鼻うがい コツ。 【爽快!】初めてでも痛くない鼻うがいの効果的なやり方とコツ:多くのメリット

鼻うがいのコツ。鼻うがいを始めて二回目です。説明書に従い、頭をやや上向きに...

鼻うがい コツ

のどをガラガラさせるうがいではなく、鼻をスッキリさせる「鼻うがい」をご存知ですか? 鼻の中を、まさにうがいのように洗い流す方法で、鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水や、これから少しずつ増えてくる花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を取りのぞく効果があるといわれています。 鼻の調子がイマイチよくないとき、風邪・花粉症対策に、鼻うがいを試してみませんか? 鼻うがいは風邪や花粉症になぜ効果的? 鼻の中を直接洗い流す「鼻うがい」。 鼻をかんでも出にくいガンコな鼻水をスッキリさせることができるため、鼻の調子が今ひとつ良くないときは、一度は試してみたい方法です。 さらに鼻うがいは風邪や花粉症の予防にもなり、健康維持のためにもおすすめです。 というのも、風邪のウイルスや花粉が付着しやすいのは、鼻の奥の上咽頭といわれる部分で、のどのうがいでは上咽頭を洗い流すことができないからです。 一方、鼻うがいでは上咽頭までしっかりと洗い流すことができますから、より効果的な風邪予防や花粉症対策になるといえます。 鼻うがいの効果• 鼻の不快感の解消 鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水もスッキリさせることができます。 風邪やインフルエンザなどのウイルス対策 風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。 鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。 花粉症やホコリなどのアレルギー対策 上咽頭に付着した花粉やホコリなどを洗い流すことで、アレルギーの原因を取り除くことができます。 ちくのう症の予防・症状の緩和 ちくのう症(副鼻腔炎)とは、目と目の間やほほなどにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気。 風邪や花粉などが原因で炎症が起き、粘り気のある鼻水や鼻づまり、頭痛といった症状が起きます。 鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできませんが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができますから、ちくのう症の予防や症状の緩和に役立つと考えられます。 鼻うがいで準備するもの 市販の鼻うがい用の商品を使えば気軽に始められますが、自宅にあるものを使って鼻うがいを行うこともできます。 やり方がいくつかありますので、自分のやりやすい方法で試してみましょう。 鼻に真水が入るとツーンとしますが、これは体液と水の浸透圧が違うために起こります。 そのため鼻うがいでは、体液と同じ浸透圧である、0. 9%の食塩水を使って行います。 【準備するもの】• 一度沸騰させた、ぬるま湯• 洗面器やコップ• タオル など 【0. (500ccなら4. 5g、2リットルなら18g) この食塩水は使いまわすのではなく、鼻うがいをするたびに作るようにしてください。 鼻うがいの方法 最初のうちはお風呂で行うといいでしょう。 濡れることを気にせずにできますし、体も温まって鼻水も出やすくなっています。 【食塩水を流し込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき「えー」と声を出すと流し込みやすいです。 ただし顔が大きく上向きにならないように注意してください。 どちらの鼻からでも構いません。 慣れてきたら口から出してみましょう。 【洗面器の食塩水を吸い込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出してみましょう。 【ストローで食塩水を吸い込む】• 9%食塩水を入れて、ストローをさします。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出します。 鼻うがいを効果的にするための注意• 鼻に食塩水を入れるときは、大きく上を向かない 鼻に食塩水を入れた後、やや上を向くと口に流れやすくなりますが、大きく上を向くと食塩水が耳に入り中耳炎になる恐れがあります。 前かがみの状態で、顔はあまり上に向けないようにしましょう。 鼻で水を吸い込んでいるときに、つばを飲み込まない 水を吸い込んでいるときに、つばや洗浄液を飲み込もうとすると、耳に洗浄液が入る恐れがあります。 鼻を洗い終わった後に、鼻を強くかまない 鼻を洗い終わったら、前かがみのまま頭を左右に傾けるなどして、食塩水をすべて出すようにします。 その後軽く鼻をかむのはかまいませんが、強くかむと中耳炎の原因になります。 やりすぎは注意!1日1〜2回程度に 1回の鼻うがいでは2〜3度繰り返し、ヌルヌルした感じがなくなるまで行います。 鼻うがいに慣れてくるとスッキリして気持ちがいいのですが、1日1〜2回程度にしましょう。 (1回は200ml程度で十分です)• 鼻づまりがひどいとき、のどに痛みがあるとき、鼻水がのどに流れてしまうときはしない 鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。 また鼻水がのどに流れる後鼻漏のときも、食塩水が残りやすくなりますから、行わないようにしてください。 子どもは専用の器具を購入するか、耳鼻科でしてもらう 鼻うがいを間違った方法で行うと、中耳炎など別の病気を招く恐れがあります。 子どもは上記の方法では行わないほうがよいでしょう。 どうしても鼻うがいを行いたいときは、子どもでもできる市販の器具を購入するか、耳鼻科で鼻洗浄を行いましょう。

