デス パレード アニメ。 デス・パレード(テレビアニメ)

デス・パレード 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

デス パレード アニメ

概要 次世代を担うの育成等を的ににが始めた「」の1作品、『・』が元になっている。 の中で続編が放送されるのは『デス・パレード』が初となる。 のデキムが、「デキム」に招かれた二人に命を懸けたを薦める展開は共通。 ただしデス・パレードになったことで(特にデキドの)登場人物が増え、 より観が深く描かれることとなった。 は 「死してなお、今を」どういう意味なのかは想像にお任せする。 ストーリー 「いらっしゃいませ、デキムへようこそ」 何も知らない二人の客を迎えたのは、 不思議な『デキム』との『デキム』 「お二人にはこれより、命を懸けてをしていただきます」 彼の口からられるへの誘い。 やがて剥き出しになる客達の本性。 の果てに待ち受けるものは…? (より抜、及び一部訂) ルール• このがどこか、は客に答えられない• では客2人が争う形でをする• の種類はで決められる• は命を懸けてなう• が終わるまで客はから出ることができない• 以下同様)にいるの。 に誇りを持っており訪れる客への敬意を忘れない。 と面だけが取り柄では作り。 このを初めてから5年ほどとのこと。 の女(: ) 自身の名前もせない。 覚めて最初に出会ったナに促されるままデキムの手伝いをする。 前足にを巻いたのミー : と一緒にをしている。 フはのような内装でを大量に飾り大切にしている。 OPではを披露している。 幼いの姿をしているが、豊富な知識と経験を兼ね備えた聡明な人物。 ヴィス(: ) ナ様専属係。 で想のいい右半面にを付けた。 の良い性格をしている。 (:) 元「デキム」の。 はそのを辞め部に異動している。 後任はデキム。 おしゃべりとが好きでナと仲がいい。 オクルス(:) 全フの監視者であり裁定を作り上げた「にもっとも近い男」。 立場としてはナよりも上。 (:) 頭蓋のような被り物をした整理係の。 でいつもをめている。 用語 裁定者 の魂を裁定し、「転生か」に送り出す者のこと。 裁定者はを訪れた客に死んでいることを気づかれないよう、やなどの命をかけたを強制し、その様子から裁定を下す。 裁定の基準はの勝敗よりも過程であり、裁定者は「部」から送られた死者の記憶をもとに、心理や感情を取らなければならない。 そのため、裁定者には経験と観察が必要とされる。 の本心や心の闇を見るため、意図的にを妨するなど、「極限状態」を作り出すように義務づけられている。 転生と 裁定を受けたの魂が向かう場所。 様々なによって裁定を下された死者たちは、2つのが並んだ客用のに乗せられ、転生かのどちらかに送られる。 その行き先は上部にある「い」と「の面」が表しており、死者の身体は魂が送られた後、ただのと化す。 転生すれば、また別の命となって現世に戻るが、は魂のに落とされる。 に落とされた魂は、あらゆる負の感情と意識だけを抱いたまま、間に落ちてゆくという。 より スタッフ• :譲/• ・:譲• ・:新一• 美術:悟• 撮:下裕• 設計:佳典• :住茂徳• 編集:• 1,2話が話の入りとして弱い印。 っ先に4話の方があったんじゃない? 8,9話は胸でもやもや回だったけど的に必要だからね。 良い結末で終われるとは限らないし、その死に納得のいく説明がもらえるとも限らない。 に「の」が含まれているし理解できなくても仕方ない話だよ。 極限まで理解しようとするのも的には正しいんだけどね。 を通じて個人のを引き出す設定は秀逸。 って下手な作品よりも個性が出るんだよね。 同時に対戦相手の事を理解しようとする。 だと清感が漂ってな雰囲気出せない。 573 ななしのよっしん.

