剣盾 姓名判断。 【剣盾/ピカブイ対応】ポケモンに他言語同士の混合NNをつける方法(漢字と平仮名カタカナを混ぜたニックネーム)

せいめいはんだんし

剣盾 姓名判断

2019年11月7日 水 にポケモンソード・シールド公式サイトで更新され、ゲームシステムの変更点、新アイテム、ポケモンの育成の変更点、最初のインターネット大会「ガラルビギニング」、期間限定マックスレイドバトル等の情報が判明した。 【ポケモンボックス】 ポケモンソード・シールドでは街や施設、道路などのフィールド上にいるときでも「ポケモンボックス」にアクセスできる。 これにより冒険の途中で手持ちポケモンを入れ替えることが可能になる。 ただし、ポケモンジムなどの特別な場所ではアクセス不可。 【おまかせレポート】 以前判明したオートセーブ機能「おまかせレポート」が正式に判明。 「おまかせレポート」は街から街へ移動する時や建物に入った時などに自動的にレポートを書いてくれる機能。 「おまかせレポート」は初期設定では「オン」になっているが、「オフ」に切り替えることもできる。 【ニックネーム変更】 こちらも以前に判明した情報。 ポケモンソード・シールドでは各地のポケモンセンターでポケモンのニックネームの変更が可能になる。 ポケモンセンター内の左側のカウンターにいる男性 姓名判断師 に話しかけるとニックネームの変更ができる。 【ミント】 ポケモンソード・シールドでは「」と呼ばれるが登場する。 「ミント」を使うとポケモンの成長しやすい能力を変えることができる。 「ミント」で変わるのはポケモンの性格による「能力値補正」の部分だけとなり、実際の性格は変わらない。 【えいようドリンク】 タウリン・ブロムヘキシンといったポケモンの基礎ポイント 努力値 を上げる「えいようドリンク」 ドーピングアイテム の仕様が変更となる。 過去作では一定値 努力値100 以上になると道具を使用できなくなったが、ソード・シールドでは最大 努力値255 まで使うことができる。 【けいけんアメ】 ポケモンに直接経験値を与える「けいけんアメ」が登場する。 「けいけんアメXL」だと1個につき30000の経験値を得られる。 【タマゴわざ】 ポケモンが親からの遺伝により覚える「タマゴわざ」の仕様が変更となる。 過去作では親からの遺伝のみで「タマゴわざ」を習得できたが、ソード・シールドでは預かり屋に同種のポケモンを2匹預けておくと、片方が覚えている「タマゴわざ」を、もう1匹のポケモンが覚えることができる。 預かり屋で「タマゴわざ」を覚えるには、覚えているわざの数を3つ以下にしておく必要がある。 【ガラルビギニング】 ポケモンソード・シールド最初のインターネット大会「ガラルビギニング」が開催される。 大会ではも使用可能。 インターネット大会「ガラルビギニング」 エントリー 期間 2019年11月15日 金 ~ 12月6日 金 8時59分 開催期間 2019年12月6日 金 9時 ~ 9日 月 8時59分 結果発表 2019年12月中旬予定 バトル形式 シングルバトル チームから3体選出・自動Lv. 50調整 使用できる ポケモン ソード・シールドで手に入るポケモン 一部ポケモンを除く 【期間限定マックスレイドバトル】 ソード・シールドの発売日から一定期間、で一部の「」のポケモンが出現しやすくなるイベントが開催される。