次の

鼻うがいって水道水でも大丈夫?痛くないやり方やコツをチェック!

鼻うがい コツ

こんにちは「おれんじ」です。 つらい鼻水の悩みを抱えていませんか? わたしは鼻が弱いようで、花粉症の時期はサラサラの鼻水に悩まされ、抵抗力が落ちてくるとネバネバ鼻水の副鼻腔炎になるという日々を過ごしていました。 鼻をかむ回数も多くいつも鼻の下はガサガサで、常に頭痛を抱える毎日です。 気圧の変化があると特に眉間の周りの頭痛がひどくなり、ある日とつぜん我慢の限界がやってきたんです。 「できることなら、鼻を外して水でジャブジャブ洗いたいっ!!」 そんな無理な事を考えていたときに出会ったのが 鼻うがいです。 鼻うがいを知ってから、鼻水の悩みから開放されて頭痛もなくなったんですよ。 この気持ちよさをあなたにも体験してもらうために、 鼻水の状態にあった鼻うがいの方法をお伝えします。 上手にできるようになるとスッキリして気持ちいいですよ。 一応心配だったので、 耳鼻科の先生にも鼻うがいについて聞いてきましたよ。 鼻うがいとは 鼻うがい 鼻洗浄 とは、生理食塩水や専用の洗浄液を鼻から吸い込み鼻の中を洗浄する行為です。 慣れてくると鼻から吸い込んで口から出すこともできます。 口から出した方が鼻から口にかけても洗浄できるので効果が大きいので、できれば口から出せるようにしたいですね。 鼻うがいに必要なもの 水道水で鼻うがいをするとツンとするので、鼻うがい用に洗浄液を用意するのがおすすめです。 ですが自分でも作ると割と面倒くさいんですよね…… 自分で作る場合は、生理食塩水 0. 9%の食塩水 を作ることになります。 1リットルの水に9グラムの塩という割合で混ぜるのですが、水の衛生面を考慮すると10分くらい沸騰させた水を冷ましてから使わなければいけないんです。 これだけがネックですね…… ただ洗浄液だけなんとかすれば、花粉症の季節でも、ムズッとしたら軽い気持ちで鼻うがいしてスッキリできますよ。 花粉を物理的に取り去るので効果てきめんなんです。 面倒くさいなら、市販の洗浄液を試してみても良いかもしれません。 わたしも最初は市販品を使っていました。 専用の容器が使いやすいので、容器のために購入するのも良いですね。 鼻うがいの方法 最初はコツがつかめず難しく感じるかもしれませんが、コツをつかめば簡単スッキリですよ。 ポイントは鼻水の状態によって鼻うがいのやり方を変えることです。 鼻水の状態というのは サラサラ鼻水かネバネバ鼻水かになります。 どちらの状態から共通したコツもあるのであわせて紹介します。 共通のコツ 「鼻に水を通す」 慣れていないとやっぱり怖いですよね? あのプールで鼻に水が入ったときの痛みを思い出しますよね? でもちゃんと準備をしておけば、全然痛くないんです。 適切な洗浄液を 刺激のない温かさにしておくと痛みはありません。 