消化 器官。 人体各消化器官分别消化什么物质_百度知道

消化系统包括哪些器官?它们的主要功能是什么?_百度知道

消化 器官

摘要:啮齿动物消化器官长度一直是研究啮齿动物差异的重要指标之一。 总结了消化道的组成部分以及各部分功能,阐述了消化器官测量方法,对消化器官长度与食性、能量需求和季节变化的关系进行了分析。 啮齿类动物是哺乳动物中种类最多的一个类群,其分化能力强,分布区域广泛,表现出其顽强的生命力。 造成这种情况最直接的原因就是其食物来源广泛、消化道发达。 消化道是动物获取能量的重要部位,在对所获取的食物进行加工吸收消化的过程中,起到非常重要的作用。 随着对啮齿动物消化器官研究的不断深入,对基础数据的处理尤为重要。 研究人员应了解啮齿动物消化道的组成、消化器官的功能,熟知消化器官解剖学原理以及方法。 笔者通过介绍消化器官组成及功能、消化道长度及重量的测量方法,通过对啮齿动物消化器官的相关性研究的整理,主要对消化器官与食性、能量需求和季节变化关系的研究进展进行了综述。 1消化道 1. 1消化道的组成及各部分的功能消化道由口腔 Oralcavity 、咽 Pharynx 、食管 Oesophagus 、胃 Stomach 、小肠 Small intestine 、盲肠 Caecum 及大肠 Large intestine 包括结肠和直肠 构成1-2 ,其起始部分为口腔 Oral cavity 由口唇、颊、腭、牙、舌和口腔腺组成。 当食物刺激口腔时,口腔内的腺体开始分泌唾液,经过咀嚼的食物与唾液相互混合,唾液润滑食道,使食物通过食道。 动物在进行摄食、搅拌、吞咽等动作时均是借助于舌头的活动才得以完成的,口腔内上腭的棱起部分在动物取食的过程中可以避免食物滑落。 咽部 Pharynx 类似漏斗状,韧性极好,位于口腔的后下方,向上和动物的口腔以及鼻腔相互交通,向下连接食管和气管。 呼吸道和消化道通过咽部交叉在一起,起到连接枢纽的作用。 食管 Oesophagus 在消化道内起到运送食物进入胃中的作用,同时还阻止动物在呼吸过程中空气被吸入和胃中的内容物倒流。 食管的位置处于气管的后面,其伸展机能发达。 食管作为细长的肌性管道,穿过膈肌让胸腔和腹腔相通,起始部位在胃小弯的中部。 不同啮齿动物类群的食管长度不同。 胃 Stomach 是储存、分泌和消化功能的囊状器官。 啮齿动物的胃属于单室胃,包括前胃部和腺胃部,将食管和十二指肠相连,观察外部形态可见明显的分界线,其组织结构包括最里层的粘膜和粘膜下层以及最外层的浆膜和中间的肌层个部分组成。 啮齿动物的胃收缩性强,是食物消化的主要场所,容积大,有的胃分为膜袋状胃和肌袋状胃。 小肠 Small intestine 在消化器官中的长度最长,起着非常重要的消化和吸收的作用,分为十二指肠、空肠、回肠3个部分,从外向内由浆膜、肌层、粘膜下层和粘膜层构成。 小肠中管径最粗的是空肠,其次是十二指肠 近头端较细 ,最细的是回肠段。 十二指肠管壁颜色为粉红色,其他段颜色较浅。 十二指肠与空肠交界处有一个明显的折曲作为标记,而空肠和回肠间界限不明显。 由于形态较小,在小肠长度测量时不区分这3个部分,只测量总长度。 大肠 Large intestine 包括盲肠、结肠和直肠,各类啮齿动物差异较大。 盲肠 Cecum 处于小肠和结肠之间,其形呈锥体状的大盲口,近端较粗,借回肠系膜与回肠后端相通,远端狭窄细长,借结肠系膜与结肠前端相通。 盲肠内由于经常充满内容物,使其肠壁变薄,透过较薄的肠壁能够清楚看到里面的内容物使盲肠呈现暗绿色。 盲肠虽然属于大肠的一部分,由于其机构的特殊性很容易分辨清楚并且在消化吸收过程中地位十分重要,因此在啮齿动物长度测量中经常单独记录比较。 