による口伝えや、外観の大まかなデッサンなど残されたわずかな資料を元に、その時代の建築家がガウディの設計構想を推測するといった形で現在も建設が行われている。 北ファサード、イエスの誕生を表す東ファサード、イエスの受難を表す西ファサードや内陣、身廊などはほぼ完成したがイエスの栄光を表すメインファサード、18本建てられる内の10本の塔が未完成である。 これらの塔の12本が12使徒、4本が福音記者、1本が聖母マリア、1本がイエス・キリストを象徴するものとされている。 東側の生誕のファサードでは、キリストの誕生から初めての説教を行うまでの逸話が彫刻によって表現されている。 3つの門によって構成され、左門が父ヨセフ、中央門がイエス、右門が母マリアを象徴する。 中央の門を構成する柱の土台には変わらないものの象徴として亀が彫刻され、中央の柱の土台にはリンゴをくわえた蛇が彫刻されている。 また、門の両脇には変化するものの象徴としてカメレオンが配置されている。 中央門では、受胎告知、キリストの降誕、祝福をする天使、東方の三博士や羊飼い達などが彫られている。 左門ではローマ兵による嬰児虐殺、聖家族のエジプトへの逃避、父ヨセフの大工道具などが彫られ、右門には母マリア、イエスの洗礼、父ヨセフの大工仕事を手伝うイエスなどが彫られている。 西側の受難のファサードには、イエスの最後の晩餐からキリストの磔刑、キリストの昇天までの有名な場面が彫刻されている。 東側とは全く異なり、現代彫刻でイエスの受難が表現されており、左下の最後の晩餐から右上のイエスの埋葬まで「S」の字を逆になぞるように彫刻が配置されている。 かつては完成まで300年はかかると予想されていた工事だが、スペインの経済成長や拝観料収入などに支えられて進捗は加速している。 さらには21世紀に入ってから導入されたIT技術を駆使し、ソフトウェアによる3D構造解析技術と3Dプリンターによるシミュレーション検証、CNC加工機による成果が著しい。 2026年の完成予定が現実となれば、1980年代に見込まれた約300年という建築期間はその後の30年で半減し、約144年の工期で完成することになる。 他方、創建当初はヨーロッパの教会建築の伝統的な工法である組積造で行われてきたが、現在では礼拝堂内部、塔など多岐にわたってRC造が導入されており、この工法変化を批判する建築家や彫刻家も少なくない。 なお、建設開始から長い年月が経っているため、建築と並行して既存部の修復も行われている。 2006年、直下に高速鉄道AVEのトンネルを掘削する計画が持ち上がり、建設側は地元自治体などにトンネル掘削中止を働きかけたが拒否された。 一連のやり取りの中で、サグラダ・ファミリア建設が行政に届け出を出していない工事(正確には1885年に建築許可を受けていたが、許可を出した自治体がバルセロナに吸収合併された際必要な更新がされていなかったという)であることが明らかになり話題を呼んだ。 結局は調整が行われ、サグラダ・ファミリアの建築に対してサグラダ・ファミリア特別法を制定し合法化した上で、徹底した地盤強化対策を行って掘削工事が行われた。 2018年10月20日にサグラダ・ファミリア管財当局が3600万ユーロ(日本円にして約46億8000万円)を今後10年かけて支払うことで、バルセロナ市当局より合法的に建築を行えるよう工事許可を得る形で両者が合意したことが発表され、2019年初頭にも建築が「合法化」される見通しとなった。 2019年6月7日、460万ユーロ 日本円にして約5億6400万 を支払うことで137年を経てようやく建築許可が下りた。 スペインのバルセロナにあるアントニ・ガウディが設計した教会「サグラダ・ファミリア」! 1882年に着工したが未だに建設中の建物で、未完成にしてアントニ・ガウディの代表作となっています。 当初は300年かかると言われていましたが、2026年に完成予定となっていますよ。 この作品の一部である「生誕のファサード」と「地下聖堂」が世界遺産に登録されています。 ガウディが54歳の時に設計した。 1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設された。 1984年にユネスコの世界遺産に登録された。 カサ・ミラは直線部分をまったくもたない建造物になっていて、壮麗で非常に印象的な建物である。 あたかも砂丘か溶岩の波のような雰囲気をもっており、一般的な現代建築の様式とは、隔絶した建築となっている。 外観の波打つ曲線は地中海をイメージして作られた。 一つ一つ異なるバルコニーは、鉄という素材を使いながら、まるで波に漂う海藻のような、柔らかな造形を生み出している。 内側は天井も壁もどこもかしこも波打ち、まるで海底にいるような奥深さに包まれる。 屋上には、独特の加工をされた煙突や階段室が立ち並び、月面か夢の中の風景にもたとえられる。 