ただ恐怖心があるだけなんです。 おもいきってやってみましょう。 サラサラ鼻水の場合 花粉症のときのような サラサラした鼻水の場合は、よく言われている方法です。 洗浄液を鼻からゆっくりと吸い込み、吸入した後に口をあけて少しだけ上を向き、口の方へ液を落とすようにして口から吐き出してください。 上を向く角度は救命活動の際に行う 気道確保と同じです。 鼻から口にかけての洗浄液の通り道を確保しましょう。 無理に吸い込むと液が耳の方へ入り、中耳炎になる可能性がありますが、吸い込んでから「えー」と声を出すと耳の方に入りにくくなります。 ネバネバ鼻水の場合 副鼻腔炎のような ネバネバした鼻水の場合は、鼻の奥に意識を集中すると上手くできます。 ネバネバ鼻水のときは、洗浄液がなかなか吸い込めません。 そういうときは初めは鼻から吸って、鼻から出すようにします。 そのとき、 鼻水と鼻の内壁の隙間に洗浄液を流し込むイメージをして吸い込み、鼻から出してください。 これを2、3回繰り返してから鼻をかむと鼻水の固まりが出てくると思います。 すると洗浄液が吸い込めるようになるので、今度は鼻の横、目の下辺りに意識を集中して、また鼻水と鼻の内壁の隙間に洗浄液を流し込むイメージで吸い込み鼻から出します。 これも2、3回繰り返してから鼻をかむと鼻の奥に溜まった鼻水も出てきます。 あとはサラサラ鼻水と同様に鼻から吸って、口から出すことでスッキリ完了です。 「 鼻水と鼻の内壁の隙間に洗浄液を流し込むイメージをする」のがコツです。 鼻うがいについて耳鼻科で聞いてきました ある日、 副鼻腔炎になりました。 鼻をかんだら緑色の鼻水が出てきたんです……細菌と白血球が戦った残骸が混ざった「 青っぱな」というやつです。 こうなると鼻うがいだけで治すにはちょっと時間が掛かるので耳鼻科に行く事にしました。 診断結果はやっぱり 「副鼻腔炎」 お医者さん曰く ……僕はできないんだけどね なんと最初の先生とは違う答えが返ってきました。 この質問の答えは先生によって変わるんです。 鼻うがい解禁 最初のお医者さんも「 不自然な行為だからおすすめしない」と言っただけなんですよね。 「危険」とか 「効果がない」とは言ってなかったんです。 となると、自分がしたいようにするのがベストですよね? わたしは鼻うがいを解禁しました。 おわりに 参考になったでしょうか? 鼻うがいはコツさえつかめば手軽にスッキリできておすすめです。 耳鼻科の先生2人に質問して「 鼻うがいはしても良い」という結論も出たので安心ですよね。 花粉症や副鼻腔炎で苦しんでいる人は、鼻うがいを試してみてください。 スッキリと呼吸ができると、それだけで気分が晴れやかになりますよ。

次の

鼻うがいは口から出すべき?器具なしだと駄目?口から鼻の方法は?

