香典 の 代わり。 葬儀後の香典や挨拶は?訃報を後で知った場合の供物や香典のマナー [通夜・葬式の弔問マナー] All About

香典の代わりに渡すもの4選!友人の身内が亡くなった時の対応

香典 の 代わり

葬儀に参列できないときに香典を人に頼んでも「大丈夫」です。 職場の同僚や、友人が葬儀に出席するのであればその人にお願いするのが最もいい方法だと言えます。 他には、香典を現金書留で送ることも出来ます。 遠方に住んでいて、香典を頼める人がいない場合はこの方法が良いでしょう。 あとは、後日香典をもって自宅を訪問する方法もありますがこの場合は、 事前に伺ってもいいかの確認の電話をしてくださいね。 葬儀後で疲れているところに突然の訪問は失礼ですし香典返しの用意が出来ていないと相手にも気を使わせてしまいますからね。 そんなわけで、知り合いが葬儀に出席するのであれば香典を依頼するのがベストです。 失礼にもならないのでご心配なく。 ただお金のことなので預けるのはちょっとという場合はこちらの記事が参考になります。 その際に、名前、住所、電話番号の記入を求められます。 その為、外袋にも住所を書いていないと、預かってくれた人に迷惑がかかりますし、香典返しをするほうとしても住所や名前が間違っていると困ってしまいますからね。 それから香典を預かって、その人の分を記帳したら記帳した人数分の粗供養を持って帰ってください。 粗供養は来てくださった人に渡すのですが香典を預かったのであればその人は来てくれたとみなされるからです。 ただし、その時々で違う場合もあるので葬儀スタッフに香典を預かったのですが…と一言伝えるのがいいですかね。 香典を預けるほうも、預かるほうもいろいろとマナーがあるので社会人として最低限のことは覚えておきましょうね。 香典を代理でお願いする時は手紙など一筆添えたほうが良い? もちろん手紙も良いとは思いますが、預ける相手がご家族や喪主に渡さなければならず、ご家族と面識のない人だとちょっと難しいかもしれません。 なので、 手紙よりも電報を送るほうが個人的にはいいかと思います。 最近ではネット電報が増えてきていて、電報サービスのサイトも多いので利用しやすいですね。 香典を郵送 現金書留 で送る場合には、お悔やみと葬儀に出席できなかったお詫びの手紙をそえるのがよいでしょう。 まとめ 社会人になると職場関係から、学生時代の友人からなど冠婚葬祭に参加する頻度が嫌でも多くなりますよね。 いくら嫌でも出席するからには、または欠席するにしてもそれぞれにマナーがあるものです。 自分は良くても他人に迷惑をかけたり、恥をかかせることのないように最低限のマナーは身に着けておきたいものですね。 香典をお願いされる立場になった時のマナーについてもまとめました。

