ブラッキー ねがい ごと。 ブラッキー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】これから対戦を始める人向け!ポケモンの育て方を解説!【ポケモンソードシールド】

ブラッキー ねがい ごと

皆さん、こんにちは 育成論の閲覧ありがとうございます。 至らない点等あるかもしれませんがよろしくおねがいします。 育成論中ではHP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さのことをH、A、B、C、D、Sで表記する場合があります。 ブラッキーとは 種族値 H95 A65 B110 C60 D130 S65 確定欄の振り方をした場合のレベル50時のステータス H202 A63 B130 C80 D200 S86 まずは今回紹介させていただくブラッキーについて。 第2世代で登場したイーブイの進化系の一種であり、 HP、防御、特防が非常に高いのが特徴のポケモンです。 タイプはあくタイプであり、似たような役割を持つことができるポケモンとしてバルジーナがいます。 しかしバルジーナとは見た目で大きく差別化できています。 また特殊受けですのでラッキー、ハピナス、バンギラスなどとの差別化も必要だとおもいます。 努力値について 特殊受けですのでHPと特防に252振りしています。 あまりの4については確定欄では素早さに振っています。 メジャーなs65族はハッサムくらいしかいませんが、ハッサムは鉢巻型の場合は無振り或いは4振りの可能性があり、勝ちの目が残ることがあるからです。 防御に4でもいいと思います。 採用理由 このブラッキーの採用理由は願い事と高い耐久を持っていることです。 願い事とは、次のターン終了時に自分のHPの半分の量だけ、場にいるポケモンのHPを回復させるワザです。 願い事を使えるポケモンは少なく、願い事が使えて物理、特殊ともに耐久が高いポケモンはブラッキーとラッキーとハピナスくらいです。 シャワーズ、ママンボウなども耐久は高いのですが、それぞれ防御、特防が低いので安定しません。 その点、ブラッキー、ラッキー、ハピナスは防御、特防共に高い次元にあります。 願い事ラッキー、ハピナスは入手法が特殊なため、個体数が少ないと思っていたのですが、どうやらローテーションバトルでは普通に使われているようなので願い事ラッキー、ハピナスとの差別化も考えます。 願い事をパーティに配るという役割においてはブラッキーではラッキー、ハピナスに敵いません。 耐久もHPの高さも全く敵わないからです。 ブラッキーとラッキーの差は攻撃技の差だと思います。 イカサマと地球投げの違いです。 ラッキーで使う上で一番問題になるのは積みの起点になりやすいことだと思います。 鋼タイプの積みアタッカーが楽に積めてしまいます。 ブラッキーはイカサマにより安易な積みを許しません。 またラッキーは食べ残しを持てないため、とんボルチェンなどのサイクルをクルクル回されるような場面ではブラッキーのほうが長生きする可能性もあります。 ブラッキーとハピナスの差別化ですが、こちらも攻撃技の差になります。 ハピナスは元々の耐久が高いため特攻特化にして、Bに252振るだけでも特殊耐久はブラッキー以上、物理耐久はブラッキーより少し劣る程度になります。 そしてその場合の攻撃の威力は火炎放射でH252ハッサム確定1、プレートを持てばギルガルドを大文字で確2、HDナットレイを中乱数1と毒々が入らない鋼に対して相当な火力を持つことができます。 またこちらの技が4つ割れるまでは相手はれいとうビーム、10万ボルト等の技に怯えることにもなるため、ハピナスの前で積むのはリスキーであると考えられます。 耐久型が苦手とする毒々などにも特性で対応可能であり、ブラッキーではハピナスに勝てる点がほとんどないように感じます。 しかしブラッキーで相手ができて、ハピナスでは苦しいと考えられるモンスターもいます。 瞑想ライコウ、メガガルーラなどです。 