ダイソン v7 v8 違い。 ダイソンコードレス掃除機V6とV7とV8とV10比較ランキング

ダイソン掃除機V8の実機の感想!V7,V6の違いを徹底比較!

ダイソン v7 v8 違い

2019年現在、 ダイソン公式サイトを見ると「V7・V8・V10」の三種類がラインナップされてます。 ダイソンV6はダイソンオンラインストアでは販売されてませんが、アマゾンには正規品が売られてますよ。 ただ、パッと見ると価格に差があるくらいで 「いったいなにが違うの? ダイソンV6・V7・V8・V10スペック比較 機種 金額 稼働時間 充電時間 V6 約3万2000円 通常16分 3. 5時間 V7 約3万8000円 通常20分 3. 5時間 V8 約3万9000円 通常30分 5時間 V10 約4万6000円 通常20分 3. アマゾンの金額を参照(2019年4月現在) 細かい機能は違いますが、毎日掃除をするお母さんが気になるスペックを表にしました。 先ほど書いたとおりダイソンのコードレス掃除機は 「V6<V7<V8<V10」と数字が大きくなるほどハイスペックです。 なので 「V6<V7<V8<V10」と数字が大きくなるほど金額が高くなります。 使用時間の長さランキング第1位 ダイソンV8 各モデルを選ぶ上でポイントになるのが、 連続使用時間と充電時間の違いです。 ダイソンV8Fluffyは連続使用時間が30分と他のモデルより10分長くなってます(V7とV10は20分が限界) V10は省電力モードを使えば連続使用時間は40分に伸びますが、通常モードだと20分になります。 わたしの感覚では連続使用時間20分でも問題なく掃除できますので(私は3LDKの家に住んでます) もし心配なら掃除時間をスマホのストップウォッチ機能で測ってみて、それから購入した方が良いかもしれませんね〜 ダイソンV8は連続使用時間が長いぶん、充電時間も長くなります。 V7、V10は3. 翌日また使うスタイルなので充電時間が3. 5時間だろうが、5時間だろうが問題ありません。 34キロ 約3万2000円 V7 2. 47キロ 約3万8000円 V8 2. 61キロ 約3万9000円 V10 2. 重量が他のモデルより100〜200グラム軽く、価格も安くなっています。 新ゴミ捨て機構よりも、軽さ・安さを重視するならダイソンV6でOK牧場。 これらの旧モデルはポストモーターフィルターが搭載されておらず、排気性能が悪いです。 旧モデルはポストモーターフィルターがないので、ゴミを吸い込んでも排気口から細かいハウスダストが出てしまいます。

次の

ダイソンの掃除機、V8よりV7がいいですか?

