ポケモンウルトラサンムーン 評価。 ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

【レビュー】難易度は高め!ウルトラサンムーンのクリア後の感想!

ポケモンウルトラサンムーン 評価

ポケモンウルトラサンムーンの発売前、 ポケモンウンウーンというあだ名が流行ったことがあった。 私はこれはいくらなんでもひどいあだ名だなと思った。 だが今は私もウンウーンと少し頭を抱えてる。 正直、このゲームには期待しすぎたか?という気持ちでいっぱいである。 メインストーリーが改悪 リーリエ、ルザミーネのキャラが薄くなり主題が見えないストーリーに サンムーンではリーリエ・ルザミーネ親子の対立構造が物語の根幹に描かれていた。 身勝手な親と、それに抗う子。 SMはリーリエが身勝手な母と決別、自立していく、リーリエの成長物語だった。 子が親を乗り越えるというストーリーはよくあるものであるが、それ故に、成長物語として分かりやすいものだった。 ただこれには批判も少なくなかった。 最もよく見られた批判は、「リーリエが物語の中心になり過ぎて、主人公 プレイヤー が主人公じゃない」「リーリエが好きになれない人は物語を楽しめない」というものだ。 ゲーフリはこのような批判を "真摯に受け止め過ぎた"。 リーリエやルザミーネが中心となっていた一部のイベントをカットし、プレイヤーが主人公であるという本来の姿に戻そうとしたのだ。 その結果何が得られたかというと、 USUMのストーリーが非常に中途半端なものになった。 リーリエもルザミーネも「何をしたいのかよくわからない人」になってしまった。 USUMでがんばリーリエになった後、何をした? 「子は親の所有物ではありません!」とキッパリ言い放つ彼女の名シーンはどこへ? ほしぐもちゃんが進化して主人公に託されることも無くなったが? 同様にウルトラ調査隊とかいう、これまた何をしたいのかよく分からない人達が追加され、よく分からないままネクロズマと対峙することに。 リーリエがアローラを去ることは無くなったが、なんともどこで盛り上がったらいいのやら、という宙ぶらりんな状態でEDを迎えてしまった。 USUMで7世代初プレイだった人は、「この親子は何がしたかったの?」という気持ちでEDを見ていたことだろう。 ただ全部が改悪されたわけではない 例えばハウは、SMでは「ヘラヘラしたヤツがなんとなく最後までついてくる」程度の扱いだったが、「確固たる意志を持って主人公に挑戦する少年」として株を上げた。 ハウは初代のライバルポジションにまで登りつめたのだ。 お陰で、半裸の博士が何故かラスボスという珍事は無くなった。 それは良いことだが、今度はハウが活躍しすぎだ!なんて批判が飛び出すかも。 誰がそんな批判をするかって?私だ。 ーー冗談だ。 他には、各キャプテンの出番がちょっとずつ増えたのも、悪くない点とは言える。 特にマツリカなんて、試練が無かったのを丸ごと追加されたのだから。 もう「誰?」とは言わせない。 ゴルフおばさん?誰だそれは? 追加シナリオは良かった 主人公とリーリエがレインボーロケット団と戦う、新シナリオは悪くなかった。 リーリエとの共闘は前作からのファンなら、彼女の成長が感じられる名場面だった。 わずか1戦しか共闘がないのは物足りないが、あのリーリエがトレーナーデビューしたのは重要なことだ。 ついでにリーリエのあのプンスカ顔は、全く趣旨の違うセリフに変更された。 うーむ、なにか違う。 リークされた以上のサプライズはなかった 「ここはキミの知っているアローラではない」 なんて煽り文句は流石に誇大広告だった。 今ならこう言い返してやりたい。 「ほとんど私の知っているアローラだ」とね。 まあ元々マイチェン版なので、そこまで大きな期待を抱いていたのがおかしかったかもしれない。 冷静に考えたら、過去にマイチェン版で大規模なポケモンやマップの追加など一度も無かったのだから。 だが、任天堂の誇大広告にとリークし過ぎにより、そう思わざるを得ない状況になってしまったのだ。 今回事前のリークでわからなかった大きな情報と言えば、アーゴヨンとウルトラネクロズマくらいだろう。 ただ私も反省したい。 繰り返すが、今回のポケモンUSUMは 所詮はマイナーチェンジに過ぎなかった。 ポケモン青やピカチュウ、クリスタルをプレイする時に大きな期待をしただろうか?まあこんなものかと思ってやっていたのではないか。 そんな態度で臨めば良かったのだ。 それなのに、完全新作が出るかのような期待を抱いてしまっていた。 リージョンフォームでジョウトのポケモンがたくさん出るんじゃないか、なんて勝手に盛り上がってしまった。 単なるマイチェン以上の期待感を持ってしまったせいで、勝手に失望してしまった。 リージョンフォーム追加だとか、マップ追加だとか、そういう「 とっておき」は3DSという終わりに近づいているハードで出すわけがなかったのだ。 そのようなものを出すとしたら、次世代機。 即ち ニンテンドースイッチになる。 スイッチでの新作では、USUMで出し惜しみした要素も思いっきり解放してもらおうじゃないか。 新ハード、しかも据え置き扱いのハードでは初となる完全新作は、今度こそ大いなる期待を抱いても良いものだと信じている。 yasuokaden.

