母 なる 証明。 母なる証明

母なる証明(ネタバレ)/洗濯ものを干すか、雑巾がけをするか

母 なる 証明

タグ Chara Free! amazon. 奇しくも是枝監督は2018年、ジュノ監督は翌年にカンヌ映画祭の最高賞を獲得しました。 2人共に今や 世界の名匠ともいえる監督でしょう。 そんなジュノ監督が2009年に作ったのが本作『母なる証明』です。 日本では評価がはっきり二分される作品になったといえるでしょう。 後味の悪いミステリー・いわゆる イヤミス映画だという非難がある一方、 母性を深く掘り下げた作品だという絶賛の声もありました。 母親やトジュンの 生い立ち・大切な場面に出てくる 針箱の真意・2度に渡って 母が涙した理由。 こういった糸口から本作『母なる証明』をじっくり見てゆきましょう。 母の生い立ち 『母なる証明』は何といってもキム・ヘジャ演じる 母親が絶対的な存在感を放っています。 知的障害のある息子・トジュンを1人で懸命に育てる姿はまさに清貧の鑑でした。 そんな母の生い立ちは作中ではまったく明らかにされていません。 なぜトジュンが母子家庭になったのかさえも分かりません。 ジュノ監督のオリジナル作品なので原作もなく、ここは推測するしかないでしょう。 母は漢方薬の店を細々と経営しています。 その質素な店構えやトジュンの悪事のために借金をすることなどから、 ギリギリの生活であることがうかがわれます。 はり師の顔も持ちますが、正式に届出を出さない闇営業の形で針治療を行っています。 そんな現状から推測するに、母親は子どもの頃から 貧しくも逞しく強かに生きてきたのではないでしょうか。 母の強さの根源にあるものは 日本でも「母は強し」などといいますが、この映画の母はその域を遥かに超えていました。 その強さの根源に迫りましょう。 トジュンの哀しい生い立ち 映画は中盤に来て、驚きの事実にぶつかります。 それはトジュンが5才のとき 母親に殺されかけたということです。 幾つになっても一緒に寝るほど母は息子を溺愛しているため、それは意外すぎる過去でした。 母は 貧しさから幼い息子と心中しようとしたのです。 成人後トジュンは突然その記憶を思い出します。 その際の母の異様な取り乱し方は、それまでずっとそれを気に病んできたことを明白に伝えます。 母の強さの元にある罪逃れのエゴ 心中に用いた農薬は薄いものだったので母とトジュンは死なずに済みました。 しかしここで明白に推測できることがあります。 農薬がトジュンの精神病の原因になったのではということです。 当然、農薬は毒物なので子どもの脳に損傷を与えても不思議ではありません。 映画ではそれが明かされていません。 しかしもしそうであれば母親のトジュンへの異様な溺愛ぶりに別の見方ができます。 母は子どものときに 精神病者にした罪悪感から息子にひときわ大きな愛情を注いでいたのではないでしょうか。 そうなると母の並々ならぬ強さは純粋な母性愛からきたものではないことになります。