この建築物は通常の建築物というよりむしろ彫刻であると見做すことができる。 実用性に欠けるという批判もあるが、圧倒的な芸術性を持つことは否定できない。 皮肉にも建設当時のバルセロナ市民はカサ・ミラを醜悪な建物と考え、「石切場(ラ・ペドレラ)」というニックネームをつけたが、今日ではバルセロナを代表する歴史的建造物となっている。 現在内部はガウディ建築に関する博物館になっている。 2009年1月現在、9. 5ユーロを支払うことで内部の住居部分や屋上も見学することができる。 家賃は建設当時1500ペセタと、一般職人の月給の約10倍であったためと見た目の評判の悪さから、なかなか借り手が見つからなかった。 そのため、「3世代に渡って値上げなし」という契約条件があるため、ほとんど値上げされていないため、現在でも家賃は約15万円となっている。 広さは約300m2で全8室あり、現在でも4世帯が居住している。 スペイン・バルセロナのグラシア通りにあるアントニ・ガウディが設計した邸宅兼集合住宅「カサ・ミラ」! 地中海をモチーフにした波打つファサードが特徴の建物で、直線のない曲線のみで構成されています。 二つの中庭が設けられており、屋上にはオブジェのような煙突が生えていますよ。 この作品は1984年に世界遺産に登録されています。 カサ・バトリョ バルセロナ、アシャンプラのグラシア通り43番地に位置するカサ・バトリョは、1877年に建設された建物である。 大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディはこの邸宅の改築を行った。 この改築でガウディは、建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施した。 この邸宅の造形には様々な説がある。 第一に、屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、カタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの竜退治の伝説をなぞっているという解釈である。 この解釈によれば塔は聖人の構える槍とされる。 カサ・バトリョには、ファサードの石柱が骨を想起させることから「骨の家(Casa dels ossos)」というあだ名もあるが、竜退治説によればこの骨もドラゴンの犠牲になったものたちの骨と理解されている。 第二の解釈は屋根をアルルカンの帽子に見立て、ファサードのバルコニーは仮面を、ジュゼップ・マリア・ジュジョールによる様々な色の破砕タイルのモザイク(トランカディス)が祭りの紙吹雪を表しているとする謝肉祭説である。 邸内でガウディは自然光を効果的に取り込み、そのタイルの濃淡を変えている。 これらの光と色の効果により海底洞窟をイメージして作られたとする説もある。 ガウディがカサ・バトリョのためにデザインした家具のうち、机とベンチについてはそれぞれ1つずつ邸内で見ることができる。 残りの作品はカタルーニャ美術館が所蔵している。 スペイン・バルセロナのアシャンプラのグラシア通りにあるアントニ・ガウディが設計した邸宅「カサ・バトリョ」! 1877年に建てられた建物をアントニ・ガウディが改築した作品で、外観の柱やバルコニーなどの骨のようなデザインが特徴的となっています。 エントランスは吹き抜けとなっており、海をイメージしたと言われているブルーのグラデーション状にタイルが貼られていますよ。 この作品は2005年に世界遺産に登録されています。 1984年にユネスコの世界遺産に登録された。 アントニ・ガウディの作品群の1つである。 施主のエウゼビ・グエイ伯爵(スペイン語読みではグエルとなる)とアントニ・ガウディの夢が作り上げた分譲住宅で、1900年から1914年の間に建造された。 彼らが最も傾注していた芸術はリヒャルト・ワーグナーの「楽劇」で、ガウディは同じ芸術センスを持つグエル伯爵の下で、自然と調和を目指した総合芸術を作り上げようとした。 この頃、バルセロナでは工業化が急速に進んでおり、それに対してガウディとグエルはこの場所に、人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうとした。 しかし、ふたりの進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観は、当時理解されなかった。 結局、広場、道路などのインフラが作られ60軒が計画されていたが、買い手がつかず、結局売れたのは2軒で、買い手はガウディ本人とグエイ伯爵だけであったという。 グエイ伯爵の没後に工事は中断し、市の公園として寄付される。 現在はガウディが一時住んだこともある家が、ガウディ記念館として公開されている。 中にはガウディがデザインした家具なども集められて展示されている。 