结肠 Colon 分为近端的大结肠和远端小结肠,大结肠粗短,与盲肠相连;小结肠细长,下接直肠,呈暗红色,结肠由粗变细处有折曲,较难分离。 直肠 Rectum 内具肌肉形成的纵壁,肠径较小,肠壁较厚,消化过的内容物经小结肠进入直肠后,直肠开始蠕动收缩,将内容物排出体外。 因为直肠内有消化完全的内容物,所以很容易识别。 在啮齿动物长度测量中,将结肠和直肠合并测量为大肠的长度。 广义上的消化道包括以上这些部分,然而在真正消化吸收的过程中,起主要作用的是胃、小肠、盲肠和大肠这个部位,即狭义的消化道。 2消化道结构的重要性 消化道结构的不同导致动物获得能量和营养物质的效率不同。 Wunder2提出野生小型哺乳类动物的能量压力水平可以通过消化道的形态结构表现出来。 一般而言,动物消化器官的结构与机能是相适应的,同时结构机能又是与其食性相适应的。 因此,消化道形态结构在动物消化吸收过程中起着关键效用 1. 3啮齿动物的外部形态及消化道长度和重量测量方 法啮齿动物个体测量一般选择成年个体,外部形态测量包括体重、体长、后足长及耳长,去除内脏后还应测量胴体重消化道长度测量中1一般选择胃、小肠、大肠部分的盲肠和其余部分。 大肠其余部分因不同个体大小不同,其结肠和直肠部分分辨不清,故合并测量即可。 具体测量步骤如下:先将消化器官完全取出,剔除肠系膜及其他组织,平展胃、小肠、大肠及盲肠直至最大长度,不要拉伸,然后进行各部分长度测量。 使用分析天平称量各器官的重量。 2消化器官与食性的关系 消化道作为食物消化吸收的场所,具有很好的可塑性。 Perrin和 Curtis通过对比南非19种啮齿类动物消化道形态结构与食性的关系,从进化论的角度阐明因食性差异引发物种间消化器官的形态不同。 Schleck和Millar6研究了35种小型哺乳动物的消化器官与食性的关系,结果表明草食性动物的消化道总长度和重量明显大于杂食性和肉食性动物。 Komm7对南非热带草原15种啮齿动物和食虫类消化道长度进行比较,结果表明食性不同导致消化道长度的差异。 同时,杂食动物的肠道比食种子的动物更长。 在一定程度上,食虫目消化肠道总长度最短。 草食性是带有扩张性前胃的叶食性哺乳动物。 对小型哺乳类动物而言,果实、种子和根等是最丰富的食物类别,代表着主要的首选食物种类。 果实和根是碳水化合物的主要来源,大部分会被草食性动物所食。 节肢动物与种子与蛋白质消耗相关。 动物类别不作为首选,但是最终会被食种子者和食虫者所选择,并作为重要的蛋白质供应体。 研究表明,脂质消耗与小肠及盲肠的长度相关。 杂食性物种所属不同的食物类别,介于草食性和食虫者之间,即使那些不认为是首选的食物最终也都成为其营养供应重要的来源。 杜卫国等从研究不同生境下鼠科动物的食性变化中证实了Schleck和 Millar16的结论,同时还发现与消化道重量相比,消化道长度的种间差异性更加显著。 雍仲禹等 2通过调查黑线姬鼠 Apodemus agraius 的食性组成,发现啮齿动物的食性会随着在生境中可获得性资源的不同而有所改变。 消化道长度的变化与能量需求的关系 消化道是哺乳动物消化吸收的主要器官,也是机体与外界环境直接接触的器官,研究野生小型哺乳动物的消化道形态结构与能量需求的关系主要集中于消化道长度、重量和容积的变化等方面。 消化道长度的变化与能量需求关系密切,表现在动物适应能量消耗或食物质量等方面增加和降低。 Hansson21在比较欧洲棕背鼠平 Clethrionomys glareolus 消化道的变化中,发现摄食低能食物较多的动物具有较大的消化道。 鲍毅新等和杜卫国等的研究认为栖息于野外的社鼠 Ratsniviventer confucianus 有较大的消化道和较高的消化率,其消化器官 除小肠外 的长度和重量都比褐家鼠 Rattus nortecs 高,这是为了应对野外较差的食物条件。 