次の

【ポケモンサンムーン】レート使用率ランキングTOP10!特徴・評価・強い理由│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモンウルトラサンムーン 評価

もくじ• クリア後に出来る「ウルトラワープライド」では、ウルトラホールを探索できるという楽しみが待っていました! ネクロズマを操作するのも楽しいですし、どのワープに何がいるのだろうと探索するのもワクワクできます。 レアなワープの先には、「UB・伝説のポケモン」が待っており、このサプライズ感は他には無かったなと感じています。 全く情報を得なかったので、驚きは何倍もあったことでしょうね。 しかも、 通常ポケモンの色違いまで確定になるとか、もういいことずくめです! まさに集大成らしく豪華な内容で、ここまで楽しめるポケモンは無いです。 特別な期待をせずにプレイを進めて見ると、 常に楽しさと驚きの連続で、数時間でポケモンにどっぷりとハマることに 笑 進める手が止まらず、食事すら疎かにしている自分が居ました。 可愛いポケモンに癒され、格好いいポケモンで戦う。 「全てのポケモンが好きになる」と言っても過言ではないと思います! 今はタイプ相性を覚えるのが課題ですが、頑張って覚えて、オンライン対戦にも参加したいですね。 難易度も優しいですし、自分のような新規の方もどんどんやって欲しいなぁ。 ネットでの情報も極力見ずに、何とか迎えた発売日当日。 数時間進めて見ると、 直ぐに街の建物が違う事に気付きました! そして、 御三家ポケモンの貰い方も変化しており、 草むらで出るポケモンも少し違っています。 特に「教え技」の解禁に関しては、対策を練るのが数段も難しくなります。 しかし、 個人的には「メガ進化・リージョンフォーム」の追加が無いのが残念でならない。 UBや幻のポケモンの追加はあるのに、何故にメガ進化とかは追加しないのか? 多くの方が待ち望んでいたのは、その部分だと思うのに…。 そこさえ満たしてくれたら、100点満点をつけたいくらいの出来なんですがね。 これを作るくらいなら、新作の為の時間に充てて欲しかったなぁ。 ですので、 今までポケバンクで経由して移送して来た伝説も、余り価値が無くなります。 伝説のポケモンで買うバージョンを選んだりしましたし、それも無駄になった感じもありますね。 複数体のが出るくらいなら良かったのですが。 UBに関しては、ウルトラホールの先で無限に出るとの情報もあります。 前作で厳選に時間を掛けて集めたのが馬鹿らしくなりますね・・・。 嬉しい人には嬉しいのでしょうが、個人的には複雑な想いです。 ミニゲームの「マンタインサーフライド」だったり、写 真を加工できる「アローラフォトグラフ」だったり。 どうも自分には楽しめないものばかりですね。 ぬしポケモンが貰える「ヌシール」集めも、『ジカルデセルと大差ない』と感じます。 どうも工夫が余りないというか、雑だというか。 まだクリアはしていないので、クリア後になったら楽しめるのかも知れませんがね。 進めて見ると、確かにネクロズマに関しては変化が有りましたね。 しかし、 それ以外の部分は「リーリエの行動」だったり、『登場キャラの役割』も特に変化は無いです。 スキップで飛ばせないイベントも多くなり、無駄に時間が掛かります。 御三家を選ぶにしても、トレーナースクールまで強制ですし・・・。 サンムーンはストーリーが好きでしたが、 ウルトラサンムーンでは繰り返しな上に無駄が多いので、かなり印象が悪くなりました。 次回作もあると思いますので、そちらに期待した方が良いですね。 全体的なストーリーに関しても、大した変化は無かったことが不満な感じです。 ただ、 「歴代のボスが登場・新UBの追加・タマゴ技や教え技の追加」に関しては、とても評価が高いように感じました。 まとめ ストーリー内容について褒めている人は少ないのは間違いないですね。 対戦面に関しては、技の選択肢が増えたことで、より楽しめるようになっている感じです。

次の

【USUM】最初のポケモン「御三家」のおすすめは?最終進化の強さと人気を解説!【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモンウルトラサンムーン 評価

2017年11月17日にサン・ムーン完全版となる『ポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーン』がニンテンドー3DSにて発売。 USUMは前作サン・ムーンからストーリーが大幅に変更され、シナリオ総量はサブイベントを全て含めると約2倍に増えている。 USUMでは謎の組織ウルトラ調査隊が登場し、伝説ポケモン・ネクロズマの秘密に迫る物語が繰り広げられる。 新たなウルトラビーストとしてズガドーン、ツンデツンデ、ベベノム、アーゴヨンなどが登場する。 前作で登場したZクリスタルに加え、ジャラランガZ、ルガルガンZ、ミミッキュZなどの新たな専用Zワザ用のZクリスタルが登場する。 ウルトラスペースから繋がる様々な世界では、各種ウルトラビーストのほか、過去作品に登場した伝説ポケモンを捕まえることができる。 USUMの早期購入特典は配信イワンコ。 この特別なイワンコは通常プレイで入手できない「ルガルガン たそがれのすがた 」に進化する。 9月22日発売の3DSバーチャルコンソール『ポケットモンスター金銀』からポケモンバンク経由でポケモンを連れて来ることが可能。 名称 発売日 価格 ページ数 出版社 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 宇宙最速攻略ガイド 2017年11月17日 金 800円 税別 246P 小学館 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 公式ガイドブック 完全ストーリー攻略+アローラ図鑑 2017年12月6日 水 1,200円 税別 704P オーバーラップ ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン対応 公式ポケモンぜんこく図鑑 2018 2017年12月13日 水 2,000円 税別 912P 2分冊 オーバーラップ ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン対応 公式ポケモンぜんこく図鑑 2018 特別版 USUM設定資料集 収録 2017年12月13日 水 4,500円 税別 912P 2分冊 + 256P 資料集 オーバーラップ.

次の