グエル公園の入口に建つ門衛の小屋と東屋をみてサルバドール・ダリは「砂糖をまぶしたタルト菓子のようだ」と評した。 「ギリシア劇場」と名付けられているテラス、大階段に鎮座する人気のトカゲ、敷地中央にあるホール天井の円形モザイク装飾等、粉砕タイルを使用してのデザインはガウディの助手ジュゼップ・マリア・ジュジョールの貢献が大きい。 スペインのバルセロナにあるアントニ・ガウディが設計した公園「グエル公園」! 住宅地として計画された公園で、分譲住宅計画は不評により途中で中断されています。 モザイク柄のベンチやお菓子の家のような管理棟が特徴的で、公園からはバルセロナの街を一望することができますよ。 この作品も1984年に世界遺産に登録されています。 カサ・ビセンス カサ・ビセンスはスペインのバルセロナにある、アントニ・ガウディが初期に手がけた重要な建築物の1つ。 レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンスとその家族の住居として建設された。 マヌエル・ビセンスは1895年に死去、1899年にはアントニオ・ジョベル医師の手に渡った(この人物は2013年現在の所有者の祖父)。 改修および増築を経て、1969年にスペインの歴史芸術モニュメントに認定された。 2005年にはユネスコの世界遺産に登録された。 1883年から1885年または1889年にかけて建設され、バルセロナのグラシア地区に現存している。 このガウディの初期作品の外観はムデハル様式の影響を受けている。 2007年10月、2700万ユーロで売りに出された。 2014年3月27日、モラバンクがカサ・ビセンスを購入し、2016年の一般公開に向けて準備を進めている。 スペインのバルセロナにあるアントニ・ガウディが設計した住宅「カサ・ビセンス」! レンガやタイルを多用したカラフルな建物で、アントニ・ガウディが初めて手掛けた住宅と言われています。 直線的な部分も多く、他の作品とはまた一味違った雰囲気となっていますね。 この作品も2005年に世界遺産に登録されています。 コロニア・グエルとは、事業の繊維工場を中心にした工業団地のこと。 その工場で働く労働者たちが職場近くに住めるように、敷地内に住居や学校、病院なども作られた。 この団地に礼拝用のコロニア・グエル教会堂が建てられた。 礼拝用の椅子はガウディ設計なので特徴的な形をしている。 設計当時、材料は安価なレンガで設計しようとしていたが、塔を支える柱は相当な荷重がかかるので硬質の玄武岩が使用された。 階高が取れないところでは、鉄骨梁が使われた。 2005年にはアントニ・ガウディの作品群の一つとして、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 スペインのバルセロナ近郊のサンタ・クローマ・ダ・サルバリョーにあるアントニ・ガウディが設計した教会「コロニア・グエル教会」! 逆さ吊り模型に10年の歳月を費やしたため、上層部は未完成のままとなっています。 完成したのは半地下のみとなっており、卵型の平面にアーチや花のステンドグラスが設けられた礼拝堂となっています。 この作品も2005年に世界遺産に登録されていますよ。 「アントニ・ガウディの作品群」の1つとして1984年にユネスコの世界遺産に登録された。 アントニ・ガウディがエウゼビ・グエイ(グエル)のためにおこなった初めての仕事。 グエイが父親から受け継いだ丘陵が多い土地において、ガウディにフランス式庭園の改築と、門番小屋と厩舎の新築を依頼したものである。 かなり大規模な建築計画であったが、現在では門番小屋と屋内にある厩舎と運動場のみが現存している。 もともとロマン主義風に造られていた庭園に、ヤシ、マツ、ユーカリなどのたくさんの地中海の植物を植えた庭園へと造りかえ、得意の噴水を組み込んだ。 また、ガウディが初めてカテナリーアーチ型の窓を使ったことでも有名である。 芸術的に作り上げながら、門番小屋と厩舎の実用面をしっかりと考えてガウディにしてはほどほどの装飾効果でまとめあげ作り上げている。 スペイン・バルセロナのペドラルベス地区にあるアントニ・ガウディが設計した別荘「グエル別邸」! エウセビ・グエルためにつくった始めての建物で、後にグエル公園やグエル邸、コロニア・グエル教会などの名作を設計することになります。 中央にある竜の門が特徴となっており、鉄でできたドラゴンのオブジェが有名ですね。 この作品も1984年に世界遺産に登録されていますよ。 アントニ・ガウディの作品集です。 アントニ・ガウディの作品や計画などが50個近く紹介されていますよ。 ガウディ建築を見るためにスペインのバルセロナに行きたくなりますね。 以上で建築家のアントニ・ガウディの建築作品7選。 代表作のサグラダ・ファミリアやカサ・ミラなどでした。 有名建築家が設計したホテルをまとめた記事はこちら.