次の

ポケモンソードシールド:いつからできる?YY通信(通信交換や対戦)ができるようになるタイミング

剣盾 姓名判断

概要 ポケモンを入手したときに主人公がニックネームを付けるか決めることができるが、一度決めた名前を普段は変更することができない。 名前を変更する場合は、各地方にいるせいめいはんだんしに頼む必要がある。 せいめいはんだんしに話しかけると、ポケモンのおやが主人公だと判定された場合にポケモンのニックネームを変えることができる。 基本的に交換などで手に入れたポケモンはが主人公でないためニックネームを変更することはできない。 からはニックネームがついていなければおやが違うポケモンにも1度だけニックネームをつけることができるが、ニックネームがすでに付いているポケモン・をしたポケモンは変更することができない。 せいめいはんだんしは、において裏技によく用いられる。 場所 の の の 各地の左のカウンター 備考• ポケモンのおやが主人公であるかどうかの判別にはを用いている• 第二世代以前は親の名前が一致するか同時に確認しているため、親の名前が異なる場合ニックネームを変更することはできない。 第三世代以降はIDが一致している場合はおやの名前が異なっていてもニックネームを変更することができる。 せいめいはんだんしが新しい名前を考えてつけているという名目だが、実際はプレイヤーが入力して自由な名前を付けることが出来る。 ポケモンのおやが主人公でない場合のニックネームを変更できない理由は「ケチの付けようがない」などというものである。

