コロナウイルス 日本 予言。 コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

コロナウイルスの未来人2062の予言!東京オリンピックは開催?

コロナウイルス 日本 予言

占星術師のアビギャ・アナンド(Abhigya Anand)君は昨年8月22日、YouTubeに『2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画を投稿。 その映像の中で「世界各国を脅かす災難(ウイルスパンデミック)が2019年11月から発生し、3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」と予言した。 ただ、5月29日で完全に終わるわけではなく、徐々に減少していき、本格的に収束するのは7月からだという。 また、年末の12月に、より深刻なパンデミックが発生するとも予言している。 「アナンド少年は占星術で新型コロナウイルスの出現を占ったといい、6月末までは良い知らせがないと予言。 また、人類は最終的にワクチンを開発するかもしれないが、今後、また別の種類のウイルスがやって来て、どんな抗生物質も効かないスーパーバグ(超多剤耐性菌)が現れるとも語っています。 より大きな災害は、今年12月20日から来年3月31日まで続くといい、新型コロナウイルスよりも深刻になるといいます。 免疫力アップには、有機野菜などの他、特にウコンを勧めている。 「結局、最後はメンタルマネジメントが大切で、栄養と睡眠をたっぷり取り、個人個人が免疫力を高めていけば、おのずと未来が開けるということでしょう。 不摂生な生活を送っていた人は、今回のコロナ騒動を機に生活習慣を変えた方がいいかもしれませんね」(同・ライター) アナンド君の予言はあくまでも占いによるもの。 悪い予想は外れることを期待したいが、未来がどうなるかは誰も分からない。 まずは、個人でできることから始めてみることが大切なようだ。

次の

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

コロナウイルス 日本 予言

政府の補助は額が不足し遅延し、子供たちは不十分な教育で受験に向かわなくてはならない。 小学校から大学生まで、教育のデジタルデバイドや経済的困窮に苦しんでいる。 僕は、結果論で言っているのではない。 内でコロナ流行当初からの記事を読んでくださった方々のご協力によって、このコラムを記すことにつながっている。 「人命が何より大切」という思考停止 中国人観光客であふれていた秋葉原のクリニックに通勤し、毎日働いてきたので都心の医療的日常をつぶさに目にしてきた。 救急外来に勤務する友人たちとメールでやりとりしてリアルタイムで内部の情報も聞いていた。 クリニックではコロナ感染者を積極的に受け入れた大学病院から派遣される若い医師と相談しながら働いてきた。 その一方で、国家予算100兆円のなんと10%にあたる予備費10兆円がいろいろな対策にあてられるという。 超法規的に 恣意 しい的に分配することが可能な予算だそうだ。 僕は是非は問わないが、そんな予算のつけ方があるのかと驚いた。 それが可能になったのは国民の恐怖と「人命が何より大切」という思考停止だったのではないだろうか。 このような国民が被った未曾有の被害と得たものの収支決算の総括を専門家委員会はしていない。 それどころか、議事録が残されていないことも報告された。 責任も総括も消滅した。 日本は、阿鼻叫喚のニューヨークとは全く異なる落ち着いた様相だったはずだ。 総合病院では、予定入院を延期し外来を止め入院ベッドの空床を準備した。 その代わり紹介患者の受け入れも停止していた。 間接的に具合がわるくなった患者や死亡者は統計にのぼらない。 2020年6月現在、日本はとても落ち着いている。

