竹馬 の 友。 竹馬の友に涙は似合わない

ことわざ「竹馬の友」の意味と使い方:例文付き

竹馬 の 友

竹馬の友の意味 竹馬の友の意味は、あなたがまだ幼かったころに、仲良く遊んだ友達のことです。 幼なじみのことなんです。 竹馬で遊んだことが無い? 竹馬で遊んだことが無くても、幼いころにいろんな遊び方で、仲良く遊んでいれば、「竹馬の友」です。 あれ? なぜ竹馬で遊んだことがなくても幼なじみのことを「竹馬の友」と言うのでしょうか? それは次の「竹馬の友」という言葉の由来に秘密があるんです。 竹馬の友の由来 「竹馬の友」という言葉の由来は古く、古来中国にあった晋王朝。 その晋王朝について書かれた史書の「晋書」から由来しています。 「晋書」に登場する共に政治家であり軍人でもあった桓温(かんおん)と殷浩(いんこう)。 殷浩が官爵を剥奪されて失脚したときに、その失脚の原因をつくった桓温が言ったエピソードがあります。 「殷浩とわしとは子供の頃、竹馬で遊んでおったが、いつもわしが乗り捨てた竹馬に殷浩が乗って遊んでおった。 そんなわけで、彼が私の下風に立つのは当然なのだよ」」と言ったとあります。 (『晋書』殷浩伝より) 今のような「幼なじみ」という意味とはちょっと違う意味の由来ですね。 「竹馬の友」はライバルという言葉の意味で使われていたんですね。 「竹馬の友」という言葉の由来がこんなエピソードから来ているとはちょっと驚きです。 今、私たちが「幼なじみ」として使っている「竹馬の友」という言葉の使い方。 この使い方の方が、人間らしい暖かみがあって私はすてきだと思うんです。 あなたはいかがですか? さてさて、「竹馬の友」ってあんがい類語が多いんですよ。 どんな類語があるのか? これは知りたくなってきちゃいました。 ということで、次に「竹馬の友」の類語を紹介しちゃいます。 竹馬の友の類語• 幼友達• 幼なじみ• 昔馴染み• 騎竹(きちく)の交わり• 友垣 ともがき• 莫逆の友 ばくぎゃくのとも• 金蘭の友 きんらんのとも• 悪友 あくゆう 多くの類語がありますね。 この類語の中で、ちょっとわかりにくい言葉を説明しますね。 騎竹の交わりの「騎竹」とは竹馬に乗ることを意味します。 子供のころから竹馬に乗って遊んだ友のことです。 莫逆の友 ばくぎゃくのとも の莫とは訓読で「ない」と読みます。 逆(さか)らうことなしということで、心が通った親友のことです。 金蘭の友 きんらんのとも の金蘭とはなんのことなんでしょうか? この言葉の出典は 「易経 繋辞上」に「二人同レ心,其利断レ金,同心之言,其臭如レ蘭」とあり、 「友情が厚い者同士が物事に挑戦すれば、固い金属をも断つほどで、そのような友情は美しく香りたかい蘭のようだ。 」ということです。 深い友情で結ばれた友が物事にあたればなんでもできるし、その友情はとても美しいものということですね。 ちなみに「易経」とは中国の儒教の経典で「五経」という書物がありますが その五経(易経、詩経、書経、礼記、春秋)のなかのひとつで、 森羅万象の出来事を陰陽変化の原理によって解き明かした書のことです。 日本の言葉って、同じような意味の言葉でもいろんな表現のしかたがあり、奥が深いですね。 竹馬の友を使った例文 では、「竹馬の友」を使って文章を作ってみましょう。 竹馬の友を使った例文• 彼とは、竹馬の友だからなんでも分かりあえる仲だ。 あの二人はけんかばかりしているが、心配しなくても竹馬の友なんだから心は通じているよ。 彼は竹馬の友だから、何年会わなくてもすぐに心がかよえあえる仲なんだ。 竹馬の友の彼がいるから私はがんばれるんだ!• 竹馬の友のためなら、なんだって協力するよ。 竹馬の友を使った文章って、あたたかい心が文章の中にあるすてきな文章になりますね! まとめ 「竹馬の友」というのは幼なじみという意味で使う言葉です。 その言葉の由来は古来中国にあった晋王朝について書かれた史書の「晋書」からきています。 「竹馬の友」という言葉は古い歴史がある言葉なんですね。 日本の言葉には多くの「竹馬の友」の類語があります。 いかに日本人が友を大切にしてきたかがわかりますね。 単に友人、友達という言葉でもいいのかもしれません。 ただそれだと自分の心を表現できないくらいに友が自分の人生に関係しているんですね。 竹馬の友の存在が人生を豊かなものにしてくれるようです。 だからこそ、激しいライバル関係が由来の言葉なのに日本ではあたたかい心通った言葉として使われているのではないでしょうか。 あなたも竹馬の友に会いに行ってみませんか?.