次の

ソードシールド(剣盾)でデスマスをNo329の【デスカーン】に進化させる方法

剣盾 姓名判断

オッス、またまた記事です。 この記事で実現したいのは、下の画像の通りです。 混合ニックネームってヤツですね。 中国語と日本語以外の言語で共存出来るかはわかりません。 誰か試してみて下さい。 お試しあれ。 【朗報】Switchの仕様を利用して、中国語の漢字と日本語の混合NNに成功 先人の解説に感謝 — koichil koichil 遊んでると、ニックネーム NN 付けたい〜って人は決して少なくはないですよね。 日本語版で遊んでる人は既に知ってると思いますが、基本的にのNNに使用できる文字は、平仮名・カタカナ・英数字・一部記号のみです。 漢字とかは使いたくても、日本語版ではそれの入力すら出来ないわけなので、きっと困った経験があると思う。 しかし、この制限はある時を境に限定的に破られた。 「サンムーン」で遂に本編がとの中国語に対応。 これにより、中国語の種族名のを入手可能に。 ただし、のNN付けの仕様は日本語版と全く一緒のため、NNに関しては依然として漢字が使えず、中国語ROMなのにや主人公の名前だけ日本語みたいな歪な状態ではあった。 ちゃんとしないとこういう奇怪な事になるぞ増田ァ! — koichil koichil リンク 「ピカブイ」の中国語版では遂に念願の漢字使用が可能に。 これにより、漢字がNNに含まれるを作れるようになった。 ただし「サンムーン」と違って、日本語は打てなくなってしまったので、それはそれでプレイヤーを悩ませたのであった。 、遂に主人公の名前やに対して中国語の漢字を使ったニックネームを付ける事が可能に SM~USUMでは中国版にしても使用できる文字は日本版と一緒だった 英数字と漢字の組み合わせも可能。 — koichil koichil このピカブイの仕様は、剣盾の中国語版でも全く一緒で、 本来ならば中国語の漢字と日本語 平仮名やカタカナ を混ぜた形でNNを付ける事は不可能だ。 面倒な人はとりあえずこの辺のサイト使えば、なんとなくでわかると思います。 簡体中国語のはこっち。 じゃあ、諦めるしかないのか…と思うじゃん? ピカブイでも成功。 — koichil koichil できるんですよね、それが。 それも剣盾ピカブイどちらでも! 流れとしては、Switchの仕様の抜け穴を使った物になります。 大丈夫だとは思いますが、多分開発側も想定していない方法なので、自己責任で。 何が起きても当ブログは責任を負いません!いや、大丈夫だと思うけど一応ね!!! というわけで、前置きとかどうでもいいので、本題に入ります。 リンク 必要な物 『 ソード・シールド』もしくは『 Let's Go!・Let's Go!』の使用を想定しています。 ・Switchでの中国語の打ち方への理解 さっき貼ったブログ記事を参照 手順 剣盾を使用した例で、今回は試しに中国語ROM産サルノリに「星の子ポロン」という混合NNを付けてみます。 何故、星の子ポロンなのか。 そんな事はどうでもいいけど、日本国民必修レベルのカルトアニメは見て下さい これは全く関係ない宣伝 「星の子ポロン」という6文字を混合で入力するためには 「星」 「の」 「子」 「ポロン」と別々で扱う必要がある点を留意してね。 一応レポートを書いておく。 この時点では、まだNN入力画面に行かないよう注意。 注意点として、ユーザーが複数存在する人は、必ず本編の中国語セーブデータと同じユーザーを選択する必要がある。 連携していない場合は、しといてね。 アルファベットでも数字でもOKなはず。 恐らくワードは2文字以上だと、やりやすい。 ここでは 「の」が欲しいので、適当に思いついた「き のみ」を採用。 画面中央の変換候補 9きのみ を押して、変換を確定させる。 Switchにその予測変換を覚えさせよう。 最終的に1番目の英数字を入力した段階で予測変換に当該ワードが出るようになったら覚えた合図とみて良し。 画像の例では、ひたすら覚えさせた結果、「9」を入力するだけで「9きのみ」が予測変換に出るようになった。 これで 「の」は問題なし。 「ポロン」の文字が欲しい状況。 画像では「hポロン」をひたすら入力し変換候補を押した。 結果的に「h」を入力するだけで「hポロン」が予測変換に出るようになったので、これで問題なしとみなした。 そして、プレイ中になってるはずの剣盾を再開して、のNN入力画面へ遷移しよう。 コントローラーのホームボタンを押して戻ってしまうと、どうやらせっかく覚えさせた予測変換が消える事があるっぽいので、一応注意。 ちゃんと検証してないけど。 それを押して変換を確定させてしまおう。 続けて二個目のワードを予測変換に出して、必要な日本語文字を全て揃えよう。 あとは、OKで確定させて終了。 これで中国語の漢字と日本語が混ざった混合NNが! かなり複雑だが、慣れてしまえばそんなに難しくないだろう、多分。 一文字だけ日本語が欲しい場合、その文字がどういった単語に含まれてるかを考えると良いですね。 「ら」を出したいなら「 らせん」で予測変換を覚えさせて、後から「せん」を消してみるとか。 ちなみに、適当な英数字入力後、それを確定させて欲しい文字だけ入力という手順を繰り返すと予測変換が覚えてくれるという報告もあるが つまり後から文字を消す必要がない 、俺の環境だとこの方法は成功する時としない時があった。 そういう意味で、どうしても上手く行かない方は上で紹介した手順でやってみてはいかがだろうか。 多分確実に出るはずである。 スポンサーリンク 狙ったワードが変換候補として出ない!? カタカナのワードを出したい時によくありがちなのが、何故か平仮名か他の関係ない漢字しか出ないパターン。 例えば「リコ」の二文字が欲しいのに、この画像みたく「利己」「りこ」しか出ないみたいな。 恐らくだが、カタカナの「リコ」は一般的なワードとしてSwitchの辞書に登録されていないせいで、こういう事態が起きるんだろう。 対策としては二通りあって、一つ目は手順が増えてしまうが「リ」と「コ」を別々に予測変換に覚えさせる方法。 「 リンゴ」だとか「 コアラ」だとかで覚えさせて、後から必要ない文字は消せば行けるはず。 二つ目の方法は「リコ」が含まれる 辞書に登録されてそうなワードを利用する事。 「リコ」なら例えば「グ リコ」で成功した。 かなり無理くりだが…。 スポンサーリンク ぶっちゃけこれ大丈夫なん? 知らん。 こんな回りくどい方法じゃないと混合NNが実現できない時点で、開発側が意図してない物なのは間違いないだろう。 なので、例えばこの方法でNNが付けられたが改造扱いされてオンラインに出せなくなったり、あるいはアップデートで修正がされてせっかく付けた混合NNがなくなってしまう可能性だって、正直ありえなくはないと思う。 だからこそ、この方法を利用するのは「自己責任」なのだ。 ただ、前置きでも解説した通り、第7世代の頃の中国語ROMのはニックネームが必然的に日本語になっていた。 なので、それと互換性をちゃんと取るために、少なくとも中国語ROM個体のに日本語の文字が使われる事は開発側も織り込んで設計しているはず。 以上の事から、俺はあまり問題はないのではないかと考えている。 しかし、この方法を知らない人達からすれば混合NNは 「改造では?」と疑われる事は間違いない。 対戦や交換にこういったを出す場合は、ちゃんと相手にそのNNがどういった方法で生成されたのか説明する義務はあるだろう。

次の