戸塚 ヨット スクール 校長。 戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏氏が、テレビ朝日「サンデースクラン...

戸塚宏(戸塚ヨットスクール校長)は韓国人でサイコパス?家族や娘も調査!

戸塚 ヨット スクール 校長

代表取締役 長富伊佐穂 CIO 久富 哲也 我々の手で教育改革を! 戸塚ヨットスクールは、その厳しい教育訓練のあり方、死亡事故の発生、歪曲された報道などのため、これまで様々な誤解と中傷に曝されて参りました。 しかしながら、同スクールが「大自然との闘いで精神を鍛える」という方法により五百余名の情緒障害児 登校拒否、非行、家庭内暴力、無気力など を更生させ、心身の本当の健康状態を回復させることにも成功した事実には、教育と医学の両分野における画期的意義を見出すことができます。 また、この事実を冷静に評価し分析する所から出発しなければ、戸塚ヨットスクール事件の真実も明らかにならないでしょう。 戸塚宏校長とコーチ達が3年余に及ぶ不当な弾圧をはねかえしてきたのも、同スクールの成果が、教育荒廃という名の文明病に病む日本にとって、かけがえのない価値を持つものであることを確信していたからに違いありません。 そうした認識に立つ時、「戸塚ヨットスクールを支援する会」は2つの目的を果たす必要があると思います。 ひとつは、戸塚ヨットスクールの現実の運営を文字通り援助し、その存在基盤を確固たるものにすることです。 よリ具体的には、入校生の紹介や成人スクール 健康増進のための短期合宿 への参加斡旋、寄付などです。 もうひとつの目的は、戸塚ヨットスクールがこれまで培ってきた間題児矯正の教育ノウハウに学び、そこから教育荒廃克服の道を切り拓いていくことにあります。 「戸塚ヨットスクール事件」が起きて以来すでに18年の歳月が流れていますが、当時も今も教育荒廃は何ひとつ改善されずにいます。 鳴り物入りで発足した臨教審さえも教育荒廃の本質に迫った提言を成しえぬまま解散してしまった今、私達自身の手で真の教育改革を成し遂げることは、2l世紀に対する私達の責務であると信じます。 味覚の世界に「塩」というものがなかったなら、料理が味気なくなってしまうように、自己の深化を志向するある種のストイシズムを欠いた人生に人間の本当の喜びはないでしよう。 これこそが今の教育に欠けているものです。 そして、戸塚ヨットスクールが教えてれたものは、この「精神の塩」の価値にほからないのだと思います。 」という真摯の叫びが、日本全国で澎湃 ほうはい として湧き上がって来んことを願ってやみません。 戸塚ヨットスクールを支援する会会長 石原 慎太郎 Copyright 1998, Totsuka Junior Yacht School. All Rights Reserved.

次の

戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏!71歳にして教育への情熱は衰えず!「今の若い男を見ると国がつぶれてしまうと感じる」

戸塚 ヨット スクール 校長

1年後の『昭和52年』に前述の通り設立当初の理念が形を変えて、マスコミや世間からヤンキーな児童たちが『改心』『更生』すると称えられ、新たにあたらしい理念が掲げられた。 それは問題行動、非行、虐め等の対象にある『未成年児童』たちを徹底的な指導で『救う』テイで、大きく歯車が狂いだしていくことになった。 1人目の死者 始まりは2019年『令和元年』よりちょうど40年前の昭和54年。 まだ小学6年か中学1年くらいの『未成年男児』が舞台の学びの庭にて命を落した。 どうして命を落したのか、原因は身体が冷え切ってしまったことによるもので、『戸塚ヨットスクール事件』が立件される事はありませんでした。 本当は1人目の『死者』となった若すぎる未成年男児も元凶かつ根源による、現代社会においては認められるわけないハードすぎる『体罰』のせいで心身共に衰弱している状況下も十分に考えられるでしょう。 同年の『昭和57年』にまたしても、小学6年か中学1年くらいの『未成年男児』の命が奪われた。 『体罰』という名目のもと行使した殴る蹴る等の暴行を亡くなった未成年男児の遺体から悲痛な『実態』を露わにした。 下記にどんな『傷跡』があったか記述して紹介します。 同じように『体罰』等が問題が起きた『日生学園高等学校』に興味のある方。 気になる方はこちらを是非合わせて読んでみてください。 体罰と思しき痕跡• アザの痕が多数• 硬い歯が欠けていた(破損)•