小型哺乳动物在能量需求升高或食物质量下降的情况下,改变消化器官的形态来增加消化道容积,以此满足代谢需要。 Denting和No-kes2的试验表明某些啮齿动物由于食物质量和能量需求的变化而出现了消化道容积的变化。 Naya等研究表明高能量需求主要是由小肠水平的变化所导致的,而饮食中不可消化的内容物数量的变化引起胃肠的变化。 肠长度的变化可能与食物保存时间的减少有关 例如在食物稀释期间 ,而肠重量的变化似乎与较高的特定吸收率相关 例如高需求时期。 能量需求的特点 例如其相对强烈程度 不是简单的出现或消失,而是能够影响消化的灵活性。 因此,能量代谢与消化道形态结构变化之间相互影响。 Denting和 bogue对小型食草类动物肠道与能量需求关系的研究表明,消化道内能量的增长分阶段产生代偿性反应,首先通过增加摄食量来应对能量需求;然后提高肠道粘膜上的营养转运体的数量和转运效率,增加消化肠道组织的重量和吸收面积;最终引起消化器官 尤其是小肠及盲肠 的尺寸和重量增加。 但是,不是所有的能量需求都会引发消化道的变化。 徐金会等3研究表明哺乳期棕色田鼠 Mirotusmandarinus 的消化道器官并没有发生明显的长度变化,说明小型哺乳类动物在能量需求不是十分紧张的情况下没必要消耗过多的能量去增加自身消化器官的长度。 4消化道形态结构与季节变化的关系 在自然界,动物会在冬夏季表型交替变化的过程中调节自身机理以适应周围环境的季节性变化两。 随着季节的变化,小型哺乳类动物对生境的选择和偏好会有所差异。 不同季节消化道长度对季节性食物资源和能量需求的适应性存在差异。 因此,物种为适应季节性变化会引起消化形态上的种内变异国3,其作用机理为:不同种群消耗的植物中纤维及氮的含量有所不同,并且随着季节的变化而变化干燥季节食物纤维含量高,潮湿季节氮含量高。 在低温食物匮乏的情况下动物器官的形态和结构会发生变化。 其中,盲肠与纤维素发酵最密切相关的器官,明显比较大,其他器官也会因生殖状况及水需求量的不同发生变化。 研究野生小型哺乳类动物消化道形态结构发现其长度和重量随季节的变化而有所改变。 同时,对于不同的啮齿类动物,其变化情况不尽相同。 Gebcynska和 Gebezyniski-从根田鼠 Microtus oeconomus 的消化形态研究中发现夏季长度大于冬季,且春季长度最短。 Bozinovic等的研究表明在冬季具有较大的消化道。 Hammond对草原田鼠 Microtus ochrogaster 的研究表明,小肠和盲肠是变化最大的2个器官。 Denting和 Noakes[2? 比较白足鼠 Peromyscus leucopus 和草甸田鼠 Microtus pennsylvanicus 消化道形态的季节变化结果表明冬季长度和重量显著高于夏季。 季节性变化导致消化道结构不同程度的变化被认为是温度以及食物供应量不同作用的结果。 Gros等国在实验室中的试验表明较低温度和含纤维量高的食物二者同时作用时,啮齿动物消化道的总长度和干重会增加。 王德华等[3. 37]、杜卫国等[20. 26J]、李生等 1、汪晓琳等、张美文等[别、张志强等-、朱万龙等4、谢振丽等分别从不同的啮齿动物研究中证实了消化道形态结构存在季节性变化,在寒冷的季节食物匮乏会导致消化道长度和重量的增加,其中小肠和盲肠的增加量较多,这与上述结论相同。 5展望 综上所述,啮齿动物消化器官的研究不仅可以描述啮齿动物消化器官与环境之间的关系,同时了解各类啮齿动物消化道长度不同的变化原因,更有助于全面阐述啮齿动物消化器官的各类研究。 对于季节性变化导致小型哺乳类动物食性和能量需求的变化进而导致其消化道形态结构发生改变这个理论,国内外已对部分相关动物进行了大量的研究,但由于啮齿动物分布广泛,样本量大以及对啮齿动物消化道的代谢和生理生态学知识的不足,使啮齿动物消化道长度研究还存有很多的不足,很多荒漠半荒漠地区地域的啮齿动物因捕捉困难和数量稀少并未进行详细调查以及消化器官的变化分析。 因而,针对这些地区还应进行大量的研究工作,以期获得更多的数据支持。

