オフセット オン デマンド 違い。 オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い。インクジェット印刷の活用。 3種類の印刷方法を使い分けて納期短縮&コストダウン!

オフセット本とオンデマンド本の見分けについてお聞きします。

オフセット オン デマンド 違い

ざっくり過ぎて、わからないよっ まず、オフセット印刷は 「版」を作成します。 この「版」から 転写ローラーの「ブランケット」へ転写させて 「印刷用紙」に転写する印刷方式を オフセット印刷と言います。 なぜ直接「版」から「印刷用紙」へ転写しないのかと言いますと、 「版」の磨耗・消耗を防ぐ役割があります。 「ブランケット」をはさむことにより 「版」の品質を維持することができるのです。 オフセット印刷の特徴としてあげられるのは、 やはり品質面ではないでしょうか。 高解像度の版を使用すると文字のエッジは綺麗で、 写真の色彩はとても鮮やかに仕上がります。 ただ、「版」を作ることによるコスト(価格)と スピード(納期)がオンデマンド印刷よりかかってしまいます。 ちょこっと印刷。 必要最小限って事ねっ! こちらは 「版」を作らずに、1枚からでも対応できる印刷です。 オンデマンド(On demand)を英和すると 「必要に応じて」「要求があり次第」と出ます。 つまり、必要最小ロット1枚からでも印刷ができるということになります。 印刷方式としては「インクジェット方式」や「レーザー方式」があります。 一般家庭にある インクジェットプリンタや事務などで使われる カラーレーザープリンタはオンデマンド印刷になります。 オンデマンドはテカると言われている原因はレーザープリンタのトナーが テカるため、そう言われておりますが、 インクジェットプリンタならテカらないので、 「オンデマンドプリント=テカる」と言うのは間違いです。 こちらは「版」を作る必要がないのでコストとスピードに優れており、 印刷業者に頼めば即日仕上げ・発送なんかも対応してもらえたりします。 ただ、こちらはクオリティー面でインクジェットプリンタは インクの量が多いと滲んだり印刷用紙が波打ったりします。 フォト紙などに印刷すればこの問題は回避できます。 レーザープリンタは色の再現性が低い点があります。

次の

オフセット本とオンデマンド本の見分けについてお聞きします。

オフセット オン デマンド 違い

同人誌を印刷する際、オンデマンド印刷かオフセット印刷か、迷われるのはないでしょうか。 どちらも代表的な印刷方法ですが、その特徴や仕組みには大きな違いがあります。 それぞれの印刷方法について理解したうえで、状況に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。 オンデマンド印刷とオフセット印刷のそれぞれの印刷方法の特徴を紹介し、目的や状況に合わせてどちらの印刷方法が良いのかをご説明します。 オフセット印刷と違い版を使用しないため、作業工程が大幅に短縮され、安価でスピーディーな印刷が可能です。 版の代わりにデータを直接読み込んで印刷するので、少数部の印刷でも高コストにならないことが特徴です。 その一方で、色の濃さが均一でない、ベタやグラデーションにムラができるといった仕上がりの質ではオフセット印刷に比べ劣る可能性があります。 元データから印刷に使用する版を作成し、紙に転写します。 商業印刷や美術印刷で広く使用されている印刷方法です。 製版にコストと時間がかかるため、オンデマンド印刷に比べると納期が長く、少数部印刷の場合割高になりますが、印刷のクオリティーは高いといえます。 高解像度で細かいデザインや文字の輪郭もきれいに印刷することができます。 また、一度つくった版を繰り返し使用して印刷を大量にする場合は、コストを抑えることができます。 印刷にかかる時間が短いため、急いでいるときにはオンデマンド印刷を使用するとよいでしょう。 オフセット印刷は仕上がりの質が高いため、クオリティーにこだわって印刷をする場合に選択することをおすすめします。 また、大量に印刷をしたいときにも、オフセット印刷の方が安上がりになります。 オンデマンド印刷とオフセット印刷は印刷の仕組みに大きな違いがあるため、値段や納期、仕上がりに差があります。 早く・安く印刷したい場合は「オンデマンド印刷」、きれいな仕上がりで大量に印刷したい場合は「オフセット印刷」を選ぶなど、それぞれの特徴を踏まえて、目的や状況に適した印刷方法で印刷しましょう。 印刷方法でお困りでしたら、お気軽にホープツーワンにご相談ください。

次の

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット オン デマンド 違い

「オンデマンド印刷とオフセット印刷ってよく聞くけど何?」 「コンビニのコピー機との違いが分からない」 こういった疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか? 同人誌を作るためには、かなりのお金がかかります。 同人誌のクオリティを落とさず、印刷の料金は抑えたいですよね。 そこで今回は、効率的な印刷の方法を知るためにオンデマンド印刷とオフセット印刷の違いを説明します。 版画を経験したことはありませんか? 版画は、模様を彫った木版の上にインクをつけ、紙に写す方法でした。 オンデマンド印刷は、いわばこの木版を省き、デジタルデータを読み込んで印刷する方法です。 一方、オフセット印刷は、版を作る印刷方法です。 印刷する版を作り、その上にインクを塗ります。 そして、そのインクをローラーのような印刷ブラケットに転写し、そのローラーの間を紙が通過することで印刷されます。 オンデマンドは、求めるときに求めるものを提供するという意味です。 つまり、短期間で必要な枚数を印刷できます。 欠点は、必要な印刷数が増えるほど、費用が高くなることです。 また、モアレと呼ばれる印刷ムレが発生する可能性があります。 網目模様のような細かい描写がある場合は注意しましょう。 また、版を繰り返し使用できるため、継続的に大量印刷をする方にはおすすめです。 さらに、版の上にインクを直接塗り込むため、オンデマンド印刷に比べ、印刷ムラの少ない綺麗な印刷ができます。 欠点は、版を作る手間がかかってしまう点です。 納品には時間がかかります。 また、少部数の印刷の場合は高額になる可能性が高いです。 オンデマンド印刷は、版を使用せず、デジタルデータを読み込んで印刷します。 利点は、求めるときに求める枚数をすぐに印刷できる点です。 欠点は、印刷ムラが発生する可能性があるため、細かな描写には向いていないことです。 オフセット印刷は、版がある印刷方法です。 利点は、大量印刷だと料金が安くなり、高品質な印刷ができることです。 欠点は、少部数ですと高額料金になってしまう点です。 自分に適した印刷方法を選ぶために、印刷の方法を見直してみてはいかがでしょうか。

次の