この2匹は環境に相当数いるためそこそこ優位な点ではあるとおもいます。 瞑想ライコウについてはブラッキーは確実に勝てますし、メガガルーラには勝てるとは言えませんが、グロウパンチを相手の安定択にさせません。 またブラッキーはアイテムなしガブリアスの2段階上昇地震を確定耐え、げきりんを低乱数で耐えるため相手に少しダメージが蓄積していれば相打ちか突破が可能ですが、願い事ハピナスでは技スペースの関係上冷凍ビームを入れれないため突破できません。 ブラッキー、ハピナスで相手にできる敵が違います。 そこが差別化点になると思います。 とくせい ブラッキーの特性は「 シンクロ」と「 せいしんりょく」の2つです。 このブラッキーはどくどくを撒くのでシンクロは邪魔になることが多いです。 特にポリ2やクレセリアなどの耐久ポケが電磁波をしてくることが多いので精神力のほうがいいです。 精神力にしておくとトゲキッスや岩雪崩や猫騙しで怯みを狙ってくる相手に強くでれます。 意外と夢特性が精神力であることが知られていないのか怯みを狙われることはよくあります。 ワザ候補 確定 ねがいごと 自分の回復だけでなく、うまく使えば味方を回復させることができ、他の受けポケモンとの差別化点でもあるので確定です。 どくどく 攻撃力の低いブラッキーにとって重要なダメージソースです。 イカサマ 攻撃力が低いブラッキーと非常に相性がいいワザです。 多くのポケモンに刺さります。 積みの起点になるのも防ぐことができます。 選択 まもる ねがいごと、毒々、たべのこしと非常に相性がいいです。 確定欄ではこちらです。 トリック持ちのポケモンと対面した際にこだわりトリックが怖いため、これがあると相手の持ち物の予想がある程度つくようになります。 また弱点である格闘タイプの超火力ワザの飛び膝蹴りを安易に撃たせないようにもできます。 つきのひかり ねがいごとは発動までに1ターンかかり瞬発力に欠けるため、こちらの採用もありうると思いました。 PPが最大で8しかないため受け続けるには少し不安になります。 また守るを外すため、毒ダメの蓄積や拘りアイテムを持った相手のワザを見ることができなくります。 しかし相手の特殊アタッカーの裏に積みアタッカーがいる際には、願い事発動のための守るで1ターンのアドバンテージを与えてしまうのを防ぐことができます。 まもるを採用した場合でも積み読みでイカサマを入れてしまえば、相手に大打撃を与えることができるのでまもるでいいかな、とは思います。 ダメージ計算 ここではダメージ計算と共に各モンスターとの戦い方も説明していきます。 見にくかったら教えてください。 ギルガルド A特化せいなるつるぎ 116〜138 (57. 3%) 無振りせいなるつるぎ 90〜106 (44. 5%〜52. 4%) C特化ラスターカノン 51〜61 (25. 相手がs振りでなければ交換読みでせいなるつるぎを撃たれていても、イカサマで倒せますし、キングシールドをされても相手の攻撃をまもるで受けたりしているうちに食べ残しで体力の回復ができます。 倒せないギルガルドはs振りされている剣の舞型と毒々身代わり型です。 この2種はかなり厳しいです。 また保険ギルガルドとは聖なる剣とキングシールド、ねがいごととその他のワザの打ち合いになり、お互いに有効打を与えることができない状況に陥ります。 ギルガルドには出ていくことはできますが泥試合になりやすいです。 相手がせいなるつるぎを切っている場合に限り、保険を発動させても受けきれるため勝てます。 また私が使っている場合なのですが、相手が引くか、ギルガルドを捨ててくることが多かったです。 理由については不明です。 キングシールドでAダウンするため、イカサマにも適用されていると勘違いする方がおおいのでしょうか。 サザンドラ C252メガネ流星群 108〜127 (53. すぐに毒々を入れたくなりますが、引かれてブラッキーの苦手な相手が出てきて回復ができずにブラッキーも引くことになると、2回目のサザンドラを受けれないので、対サザンドラでは相手のループを崩すまでは願い事から入るのがいいとおもいます。 