次の

消化器官(しょうかきかん)とは

消化 器官

ヒトの消化器 消化器(しょうかき、: digestive organ, digestive apparatus)とは、多細胞、特ににおいて、を体内に摂取し、と、消化された食物からのの、不消化物の、およびそれらを行うための、といった働きを担う群の総称。 主要な器官は 消化管(しょうかかん、: alimentary canal, digestive tract)であり、これらの働きをコントロールする 消化腺(しょうかせん)また 付属腺(ふぞくせん)、やなどの 付属器(ふぞくき)も含まれる。 これらのをまとめたシステムを 消化器系(しょうかきけい、: digestive system)という器官系として扱う。 分類との関係 [ ] 動物は食物を摂取し、それを消化吸収することで生活している。 消化吸収の手法には生物の種類によって様々あり、体外で行うもの、体内に取り込んで行うもの、また体内でも内に取り込むものもある。 体内消化を行う動物には、腔所として消化器が分化しているものが多い。 それらは的には期に形成されるに起源を持つ、由来の器官であり、な構造である。 消化器は入り口()と出口()を結ぶ管状の構造で、途中にはその機能に応じて様々な分化が見られ、また付随する器官がある。 ただし、いくつかの例外がある。 、などには明確な消化器がなく、これらは消化器が分化する以前の動物の姿を残すものと考えられる。 やなどは消化器の出入り口が一つしかなく、袋状、または盲嚢で終わる消化器を持つ。 これらは、消化器の出入り口が未分化の状態と考えられ、消化のシステムも細胞内消化が主である。 他にもなどいくつかの群に肛門を欠く動物があるが、それらは二次的にしたものと考えられる。 また、などでは消化器そのものがないが、これらも祖先は持っていたものと考えられている。 以上の動物は、前方にある口で摂取・咀嚼・貯留を行い、体の軸に沿って続く消化器の途中で的消化がなされ、後方で栄養分の吸収と老廃物の排泄をする。 単純な生物ではこの連なりが的だが、高等生物では複雑に曲がりくねった構造を持ち 、動物の各群において消化器の様子や配置はその動物の体制の基本的特徴と見なされる。 機能 [ ] 脊椎動物の消化器系は分化が最も進み、大きく3つに分けられる。 消化管 - 食物を消化しながら運搬する管• 消化腺 - 消化管コントロールする様々な分泌物を合成、する腺• 付属器 - 消化を助ける様々な器官 消化管は、動物の体内に存在するが、そこには通常、食物の入口(口など)と出口(肛門など)がある。 食物は入口から取り込み(摂取)、管の内側を通る間に、消化され、必要な栄養素が管の壁を通して吸収された後、残ったものが便、糞などとして出口から排泄される。 この管の内側は、体の外側(外界)とつながっている。 このことから、消化管の内側は体内ではなく、体外であるということができる。 したがって、消化管の壁は、などと同様に、体の内側と外側を分ける境目の働きをも兼ね備える。 また、主に消化酵素などを含む分泌液を消化管内に放出する消化腺からは、消化管の内側に流れ込む管を通して分泌液が分泌されるが、これは体外へそれらを放出すると考えるので、外分泌腺として分類される。 消化器の一覧 [ ] 消化管とその付属物 [ ] 消化管の構造は動物ごとに異なっている。 