平成 令 和 西暦。 令和元年は、西暦何年?

和暦西暦早見表

平成 令 和 西暦

令和何年は平成何年になるのか和暦・西暦変換表として記載しています。 また西暦何年が令和何年になるのか計算式とともにまとめましたのでご活用ください。 令和は平成何年?西暦何年? 西暦2019年の5月1日から「令和」となります。 今年は、平成31年度と令和元年度が混在する年となります。 翌年の 平成32年度は令和2年度となります。 システム上や契約書上だと平成を用いることや西暦に変換することから 簡易表にまとめています。 例:西暦2020年 ー2018=令和2年 まとめ 基本的には、平成の場合は「30」という数字を足し引きするといいでしょう。 精霊気の場合は「2018」という数字を足し引きすることで令和何年?平成何年?西暦何年?といったことがわかります。 西暦:令和:平成の簡易表でした。 なかなか頭の中で変換したとしても合っているかわかりません。 そういったときにこの表をご活用ください。 yomu0007.

次の

令和・西暦・平成:早見表【雑記】

平成 令 和 西暦

今回の話を簡単に言うと、 1989年は平成何年か 昭和56年は西暦で言うと何年か ということを、 すぐに計算出来る方法の紹介 と変換早見表 です。 変換を簡単に行うための方法も書いていますが、最後に「早見表」を置いてありますので、そちらを確認すれば、今確認したい年はすぐにわかると思います! 西暦と令和・平成・昭和の変換ってすぐにできる? 和暦・元号・年号と言われる「平成」や「昭和」と 西暦の年数の変換。 2001年って、え〜〜っと・・平成何年??みたいな。 これってけっこう必要になることがあるんですけど、 実はすぐに言える人って少ないと思うんですよね。 覚えておくと、カッコよくないですか?(笑) 実はけっこう簡単に覚えられる計算方法があります! 西暦と令和の変換・計算方法 令和の年数を西暦に変換するには 令和の年数に「018(れいわ)」を足しましょう。 たとえば令和元年は「1年」 1+018=019 ということで、令和元年は2019年です。 令和20年は 20+018=038 西暦2038年です。 西暦を令和に直す場合は「018(れいわ)」を引けばOKです。 西暦2029年は令和11年です。 たとえば・・ 16時は、午後4時ですよね。 これと同じことをやればOKという話です。 平成16年は、2004年です。 西暦と 平成の計算方法 平成の年数から 12を引いた数字が、西暦の下2桁になるんです。 平成12年 西暦2000年 平成27年 西暦2015年 ということですね。 平成7年 西暦1995年 西暦と 昭和の変換・計算方法 西暦と 昭和の変換・覚え方 これは先に覚えた「西暦と平成の変換方法」から連想して覚えましょう! 「西暦と平成の変換方法」は、時間の24時間表示の計算をイメージしようと言いましたが、 ここから連想! それに1つ足した、「25」がキーポイントになります。 西暦と 昭和の計算方法 昭和の年数に 「25」を足した数字が、西暦の下2桁の数字になります。 例えば、 昭和54年 1979年 です。 昭和47年 1972年 ちなみに、 昭和64年 1989年 平成元年(1年) です。 西暦と和暦の変換早見表 昭和・平成だけでなく、明治・大正の早見表もおいておきます。

次の

和暦(令和・平成・昭和)と西暦の計算方法

平成 令 和 西暦

その例に倣うと、 4月1日時点で平成31年であったので 「平成31年度」が正解となります。 ただ、やっぱり違和感がって声が出たりすれば変更もあるかもしれません。 それに正直なところ、国の公文書とかでない限りは従う必要もない… そもそも、決まり事を作っただけで法で明文化されているわけではないので臨機応変に変わるのではと予想します。 なので、「平成31年度」「令和元年度」どちらでも好きな呼び方でOKではないかと… 実際のところ 「平成31年度」「令和元年度」併記するという方法が一番スムーズではないでしょうか。 4月3日追記 政府は5月1日以降は「令和元年度予算案」というように表記すると発表しました。 やはり令和元年期間が長いからこの様な判断になったのかもしれません。 すでに平成表記の法令などを改正する予定はないなど、それぞれで臨機応変に対応するという事の様です。 政府がこの方針を打ち出したことで、令和元年度を使う組織や団体増えそうです。 なので この改元では「令和元年度」が正解という事ですね。 平成31年など平成表記はどうするの? でも厳密に明文化されて規定されているわけではないので、平成31年度も間違いではありません。 ただ 混乱を避けるために訂正印を押すなど臨機応変に対応していくとの事ですよ。 まだしばらくはその時々で確認しながらという事になりそうです。 過去の改元ではどうだったの? 過去の改元を見てみると、平成は1月7日からだったのでスムーズに平成元年4月1日からが平成元年度となりました。 なので 6日間しかなかった昭和64年度は存在しません。 では大正から昭和はどうだったのでしょう。 昭和元年って実は7日間しかないんです。 大正天皇が崩御されて昭和となったのが12月25日なんですね。 という事で、 昭和になった最初の4月1日はすでに昭和2年で、昭和は2年度からスタートしています。 まぁその年度が始まる4月1日時点の年号と決まり事をしたのは平成に改元された時なので、このとき明確な規定はなかったんですけどね。 でも卒業証書とかで考えると違和感ありますよね。 大正15年度の卒業証書なのに、卒業年月が昭和2年3月〇日とかになるわけで、あれ?昭和元年はどこ~~~?!となります(笑) 明確な規定がなかったこともあり、 大正15年度(昭和元年度)というように併記された例もあるようです。 西暦2030-2018=令和12年 令和元年が2019年なので2018を引けばいいんです。 今はそんなの当たり前って思うかもしれませんが、何年もしたら2018年(厳密には2019年4月)までが平成だったか記憶なんてあいまいになるかもしれません。 そんな時、令和に決まって「R18」がトレンドに入ったみたいに、このマジックワードを覚えておけばOKってわけです。 ちょうど 20 18の「18」とR「 18」ですね。 まとめ 平成に改元されたときに決めた決まり事に則ると、令和元年度というよりは平成31年度というのが正解! だけど、期間を考えると令和元年の期間が8カ月、1月からも令和…である事を考えると「令和元年度」の方がしっくり来る気はします。 法令で定められた決まり事ではないので今後臨機応変に変わるor発行する媒体によって自由に選んだり、併記するようなことになるのではないかと予想します。 そして話題になっている「R」か「L」か問題も、順当にいけば「R」で決まりかなと思いますね(笑).

次の