あいみょん - マリーゴールド 歌詞。 マリーゴールド あいみょん 歌詞情報

マリーゴールドの歌詞

あいみょん - マリーゴールド 歌詞

その心のざわつきが、君を思い出させたのでしょう。 君を思いながら風に揺られていたのではないでしょうか。 成功とは言えませんが、夢を終えているということは希望が少し見えているということかもしれません。 そういう状況が一番幸せなのではないでしょうか。 花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」だそうです。 開花時期は6〜10月だそうです。 君が麦わら帽子をかぶっていると、マリーゴールドに似ていると言っています。 マリーゴールドは麦わら帽子によく似ています。 まだ君のことを懐かしいと思えていた時のことを思い出しているようです。 今は懐かしいのではなく、悲しみの方が強いのかもしれません。 これは過去のことなのでしょうか。 大きな雲のように君を抱きしめたようです。 とても素敵な表現です。 絶望はないと言っています。 でも本当の気持ちは吐き出せないと言っているので、思いを抱え込んでいる状態のようです。 まだ君のことが好きだけど、目の奥に映る君にしか言えません。 本人には想いを伝えることができないのです。 二人寄り添いながら歩いた日があったのです。 これは冬と春の間の日の話かもしれません。 雲がまだ二人の影を残すとは、雲が増えてきても、二人は輝いていたということかもしれません。 辛いことがあっても二人なら乗り越えられたのではないでしょうか。 そんな幸せがずっと続いて欲しかったのです。 いつものように会えていた二人は今、離れ離れになってしまったのです。 これは失恋ではないのかもしれません。 懐かしいと笑えたのは、まだ離れ離れになっていない時のことではないでしょうか。 今は悲しいことを強調しているように思います。 そんな君が心配でならないのではないでしょうか。 どんなに遠く離れても、その絆は切れないと言っている気がします。 タイトルの意味 タイトルの「マリーゴールド」の花言葉は絶望などのマイナスな意味です。 ですが、絶望などないと言っています。 君が麦わら帽子をかぶっていた時、マリーゴールドに似ていたのです。 マリーゴールドを良い意味で捉えているのではないでしょうか。 このタイトルは絶望という意味ですが、その逆の感情を伝えたいのかもしれません。 遠距離になってしまい、とても悲しい状況ではありますが、二人の愛はそんなに簡単に崩れないのです。 絶望を跳ね返す、美しいマリーゴールドなのかもしれません。 PR MV考察 君がいないことで、様々な感情が交差しているのです。 不安、希望、絶望、寂しさなど。 君がいなくて寂しいけれど、強く生きなければならないのです。 きっと君も同じように辛いのかもしれません。 それなら尚更強く元気にいたいのです。 雨の中オレンジ色のスケボーで駆け抜けるあいみょんさんの姿があります。 雨が降っているのに笑っています。 辛いことがあっても笑うのです。 君が心の中にいるからかもしれません。 あいみょんさんが駆け抜けているのは中国のように思います。 もしかすると遠くへ行ってしまったのは、主人公の方なのかもしれません。 きっと君の愛がとても強く残っているから、離れ離れでも寂しくないのです。