次の

ガウディランド|リノベ不動産仙台store 中古+リノベーション

ガウディ

生涯 [ ] 誕生 [ ] アントニ・ガウディは、1852年6月25日午前9時半 、のに、父フランセスク・ガウディ・イ・セラと母アントニア・クルネット ・イ・ベルトランの5人目の子として生まれた。 一家の次女マリアと長男のフランセスクはそれぞれ幼くして亡くなったため、三男アントニは長女のローザ、次男のフランセスクとの3人姉弟の弟として成長した。 ガウディの出生地とされる場所には、とその近郊の村リウドムス()の2箇所がある。 レウス説は、洗礼を受けた教会の台帳や学校に提出された書類に基づくものである。 その一方で、ガウディはリウドムスのマス・デ・ラ・カルデレラ()で生まれ、洗礼をレウスで行なったとも伝えられている。 ガウディ家の先祖は17世紀初頭にフランス、からリウドムスへやってきた。 リウドムス出身の父フランセスクは、銅板を加工して鍋や釜を作るであり、「銅細工師の家」の意味をもつマス・デ・ラ・カルデレラは彼の仕事場であった。 ガウディは父方・母方ともに銅細工職人という家系に生まれたことが、空間を把握するという、自らの建築家としての素地となったと考えていた。 幼少時代 [ ] 一家は母アントニアの出身地であるレウスで暮らした。 ガウディはラファエル・パラウの小学校に入学、その後、フランセスク・バランゲー(フランシスコ・ベレンゲール)の学校に移った。 バランゲーには同じ名前をもつ息子がおり、のちにガウディの助手となる。 ガウディは6歳になるまでににかかり、痛みのひどい時にはロバに乗って移動することもあった。 病弱だったため、他の子どもたちと同じように遊ぶことは難しかったが、この頃にクリスマスの飾りのために紙細工で風変わりな家を作っていたという逸話がある。 また、授業で鳥の翼は飛ぶためにあると説明した教師に対し、鶏は翼を走るために使っている、と反論したという話は、幼いガウディが自らの周囲にある物の造形をよく観察していたことを示すエピソードとして知られる。 後年、ガウディは自然を「常に開かれて、努めて読むのに適切な偉大な書物である 」と語っている。 1863年、ガウディは貧しい家庭の子弟のために設立されたピアリスト修道会()の学校に入学する。 この学校でガウディはエドワルド・トダ・イ・グエイ(エドゥアルド・トダ・イ・グエル)とジュゼプ・リベラ・イ・サンス(ホセ・リベラ・イ・サンス)という友人を得る。 トダの回想によれば、3人が発行した雑誌『エル・アルレキン』(「」の意)でガウディは挿絵を担当し、学校演劇の際には大道具や小道具を制作した。 当時のガウディの絵にはレウス出身でイタリアで活躍した画家の影響が指摘されている。 ガウディ、トダ、リベラの3人はレウスに近いのローマ遺跡やへの小旅行もしている。 特に当時、廃墟となっていたポブレー修道院については、トダが中心になって作った修復計画が立てられ、水彩で描かれた概略図が残っている。 ポブレー修道院へガウディたちが足を運んだ時期については、1867年と1869年の2つの説がある。 修復計画においてガウディが設計を担当したとも言われるが、実際にはトダが大半の作業を行ない、ガウディはそれに賛意を示したものと考えられている。 (世界遺産) 学生時代 [ ] 1873年から1877年の間、ガウディはでを学んだ。 学校では、歴史や経済、美学、哲学などにも関心を示したほか、の建築事典を友人から借りて熱心に読んでいたとも伝えられる。 また、学業と並行していくつかので働き、バルセロナのの装飾やの修道院の装飾にもかかわった。 建築家 [ ] ガウディの処女作は未完のものも含めると1867年ごろの産業コロニアだといわれている。 この仕事でマタロ協同組合の教師ペピタと知り合った。 これが初恋であった。 しかし、成婚に至らず、その後一生独身であった。 