鼻うがい コツ

Contents• 鼻うがいをすると蓄膿症は改善するの? 奥に入り込んだ雑菌や花粉、ごみ、粘り気の つよい鼻水などは鼻をかむだけでは出てきません! 鼻うがいは そんな雑菌や花粉を取り除いてくれるんです。 蓄膿症の原因となる細菌がいなくなることで、 炎症も減り蓄膿症も改善されるんです。 ほかにも 花粉症やアレルギー性鼻炎にも効果があります。 うまく出来るようになると 鼻がスーっとして気持ちが良いですよ!! 鼻うがい洗浄器ハナノアとは? ハナノアの成分 精製水、塩化ナトリウム、グリセリン、香料、 ポリンルベート80、ベンザルコニウム塩化物(0. ノズル部の「うえ」の文字が読める向きに持ち、 まっすぐ正面を向いて、先端を鼻の穴に入れます。 それは、 人の体液より成分濃度が低く、 鼻粘膜を刺激するからなのです。 ハナノアは成分濃度が人の体液に近いので、 鼻粘膜を刺激しないので、 ツーンと痛くなったりしないんです。 ハナノアの使い方のコツ 私が実際に使って経験したことです。 使いかたを失敗すると気導に液が流れこんで むせてしまったり、 液を飲み込んで吐きそうになったりします。 けっこう、 苦しくなります。 そんな、 失敗を減らすコツは、 息を吐きながら液を注入するんです。 もう一つのコツとしては、 ゆっくり流しこむということです。 ぴゅっと勢いよくプッシュするんではなく ゆっくりと流し込むようにします。 すると、 うまく行きますよ! 慣れるとスッキリして 気持よくなります。 でも、 急いですると失敗して苦しくなるので、 慌てずにゆっくりとしましょうね。 スポンサーリンク 鼻うがいは1日に何回? 1日に何回すればいいのか? 気になりますよね。 鼻うがいは1日1回です。 なれるとスッキリして気持ち良くて 何回もしたくなります。 あまりしすぎると粘膜が痛んで機能が低下してしまいます。 1日1回までにしましょう! ハナノアの口コミ・・・ ・某有名声優さんも鼻うがいをしていると聞き 季節の変わり目に風邪をひいてしまうので予防のために購入! 寝る前にやってます。 鼻の内壁?にノズルの先がついてしまうとうまく液が 流れていかないので、 鼻に強く押し当てすぎないようにしたら 口から出せるようになりました。 ついつい鼻を強くかみたくなりますが中耳炎に ならないように注意がいりそうです。 ・万年鼻炎の主人のために購入しました。 ある程度コツを掴んだいまもゲホゲホなり、 喉を痛めてしまうので、 なんとかならないものかなあ、と思います。 ・鼻炎で鼻づまりが酷く、初の鼻うがいに挑戦しよう と購入しました。 こちらの商品はやり方を間違えると中耳炎になる恐れも あるのだとか。 小さい頃に中耳炎になったことがあり、 あの痛みへの恐怖心があるためこちらの商品は知っていながら なかなか買えずにいました。 しかしそれを超える鼻づまりの辛さ。 自宅でも鼻うがいの液体は作られるようですが作るのも面倒で 容器もセットだったためとうとう購入へ。 パッケージにあったやり方をしっかり読んでから 記載通り「アー」と言いながら鼻うがいを。 現在、もうすぐ一本使い切るあたりまで使用していますが、 何度やっても鼻から鼻へはやっぱり難しいのか 出た事は一度もないです。 二、三度目から喉に流れるようになりましたが、 口から吐き出すほど量ではないのか、 そのまま流れて飲み込んでしまいます。 そのため現在使っているだけの液体はそのまま飲んでいる ことになるのかな……?と思うと少し恐ろしい気も。 使用後はミントの香りもあり上手く鼻うがいができなくても スーッとした爽快感はすぐに感じられます。 しっかり喉に流せられた時は両鼻とも本当にスッキリ。 ツーンと鼻が痛くなったことも一度もなくて、 私が一番恐れていた中耳炎にも今のところはなっていないです。 私の使い方さえもう少し上達すればとっても重宝する商品になりそう。 中耳炎の恐れもあるし、 鼻うがいは上手くできるかできないか等々個人差も あると思うので、 なかなかオススメ! とは言い辛い部分がありますが、 個人的には鼻づまりに即効性があるため有難い商品です。 鼻炎だけでなく花粉症もあるので、 また詰め替え用を購入すると思います。 まとめ なれるまでは液を飲み込んだり 気管に入って苦しくなります。 なれるとすごく気持ち良くなりますよ! 鼻うがいは蓄膿症に効果があるのか? 鼻うがいのコツ! などを記事にしました。 参考にしてくださいね。 ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の