次の

【タイの遊び】竹馬の友って…今まで思ってたのと全然違うんですけど!

竹馬 の 友

「竹馬の友」の読み方と意味 さっそく「竹馬の友」の読み方と意味から紹介しましょう。 読み方は「ちくば」。 「たけうま」は誤り 「竹馬の友」は竹でできた昔の遊具「竹馬」と書くために、「たけうまのとも」と読み間違えてしまうこともあるでしょう。 「たけうまのとも」は誤りで、正しい読み方は「ちくばのとも」となります。 しかし、「たけうま」と誤読してしまうことは、意味や由来から考えると納得する点も無きにしも非ずです。 「竹馬の友」の意味は「幼なじみ」 「竹馬の友」は「小さい頃から遊んでいた友達」つまり「幼なじみ」のことです。 「竹馬の友」は「幼い頃からの付き合い」であり、泣いたり転んだりしながらも日暮れまで一緒に遊んだというような、また、かけがえのない記憶をも蘇らせる言葉なのかもしれません。 「良きライバル」の意味も 「竹馬の友」の意味として使われているのは「幼なじみ」ですが、昔は「良きライバル」という意味でした。 「竹馬の友」の由来となっている「殷浩」と「桓温」は子供ながらに「闘争心」が強かったと言われていたそうです。 結局は「殷浩」が北伐の司令官となったり、「桓温」に至っては皇帝の位を奪おうとするところまで到達し、二人そろって偉大な人物となりました。 それでも「殷浩」は「桓温」との長い付き合いがあるため、「まあ、桓温より私の方が上だということにしておくか」と「敬意」を示し、話していたことが綴られています。 まさに「竹馬の友」とは「良きライバル」であったということが理解できます。 後漢という怒涛の時代に生まれた「竹馬」に、幼い頃の「ライバル心」と「幼なじみ」であるという無二の存在が重なってできた言葉が「竹馬の友」ということなのでしょう。 「竹馬の友」の語源と由来 「竹馬の友」の語源や由来には、負けん気の強い子供たちの本来の姿が見え隠れしているようです。 「竹馬」は「春駒」と呼ばれた遊具 「竹馬の友」の「竹馬」とは、現在の竹馬とは違い、昔子供たちが「馬」に見立ててこしらえた「春駒」と呼ばれる遊具のことです。 春駒は竹の棒の先の部分に馬の鬣をつけたもので、子供たちはそれに跨り、競い合うように走って遊んでいたそうです。 由来は「晋書 殷浩伝」から 中国の「晋書 殷浩伝」によれば、殷浩(いんこう)と桓温(かんおん)という二人の軍人による「幼い時の記憶」が、現在の「竹馬の友」の由来になっていることが理解できます。 話は三国時代が終わり、太平の時代を迎えようとしていた頃、異民族の侵略により晋王朝が滅ぼされてしまいました。 緊迫した状況の中、当時、哲学議論が国を沸かせており、その中で名声の高かったのが「殷浩」でした。 そして、「殷浩」の幼なじみ「桓温」が民衆に言った言葉が「殷浩とは幼き頃、竹馬で遊んだものだ。 私(桓温)が竹馬を棄てたら、殷浩がそれを拾って遊んでいたのだから、私{桓温)の方が上だ」と立場を主張したことが書かれています。 