ウェイパー ラーメン スープ。 【タモリも絶賛】 味覇(ウェイパァー)で作る!激ウマ★ラーメンスープのまとめ!

味覇(ウェイパー)を入れると本格中華の味になるって本当? 試してみた!|pictoria|note

ウェイパー ラーメン スープ

本日は 岡本製麺株式会社が製造を行うインスタントラーメンについてのレビューを行います。 こちらはあの大人気の中華調味料 「味覇(ウェイパー)」を使用したラーメンです。 ネット上などでもウェイパーを使用したオリジナルのラーメンレシピは多数存在・公開はされておりますが、同商品の販売元である廣記商行が監修を行う公式商品は本製品のみです。 まず最初に結論として、実際に本製品を食べてみた感想としては、味覇の味わいがしっかりと感じられるうまいインスタントラーメンだと思いました。 スープや作り方、カロリー、味などの詳細は下記に記しますのでよろしくお願いいたします。 7g 脂質 4. 2g 炭水化物 53. 4g 食塩相当量 6. E)) 味覇とは 味覇とは株式会社廣記商行が製造を行う本格中華調味料です。 円柱状の缶の中にペースト状で収められている物から始まり、現在ではより使い勝手の良い チューブタイプも販売されています。 使い方も簡単で、本製品を目的の料理に入れるだけで本格的に味わいを楽しむことが可能となります。 その使用用途は様々でチャーハンからスープ、野菜炒めに鍋、八宝菜、唐揚げなどなど多岐にわたります。 液状にアレンジした「味覇」で仕上げるスープと、ノンフライ生めん風味のしっかりとしたコシのある麺を合わせることで、スープが麺にしっかりからむクセになる美味しさのラーメンを実現しました。 軽くかきまぜ、器に移します。 味覇おじさんについて 本製品のパッケージ表にはあのお馴染みのキャラクター 「味覇おじさん」が笑顔でこちらを見ています。 某国の元総書記の様にも見える味覇おじさんではありますが、こちらの人物はウェイパーの販売元である廣記商行の創業者「鮑日明(パオルーミン)」さんをイメージしたイラストという事です。 私自身、同製品にはこれまでに何度もお世話になってきた身ではありますが、味覇おじさんの正体については今回の記事を書く中で初めてしりました。 味覇ラーメンの見た目について 味覇ラーメンのパッケージは正に味覇そのものといった感じです。 岡本製麺が販売を行っているという事なのでコラボ商品という感じなのでしょうか? パッケージを開封すると中には ノンフライのストレート麺が2束と銀色の袋に入ったスープが2包入っています。 スープの色はあまり濃くはありません。 透明感のある色味で 塩ラーメンの様な見た目をしています。 味を確かめます 麺はコシがありうまいです。 つるつるとしていながらもシコシコとした食感はノンフライ麺ならではの食感です。 スープには様々な素材のうまみが溶け出しており、非常に複雑な味わいを実現しています。 味覇ラーメンのスープは、 最初の内は若干薄味な気もしますが、食べ進めていくごとに徐々にしっかりと味わいが感じられる様になっていくという絶妙な塩梅の塩加減になっていました。 味覇ラーメンの点数や全体的な満足感、リピートについて こちらの商品に点数をつけるのであれば 100点満点中の76点です。 普通にうまいラーメンなので、また近場で見かけた際にはリピート買いをしても良いと思いました。 「味覇拉麺(ウェイパーラーメン)のスープの味やレシピについて 岡本製麺」の総評 本日は岡本製麺が製造を行う 味覇拉麺(ウェイパーラーメン)についてのレビューを行いました。 実査に食べてみた感想としては、 スープ、麺共にしっかりとしたクオリティが感じられる優れた商品だと思います。 ただし本製品のみでは若干の味気無さもあり完成前感も否めません。 実際にこちらのインスタントラーメンをいただく際には、ご自身でトッピングを行うなどのアレンジを行い、更にワンランク上の仕上がりを目指してみても面白いと思います。 今後もインスタントラーメンやその他食品についてのレビューを行ってまいりますのでよろしくお願いします。