1878年に建築士の資格を取得している。 当時のバルセロナ建築学校校長で建築家のアリアス・ルジェン(エリアス・ロジェント、)は、ガウディについて「彼が狂人なのか天才なのかはわからない、時が明らかにするだろう」と言ったと伝えられる。 同年、ガウディはに出展するクメーリャ手袋店のためにショーケースをデザインした。 この作品を通じてガウディの才能を見初めたのが、繊維会社を経営する富豪エウセビオ・グエル()であった。 グエルは、その後40年あまりの間パトロンとしてガウディを支援し、グエル邸、コロニア・グエル教会地下聖堂、グエル公園などの設計を依頼した。 1883年にはサグラダ・ファミリアの専任建築家に推薦される。 モンセラート修道院 前半生の主な作品 [ ] 太字で示したものは、としてに登録されている。 年 名称 所在地 備考 1878-79 レイアル広場の街灯 1878 手袋屋のショーケース パリ 現存せず 1878-82 マタロの労働組合本部 ごく一部で初めて木材を用いた放物線状のデザインを表現(ガウディの放物線アーチ第1号、紡績工場の漂白棟のみ現存)。 1879 ジベール薬局の装飾 バルセロナ 1882 ガラーフの狩猟小屋パビリオン計画 1883- バルセロナ 1883-89 バルセロナ 一人前の建築家となって最初の作品、レンガと多彩タイルからなる造形 1883-85 エル・カプリーチョ 第1期、中世のお城にアラブ建築の異国情緒を混ぜたような傾向の建築 1884 グエル別邸のパビリオンと厩舎 バルセロナ 1886-89 グエル邸 バルセロナ 1887-93 1889-94 サンタ・テレサ学院 バルセロナ 1891-92 レオン 1898-1900 カサ・カルベット バルセロナ 1898-1914 地下聖堂 サンタ ・コロマ・ダ・サルバジョ 未完、コロニア・グエルにある小会堂で、グエルがそこの労働者たちのために建てた宗教施設。 1900-14 バルセロナ 第2期、独自の造形表現の境地に達する。 1901 ボデーガ・デ・ガラーフ 1902 ミラーリェス別邸の門と塀 バルセロナ 1904-06 バルセロナ 1905-07 バルセロナ 「石切り場」のあだ名がある。 1909 サグラダ・ファミリア付属学校 バルセロナ 第3期 1909 ベリェスグアルド(フィゲーラス邸) バルセロナ 1914 の修復 サグラダ・ファミリアのガウディのアトリエ(再現) 後半生の主な作品 [ ]• ブラーネス教会の説教台(1912年)• モンセラット「栄光の第一秘蹟」(1916年)• バレンシア教会の説教台(1924年) 死 [ ] 1926年6月7日、ガウディはミサに向かう途中、この日眼鏡を家に忘れた彼は段差に躓き転倒、そこに通ったに轢かれた。 晩年身なりに気をつかわなかったため、と間違われて手当てが遅れ、事故の3日後に73歳で息を引き取った。 遺体はサグラダ・ファミリアに埋葬されている。 であったらしく、終生であった。 設計手法 [ ] 彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。 その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。 装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。 「美しい形は構造的に安定している。 構造は自然から学ばなければならない」と、ガウディは自然の中に最高の形があると信じていた。 その背景には幼い頃、郊外の村で過ごし、道端の草花や小さな生き物たちと触れ合った体験から来ている。 ガウディの自然への賛美が最も顕著に表れた作品が、地下聖堂のガウディ設計部分である。 傾斜した柱や壁、荒削りの石、更に光と影の目くるめく色彩が作り出す洞窟の様な空間になっている。 