「竹馬の友」を使った例文 続いて「竹馬の友」を使った例文を挙げてみましょう。 昔懐かしい響きを持つ言葉に、せひ「無二の親友」の顔を浮かべてみて下さい。 「竹馬の友」5つの例文• 彼とは竹馬の友だ。 一緒に学校に通い放課後はサッカーをして遊んだ友達である。 高校が別々になり離れてしまったが、竹馬の友であるNとは連絡をずっととっている。 竹馬の友だからこそ、たまには喧嘩もするものだ。 気心が知れた友達は、小学校からの友人、つまり「竹馬の友」ばかりである。 竹馬の友はかけがえのない宝であろう。 幼いころの記憶を楽しく話せる仲間だからね。 「走れメロス」における「竹馬の友」とは 太宰治の「走れメロス」では、メロスの「竹馬の友」である「セリヌンティウス」の存在はとて も偉大でしょう。 セリヌンティウスはメロスと2年間会っていませんでした。 しかし、突然、警備兵に呼び出されたかと思ったら、メロスに「妹の結婚式に出たい、身代わりになってほしい」とお願いされてしまいます。 しかも、それを引き受け、さらに3日間で戻らなければ「セリヌンティウス」は死刑となってしまう、という話です。 罪を一つも犯していない者が鞭に打たれる場面に、心を痛めた人もいるかもしれません。 正直者で猪突猛進な性格であったというメロスと心優しいセリヌンティウスの関係は、多くの人の心に関心を呼びました。 「嫌とは言えない友達」なのか「心から信頼できる友達」なのか、メロスとセリヌンティウスに見る「竹馬の友」にはさまざまな意見もあることでしょう。 「竹馬の友」の類語 それでは「竹馬の友」と同じような意味を持つ類語を探してみましょう。 「旧友」「旧知の仲」の意味と例文 「竹馬の友」の類語には「旧友」「旧知の仲」「年来の友人」「古友」「古馴染み」「幼友達」などがあります。 状況に応じで適した類語を選び、口語や文章で言い換えてみましょう。 そんなに怒らないでくれよ。 旧知の仲と言うではないか?• 幼友達であるからこそ、気兼ねなく何でも相談できるものだ。 「断琴の交わり」「管鮑の交わり」の意味と例文 「竹馬の友」のように、中国から伝わった話が由来となる類語には「断琴(だんきん)の交わり」「管鮑(かんぽう)の交わり」「刎頚(ふんけい)の交わり」「水魚(すいぎょ)の交わり」「金石(きんせき)の交わり」があります。 どれも中国の古い話から成語となった「幼なじみ」を表現する言葉です。 私と君とは「断琴の交わり」だと言ったら、大げさであろうか?• 同僚の田中さんとはケンカもするが、実は「金石の交わり」である。 まとめ 「竹馬の友」は「ちくばのとも」と読み、「幼なじみ」「小さい頃から一緒に遊んだ友達」を指す言葉です。 由来は中国で、もともと「良きライバルであるが、時にはケンカをする仲間」という意味で使われていました。 中国から伝わった言葉の由来や「走れメロス」に見る幼なじみのあり方から、学ぶべき点はいくつもあるでしょう。 あなたにとっての「竹馬の友」とはどのような存在ですか?.