気合玉は交換読みで撃たれると厳しいですが、対面からなら願い事とまもるをしながら外れるのを待てば勝てます。 DダウンしなければPP切れまで粘れます。 めいそうライコウ こちらのライコウを想定します 積みなし10万 36〜43(17. 私が今まで出会っためいそうライコウということになりますが、イカサマで身代わり破壊率は100%です。 A個体値を粘っていない場合は100%になります。 その場合は相手に瞑想を積む隙を与えないので倒せます。 めがねライコウ CS252振りめがねを想定します。 10万ボルト 64〜76(31. 同時に組んでいるであろうハッサムのとんぼ返りも痛いです。 ハッサムが鉢巻型なら守るでワザを見極めつつ、食べ残しで体力を回復できるので多少はマシです。 メガハッサムの場合はつるぎのまいが怖いので回復をしにくいので辛いです。 その辺はパーティー単位での対策なのでここではあまり触れません。 めがねライコウの攻撃を相当回数受けれるので、裏でとんぼ返り使いの対策をしておきたいです。 めがねウォッシュロトム 特攻特化を想定します。 あとはメガネトリックも辛いです。 ただ毒にさえしてしまえばメガネを押し付けられても願い事連打で勝てることが多いです。 メガリザードンY C252振り想定です。 オーバーヒート 118〜139(58. 対面の場合はメガリザXの可能性もあり、りゅうまいされる可能性があるのでイカサマを選ぶのが良いとおもいます。 大体りゅうまい後のリザXに7割以上のダメージを与えることができます。 物理耐久 物理耐久は簡単に少しだけ A252メガガルーラ おんがえし 118〜141(58. かなりの高火力も余裕をもって耐えることができます。 それぞれ グロパン、つるぎのまいをしてきた場合のイカサマダメも載せておきます。 5%で確1 HA特化メガハッサム 148〜175(83. あくまで最後に残ってしまった場合などのために。 環境で高火力とされるこれらのアタッカーの攻撃を耐えることができるため、並程度の物理アタッカーなら普通に突っ張ることができます。 ただ物理に関しては弱点をつかれやすいため、居座りづらいです。 相性の良い味方 ゲンガー ブラッキーの弱点である格闘、虫、フェアリーをすべて半減以下にし、ゲンガーの弱点であるエスパーをブラッキーは無効にでき、悪も半減にします。 相性補完はかなり優れています。 またゲンガーはHPが低く、黒いヘドロを持たせない限り回復手段を持たないため、ねがいごとサポートとの相性はいいです。 ブラッキーの苦手な身代わり持ち耐久ポケモンにも滅びの歌によって対抗できるのも良い点です。 ゲンガーの型については、私はヘドロゲンガーで使っています。 理由はブラッキーが苦手なポケモンの中でもよく出てくるのがフシギバナであり、そのフシギバナに強いからです。 しかしどのタイプのゲンガーにしても働いてくれるとは思います。 ヤドラン ごつめヤドランです。 ブラッキーの弱点の内、最も多く使われるのは格闘タイプです。 それを半減にでき、今作の格闘ポケモンの中でも使用率が一番高いルカリオにも強いです。 ルカリオのメインウェポン2種を半減にできます。 ヤドランは特殊耐久もそこそこにはあるので、特殊ルカリオ相手にもある程度役割を持てます。 具体的には電磁波を撒く程度ですが。 メガルカリオから素早さを奪えば、相当相手をしやすくなります。 またバシャーモにも強く、バシャーモガルーラのバトンタッチ構築に対して、バトンタッチのタイミングで電磁波を入れることにより、ガルーラに対してブラッキーが上からイカサマを入れることができるようになります。 ブルンゲル 使ったことはないのですが、相性自体は良さそうだと思います。 ブラッキーの苦手なハッサム、ウルガモス、ルカリオのメインウェポンを半減にできますし、鬼火も撒けます。 ただ物理受けとして使うには少々数字が足りないのでピンポイントな対策として使うべきかな。 