世界 の 終わり と ハード ボイルド ワンダーランド 解説。 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」感想・書評

【ネタバレ】「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を読みました【村上春樹】

世界 の 終わり と ハード ボイルド ワンダーランド 解説

村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んで 村上春樹を読む ||||||||S 村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んで 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」という奇妙なタイトルを持った村上春樹のこの小説は、ふたつの独立した物語が交互に進行するという体裁をとっている。 「ハードボイルド・ワンダーランド」では、タイトル通りSF的な冒険が展開され、「世界の終わり」では、自分の影を失うことで心まで失っていく男の物語が進行していく。 この平行した二つの物語は、当初それぞれに独立した全く無関係なものとして提示されるが、物語の進行につれて、実は深いところでつながっているということが納得されるような形になっている。 「世界の終わり」の主人公は、自分の前世としてハードボイルド・ワンダーランドの記憶を呼び覚まそうとし、「ハードボイルド・ワンダーランド」の主人公は、世界の終わりでの出来事を、未来からの啓示のようなものとして受け取る、といった具合だ。 実はこの二つの物語が展開する世界は、一人の人間の異なった次元のあり方を暗示しているのである。 それも時間軸に沿って分断されたものというよりは、空間軸に沿って分断されたものとしてである。 それは読者にとっては非常にわかりづらく設定されているのだが、簡単に言えば、一人の人間の心を表層の意識的な部分と真相の無意識的な部分に分け、それを別々の実体的な世界として広げたものが、それぞれの物語の世界なのだ。 だから、この作品はユングの心理学を応用しているのではないか、そんな印象を読者に与える。 「ハードボイルド・ワンダーランド」のほうは、ある人間の普通の表層意識が捕らえた世界を描いたもので、「世界の終わり」のほうは、その人間の深層意識のなかで展開している世界を描いたものだ、そんな風に言い換えることができそうだ。 ところがどうも、そう簡単ではないようだ。 この物語には不思議な能力を持った老人が出てくる。 その老人が主人公の「わたし」にあるいたずらをする。 わたしの大脳にある細工を施して、わたしの意識の構造を、表層の意識、その下部構造としての深層意識、そしてこの二つのほかに第三の意識のあり方を加えた三層の構造にしてしまう。 第一の表層意識と第二の深層意識とは、いわばユングの心理学がいうような関係を持っている。 人間は深層意識の上に立って表層の意識の活動を展開しているわけだ。 これに対して第三の意識である作られた意識体は、表層意識とも深層意識とも異なった、完全に人工的な構造体である。 それはわたしの表層意識とは何らの係わりも持たない。 むしろ持ってはならない。 もしもわたしの表層意識が、この第三の意識体の影響を受けるようなことがあったら、わたしの行動は普通の人間としての、首尾一貫性をもてなくなるだろう。 ところが、老人はなにかの間違いで、わたしの表層意識とこの第三の意識体との間に、新しい回路を開いてしまうのだ。 それはわたしが、いままでのように深層意識のあり方との間でレファレンスを行いながら、意識し、決定し、行動をするという構造が崩れ、全く異質の意識体との間でレファレンスを行いながら行動するようになることを意味する。 私にとって、深層意識の中に蓄えられた記憶や行動原則は全く意味を持たなくなり、人工的な原理に従って意識活動をするように強制される。 だがそんなことは現実の世界では不可能なことだ。 わたしの表層意識が第三の意識体に結びついた瞬間に、わたしの意識は混濁し、意識としての存在としてのわたしの存在は死滅することになるのだ。 このように村上春樹は、ユングの心理学を持ち込みながら、それを単純に応用するのではなく、第三の人工的な意識体という遊びの要素を持ち込むことで、小説の構造にヴィヴィッドな性格を付け加えているわけだ。 こうしたことを前提にしてもう一度この小説の構造を整理すると、「ハードボイルド・ワンダーランド」は、わたしという人間の表層意識の世界で起こっている出来事を描いている、一方「世界の終り」のほうは、老人によって人工的に作られた意識体の内実を描いているということになる。 この二つの世界は、一方は現実の、もう一方は非現実の、という限りで、交わりを持たないものだ。 したがって本来は別々であるべきはずのものだ。 ところが、老人によって、この二つの意識体が私の中で結合されたことによって、このふたつのものは何らかのかかわりを持たざるを得なくなる。 だがそのかかわりは、表層意識と深層意識のそれとはまったく違った様相を呈するに違いない。 「ハードボイルド・ワンダーランド」のほうは、私がいかにして老人によって新しい意識の回路を植え付けられ、そのことによって現実世界で死なねばならなくなったか、そのプロセスを描いている。 「世界の終り」のほうは、この世界での意識のあり方としては死なねばならなくなったわたしが、架空の世界においては存在し続けているという事態を描いている。 だから時間軸としては、「世界の終り」で起きていることは、わたしがこの世界で死んだあとの出来事だと言えなくもない。 しかしそうとばかりも言えない。 「世界の終り」での出来事は、わたしが死ぬ前から存在していたのであり、わたしが死んだあとも存在している。 しかしてそこで起こる出来事には、時間の概念で説明できないところがある。 世界の終わりでは物事の継起に前後の要素はないのだ。 その物事は永遠の層の中で起こるのだ。 だから世界の終りで出てくる動物たちの骨が、ワンダーランドで生きているわたしの手元に届くこともあれば、ワンダーランドで起こったことを、世界の終りの主人公が遠い記憶のかけらと感じることもあるのだ。 こんなふうに、この小説には普通の常識ではとても受け入れることのできないような部分が含まれている。 いったい世界の終わりとは、何を意味しているのだろう。 読者は最後までこうした疑問をなげかけつつ、ついに回答を得られないままでページを閉じなければならない。 すべての印象的な小説と同じく、この小説の結末部も印象的な言葉で終わっている。 私の意識が第三の意識体に接合され、したがって私の意識が混濁していく過程を、村上は次のように書くのだ。 「誰にも雨を止めることはできない。 誰も雨を免れることはできない。 雨はいつも公正に降り続けるのだ。 「やがてその雨はぼんやりとした色の不透明なカーテンとなって私の意識を覆った。 「眠りがやってきたのだ。 「私はこれで私の失ったものを取り戻すことができるのだ、と思った。 それは一度失われたにせよ、決して損なわれてはいないのだ。 私は目を閉じて、その深い眠りに身を任せた。 ボブ・ディランは「激しい雨」を唄いつづけていた。 」 これは考えられる限り最も滑稽な事態を、考えられる限り最も生真面目な言葉で語ったものだ。 そういうところにこの「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」という小説の不気味な魅力があるのだろう。 | 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2012 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の