次の

「竹馬の友」の意味とは?読み方や語源、類義語も(例文つき)

竹馬 の 友

Contents• そもそも、二本足だし、どの辺が馬なのかはよくわかりませんが、パカポコという音から馬を連想するんですかね? とにかく、タイでも「あの遊具」のことを「馬」と表現するそうです。 余談ですが、チャイナの言葉では「踩高蹺」で、全然馬は関係ありません。 「竹馬の友」って言葉はチャイナ由来じゃないの? ってなりますよね? 「竹馬の友」は4世紀中頃の東晋の政治家、「桓温と殷浩」の二人の話が元になったものなので、チャイナ由来であることは間違いないです。 この竹馬の友の「竹馬」は今回話題にしている遊具の「竹馬」ではなく、魔法使いのほうきの様に竹にまたがって走り回る遊びのことを指すそうです。 (笑) とにかく、相当対象年齢の低い遊びということになります。 「竹馬の友」を小学校4年生以降くらいだと想像していたのですが、こういった遊びのことを「竹馬」と指していたとしたら、本当に幼児からの友人ということになります。 ほぼ親戚に近いような間柄ということです。 ちなみに「竹馬の友」は本来昔からのライバルという意味だったそうで、現在の幼馴じみという意味とは違ったようです。 日本でも江戸期の末頃までは、この「竹馬の友」の「竹馬」と、今現在イメージする竹馬の両方をさして「竹馬」と呼んでいたそうです。 タイの竹馬の遊び方 タイの竹馬はタイの本によると 1.5~1.7メートル位の大きくない2本の硬くて、しなやかな竹を使い、足を置くところを固い枝で作ります。 遊ぶ時は足場の枝の上に立っていなければならず、その状態で歩き回ったりします。 また、競走をして、落ちたほうが負けといった感じで遊びます。 と説明されています。 日本のものとだいたい同じです。 というか全く同じです。 ただ、この説明だけでは「全く同じ」と判断してしまいがちですが、大きな違いがあります。 タイでの乗り方は足の横(小指サイド)に2本の長い竹があるんです。 2本の竹の間に人間がいる形です。 これで乗れるのか? とも思いますが、世界的には変な乗り方ではないようです。 ヨーロッパの大道芸などで、足に棒をつけて背を高くして歩き回る芸がありますよね? あれも類型的には「竹馬」の一種らしいです。 英語ではスティルツって言うそうです。 そのスティルツには持ち手のあるような長い棒を使用するタイプもあり、完全にタイのスタイルと同じというわけです。 タイスタイルと日本式の分布は? ヨーロッパもタイと同じ乗り方だとしたら、チャイナはどうなんでしょうか? 町中で余り竹馬に乗ってる光景というのは見かけないもので、実際見たわけではありませんが、どうやらタイと同じようです。 むしろ日本式の方が特殊なのか? と思っていたら、バリ島では日本と同じつま先の方に棒があるスタイルです。 タイ人ははるか北方から南下してきたといわれているので、チャイナと乗り方のスタイルが同じというのはなんとなく納得がいきます。 日本とバリ島はどうなんでしょうか? 相当離れています。 戦中に広まったということも考えられるので、現状ではなんとも言えません。 そんなこんなで 「うーん」 と唸っていたら、すごい発見をしてしまいました。 日本のはるか彼方、バルカン半島の付け根、ギリシアでも同じつま先スタイルだったのです。 しかも古代ギリシア!! アテネで発掘された壺に「日本スタイルで竹馬に乗る古代ギリシアの方々」が描かれてました。 結局、どうして竹馬に乗るスタイルに違いがあるのか? という謎はいっそう深まるだけとなってしまいました。 またいつものように、「すご~く似ているんだけど、ちょっと違うタイと日本」の法則に間違いはなかった! という確信が持てただけの事例でした。 いろいろ勝手なことを述べてきましたが、竹馬はバランス感覚を養うのにとても有用な遊具です。 余り竹馬の得意でなかった僕は、人生のバランス感覚も大きく欠いた状態になってしまったというわけです。

次の