次の

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

コロナウイルス 日本 予言

日本はもちろん、世界にも大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。 株価暴落に経済悪化、会社倒産・・・など恐ろしい事態を引き起こすコロナウイルスは「リーマンショック」とも言われています。 コロナウイルスの影響で今後が不安になる声も多く、一体いつまで続くのでしょうか。 コロナウイルスにより様々なイベントやライブの中止、テーマパークの休園や店舗の営業停止など経済を悪化させる一方ですね。 果たしていつまで続くのか悩ましい限りですね。 なかなか収束に向かわないコロナウイルスですが、実は予言や予想によりコロナウイルスがいつまで続くのか明らかにしていることが話題となっています。 日本では果たしていつまで続くのか気になりますね。 そこでコロナウイルスがいつまで続くのかについての予言・予想まとめ、日本の収束時期はいつなのかについて調査していきます。 関連記事 スポンサーリンク コロナウイルスで世界危機になることを予言・予想していた!? 今やテレビで流れることが日常になりつつあるコロナウイルス。 世界中に大きな打撃を与えており、日本でも様々な影響を受け国民全員が混乱しています。 リーマンショックに匹敵するとも言われるコロナウイルスですが、実は既にコロナウイルスが蔓延することを予言・予想していたことが明らかとなっているようです。 80年代の漫画 「AKIRA」にはコロナウイルスが蔓延することや東京オリンピックが2020年に開催されること、日本がWHOから問題視されることなどを描いている描写があるのです。 とても信じられないですが、今まさに日本が陥っている状況化を予言・予想したかのように漫画に描写しているのです。 漫画「AKIRA」は1982年から「週刊ヤングマガジン」にて連載していたSF漫画で世界中の多くのファンから愛された有名な作品の1つです。 舞台は東京で、新型爆弾がさく裂したことで第三次世界大戦が勃発し東京が壊滅。 この時点で2020年に東京オリンピックを開催するとの設定がありますね。 この他にも 新型コロナウイルス蔓延を意図するシーンや WHOが伝染病対策を非難するといった描写が描かれいるのです。 ネットでも 「当たりすぎてて怖い」、 「背筋が冷たくなった」などの声もあがっているほど。 昭和の時代に描かれた漫画が現代の状況下を見事に的中するのはある意味恐ろしいですよね。 予言・予想して描いていたとは思いませんが、作者自身がビックリしているのではないでしょうか。 スポンサーリンク コロナウイルスはいつまで続くのか予言・予想まとめ! コロナウイルスの蔓延が以前から予言・予想されていたことが判明していたわけですが、いつまで続くのかについての予言・予想も気になるところ。 ではコロナウイルスがいつまで続くのかについての予言・予想についてみていきます。 現状では専門家や研究家の判断によると、 収束時期は判明していないと明らかにしています。 収束するどころか、今後もコロナウイルスにかかる患者が増え続けていくとも発言しています。 コロナウイルスの最盛期がまだ来ていないとも言われており、 一向に収束する気配を感じさせません。 予言・予想についての情報はありませんでしたが、専門家や研究家の方々の発言から、 しばらくの間は蔓延することが予想されます。 ネットでも様々な予想が立てられています。 「まだ1年は余裕でかかりそう」、 「さすがに今年までには終わるでしょ」といったコメントがありました。 結局のところ、コロナウイルスに対する関心の有無でみなさん予想していので予想はバラバラですね。 予言・予想も気になりますが、まずは自分にできることをして対策することが重要ですね。 日本でのコロナウイルスの収束時期はいつ? 様々な憶測が飛び交うコロナウイルスの収束時期。 いつまで続くのか、という答えは依然としてわかってはいませんがリーマンショックにも似た状況でもあるので 約1年程は続くのではないでしょうか。 ですが相手は目に見えないウイルスなので、完全に縮小しない限り収束することはないでしょう。 長ければ2年程の期間がかかるのではとも思っています・・・。 少しでも早く収束するためにも徹底した感染予防が大切になってきますね。 いち早く収束することを願うばかりです。 まとめ 以上、コロナウイルスがいつまで続くのかについての予言・予想まとめ、日本の収束時期はいつなのかについて調査しました。 漫画 「AKIRA」がコロナウイルスによる今の日本の状況を描いていたことは驚きですね。 実は作者が本当の予言者なのかもしれませんね。 また、収束時期については明らかになっておらず、 今後も拡大する恐れがあると発表しています。 個人的にはリーマンショックに似た状況でもあるので 約1年ほどでは?とも予想してはいますが甘い考えかもしれませんね。 いち早く収束する為にも私たちの感染予防が収束に向かうための近道であることは変わらないでしょう。 関連記事 スポンサーリンク.

次の