[B!] 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」久々の村上春樹

世界 の 終わり と ハード ボイルド ワンダーランド 解説

Wikipediaの情報によると、村上作品の中でも最高傑作とされているようで、現在でもファンが多いとのこと。 また、「未来都市」も幻想世界を描いた作品で、後でこの作品との比較を試みる。 この他にも、ローデンバック『死都ブルージュ』の世界も、やはり死んだ町というイメージがあるが、最後に福永作品「未来都市」と比較してコメントしてみたい。 この作品を読んだのが2年前(2004年)の夏で、実はそれ以前に買って本棚の肥やしになっていたのだが、読み始めると面白く一気通巻で読んでしまった。 高い壁に囲まれた閉鎖された世界、というイメージはそれ以来私の中に取り込まれ、この本は私の心の中でずっと一定の位置を占め続けていた。 このたび改めて再読し、作品解釈としてHPで公開させていただく運びとなった。 作品の構成と特徴 この物語は文庫本の上下巻に分かれている長編小説で、「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」という2つのプロットが同時進行で語られる。 それぞれの物語は独立して読め、話のプロットが混乱することのないよううまく設計されている。 計算士である「私」の頭の中に存在する無意識の世界が、最後は「私」の意識世界を乗っ取ってしまうという筋書きである。 「私」が無意識の世界に乗っ取られるまでを描いたのが「ハードボイルド・ワンダーランド」、その、無意識の核とも言うべき世界を描いたのが「世界の終り」であり、2つのプロットの間を橋渡しする仕掛けを組み入れることで一つのストーリーとして組み上がっている。 私の職業である「計算士」というのは何だろう? コンピューターは別に存在するが(作品に描かれた時代は現代あるいは近未来か)、どうやらコンピューターで扱う情報を保護する〜イメージとしては暗号化に近い〜ための高度な専門職といったところであろう。 作業としては、パソコンの暗号化ソフトをもっと高度化したものであるようだ。 (「計算士」という職業に関しては、『イエローページ村上春樹』をはじめ、本作品を論じているweb site上にもいくつか解説がある) この、「計算士」という職業は 自分の無意識を活用して情報の暗号化(保護)を実現するため、「無意識の核」といったものにどうしても向き合わざるを得ない。 通常、「無意識の核」は当人に意識されることはないが、「私」の場合は特別で、シャフリング作用を行うため特別に訓練されているものである。 そして、その「無意識の核」があまりにもリアリスティックに出来ていたことが、この物語を立ち上げる原動力となっている。 (無意識の世界を開くために、わざわざ作者はこのような職業を考え出したとも言える。 ) まずこれが作品解釈を行う上で留意すべき最初の仕掛けである。 次に、計算士である「私」のプロフィールに注目しよう。 計算士はもともと個人単位で仕事を行うプロフェッショナルであり、自由業に近い職業である。 そして「私」には家族も、親しい友人・恋人もいない。 計算士としてある程度金がたまったら引退し、のんびりとギリシャ語とチェロを習いたいと思っているという、いわば世間との交渉事から外れてしまっている。 言葉を変えれば、もし仮に「私」が突然消滅してしまっても世間は誰も困らないのである。 このような「私」のプロファイルは、博士が発明したシャフリング技術にとって最適であった。 シャフリング技術を実行するためには、「意識の核」に対する天然の免疫作用が必要だ。 書き手は、プロファイルとセットで「私」に対し「意識の核」の免疫作用を付与し、物語を先に進めている。 こ の「私」のプロファイルが第二の仕掛けである。 さらに、「世界の終り」という世界が、外部から強制的に与えられた人工的なものでない点に注意を払おう。 博士は「私」の無意識を編集し、それを第二のジャンクションとして「私」の脳へ植え付けた。 しかしその世界はもともと「私」のものであり、「私」の無意識の産物である。 (ここが福永作品のや、と決定的に異なる。 これら福永作品では町の力というのは「僕」以外の外部からやってくる一種の暴力として位置付けられる) 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで、さほど悲劇的な印象が強くなかったのは、おそらくもともと「私」が持っていた無意識の世界に入っていくという設定になっているからであり、外部からの暴力があまり感じられなかったからでである。 「私」は、個人主義で、厭世的で、世俗のことにあまり関心がない。 このような「私」が作り上げた無意識の世界はそのプロフィールを見事に反映し、<心>というものを壁の監視システムにより排除させ、一角獣による<心>の吸い取り機構を組み合わせることにより完全に排除し、穏やかな世界を構成している。 