次の

アニメ|デスパレードの動画を1話から無料で全話視聴する方法まとめ

デス パレード アニメ

扉が開いた先には、美しい女性が立っています。 彼女は「いらっしゃいませ」と言いました。 老人は女性に案内されるまま、先へと進んでいきます。 たどり着いた先は「クイーンデキム」というバーでした。 バーテンダーに促され、老人は席に座ります。 先に若者が客として座っていました。 老人がタバコを要求し、客の若者が「これでよければ」と差し出します。 バーテンダーが「どうやってここに来たか覚えていますか」と質問しました。 若者は会社から彼女の家に行ったとこまで、老人も縁側でビールを飲んでいたことしか覚えていません。 するとバーテンダーが状況の説明を始めます。 1つ、ここがどこかという問いには答えることができない、2つ、客にはゲームをしてもらう、3つ、ゲーム内容はルーレットで決めるというものでした。 そして4つ目は命を懸けてゲームを行うというものです。 老人と若者はどうしてそんなことをしなければならないんだと喚きます。 それに対しバーテンダーはゲームが終了するまではここから出られないと5つ目のルールを伝えました。

次の

デス・パレード : 作品情報

デス パレード アニメ

人間の魂を裁定し、「転生か虚無」に送り出す者のこと。 裁定者はBARを訪れた客に死んでいることを気づかれないよう、ダーツやビリヤードなどの命をかけたゲームを強制し、その様子から裁定を下す。 裁定の基準はゲームの勝敗よりも過程であり、 裁定者は「情報部」から送られた死者の記憶をもとに、心理や感情を読み取らなければならない。 そのため、裁定者には経験と観察力が必要とされる。 人間の本心や心の闇を見るため、意図的にゲームを妨害するなど、 「極限状態」を作り出すように義務づけられている。 裁定を受けた人間の魂が向かう場所。 様々なゲームによって裁定を下された死者たちは、2つのドアが並んだ 客用のエレベーターに乗せられ、転生か虚無のどちらかに送られる。 その行き先はエレベーター上部にある「白い能面」と「般若の面」が表しており、死者の身体は魂が送られた後、ただの人形と化す。 転生すれば、また別の命となって現世に戻るが、虚無は魂の墓場に落とされる。 虚無に落とされた魂は、あらゆる負の感情と意識だけを抱いたまま、何もない空間に永遠に落ちてゆくという。 《トーテム》にあるタワーのひとつを管理する、上級の裁定者を指す。 各タワーは90もの階層に分かれ、各階のフロアを1人の裁定者が任されており、彼らをまとめあげて管理する役目が、タワー担当である。 タワー担当は裁定者専用のエレベーターで各フロアを回り、他の裁定者を観察・指導している。 『ウィーギンティ』や『クイーンデキム』があるタワーの担当は ノーナであり、ギンティやデキムの直属の上司に当たる。 タワー担当は各フロアの裁定者を選び出し、教育する役目も担っている。 また、人員を各部署へ異動させるなど、人事権も有する。 死んだ人間の魂が最初に訪れる場所。 各タワーをつなぐ円柱通路の中心に位置する。 死者たちは国籍、性別、趣味、人間関係などの様々な項目で分類され、 裁定者の待つBARに送られる。 カストラをはじめとする整理係が、楽器のようなタグ鍵盤を猛スピードで操作し、死者の分類作業をおこなっている。 整理係は1時間に7000人以上の死者を分類するうえ、全世界の死者数を予測・管理しなければならないため、エネルギーの消費が激しく、常に忙殺されている。 死者の記憶を管理・編集する部署。 裁定を受ける死者たちが無くしている記憶は、 すべて情報部に送られている。 死者の記憶はバラバラになったガラスの破片のような形状をしており、 情報部がそれらを取捨選択して編集、不要と判断された記憶は袋にまとめて保存される。 編集された記憶は色とりどりのステンドグラス状になり、 転送装置を通して各フロアの裁定者に送られる。 転送される記憶は容量の問題もあり、死に関する出来事が多い。 作業は整理係と同様に多忙を極め、情報部に所属するクイーン曰く 「裁定者の方がマシ」とのこと。 黒髪の女の部屋に置かれていた、色鮮やかな絵本。 登場人物は、雪国に住む男の子・ジミーと、耳が聞こえない女の子・チャボ。 ある日、氷の上を走り回るチャボと出会ったジミーは、チャボの可愛らしい笑顔に恋をする。 すぐに仲良くなる2人だったが、ジミーは耳が聞こえないチャボに想いを伝えることができない。 そこでジミーは走ったり、転んだり、笑ったり、言葉以外の方法で、どうにか自分の気持ちを伝えようとするストーリー。 結末や作者は不明だが、現世の作品と思われる。

次の