次の

【葬儀の花代】花代金・香典代わりの意味と包み方・書き方・渡し方のマナー

香典 の 代わり

香典を代理で渡すってマナー違反じゃないって本当? 香典を代理で渡すってマナー違反なんじゃないか? そんな風に思ったことはありませんか? 相手の不幸だからこそ、変なことは出来ない。 しかし、やむを得ない事情があったり、遠方でどうしてもいけない。 と言う場合は、失礼にはなりません。 私自身も遠方にいたときは、香典を代理で親にお願いしたことがあります。 もちろん後日、その友人宅へいってお参りさせてもらいましたが…。 ただ、 香典の代理はマナー違反ではありませんが、香典の代理をお願いする人は関係性が出来ている信頼できる人にお願いしましょう。 次は香典を代理で渡す時の渡し方です。 香典を代理で渡す時の渡し方は? 香典を代理で渡す時は、受付についたら、 『この度はご愁傷様でございます』 と お悔みの言葉をかけます。 その後、ふくさから香典を取り出し名前側を向けて両手で渡します。 また香典返しは遺族の負担を考えると、香典返しも一緒に受け取った方が親切です。 今度は、葬儀に代理で参列するときの記帳の書き方です。 香典を代理で持っていく時の基本的な記帳方法! 香典を代理で持っていた時は色々なパターンがありますが、基本的記帳の書き方をここでお伝えします。 記帳には香典の送り主の名前を書きます。 記帳といっても最近では受付する前に、カードでかく場合を良く見かけます。 名前・住所などを書く1枚のカード 友人から香典を預かったのであれば、友人の名前を書きます。 夫の代わりに妻が持参したのであれば、夫の名前を書きます。 香典を持って来ていない人は記帳する必要がありません。 遺族的には誰が香典をくれたのだけ知りたいから そして、香典の送り主の住所と電話番号も忘れてはいけません。 『住所や電話番号まで書かなくてもいいんじゃないか!?』 と思いがちですが、喪主が香典をくれた人に何かお礼をする場合もあるので、住所と電話番号はわからないと後で困ることになります。 香典の送り主の住所や電話番号がわからない場合は香典を持参する前に香典の送り主から教えてもらう必要があります。 香典を代理で持参する場合の4パターンを紹介します。 香典を代理で持っていく場合の4パターン!(友人・夫・上司・親) 香典を代理で持っていく場合の4パターンです。 それぞれ、あなたの立場に合わせて参考にしてくださいね。 香典を渡すだけではなく、香典返しについても書いています。 ・香典袋:香典は連名ではなく、別々に包みます。 連名にしてしまうと、喪主がわかりずらかったり、香典返しに困ります。 ・挨拶:自分の香典と友人の分は代理ということを伝える。 (例) この度はご愁傷様でございます。 遠方であるため葬儀に参列できない友人からお香典を預かって参りました。 心ばかりではございますが、納め下さい。 ・記帳:記帳には香典を預かった友人の名前・住所・電話番号を書く。 ・香典返し:香典返しを友人の分も預かり、後日香典を預かた友人に聞く。 送料がかかるが、香典返しは必要か?香典返しはいるかいらないか?など。 上司の代わりに香典を持参する場合。 ・香典袋:妻側の親の名前 ・挨拶:香典の送り主が、故人とどのような間柄が判るように伝えます。 (例) この度はご愁傷様でした。 心ばかりではございますが、納め下さい。 ・記帳:両親の名前(父親が代表であれば父親の名前)・住所・電話番号。 間柄が判るように書く。 続柄を書くと遺族側にもわかりやすいです。 香典を郵送するという方法もある! 香典を代理で渡してもらうという方法もありますが、郵送という方法があることを知っていますか? 香典を郵送することもご遺族にとって失礼になりません。 代理をお願いするとなると、持参してもらう人に迷惑になったり、お願いする側としても気を遣ってしまいます。 そんな悩みを解決するのが、香典の郵送です。

次の

領収書の無い香典、見舞金、祝儀を経費にするために必要な書類3選

香典 の 代わり

お通夜やご葬儀の際、霊前に飾る花や品物をそれぞれ「供花」「供物(くもつ)」といいます。 供花や供物は会社や団体で連名にして送ることが多く、関係性によって別途個別で香典を包む場合もあります。 故人では香典のみか、香典に供花または供物というのが一般的でしょう。 また、近年は家族葬で香典を辞退するケースが増えてきています。 参列できなかった方は弔意を表するために、香典代わりにと供花や供物を贈ろうと思うかもしれません。 その場合は、祭壇のスペースの事情もあるため、喪家様に前もって確認をとってから送るようにしましょう。 すでに「ご厚志辞退」のご案内があったなら、「何もしない」のが好ましいです。 香典や供花などをお送りすると、当然ながらご家族は返礼品などのお礼を考えるでしょう。 ご家族に、気遣いをさせないような対応をするのが一番です。 供花・供物を辞退しない場合であれば、お通夜なら当日の午前中まで、ご葬儀なら前日までに届くように早めに手配しましょう。 供花はファミーユでも承っております。 ですので、ご利用ください。

次の