次の

戸塚ヨットスクール、戸塚宏先生との対談

戸塚 ヨット スクール 校長

先日、産経新聞から出版されている月刊誌「正論」にて戸塚ヨットスクール校長の戸塚宏氏と対談を行った。 戸塚先生の著書「本能の力」(新潮新書)を拝読し私なりに共感する部分があまりにも多かった。 「正論」の方には 私の方から戸塚先生との対談を行いたいとお願いし実現させていただいた。 戸塚ヨットスクールの戸塚校長と 以前、私が書いた「確かに生きる~10代へのメッセージ~」(ごま書房)にも戸塚ヨットスクールについて「犠牲者を出した戸塚ヨットスクールは社会問題となり、戸塚さんは塀の中に入った。 まるで極悪人かのような報道をされたけれど、しかし日本中から家庭内暴力や不登校の子どもたちに悩む親たちが、戸塚ヨットスクールに入れれば子どもたちが変わるのではないかと、すがる思いで戸塚ヨットスクールに託した事実を無視してはいけない。 そして多くの子どもたちが戸塚ヨットスクールで助かった事実を忘れてはならない」と書いたが、今回初めて戸塚宏先生にお会いしその思いがさらに強くなった。 戸塚ヨットスクール事件後、「体罰は悪だ」と教育評論家は声を上げた。 そして「子どもにはゆとりが必要だ」といって「ゆとり教育」が始まった。 その「ゆとり教育」の結果、日本の教育は良くなったのだろうか?「ゆとり教育」とは別かもしれないが、学校などに講演しにいくと先生と生徒の間にまったく緊張感がなく、まるでお友達のように「ため語」で話し合っている姿に、日本社会では敬語など死語なの?と思えてしまうほどルーズな関係であり、はたから見ていると子どもたちに迎合している大人の姿が実にみっともなくまた情けない。 講演中に騒ぐ生徒がいても先生方は知らん振り。 注意もしない。 仕方がないので私が騒いでいる生徒に怒鳴る事になる。 怒鳴ってみると生徒たちは心底驚いた顔しキョトンと、ただ面白いもので子どもたちの覚めたようにキラキラし私の一言一句に聞き入るように会場がグッと集中するのが壇上にいて全身で感じている。 講演後の校長室では講演中に怒鳴った私に対して憮然とした校長先生の表情が向けられ、なにそれ!と「本来ならば校長先生であるあなたが生徒に怒鳴るはずです」と嫌味の一言を残して校長室を後にするのだが、帰宅して自身のHPの掲示板を開いてみると怒鳴った学校の生徒たちから「大人が怒鳴っている姿が新鮮でした。 ありがとうございました」「本気で接してくれる大人は初めてでした」などの言葉がズラリと並んでいる。 あの憮然とした校長先生の顔を思い出しながら、彼らには伝わらなかったけれど子どもたちには伝わっていたと安堵していた。 しかし、怒鳴って感謝されるというのはつまり日頃の大人たちが怒っていないということでしょ。 子どもたちのメッセージに素直に喜べなかった。 戸塚先生の体罰とは「相手の進歩を目的とした有形力の行使、力の行使」です。 あくまでも「相手の進歩を目的とした」ものであり、イライラしたからといって子どもを殴るのは体罰ではなく虐待とのこと。 「体罰」と「虐待」の定義の違いを分かりやすく戸塚先生はお話されていたのが印象的であった。 マスコミ含め多くの人が「体罰」と「虐待」を混合していないだろうか。 そして戸塚ヨットスクールが目指したのは「質の高い不快感」を生徒に体験させることだった。 人間の行動原理は突き詰めて言えば「快を求め、不快を避ける」と言うことになる。 確かにその通りです。 私だって山に登るよりも家でゴロゴロしているほうが肉体的に楽に決まっている。 しかし、それでは自身の進歩がないとあえて厳しい条件を背負ってヒマラヤに挑戦するわけで、戸塚校長の「人間が成長するためには「不快」が必要不可欠です」との言葉に私自身の経験からも大いに納得させられた。 詳しくはこれから発売する「正論」を読んでいただきたいが、あえて厳しい環境の中に身をおいて、時に死の恐怖と戦うことによって「何が何でも死にたくない」と生に対する執着心が芽生えるもの。 戸塚ヨットスクールは極限状態を子どもたちに体験させ脳幹を鍛え生命力をつける教育なのだ。 近々、戸塚ヨットスクールの見学にも出かけてみたい。 あの事件で戸塚イズムが否定させるものではないと私は考えている。 それどころか、戸塚ヨットスクールは今の日本社会に大きなメッセージを投げかけているような気がしてならない。 「正論」(産経新聞社) 戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏氏との対談 9月1日発売の10月号.

次の