次の

あいみょん マリーゴールド

あいみょん - マリーゴールド 歌詞

この曲は今や、誰もが口ずさめる夏のアンセムだ。 『マリーゴールド』の歌詞は、揺れ動く恋心を描くと同時に、終わってしまった恋への懐かしさも思わせる。 しかし、『マリーゴールド』のMVを見てみると、マリーゴールドの花が登場しないだけでなく、何かの花が映るシーンすらない。 MVは暗い室内と雨の街であいみょんが歌っているシーンが続く映像となっている。 暗い室内で歌っているときに彼女が着ているトップスの色は黄色。 そして、雨の街をスケートボードで滑走しながら歌う彼女が着ているトップスはオレンジ。 黄色とオレンジ。 これは、マリーゴールドの花の色と一致する。 『マリーゴールド』という曲を歌いながら、マリーゴールドの花に似た衣装を身に着けることに意味付けるとしたら、この曲はどんなメッセージを持つのだろうか? 二色のマリーゴールドが教えてくれる夏の恋の1ページを、これから紐解いていく。 黄色のマリーゴールドに似てる「君」 マリーゴールドの花は、「嫉妬」「悲しみ」など、基本的には悲恋の花言葉が有名だ。 その由来は、一人の女性が恋人のいる男性を好きになってしまい、嫉妬心に狂い、その後マリーゴールドに生まれ変わったとされるエピソードにある。 実際にマリーゴールドの花が持つ意味は、あいみょんの『マリーゴールド』のイメージとはかけ離れた印象を受ける。 しかし、悲しい意味合いを持つマリーゴールドの花だが、その感情の強さが転じて、強く深い愛を表す意味も持っている。 「変わらぬ愛情」や「可憐な愛情」、「信じる心」など、マリーゴールドの花が持つ良い意味の花言葉は、あいみょんの『マリーゴールド』のイメージに近いものかもしれない。 冒頭のフレーズは、若い二人の等身大の気持ちを感じさせる。 言うなれば、制服を身に纏っていた頃の甘酸っぱい恋だ。 大人よりもずっと豊かな感受性で、悲しいこともつらいことも受け取ってしまう若さだからこそ肥大していく恋心は、きっと思春期特有のものかもしれない。 聴いているこちらが面映くなるような真っ直ぐな想いが、このフレーズには込められている。 そんな花に似てる、と感じさせる「君」は、どんな人なのだろう。 バラのような華やかさでも、スイトピーのような可憐さでも、ヒマワリほどの明るさでもない。 そんな人物を想い浮かべてみる。 小さな花びらが身を寄せ合うようにして咲く、その形が麦わら帽子に似ているだけでなく、マリーゴールドの花が持つ意味も含めて考えてみると、「君」の姿が見えて来るかもしれない。 麦わら帽子に似た色を持つ、黄色のマリーゴールド。 マリーゴールド全体が持つ意味以外に、黄色のマリーゴールドには『健康』という意味がある。 その意味で、黄色いマリーゴールドは敬老の日の贈り物などに重宝される花でもある。 『健康』という意味を持つ花によく似た「君」。 健康的な肌で、健康的に笑う「君」。 それは、青春真っ只中の二人が年相応に恋をしている、そんな姿を想像させる。 そして、季節がすぎても「君」をずっと覚えていることが、この歌詞から分かる。 そんなマリーゴールドの開花時期と重なるこの曲の描写は、夏の終わりを思わせる。 夏に出会った「君」と肌を寄せ合って季節を超えたい。 名前をつけて忘れないように、日々を大切にしたい。 そんな想いが描かれている。 『マリーゴールド』という曲には、一夏の刹那の恋の、その先は描かれていないのだ。 ノスタルジックな曲調とともに紡がれる歌詞からは、マリーゴールドの花が持つ「変わらぬ愛情」という意味を思い出させる。 MVでは、オレンジ色のシャツを着たあいみょんが、雨に打たれながら歌う姿が映されている。 その姿は、街に降る冷たい雨とは対照的に、太陽のように明るく見えるだろう。 オレンジ色のマリーゴールドは、別名「太陽の花嫁」と言われている。 その由来は、オレンジ色のマリーゴールドが聖母マリアの祝日に咲いたことにあり、オレンジ色のマリーゴルドはとても神聖な花とされている。 「太陽の花嫁」によく似た「君」が泣かないように、雲のような優しさで抱きしめる。 太陽と雲は、決して触れ合えない距離にあるけれど、こうして愛を伝えることができるのだという「深い愛情」を感じることができるだろう。 『マリーゴールド』という曲は、今は誰もが知っている夏のアンセムとなった。 そんな名曲が名曲たる所以は、ただ甘酸っぱい恋心を描いただけでは証明できないだろう。 この曲は、近くで触れ合えた恋と、その先にある「触れられない君を愛する」という時間の経過を感じさせることで、一曲の中で濃密なノスタルジーを描くことにあるように思う。 面映くなるほど真っ直ぐな愛を繰り返し伝えている『マリーゴールド』が、何度も「離れない」「離さない」という言葉を選んでいるのは、遠くにいる「君」に、この想いを確実に届けるためだと思いを馳せると、その切なさが胸に染み渡る。 音楽コラムを書きながら、時々小説やエッセイを書いています。

次の

マリーゴールド/あいみょん》歌詞の意味を徹底解釈!花言葉に隠された情緒的な恋の背景とは?