次の

映画「母なる証明 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

母 なる 証明

日本でも絶賛公開中の『パラサイト 半地下の家族』という韓国映画をご存知でしょうか? すごい記録ばっかり作っているので、あなたも名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんね。 そう、今や 飛ぶ鳥をも落とす勢いの名監督ポン・ジュノ氏の作品です。 この映画何がすごいって、まず第72回のカンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドール(最高賞)を受賞しました。 しかもそれだけじゃなく、続く世界最大の映画賞である 「アカデミー賞」でも作品賞まで受賞してしまいました! こちらも韓国映画初受賞ですが、なんと言っても 英語以外の外国語映画としては、史上初の快挙!となりました。 もうここまで書いた時点で、どのくらいすごい映画なのかは想像がつくと思います。 とにかく評判が良くて、映画館で見ておかないと損だという評論家もいるくらいの映画なので、観に行けるのであればぜひ、足を運ばれてみてはと思います。 今回はその「パラサイト」の話ではありませんが、それほどの映画を作るポン・ジュノ監督。 気になりますよね? ということでご紹介したいのが、もう10年前になりますが、2009年に公開されたポン・ジュノ監督の数ある名作の中から、『母なる証明』という作品について解説したいと思います。 この作品は、ポン・ジュノ監督の作品の中でも少し異彩を放っていますが、母親の行き過ぎた愛情を題材にした、狂気すら感じさせるなんとも切ないサスペンスです。 知的障害のある息子トジュン(ウォンビン)と二人暮しの母親(キム・へジャ)は、息子が可愛くて心配で仕方がありません。 夫を早々に亡くし、貧しいけれども一生懸命に育ててきました。 そんなある日、街中で女子高生が殺される事件が起きます。 そしてその容疑者にトジュンが挙がってきました。 事件現場にトジュンが持っていたゴルフボールが落ちていたからです。 事件が起きた時間にトジュンは泥酔しており、何も覚えていないので、アリバイはありませんが当然自分はやっていないと警察に無実を訴えます。 しかし警察は、知的障害を持つトジュンを誘導尋問にかけて、あっさりと自白させてしまいます。 トジュンの母親は、息子がそんな殺人なんて大それたことを出来るわけがないと、なけなしのお金をはたいて弁護士を雇います。 でもその弁護士はやる気がなく、このままでは息子は有罪にされてしまうと確信します。 すると母親は、もう自分で無実を晴らすしか無いと立ち上がり、たった1人で真犯人を探し始めるのです。 なかなか真犯人にたどり着くことが出来ずにいたそんなある日、死んだ女子高生の携帯電話にそのカギがあることがわかり、無我夢中でその携帯電話を探しだします。 そしてその結末は・・・。 キャスト ・母親:キム・へジャ ・トジュン(息子):ウォンビン ・ジンテ:チン・グ ・ミナ:チョン・ウヒ ・チョン・ミソン:ミソン ・刑事:ユン・ジェムン 見どころ 【伏線が多い】 母親が野原で一人で踊っているシーンから始まるこの映画。 なんとも不思議でシュールな感じがしますが、後でその意味がわかるようになっていたり、この作品もそうですが、ポン・ジュノ監督の映画はいろんなところに伏線が張ってあるので、なんでもないようなシーンでも見逃すともったいないです。 「あ、そういうことか!」 っていうような気づきが多いのですが、それがまた面白さを倍増してくれます。 【感情移入しやすい】 この映画も、韓国映画の中でよく見られる格差社会についての風刺的な描写が多いんですが、それがまたやるせなさを感じます。 お金持ちや権力を持つ警察、それに歯向かう術もなく現実に打ちひしがれる低所得層といった構図に感情移入してしまいます。 弱者が強者に立ち向かうシーンなどは、古今東西共感を生みますよね。 警察や弁護士のいい加減な対応なども、なかなかリアルな感じですが、そういったところが観ている側へ母親への同情を誘うので、より引き込まれていきます。 【どんでん返し(ネタバレ)】 異常なまでに息子を溺愛する母親が、執念で真犯人を見つけるために、ありとあらゆる手を尽くして最後にたどり着いたその答えに、思わず息を呑みます。 そして、今まで点となっていたものが、そこで一気につながります。 そしてそこからラストシーンに向けての展開に、なんとも言えないやるせなさを感じ、しばし呆然としてしまうかもしれません。 特にトジュンが針箱を母親に渡すときのシーン。 「そうだ母さん、渡すものがあるんだ。 」 と言ってスッと針箱を目の前に出すトジュン。 キョトンとする母親。 「落としちゃダメじゃないか。 」 そう言って、渡すときのトジュンの澄み切った目と動揺を隠せない母親の顔。 僕はドキッとして、鳥肌が立ちました。 そしてそこから エンディングの母親がバスで踊るシーンへと流れていくんですが、もうここは本当に見ものです。 後は観てのお楽しみですね。 俳優としてのチャレンジに期待が膨らんだ。 ポンジュノ監督だし、どんな映画になるのか興味があった。 私は演技に興味があるのだが、韓国人の演技にはいつも驚かされた。 終わり方に度肝を抜かれた。 日本では観れない映画。 — 吉家章人 akihitoyoshiie 映画紹介(どこで観れるのか?) 「母なる証明」は、 ・ ・ ・ ・ で観られます。 ゾクッとするようなサスペンスの醍醐味を味わってみてください。 (2020年3月現在) まとめ 韓国映画って以前は『冬のソナタ』なんかが日本でも大ブレイクしましたけど、今や世界的に見ても評価の高い映画がどんどん出てきていて、とうとうハリウッド映画に肩を並べるところまで来ていると言っても、言い過ぎじゃないのかもしれませんね。 特にポン・ジュノ監督は「パラサイト」で一気に世界の一流監督に名実ともに仲間入りです。 今最も旬な映画監督と言ってもいいでしょう。 だから今回はそんなポン・ジュノ監督の過去の名作を紹介しました。 そしてこの「母なる証明」という十年前の作品からも、そんなポン監督の素晴らしい才能の片鱗がわかります。 ちょっと皮肉な話になっちゃいますが、コロナウィルスによる影響で自宅にいる方も多いと思いますので、この機会にいっぱい映画やドラマを観るというのも一つの楽しみ方ですね。 記事内の画像出典:・•