ダイソン v7 v8 違い

Dyson V7 Fluffy• Dyson V7 Animalpro 尚、以前はDyson V7 Absoluteもあったようですが、現在ダイソンの公式サイトには掲載されていません。 この2種類の使用時間はどちらも 最長30分。 充電時間も約3. 5時間と同じです。 収納用ブラケットも付いているので、壁に掛けてオシャレに収納できます。 では、どこか違うのでしょうか? この2種類の違いは、 クリーナーヘッドと 付属ツールの種類なのです! V7 Fluffy V7 Animalpro V7 Fluffyのヘッドが ソフトローラークリーナーヘッドなのに対し、V7 Animalproはカーペットの掃除に適した ダイレクトドライブクリーナーヘッドが付いています。 掃除をする場所がフローリングメインの人はV7 Fluffy、カーペットの人はV7 Animalproを選ぶと良いでしょう。 また、V7シリーズには4種類の ハンディークリーナーもあります。 フルパワーで使うと10分と持たない• 曲線的な動きに弱い• 吸い込みが弱い パワー不足を感じる人からの意見が多く見受けられました。 その理由については、V7のスペックによるものも考えられるので、他の機種とどのような違いがあるのか、更に調べてみました。 比較して見ていきましょう。 ダイソンV7とV8を比較!違いは使用・充電時間と価格 ではここでダイソンV7とV8を詳しく比べてみたいと思います。 ここで、数字だけを見てまず気付いたのが『 V8のほうが先に出たの?』ということ。 V8の特徴はV6からの大幅なパワーアップで、最上級シリーズとして販売されました。 なんだかちょっとややこしいですが、分かりやすく説明すると、 V6とV8の中間モデルがV7シリーズということになります。 という訳で、 V7シリーズはV8より使用時間は10分短くなってしまいましたが、パワーが抑えられている分、充電時間は1. 5時間短縮されています。 ダイソンV7のお手入れ方法は簡単 V7はゴミ捨てもワンタッチで行えるので衛生的です。 口コミなどを見てみると、ゴミ捨て時にゴミが舞い散ることを気にしている人もいらっしゃいますが、ゴミ箱の奥のほうでゴミ捨てレバーを引くようにすれば気にならないようです。 工夫しながら上手に使いこなしていきたいですね! ダイソンV7の付属品は4種類or6種類 V7シリーズの付属品は2種類のモデルによって異なります。 以下にまとめましたので参考にしてください。 Dyson V7 Fluffy 付属品6種類 ・ソフトローラークリーナーヘッド ・収納用ブラケット ・ミニモーターヘッド ・コンビネーションノズル ・隙間ノズル ・ミニソフトブラシ Dyson V7 Animalpro 付属品4種類 ・ダイレクトドライブクリーナーヘッド ・収納用ブラケット ・コンビネーションノズル ・隙間ノズル ダイソンV7のスタンドは楽天でもアマゾンでも買える V7には、壁に掛けられるアタッチメントの「 収納用ブラケット」が付属されていますが、立てて収納できるスタンド型のものはありません。 そこで、スタンドはないかな…とインターネットで買えるところがあるか調べてみたところ、 楽天と アマゾンどちらにもありました!インターネットで買えます! 価格は2,000円台からあり、家具などとの馴染みの良いナチュラルな木目調から男前なアイアンまで、色や形もお好みのものが選べます。 2年間のメーカー保証• 送料無料• 30日間返品可能• 割引クーポンあり• 直販モデルあり 特に4つ目の「 直販モデル」というのは、公式ストアでしか販売されていない機種があり、 お掃除ツールなどがプレゼントで付いてくるのです! また、 30日間の返金保証が付いているため、自宅でお試ししてみたい、という人は公式サイトで購入してください。 また、期間限定で割引クーポンが配布されたりしているので、公式オンラインショップをまずはのぞいてみてくださいね。 価格はその時によって変動するので、一番安い最安値ショップを探してみるのと、 保証が付いているのか、どのくらいついているのかを確認してから購入してくださいね。