例えば、や等の動物は分かれた胃(・・・)と長い腸を持っている。 口との分化は生活に適応したもので、には無くから見られるが、では顕著な分化状態に無い。 鳥類の胃はとに分かれる。 無脊椎動物一般では、当然ながらその消化器は多様であり、独自の構造を持つ。 しかし、一般的には腸の名を使うことが多い。 その他よく用いられる名としては口の直後を食道、あるいはそれが筋肉質であれば咽頭、また肛門直前を直腸と呼ぶ例が多い。 消化腺 [ ] 消化腺は、脊椎動物が共通して持つ独立消化腺であると、それと消化管にある腺の2種類に大別できる。 口腔には爬虫類の場合は、哺乳類の場合は(・・・・)などがあり、を含むなどを分泌する。 胃にある・・があり、胃底腺からはやが分泌される。 小腸にはとがある。 (肝膵臓)は節足動物で肝臓と膵臓の機能をあわせ持つ、いわゆる蟹味噌()等がこれに当たる。 ヒトの消化器 [ ] 壁 [ ] ヒトの消化器は、基本的に3層の構造でつくられる壁を持つ。 最も内側は粘液性の分泌物で湿った柔らかい粘膜であり、これも上皮・固有層・筋板に分けられる。 粘膜上皮は、口腔や食道および肛門など通過物の圧迫などが強い場所では上皮は重層扁平型となり、胃腸など分泌と吸収を行う場所では単層の円柱構造を取る。 粘膜固有層と粘膜下組織は細い膠原繊維が緻密に折り重なりつつ結合している。 この繊維性の層の間には通常粘膜筋板があるが、口腔など一部の場所には無い。 粘膜では様々な分泌が行われるための部位がある。 上皮には粘液分泌を行う杯細胞があり、胃腸の腺は固有層、食道や十二指腸の腺は下組織にある。 消化管に開放部分がある例は口腔の唾液腺や十二指腸の肝臓や膵臓と繋がる腺などである。 固有層にはやが走り、特にリンパ管は小節(孤立リンパ小節・集合リンパ小節)を形成発達させる。 粘膜の下には筋層がある。 口腔や食道では、食道から下はである。 食道以下の部分では、筋層は内側で繊維の輪走があり(輪走筋)、外側は縦走する(縦走筋)。 これら筋肉部分は2層の間にあるアウエルバッハの神経叢(筋層間神経叢)の調整を受けながら、蠕動運動や分節運動などを行う。 腹腔内で動く空腸や回腸は、漿膜という表面が常に濡れて滑らかな単層扁平の外皮を持つ。 漿膜を持たない食道などは疎性の結合組織である外膜に覆われている。 口腔部 [ ] の入り口である口裂は、内部に口輪筋を持ち皮膚組織から粘膜へと移行する、メラニン色素が少ないため血管の血液が透けて赤く見える(上唇と下唇)でつくられる。 上顎・下顎双方には付属物の があり、根元は粘膜と結合組織からなる歯肉に覆われ、露出している部分は硬いの層を持つ歯冠がある。 歯の形は四角形や鑿状、またはのような円錐状があり、成人のは上下16本ずつの計32本ある。 口裂の奥にはという空間がある。 喉頭へ繋がる最奥部にはがあり、横紋筋を収縮させて食物が鼻腔に入らないようにしている。 口腔の底には横紋筋でできた付属物の があり、その表面は粘膜で覆われ、感覚器であるなどを含む無数の乳頭組織がある。 舌は咀嚼や嚥下の手助けの他にも味覚や発声にも役割を持つ。 口腔には3つの大きながある。 最大のものは耳下腺で、低粘度の唾液を分泌する。 顎下腺と舌下腺はどちらも漿液と粘液が混合した唾液を分泌する。 咽頭部 [ ] は消化器と両方の役目を持つ器官であり、部位によって鼻部・口部・咽頭部に分けられる。 物を飲み込む際、口腔部の口蓋垂と舌根が動いて還流を防ぎつつ、連動して喉頭軟骨が持ち上がって喉頭蓋が気管への入り口を閉じる。 さらに壁部の咽頭筋に収縮が起こり、食物を食道へと運ぶ。 そして嚥下が終わると各器官は元に戻りを可能とする。 