次の

母なる証明 の レビュー・評価・クチコミ・感想

母 なる 証明

この点、非常にポン・ジュノ監督らしい展開であったが、結論から言うと犯人はトジュンで間違いない。 簡単な流れで説明すると、劇中で語られた通りではあるのだが、トジュンがあの夜好意を持って追いかけた少女アジョンは非常に多くの男性と性的関係を持っていた。 アジョンは生活に苦しんでいた為に、お金欲しさに体を売る、俗に言う援助交際というものを行なっていたのだ。 それはあの夜も同様で、本来なら廃品回収のおじさんとそのような行為に至るはずであったが、トジュンが執拗に追いかけたために岩を投げつけた。 結果的にここでアジョンが放った言葉 物語の鍵を握る言葉 に怒ったトジュンが岩を投げ返し運悪くアジョンに命中。 死亡させてしまったのだ。 アジョンとその周りの関係について。 先ほども紹介した通り、アジョンは非常に多くの男性と援助交際をしていた。 事件当時、遺体は建物の屋上から発見されたがその下の階には廃品回収のおじさんが待機しており、トジュンが執拗にアジョンを追いかけていたこと、トジュンの投げた岩がアジョンに命中したこと、トジュンがアジョンの遺体を屋上に運んだことを目撃していた。 物語では殺されたアジョンの携帯電話も鍵を握っていたが携帯電話から、廃品回収のおじさんの写真が見つかっているためこの以前にもアジョンと廃品回収のおじさんとの関係はあったと言える。 それはおじさんが待機している間に袋に米を入れて待っていることからも伺える。 アジョンは肉体関係を持つ引き換えにお金もしくは米をもらっていたことから、米餅少女というあだ名で呼ばれていた。 トジュンはなぜ岩を投げ返したのか。 鍵を握る言葉とは。 トジュンはなぜアジョンから投げられた岩を投げ返してしまったのかと言う疑問が残るがこれに関しては非常に単純明快である。 劇中でトジュンは「バカ」という言葉に非常に敏感になっていたことにみなさんは気付いていただろうか。 最初にその傾向が見られたのはゴルフ場に向かったグループの車にトジュンが轢き逃げされたために、ジンテと共に復讐をしに行った流れからである。 ゴルフ場に到着した2人はひき逃げを行った車のサイドミラーを破壊してしまう。 ライダーキックでだ。 ポン・ジュノ監督作品にはライダーキックが多用されている。 その後の警察署における事情聴取での話し合いで、「おい いくらか知ってて壊したのか?バカ野郎」と言われるとトジュンは激昂し掴み合いとなった。 またその後アジョンの殺害容疑で捕まり、事情聴取において罪を認めてしまった 母はトジュンが殺していないと信じているしトジュン自身も自らが殺したことを覚えておらず、自分は殺していないと思っている トジュンに対し母が「バカね」というと「息子に対してバカとは何だ!」と怒りを見せている。 その他にも刑務所内で囚人にバカとからかわれた際にも同様の反応を見せていた。 このような出来事と描写がわざわざ何度も描かれていることからトジュンが「バカ」という言葉に対して強い嫌悪感を示すことは明らかであり、何度も登場する以上非常に重要な役割を果たすのである。 果たして、それは事件当時の夜にも起こったのだ。 アジョンはしつこく追いかけてくるトジュンに対して「話しかけないで。 バカやろう」という言葉を放った。 当然定石通りトジュン怒った。 そして岩を投げつけたのだ。 これが運悪くアジョンに命中し死亡してしまった。 本作に伏線のように張り巡らされていたこの言葉は最終的な結末に導いた言葉でもあるという点で非常に重要であったと言える。 ウォンビンが知的障害者となった要因 トジュンが5歳だった頃、母が飲み物に農薬を混ぜて殺そうとしたことがあり、トジュンが知的障害や精神的な異常を引き起こす要因が母にあるかのように描かれている部分がある。 しかしここに関していえば、トジュンは生まれつき知的障害を持っていた可能性が高い。 というよりそれが正しい見解だろう。 つまり、母が飲み物に農薬を混ぜたのは生活に苦しみ、子を育てることに疲れ切ってしまった母のとった最終手段による心中だったのだ。 また、知的障害とは以下だ。 知的障害 ID: Intellectual Disability は、医学領域の精神遅滞 MR: Mental Retardation と同じものを指し、「知的発達の障害」を表します。 