次の

ダイソンのコードレス掃除機 V7/V8とV10の違い徹底比較!選び方とともにお持ちのモデルとの比較にも便利

ダイソン v7 v8 違い

DC=ダイソン・コードレス ・DC35 2011年に発売。 吸引モーターはデジタルモーター V2。 運転時間 15分(強 6分)。 充電時間は 3. 5時間。 ・DC45 2012年に発売。 吸引モーターは DC35と同じくデジタルモーター V2。 運転時間は 5分アップの 20分( 8分)。 充電時間は 5. 5時間。 ・DC62 2013年に発売。 吸引モーターは変わりデジタルモーター V6。 運転時間は変わらずの 20分( 6分)。 充電時間は 5. 5時間。 ・DC74 2014年に発売。 モーターと運転時間は DC62と同じですが、充電時間が短縮され、 3. 5時間。 DCシリーズは型落ちのモデルです。 せっかくですから、今買うならVシリーズを選ぶ方が満足感は高め。 DCシリーズを選ぶメリットとしては、価格が安いということです。 それは、性能は気にしない人には良いかもです。 いや、Vシリーズにした方が間違いないと言っておきましょう。 この先に出てくるV6もVシリーズの中で最も古いモデルとなっていて、V6に関しても買う選択肢から外しましょう! V8はある理由からおすすめできないです。 てことで、Vシリーズでおすすめしたいのが、 ・ V7 ・ V10 となります。 なぜこの2つなのかは、読み進めて行けば理解できるでしょう! ダイソン掃除機でお馴染みの、カラフルなヘッド。 ダイソンの掃除機といえば、カラフルな印象が強いですよね! そのヘッドにも大きく分けて2つの種類があります。 V10シリーズを例にお話しします。 Fluffy このFluffyというモデルはフローリング用のソフトローラークリーナーヘッドが付属しています。 フローリングに適しているので、家の床がフローリングがメインの人向けですね。 ソフトローラークリーナーヘッド• ミニ モーターヘッド• コンビネーションノズル• 隙間ノズル• ミニソフトブラシ• この2つがプラスで付いてきます。 Absolutepro Absoluteproというのは、カーペット・フローリングともに使うことができます。 なので、ソフトローラークリーナーヘッドとダイレクトドライブクリーナーヘッド共に同梱されます。 カーペットもフローリングの部屋がある方はおすすめ! おそらく多くの家庭が当てはまるかと思います。 ダイソンコードレス掃除機 V10 V8 V7のそれぞれの違いを比較 V6に関してですが、今から買うとなると製品自体の性能劣っているのが事実。 少しの金額を出せば倍以上の性能を発揮する、 V7以降のモデルを選ぶのが無難です! なので、 V10 V8 V7の比較をしていきたいと思います! なぜ、V7とV10がおすすめなのか、ここでわかってきます。 V8 Fluffy V8だから V7より新しいモデルと思っている人もいるかもしれないですが、実際 V8が先に発売されています。 ( 2016年発売) V6よりも吸引力を 15%も向上して、運転時間が最高で 40分間。 発売当初は、コードレスで 40分の稼働時間は驚きでした。 なんだかんだで、 V8は今もなお、かなり売れてます。 価格は 64,584円です。 V10 Fluffy 【2018 年3 月発売の最新作】 【最新モデルV10】新デジタルモーターが搭載されており、大きく外観が変更されスタイリッシュに!そして最大運転時間60分。 ダイソンのコードレスの歴史上最高穂のモデルで、最小で最軽量のダイソンデジタルモーターV10を搭載しています。 価格は 75,386円です。 V7 Fluffy 2017年に発売された、 V7は V10が高くて買えないという人におすすめ。 最長運転時間は V8の 40分から 30分になりましたが、充電時間が短くなって 3. 5時間です。 性能も高めで値段が抑えれるという、安心感。 V8の性能を抑えながら、価格が安いのが売り! 価格は 59,184円です。 V7 Motorhead 【2018 年3 月発売の最新作】 V10と同じく最新作の V7 Motorheadのモーターは、ダイソンデジタルモーター V7が搭載されています。 V6のモーターを改良したモデルでカーペットに適した、ダイレクトドライブクリーナーヘッドが標準装備。 こちらは 49,464円と価格はかなり抑えめです。 価格が安い理由としては、付属品が「隙間ノズル」と「コンビネーションノズル」のものだけだからです。 【まとめ】ダイソンコードレス掃除機のVシリーズ比較 モーター比較• V7 ・・・デジタルモーターV7• V8 ・・・デジタルモータV8• V10・・・デジタルモーターV10 重さ比較 V7・・・・ 2. 47kg V8 ・・・・2. 61kg V10 ・・・・2. 58kg V7が一番軽量モデルになってます! バッテリーの運転時間比較 最大運転時間 V7 通常モード: 30分 強モード: 6分 V8 通常モード: 40分 強モード: 7分 V10 通常モード: 60分 強モード: 9分 充電時間の比較 V7 ・・・・3. 5 時間 V8 ・・・・5 時間 V10 ・・・・3. 5 時間 溜まったゴミの捨て方の比較 値段の比較( Fluffyの定価) V7 ・・・・59,184 円 V8 ・・・・64,584 円 V10 ・・・・75,386 円 V10は一番おすすめでその次は V7。 V10では、上記の通りゴミの捨て方や、排気の流れが大きく変わりました。 排気の流れが変わった写真がこちら。 この結果、空気の流れがスムーズになり、吸引力もアップ! 個人的におすすめはV10ですが、お財布が厳しいという方にはV7となります!.

次の