ハッサムはサブウェポンにはたきおとす、どろぼうを持っていることが多いので注意がいります。 ガブリアス 毒の効かない鋼、毒に強いです。 こちらも使ったことないのですが鉢巻ガブが相性いいとは思います。 耐久調整をすればガブリアスは硬く、ねがいごとサポートと合わせれば相手からすれば厄介だと思います。 環境にいる鋼タイプはギルガルドが圧倒的に多く、他の鋼タイプはあまり見ません。 ギルガルドは1撃で落としてしまいたいため、鉢巻をオススメしています。 毒タイプに関してはゲンガー、フシギバナが多く、両方共じしんは抜群ではなく、ガブリアスは強いとは言い切れないので、他で対策したほうがいいかもしれません。 最後に どうでしたか? ブラッキーはあまり警戒されていないため、相手のプレイングミスを引き込むことができる場面は結構あります。 特に特性のせいしんりょくは警戒されません。 メジャーであるハッサムが苦手というのが少し厳しいですが、うまく使ってやれば色んなポケモンにHPを与えることができるタンク役そして毒々守るでの削り役として働いてくれます。 足りない点や疑問点などあればコメントおねがいします。 すみません、具体的なバグの名前まで記述されてしまっていたので改造などの助長になると判断し、削除させていただきました。 育成論に対する意見はありがとうございます。 ラッキーとの差別化ですが、やはりイカサマでの差別化は結構大きいのではないかと思っております。 イカサマの火力は結構バカにならないので、その点でハピナスのほうが差別化が難しかったです。 組むパーティによって違うという感じですけどね。 シャワーズとはタイプも特性も違うので単純には比較できませんね。 ただタイプと特性が違うからっていうのは少し雑かな?と思ったので・・・。 11性格補正並み 誤差は言い過ぎでしょうね。 そうですね、普通に考えれば誤差とはいえないのですが、ではこの差がブラッキーとの差別化と言えるほどの差なのか?というと誤差としか言えないと思います。 物理ATを抑制するイカサマはすばらしいです。 ただ個人的には特殊流し性能を高めるバークアウトという 選択肢を完全に捨てきれない思いがあります。 バークアウト型はもちろん強かったです。 ブラッキーはあまり警戒されず、相手は特殊アタッカー3体など選出してくることもあるのでそういう時はバークアウトはかなり役立つのですが、正直バークアウトがなくても特殊に関しては耐え切れます。 特殊アタッカーの中でも初ターンから高火力なリザYですら対面からなら余裕で5ターン耐え切れるほどです。 バークアウトが必要なほど高火力な特殊アタッカーの前ではバークアウトを撃つのが苦しかったりするので、イカサマのほうがいいとおもいます。 イカサマを見せておくと相手も迂闊に物理アタッカーに引くこともできず、毒々ターンを稼ぐかイカサマで大ダメージを受けるかという2択を強いることができることもあります。 またバークアウトは身代わりを貫通してしまうので、身代わりを壊せず、それが悪い方向に働くこともあるのでイカサマのほうが汎用性は何倍も高いなぁ、と思います。 バークアウトはわざマシンで覚えさせることができますし、イカサマブラッキーを用意してレポートをする。 バークアウトを覚えさせて何度かレートに潜ってみてイマイチだと思ったら、レポートせずに電源を切ることでバークアウトを覚えさせる前に戻れるので試してみるのもいいかもです。 今作から対戦に潜る前にレポートを書かなくなったので。 割合: 72. すみません、言い訳になるかもしれませんが、種族値、努力値などを知ったのが最近なのでどう調べていいかわかりませんでした。 この度はご迷惑をおかけしました。 今度からは自分でなるべく調べるようにし、ご迷惑をあまりおかけないようにますね。 ブラッキーを使ってみたくて拝見させていただきました。 混乱自傷や相手のイカサマを考慮すれば自分のこうげき数値は低いにこしたことはないので、性格はおだやかで確定です。