この一連の動きは嚥下反射と呼ばれ、ほぼ瞬時に行われる。 食道 [ ] 咽頭に続く食道は長さ約25cm、第6顎椎部から脊柱と気管の間を通り、の後面を下り、横隔膜を食道裂孔で貫通して胃に繋がる。 食物の通過に応じて拡張し、筋肉部が動いて胃に向けて送り出すため、寝転がっていても輸送ができる。 胃 [ ] 消化器の中で最も拡張した部分であり、容量1-1. 5になる胃は、食物を3 - 6時間貯め込み、による消化活動を行う器官である。 袋状を構成する中央部分はと呼ばれ、左に湾曲するC字型である。 C字の外側を、内側をという食道との接続部は、上部のドーム型部分はと言う。 下部でと繋がる開口部は、その手前を幽門前庭という。 胃の壁は、外側は腹膜で覆われ、前後の縫合部のうち小彎部から後側の膜はさらに伸びる小網をつくり肝臓に達する。 大彎側の合からも大網となって下がり、を吊り下げ、さらに伸びて腹壁と接続する。 内側は粘膜で、基本的には縦方向ながら互いに絡み合う襞がある。 粘膜表面には小さなくぼみが多数あり、これは胃液が排出される胃小窩である。 この奥には胃液を分泌する腺があり、胃の大部分に分布すると幽門だけにあるの2種類に分けられる。 胃底腺は・・粘液を分泌する細胞をそれぞれ持ち、幽門腺はのを分泌するのみがある。 胃の動きを制御する筋肉は平滑筋の層で、輪送筋・縦走筋・斜走筋の3種類がある。 幽門部には輪走筋が発達し幽門括約筋を形成している。 小腸 [ ] 小腸は全長6m、太さ3 - 4cmの管路だが、生体内では収縮し長さは3mほどに縮まっている。 主に栄養分の吸収を行う部位であり、そのために必要な内面積を確保するためにヒダや構造を持つ。 ・・の3部位に分けられる 大腸 [ ] 肝臓・胆嚢・膵臓 [ ] 腹膜 [ ] 消化管 - - - - ・(、、) - (、、(上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸)、) - 付属物 、 、、、など 数値 [ ] 主な動物の体長に対する消化管の長さ [ ] 数値は、長さはBertelsmann 1979, Buddenbrock 1956, Haltenorth 1997, Krumbiegel 1953, Meyer 1964, Niethammer 1979 から。 比率は Bauer et al. 1974, Bertelsmann 1979, Buddenbrock 1956, Haltenorth 1997, Krumbiegel 1953, Hesse and Dolfiein 1935, Lexikon der Biologie 1964, Niethammer 1979, Ziswiler 1976から。 一般に、草食動物の消化管は長く、肉食動物は短い。 また、体長が小さな動物ほど比率は高くなるが、例外のはやなども捕食するためと考えられる。 動物 消化管の長さ m 体長に対する消化管の長さ比率(倍) 288. 0 16. 0 - 24. 0 120. 0 4. 5 51. 0 22. 0 - 29. 0 42. 0 12. 0 32. 0 27. 0() 31. 0 27. 0 30. 0 12. 0 22. 0 14. 0 - 15. 0 19. 0() 7. 0 17. 0 8. 0 12. 0 11. 0 6. 9 3. 9 6. 0-8. 0 7. 5 5. 6 10. 0 5. 0 5. 0 - 6. 0 2. 1 3. 0 - 4. 0 1. 8 1. 8 1. 7 6. 6 1. 2 8. 0 - 11. 0 0. 9 5. 0 0. 5 8. 0 0. 26 3. 0 0. 25 1. 9 脚注 [ ] [].