作品の解釈 <作品構造と主題> 上述したように、「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」が同時並行で(厳密に言うと互い違いに)進行し、この2本のプロットが作品を構成する。 この、2本のプロットの間を橋渡しすべく、書き手はいくつかの仕掛けを用意している。 それは、<一角獣>、<世界の終り>、<手風琴>、<ダニーボーイ>といったキーワードである。 「私」は第三のジャンクションを埋め込まれる措置を施され、じきに埋め込まれた第三の回路に意識を乗っ取られてしまう。 それが「私」に対して明らかにされるのが、「私」がやみくろと記号士の手を逃れて博士と再会した時である。 作品を素直に読むと、「私」が第三の回路に意識を乗っ取られた直後に「街」に到着すると思われるのだが、ここは敢えて2つのプロットを同時並行で流すことで書き手は立体的な物語展開を狙っているように思われる。 「私」は、現実世界では<心>を大切にしてこなかったし、できなかった。 しかし「街」に入るときに「影」を切り離され、夢読みとして仕事を続ける中で「図書館の女の子」に惹かれ、ついには彼女の閉ざされた<心>を発見する。 これは、「僕」が自分自身の<心>を見出し、そしてそれを他者との連体の中に意味づけていく作業そのものである。 「僕」は結局「影」の説得にもかかわらず「街」に踏みとどまることを選択する。 つまり、「心」を残したまま「街」に留まって森へ追放される覚悟を決める。 「僕」は、決して現実世界では行い得なかった大切な決断をするのである。 「僕」と「図書館の女の子」は森に追放される。 壁の監視システムを逃れる妙案は作品中には提示されていないし、「街」そのものを作りかえるという方向での救いは示されていない。 しかし、 いったん<心>の意義を認識した「僕」は、音楽により閉ざされた<心>を開放された「図書館の女の子」とうまくやっていくと思わせるような余韻を残して物語は終わる。 これは悪くない終わり方であり、読了後に「私」が再生するというイメージを連想させる。 (私は一角獣の意味は知らない) 「私」が知った後 (25章以降) 楽器(手風琴) 歌(ダニーボーイ) 楽器、歌は現実世界ではごく普通にあたりまえに存在するものだが、「街」には存在しない。 「街」では壁の監視システムにより過去の記憶に関するアイテムにアクセスすることは許されない。 2)楽器や歌により、図書館の女の子が保持していた、わずかな<心>が動き始める。 同時に僕の「影」が壁の監視システムをすり抜ける案を考え出し、実行に移すため僕を説得する。 左記の2つのキーワードが出た後では、「街」の決まりに対して逆らう動きが出現する。 <「街」の構造とその意味> この作品の最も魅力的な点は、壁に囲まれた「街」の構造と決まり事であろう。 ここでのキーポイントは、<穏やかな世界>、<心>であろう。 まず、この世界が人工的にできているという点では異存はない。 そもそも壁で囲まれており、街に入るとき門番が「影」を切り離すというのも人工的である。 物理的に限定された広さを持つ「街」はそれ自体が閉鎖的であり、閉じられた世界である。 「街」の構造図/IInspiration Version 6で作成 ここが「世界の終り」と命名されているのはどのような理由からだろう。 博士は「私」の無意識の核をヴィジュアライズ化して取り出すことに成功した。 「世界の終り」と命名したのは博士であり、ヴィジュアライズ化された「私」の世界は、きっと客観的に見ても「世界の終り」であるに違いない。 web masterは、「世界の終り」というよりも「最果ての地」、「黄泉の国」といったイメージであるのだが、ともかくあまり広くない閉鎖された空間で、時間の流れが存在しない(同じサイクルの永遠の繰り返し)のが特徴である。 おそらく、人間の<心>が動くことが許されていない、単純な毎日(=ここには物質的な欲望というものが存在しない)の繰り返しの中に安らぎがある、という世界は、感情の喪失という点で<悪>なのであり、人間を不自然な形で規制するといった意味で世界が終わっているという解釈が最も妥当であろう。 文庫本の上巻に地図が付いてるが、これを見る限りは「街」と呼べるほど大きいかどうか・・・いったい人口は何人くらいで、ここの住民はどのように生活しているのかというのは実はよくわからない。 一角獣というのはこの街に特異的な生き物であり、壁の監視システムの一環を担っている。 面白いのが、影を切り離しても<心>は失わず、「街」で日々生活することにより生じる<心>を一角獣により適宜回収する必要があるという点である。 最後は夢読みにより大気中に開放される。 ということは、「影」が指摘したようにこの世界をまわすためにはかなり不自然なことをしていると解釈される。 しかしこれだけの監視システムを持ってしてもまだ<心>を捨てきれない人たちがおり、その連中は森へと追放される。 ここまでやってようやく「街」の秩序を保つだけの監視体制が出来上がっている。 しかし、 これだけ完璧に近いシステムを持ってしても「図書館の女の子」に封印されていた<心>を検知することはできなかった。 