次の

【ポケモン剣盾】夢特性(隠れ特性)の入手方法と遺伝の仕組み【ソードシールド】|ゲームエイト

ブラッキー ねがい ごと

アピール DPt アピール効果 DPt 審査員のボルテージの数だけハートが追加される。 ねがいごとは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• ・:ねがいごとをして かいふくする かなうまでに ちょっと かかる• :つぎの ターンに じぶんの HPを さいだい HPの はんぶんだけ かいふくする。 ・・:つぎの ターンに じぶんの HPを さいだい HPの はんぶんだけ かいふくする。 ・ 漢字 :次の ターンに 自分の HPを 最大HPの 半分 回復する。 :つぎの ターンに じぶん もしくは いれかわった ポケモンの HPを さいだい HPの はんぶん かいふくする。 漢字 :次の ターンに 自分 もしくは 入れ替わった ポケモンの HPを 最大HPの 半分 回復する。 コンテストわざ• :このアピールのあと かいじょうが しばらく もりあがらなく なる• :ボルテージぶんの もりあがりが うわのせ される。 :1ばん さいごに アピールすると かいじょうが とても もりあがる• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 タマゴ• :配布 こんなときに使おう 回復技として発動タイミングが遅いが、それを利用して後続のポケモンを回復することも可能。 におけるねがいごと 「自分の山札から、自分のポケモン1匹から進化する「進化カード」を1枚選び出し、そのポケモンの上にのせ、進化させる。 その後、 自分にダメージカウンターを1個のせる。 山札を見た場合、その山札を切る。 」という効果のワザとして登場する。 XY以降は「自分の山札から好きなカードを1枚選び、手札に加える。 そして山札を切る。 」という効果に変更された。 コイントスが必要なものもある。 におけるねがいごと• PP15。 になる。 におけるねがいごと におけるねがいごと• では、の等が使用する。 が満タンの時に使用しても失敗しない。 状態では使用できない。 ねがいごとを使った後にかいふくふうじ状態になった場合も回復できない。 で使用者とは別のポケモンが場に出ていると、場に出ているポケモンが回復する。 回復量の計算において、から一貫して小数点は切り捨てる。 ねがいごとを使ったポケモンがになって別のポケモンが出ている場合も、新しく出てきたポケモンが回復する。 回復するターンにになった場合は、新しく出てくるポケモンは回復できない 以降。

次の

【サンムーン】コアなファンが多い「ブラッキー」 あく単タイプと向かい風でもシーズン4では結果を残している事実

ブラッキー ねがい ごと

夢特性は遺伝でも入手できる 夢特性は、孵化によって遺伝が可能です。 ですので、基本的に1体だけ夢特性を持っていれば増殖させることが可能になります。 ただし、 オスが夢特性、メスが通常の特性の場合は夢特性が遺伝しないので注意しましょう。 交換で入手できる 夢特性は遺伝しますので、個体値や性格が悪い個体であっても交配要因として機能します。 理想個体でなければ交換レートも低いので、下記の交換掲示板を利用して他のプレイヤーの方と交換してみましょう。 「メタモン」との交配でも夢特性は遺伝するため、高個体値のメタモンを用意しておけばそのまま孵化厳選が開始できます。 相手の能力上昇値を無視して戦えるので、 害悪型のピクシーを作れます。 どんな 攻撃でも一度耐えてくれる保証がついているので、非常に強力と言えます。 夢特性 隠れ特性 とは? 通常では入手できない特性 「夢特性」とは、通常では入手できない特性のことを言います。 伝説ポケモンなどを除くほとんどのポケモンが夢特性を持っており、対戦では通常特性よりも夢特性が採用されるケースが多々発生します。 ゲットしたポケモンの夢特性がわからない場合は、下記の図鑑で各ポケモンの特性を掲載していますのでご確認ください。 オーラ持ちは夢特性を持たない 野生のポケモンがときどきオーラを纏って走り回っていることがあります。 オーラを纏ったポケモンは、高個体値であったり、特別な技を覚えていることはありますが、 夢特性とは特に関係ありません。 関連記事 厳選関連の記事 夢特性 - 育成関連の記事 -.

次の