あいみょん - マリーゴールド 歌詞

マリーゴールドの歌詞の意味 では、早速 「マリーゴールド」の歌詞の意味を考察していきたいと思います。 (マリーゴールドについて他の記事もどうぞ!) 歌詞は、でご確認下さい。 あいみょんさんは、 「マリーゴールド」について次のようにおっしゃってます。 amp この点をを踏まえながら考察していきたいと思います。 考察のポイントとして、 隠喩表現と、 あの頃の恋と現在の恋の混在があげられるのではないでしょうか。 隠喩表現 まず、 歌詞の人気の秘密には隠喩にあるのでは?ということで、隠喩表現が使われている歌詞を見てみましょう。 まず、「心を揺さぶりすぎて」。 風が心を揺さぶることはないので、隠喩ですよね。 心が揺さぶられるほど風が強かったということでしょう。 風が強すぎて心が揺さぶられるような何かがあったのでは? この歌詞は、 男性目線で書かれていますよね。 「君」と麦わら帽子をかぶっている子を「マリーゴールド」に例えているところからもそう読み取れます。 あいみょんさんも、 ほんとに偶然、最初のサビの歌詞がひらめいて、そっから物語を作っていった感じですね。 amp とおっしゃってますから、男性目線であることがわかりますよね。 話を戻して、男性目線から見て、風が強すぎて何があったのでしょうか? サラサラのロングヘアがなびいているのを見てドキッとした姿を勝手にイメージしましたw それまで意識していなかったけど、恋に落ちた瞬間だったのではないかと。 次に、「でんぐり返しの日々」。 幸せだった日々が一変したことを表しているのかなと思いました。 ずっと先の歌詞を見ていくと、「もう離れないで」や「遥か遠い場所にいても」と出てきます。 そこから、離れなくてはならない出来事が起こったことを指しているのかな?と思いました。 私の中では、勝手に幼なじみの二人をイメージしてしまっていて、男の子が引っ越ししなくてはいけなくなったという設定でいかせてもらいますw そして、「希望の光」は、好きな女の子のこと、「目の前でずっと輝いている」は、好きな女の子が目の前で笑っていることを指しているのではないでしょうか。 好きな女の子の笑顔を見ているだけで幸せだなということなのかなと。 そして、「絶望は見えない」。 絶望は形があるものではないので、この表現も隠喩でしょう。 二人が離れている間に、さみしいとか会いたいとか言いたい気持ちがたくさんあったけど言えなかったのでは。 でも、そんな中でも二人が別れることは考えられなかった、絆みたいなものを感じていたということを表しているのかなと感じました。 そして、「雲がまだ2人の影を残すから」。 ここがちょっとイメージが難しいのですが、まだ日が暮れてなくて、地面に2人の影が映っている状態を表しているのかなと。 いつまでもこのまま2人でいたいという強い思いを表した描写なのかなと思いました。 人によっていろいろ解釈は変わると思いますし、こういうことなのかなと想像するのも楽しくないですか。 こんなにたくさん隠喩で表現されていると思うと、あいみょんさんてすごいなと改めて感じます。 あの頃の恋と現在の恋の混在 次に、この歌詞には、 あの頃の恋の描写と、現在の恋の描写が混在していて、 そこがうまく合わさっているなと感じるので、見ていきたいと思います。 まず、「風の強さがちょっと」から「揺れたマリーゴールドに似てる」までは、「見つめた」と出てくるし、あの頃の恋の描写ですよね。 あの頃の恋は、空がまだ青い夏のことで、現在懐かしいねと笑いあっているのでしょう。 「笑えた」と出てきますが、あの頃の恋を現在は笑えるようになったということで過去系なのかなと。 もう離れないでと抱きしめている部分は現在ですかね。 そして、「本当の気持ち全部」から始まる2番も離れている現在のことでしょう。 あとは繰り返しですが、最後の「離さない」「ああ いつまでも」の部分も現在ですよね。 こうやって見ていくと、 恋をした瞬間を振り返って、幸せだったけど離れることになって、離れていてもずっと一緒だよと確かめあっているというように考察できるかなと思いました。 初めてこの曲をじっくり考察してみましたが、単純なことを歌っているようなんですが、なかなか奥が深い曲ですね。 まとめ いかがでしたか? 「あいみょん|マリーゴールド歌詞の意味!人気の秘密は隠喩にある?」と題して考察してきました。 歌詞を考察するにあたって、まず 人気の秘密は隠喩にあるのでは?と考え、隠喩が使われている表現を確認してみると、たくさんありましたよね。 また、 あの頃の恋と現在の恋が混在してうまく描かれているところもみてきました。 恋をした瞬間を振り返って、幸せだったけど離れることになって、離れていてもずっと一緒だよと確かめあっているという二人の姿が描かれていると考察できるのではと思います。 単純なことを歌っているようで、なかなか奥が深いなと感じました。 最後までお読み頂きありがとうございました。 (こちらもどうぞ!).

次の