この柱と壁の傾斜を設計するのに数字やを一切使わず、ガウディは10年の歳月をかけて実験をした。 その実験装置が「逆さ吊り模型」で紐と重りだけとなっている。 網状の糸に重りを数個取り付け、その網の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然で丈夫な構造形態だとガウディは考えた。 建設中に建物が崩れるのではないかと疑う職人達に対して、自ら足場を取り除き、構造の安全を証明した(これは力学的に全くの正解であった。 まさしく力学的に安定である為、今日広く使われているそのものである)。 ガウディは、設計段階で模型を重要視し、設計図をあまり描かなかった。 設計図は役所に届ける必要最小限のものを描いたのみである。 彼の模型や設計図といった資料はで多くが焼失した が、焼失を免れた数少ない資料を手がかりに、現在のサグラダ・ファミリアの工事は進められている。 評価 [ ]• は『』でサグラダ・ファミリアを酷評している。 註 [ ]• ファン・バセゴダ・ノネル『ガウディ』美術公論社、1992年、p. カスティーリャ語式の発音に準じたコルネットの表記もある。 バセゴダ、pp. 22-29. ファン・ヘンスベルヘン『伝記ガウディ』文藝春秋、2003年、p. 鳥居徳敏『アントニオ・ガウディ』SD選書197、鹿島出版会、1985年、pp. 48-50. 入江正之『ガウディの言葉』彰国社、1991年、p. 116。 ファン・ヘンスベルヘン、pp. 42-43. 424-425. 後年、外交官としてアフリカやアジアを訪れ、エジプト学にもかかわったトダは、実際にポブレー修道院の再建に取り組んだ。 Wikipediaスペイン語版、を参照。 岡部明子『バルセロナ』中央公論新社 《中公新書 2071》 2010年 84ページ• Capilla, Antoni 2005年6月. Ruta del Modernisme. 2007年10月19日閲覧。 もっとも、この逸話は信憑性に欠ける伝説とする意見もある。 鳥居、p. 新建築社『NHK 夢の美術館 世界の名建築100選』、2008年、224頁。 外尾悦郎『ガウディの伝言』光文社新書、2006年、pp. 33-34. 参考文献 [ ]• 『ガウディの生涯』彰国社、1978年• 中山公男・・編『ガウディ全作品1 芸術と建築』六耀社、1984年• 中山公男・磯崎新・粟津潔編『ガウディ全作品2 解説と資料』六耀社、1984年• 鳥居徳敏『アントニオ・ガウディ』197、鹿島出版会、1985年• 田中裕也『ガウディの建築実測図面集』彰国社、1986年• 鳥居徳敏『ガウディの建築』鹿島出版会、1987年• 田中裕也『アントニオ・ガウディとその師弟たち』、鹿島出版会、1988年• サビエル・グエル(訳)『ガウディの世界』彰国社、1988年• 入江正之『ガウディの言葉』彰国社、1991年• 赤地経夫・田澤耕『ガウディ建築入門』とんぼの本、新潮社、1992年• ファン・バセゴダ・ノネル(訳)『ガウディ』美術公論社、1992年• 田中裕也『ガウディの独り言』京都書院、1998年• ヘイス・ファン・ヘンスベルヘン(野中邦子訳)『伝記ガウディ』文藝春秋、2003年• 『ガウディの伝言』光文社新書、2006年• 『気になるガウディ』新潮社、2012年ISBN 978-4-10-602234-0• 田中裕也『実測図で読むガウディの建築』彰国社、1912年• 田中裕也『ガウディ・コード、ドラゴンの瞳』長崎出版、2103年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - ガウディにちなんで命名された。 - 日本にガウディを紹介した。 - サグラダ・ファミリア初の日本人彫刻家。 - ガウディの弟子・助手にして協力者。 外部リンク [ ]• - ガウディセンター(レウス)• in English.

次の