これは人間というものは<心>を持つことが普通なのであり、それを無くすというのはかなり無理をしても難しいし、そもそも無くそうと試みること自体に無理があるという解釈が成り立つ。 「街」に住む人間は、ある意味完璧なほど平穏な生活を送っている。 しかし、その平穏さとは壁を中心とした監視システムにより構成された、とてつもなく無理のかかったシステムなのである。 目を転じて、一角獣に注目しよう。 一角獣は人間に対して害を及ぼすことはなく、「獣」というイメージを抱きにくい生き物である。 「僕」の「影」によれば、一角獣は人間の自我を身体の中に貯め込み、その自我に押しつぶされて死ぬ。 一角獣の命は、影を失った人間からわずかに発生する自我を「街」の外に汲み出すことの代償である。 「影」はこのことを「弱い無力なものに何もかも押しつけて保たれるような完全さ」と批判しているが、春になると一角獣は死んだ数だけ生まれてくるの「影」の言うことは正しくない。 一角獣は壁と協働で「街」の中の人間を監視し管理するシステムの一環として存在しており、完結したシステムなのである。 加藤らはその著書の中で、「影」の訴えを退け、心のない「街」に留まる理由について考察している。 なるほど「影」が「街」について批判することは完璧に正しいし、いったんは「僕」もそのことに納得する。 書き手は「僕」に、「僕には僕の責任があるんだ」と言わせるが、これは「街」は「僕」の心が作ったものなのだから、「僕」はその責任を取るべきだ(=踏みとどまる)という発想である。 また「私」の意識の核はそれ自体非常に完成され、それ自体映画としても成立しうるほどの整合性を有していると述べている。 このことから、おそらく博士の行った編集作業はあまり大きなものではないと窺われる)。 「僕」は自分のやったことの責任を取る必要は全くないし、また責任を取ろうと思ってもそれは不可能だ(ジャンクションBはそもそも博士が設置した人工的である)。 「街」を作ったのが「僕」だからといって、「僕」は「街」のシステムを自由にいじれるわけではない。 そのことは「僕」にもよくわかっていたはずである。 今や「僕」は「街」のしくみのことを完全に理解したし、「影」を逃がして自分だけが留まる〜「影」と別れる〜ことの意味も充分にわかっている。 その上で敢えて留まるという決断をしたというのは、筆者は 「僕」が「街」の中にある種の希望を見出したからだと解釈した。 では、このような閉ざされた「街」の中に一体どのような希望があるのだろう。 これを解く鍵は、<世界の終り>のプロットの後半で明らかになるが、 壁の監視システムは必ずしも完璧ではないところにあると考える。 「街」は心を捨てられなかった人々を森へ追放することにより、なんとかその完全性を保っているが、 逆に言えば森の中は壁の監視システムが及ばない場所であるとも言える。 この森の住民の生活について、物語から読み取れることはごく僅かであるので想像に頼るしかないが、 「僕」が「街」の中で本当の自分らしさを作り出すためには、森に追放されるのが必然であるように思われるのである。 福永作品との比較による考察 町の住民に対して監視システムを持っているという点で、この作品を福永武彦の「未来都市」と比較してみたい。 「未来都市」では<神性放射>なるものが神殿から放射され、人間の中の<悪>を消滅させ、<善>を増幅させるという操作が絶えず行われる。 ルーティンの操作で不完全な人に対しては、病院で強力な放射をかけることも行われる。 善と悪を機械的に振り分け、後者を人工的に除去してしまおうという試みも、かって行われた人体実験に立脚するという暗い経歴を持っており、本作品の「街」と同様に無理がある仕組みである。 未来都市に紛れ込んだ芸術家の「僕」は「哲学者」と対峙することで未来都市のシステムそのものを破壊してしまい、ここで「僕」は開放されるが、一方『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』の主人公は「街」の中に留まることで壁の監視システムから逃れる道を選択する。 どちらの作品の主人公も、 外的世界との関わり合いを自分自身で選択し、実行に移した事に変わりはない。 違っているのは、「未来都市」の主人公は恋人を連れて(「哲学者」から妻を奪って)町から出、『世界の終り〜』の主人公は心を失った彼女の心を取り戻させ、森の中へと自分から進んで追放される。 一見、前者の方が話としては派手だし(俗的に言えば)格好が良い。 しかしながら、後者も相当の覚悟が要るし、「僕」が作り出した世界の中で「僕」が追放されるという矛盾を含んだ中での決断であり、その覚悟は非常に重いものであっただろう。 「未来都市」はある意味後味の良い、爽やかな結末とも言えるが、『世界の終わり〜』はそうではなく、理不尽に「街」に連れてこられ、理不尽なシステムを押しつけられた「僕」が積極的に活路を見出していくという、ある意味泥沼の闘いの記録なのである。 以後適宜追加考察を行う予定。 トップページへ.