次の

消化_360百科

消化 器官

胃蛋白酶,除存在于的胃液中外,在中也具有同样性质的蛋白酶。 但其性状许多还不明了。 ,存在于高等动物的中。 在低等动物(甲壳类、腹足类等)的胃液中,也以活性状态存在。 但是否与高等动物的相同还不清楚。 糜蛋白酶,含于高等动物的中,存在于高等动物的肠液中,除作用于蛋白质的中间分解产物以外,在低等动物的和的中作为胃液而分泌,另外也作为中肠腺细胞内的消化酶而存在。 除存在于高等动物的胰液外,在低等动物的中肠腺中以活化形态存在。 氨酞基脯氨酸(二肽)酶、脯氨酞氨基酸()、二肽酶、亮氨酰肽酶存在于的肠液中。 鱼精蛋白酶存在于高等动物的胰液中,是存在于肠液中的特殊的消化酶。 (rennin,粗制凝乳酶)存在于高等动物的胃液中。 ,是由高等动物的上皮分泌的。 通常认为存在于高等动物的胃液中,也存在于低等动物的中肠睬等中,原来由于是内的分解酶,所以不直接参与消化作用。 ()存在于高等动物的肠液及低等动物的消化液中。 ,广泛存在于高等动物的唾液、胰液和低等动物的消化液中。 高等动物唾液中的淀粉酶,特称为。 纤维素酶存在于低等动物的消化液中,的唾液中,凿船贝的中肠细胞()、某种木材穿孔昆虫幼虫的肠液及其他部位,此外,在高等动物(也包括某种低等动物)消化道内的寄生生物(细菌、等)也有分泌。 木质素酶和存在于蜗牛的中肠腺分泌液(胃液)中。 (inulase)存在于蜗牛的中肠分泌液以及的消化盲囊的细胞内(细胞内消化)。 ,存在于羊、等的肠液以至蜗牛属(Cellana)鲍鱼等的中肠腺中,前者是否是出于寄生细菌尚不清楚,后者是否直接参与细胞内消化也不明了。 存在于食昆布科植物的 Calotomusjaponicus、鲍鱼、等的消化液中。 人体的消化功能依靠胃肠运动的和消化酶作用的来完成。 消化液中含有大量消化酶,可促进食物中糖、脂肪、蛋白质的。 由物质变为物质,以便被人体吸收利用。 葡萄糖、甘油、甘油-酯、等都是可溶解的小分子物质,可被小肠吸收。 临床中,消化酶不足引起广泛的症候群,如胃肠胀气、胃饱胀、恶心、腹痛 、腹泻、厌食等症状,影响营养物质的消化和吸收,造成低蛋白血症、脂肪性腹泻、脂溶性维生素缺乏、等。 致消化酶缺乏的主要病因常见于:慢性炎,胆石症,,肝功能减退,,慢性胃肠疾病,胰腺切除术后,胃、胆切除术后,放疗或化疗副反应,老年性消化机能减退,长期饮酒。 消化不良的症状形成的机制非常复杂,而消化酶分泌不足或功能下降是消化不良症状产生的重要原因。

次の