次の

廣記商行監修「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」岡本製麺(徳島県)「味覇(ウェイパー)スープがクセになる美味しさ!ノンフライ生めんも旨い!」実食レビュー

ウェイパー ラーメン スープ

本日は 岡本製麺株式会社が製造を行うインスタントラーメンについてのレビューを行います。 こちらはあの大人気の中華調味料 「味覇(ウェイパー)」を使用したラーメンです。 ネット上などでもウェイパーを使用したオリジナルのラーメンレシピは多数存在・公開はされておりますが、同商品の販売元である廣記商行が監修を行う公式商品は本製品のみです。 まず最初に結論として、実際に本製品を食べてみた感想としては、味覇の味わいがしっかりと感じられるうまいインスタントラーメンだと思いました。 スープや作り方、カロリー、味などの詳細は下記に記しますのでよろしくお願いいたします。 7g 脂質 4. 2g 炭水化物 53. 4g 食塩相当量 6. E)) 味覇とは 味覇とは株式会社廣記商行が製造を行う本格中華調味料です。 円柱状の缶の中にペースト状で収められている物から始まり、現在ではより使い勝手の良い チューブタイプも販売されています。 使い方も簡単で、本製品を目的の料理に入れるだけで本格的に味わいを楽しむことが可能となります。 その使用用途は様々でチャーハンからスープ、野菜炒めに鍋、八宝菜、唐揚げなどなど多岐にわたります。 液状にアレンジした「味覇」で仕上げるスープと、ノンフライ生めん風味のしっかりとしたコシのある麺を合わせることで、スープが麺にしっかりからむクセになる美味しさのラーメンを実現しました。 軽くかきまぜ、器に移します。 味覇おじさんについて 本製品のパッケージ表にはあのお馴染みのキャラクター 「味覇おじさん」が笑顔でこちらを見ています。 某国の元総書記の様にも見える味覇おじさんではありますが、こちらの人物はウェイパーの販売元である廣記商行の創業者「鮑日明(パオルーミン)」さんをイメージしたイラストという事です。 私自身、同製品にはこれまでに何度もお世話になってきた身ではありますが、味覇おじさんの正体については今回の記事を書く中で初めてしりました。 味覇ラーメンの見た目について 味覇ラーメンのパッケージは正に味覇そのものといった感じです。 岡本製麺が販売を行っているという事なのでコラボ商品という感じなのでしょうか? パッケージを開封すると中には ノンフライのストレート麺が2束と銀色の袋に入ったスープが2包入っています。 スープの色はあまり濃くはありません。 透明感のある色味で 塩ラーメンの様な見た目をしています。 味を確かめます 麺はコシがありうまいです。 つるつるとしていながらもシコシコとした食感はノンフライ麺ならではの食感です。 スープには様々な素材のうまみが溶け出しており、非常に複雑な味わいを実現しています。 味覇ラーメンのスープは、 最初の内は若干薄味な気もしますが、食べ進めていくごとに徐々にしっかりと味わいが感じられる様になっていくという絶妙な塩梅の塩加減になっていました。 味覇ラーメンの点数や全体的な満足感、リピートについて こちらの商品に点数をつけるのであれば 100点満点中の76点です。 普通にうまいラーメンなので、また近場で見かけた際にはリピート買いをしても良いと思いました。 「味覇拉麺(ウェイパーラーメン)のスープの味やレシピについて 岡本製麺」の総評 本日は岡本製麺が製造を行う 味覇拉麺(ウェイパーラーメン)についてのレビューを行いました。 実査に食べてみた感想としては、 スープ、麺共にしっかりとしたクオリティが感じられる優れた商品だと思います。 ただし本製品のみでは若干の味気無さもあり完成前感も否めません。 実際にこちらのインスタントラーメンをいただく際には、ご自身でトッピングを行うなどのアレンジを行い、更にワンランク上の仕上がりを目指してみても面白いと思います。 今後もインスタントラーメンやその他食品についてのレビューを行ってまいりますのでよろしくお願いします。