次の

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

世界 の 終わり と ハード ボイルド ワンダーランド 解説

以前、文庫本を買って読んでいたのですが、覚えているのは太った若い美人に案内されてついていく冒頭の部分だけでした。 「夢読み」という職業も覚えていたのですが、ピンクのスーツを着た太った若い美人に案内されていく主人公の職業は「計算士」というものでした。 これは、「ハードボイルド・ワンダーランド」と「世界の終わり」という別々の物語が交互に語られていき、最後に連携合体するという仕組みの話でした。 そんなことまで憶えてなかったです。 「ハードボイルド・ワンダーランド」の主人公は「計算士」、「世界の終わり」の主人公は「夢読み」という職業(?)です。 「夢読み」という仕事の方が印象が強く、こっちだけ覚えていたのです。 終わりに近くなり、物語の全貌が見えてくるにつれ、読者であるぼくの感情はだいぶあおられました。 かって懐いた気持ちが、ちょっと生々しく心によみがえるみたいな感じです。 もちろん、こんな話みたいな実体験はあり得ません。 以前に読んだ時とは違った気持ちです。 人生いろいろ、なんです。 この物語が理解できるのかと言われれば、ちゃんと理解してなさそうですが、受け取るものは受け取りました。 ぼくは、今この作品を読み返して良かったと思います。 一時期、が気に入ってだいぶ読んだように思いますが、不思議にも「の森」という超有名作品は読んでいません。 今度、読んでみましょうか。 の同じタイトルの曲は好きなんだし。 edwalk.

次の