すなわち「1. 全般的な知的機能が同年齢の子どもと比べて明らかに遅滞し」「2. 適応機能の明らかな制限が」「3. 18歳未満に生じる」と定義されるものです。 中枢神経系の機能に影響を与える様々な病態で生じうるので「疾患群」とも言えます。 劇中でのトジュンは判断力や記憶力の面で社会的に活動していく上での明らかな障壁が見られた。 トジュンがジンテにサイドミラーを破壊した罪を被されてもそれを自分で行なったと思ってしまっていたし、アジョンを殺して屋上に運んだことを忘れてしまっていることから、記憶力に関しては通常の青年男性よりも非常に低いと見られる。 一方で、生まれつきでもなく、農薬の事件による精神的なダメージによるものでもなく、知的障害という事実は幼い頃からトジュンが演じていた側面である可能性も拭えない。 これは突然トジュンが過去のことを思い出すという不自然な点からくる考察なのだが、ポン・ジュノ監督は、トジュンには何か他人が知り得ない秘密が隠されていると感じるように撮影したと語っており、これが事実だとすると本作はもっと恐ろしい物語ということになる。 母が廃品回収のおじさんを殺害した理由とは。 物語が進んでいく上で、母はついにアジョンの携帯電話を発見しアジョンが援助交際の関係にあった人物の写真が全て明らかとなった。 ここからトジュンとの面会で事件当時トジュンが現場で見た男性を思い出させると廃品回収のおじさんが浮かび上がるのだ。 廃品回収のおじさんはトジュンが現場検証に同行している際と、母が雨の中傘を購入する際の2度登場している。 そして再度、母が真犯人を突き止めるために廃品回収のおじさんを訪ねる際にも登場したのだ。 しかしそこで母は先ほど紹介した、トジュンが真犯人であるという紛れもない事実を知ってしまうのである。 そして廃品回収のおじさんは他に真犯人がいるという真実とは異なる事実が現実化してしまうことを恐れて警察に通報しようとしたのだ。 我を失った、母親にこの時残っていたものは息子を強烈に愛するが故にくる、トジュンが犯人ではないという思い込みのみである。 この感情のみで母親はおじさんを殴り殺してしまったのだ。 この場面は本作において特に印象的であり、ポン・ジュノ監督らしい描写である。 どこか『パラサイト半地下の家族』に通ずるものがあることは確かだ。 ラストのダンスの意味は? 本作のラストで衝撃的な事実を知ってしまった我々だが、その衝撃的な事実によって最も大きなダメージを受けたのは間違いなく母親である。 社会的なハンディキャップを持っている息子を過剰に愛している母親は自分が信じていたものが崩壊すると同時に放心状態に陥っていたに違いない。 ラストにおいて、嫌なことや心のしこりを消して、忘れるツボに針を刺した母親は記憶をなくしバスの中で踊り始めている。 ここでダンスを踊り始めたということは記憶をなくしたことを示しているが、映画の最初に荒野でダンスをする母親のシーンと繋がる。 トジュンの無実を証明するために自ら証拠を探し求める際にもこの荒野でのシーンが登場するがここでは母親はダンスをしていない。 必死になっており、記憶も確かであるからである。 映画の最初のシーンではダンスをしているためこれは、ダンス=記憶を失うという暗示であると考えられる。 映画『母なる証明』が伝えたかったこととは。 『母なる証明』が私たちに伝えたかったことはいったい何だったのだろうか。 結論から言うと本作が伝えたかったことは、母親という存在そのものであると言える。 本作において母と息子トジュンの関係は異様なものであった。 善悪を無視した母の純粋な愛。 それは側から見たら狂気とも取れるのだ。 物語が進むにつれて母親という存在そのものについて深く考えるようになっていく。 本作は母親という存在の特質を最大限に引き出しており、どんなものでもその存在の特質を最大限に引き出すとその本性が綺麗に見えてくるのである。 母親というものは子をどこまでも愛している。 『母なる証明』では歪んだ愛情によって息子が犯した罪の唯一の証拠を葬り去ってしまった。 どこまでもゆく母親の愛情が見せたその行動の全てが母としての証明、つまり「母なる証明」に繋がったのだ。

次の