次の

味覇(ウェイパー)を入れると本格中華の味になるって本当? 試してみた!|pictoria|note

ウェイパー ラーメン スープ

もし買いに行ったけど、売り切れだった時は、こちらでも良さそうです! 味覇の味はというと、そのまま少し味見してみると、鶏がらスープの風味でしょっぱ!って思いました。 そのままでは、美味しくなかったです 笑 味覇のチューブのは、柔らかいペーストかと思ってたら、思いの他固い印象でした。 ラーメンの他にも、チャーハン、中華スープを作っても美味しいらしいのですが、そういえば、昔にバイト先の店長が「チャーハンにある調味料を入れたら美味しくなるらしいよ!」と言ってきて、「どの調味料?」と聞いたら、「何やっけな〜 忘れたわ 笑!」と言っていたのを思い出したのですが、これ絶対味覇の事だわ。 と思いました。 味覇で醤油ラーメン 醤油ラーメン 味覇で検索して、簡単そうなレシピで作って見ました。 スープの材料は、味覇、醤油、ごま油、酢、水、塩胡椒。 具材は、冷蔵庫にあった豚バラ肉を醤油、砂糖、酒、中華だしで味付けして焼いたのと、ねぎと、半熟卵、海苔。 卵はいい感じの半熟に。 半熟卵は、沸騰して卵入れて6分が良いとレシピにあったのですが、私は7分が今のとこいい感じです。 7分たったら、すぐ氷水に。 これすると半熟でもキレイにカラが剥けました。 中華麺も数分茹でるだけなので、作るのにそんなに時間はかからないですね。 鍋が大きいのがなかったので、吹きこぼれには注意。 お湯を切った麺にスープをかけ、具材をのせます。 出来た! いただきます!! ん!めっちゃ上手い! これお店で出ててもいけるレベル?とか自画自賛しちゃいます 笑 確かに、本格的っぽい味になりました! これなら、「外食まだしにくいな〜、けどインスタントじゃないラーメン食べたいっ」て人には、ちょうど良いかも! おうちで簡単に作れて、美味しいし! 夜遅く帰ってきて、ラーメン食べたかったけど、お店終わってたし。。 みたいな時にも、良さそうですね! 味覇でチャーハン いつもの作り方で、中華だしを味覇にして作ってみました。 卵と、ベーコン、ねぎのシンプルなチャーハンです。 味覇を冷蔵庫に入れてたら、押してもなかなか出てこなくペーストが固くなってしまったのですが、常温保存でした。。 お皿に盛り付けて.. 落ち着いてるというか。。 安定してる味? たくさん入れたわけではないのですが、安定したチャーハンに 笑 後で気付いたのですが、パッケージの裏を見ると、チャーハンはこんなに長く 8cm 入れるみたいです。 今回は5cmぐらいだったかも。 普通に美味しかったのですが、今回は味覇を先に入れたのですが、どのタイミングが一番いいのでしょうね〜。 また、色々試行錯誤してみたいです! 味覇で塩ラーメン 中華麺がもう1つあったので、今度は塩ラーメンも作ってみる事にしました。 こちらもシンプルに、スープは味覇、塩、ごま油。 具材は冷蔵庫にあった、ベーコンとねぎ、半熟卵、海苔。 完成! いただきます! あっさり! ちょっとスープの材料がシンプルすぎてか、もの足りなかったのですが、まぁまぁと言ったところ。 醤油ラーメンのようにうまーっ!!とはならなかったですが、もうちょい工夫で本格的な感じに出来そうな予感かな〜。 感想 味覇で使った醤油ラーメンがとっても美味しく出来たので、とりあえず醤油ラーメンは本格的な味になりました、チャーハンもいつもより美味しく出来ましたね。 塩麻婆豆腐も作ったのですが、こちらはちょっとしょっぱくなってしまい、元々、味覇がしょっぱいので、塩系の料理は塩加減に気を付けるのと、味覇と中華だしを半々にするのがいいかも? まだ、全然ウェイパー使いではないので、ちょいちょい中華料理に取り入れて、他にも試してみたいですね。 See you〜🐣.

次の