お宮参り 夏 着物。 お宮参りの服装完全ガイド | 赤ちゃん・両親・祖父母の衣装選びのポイント 【お宮参り編】

夏の産着レンタル

お宮参り 夏 着物

男の子の着物を選ぶ時のポイント 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 男の子がお宮参りで着る着物には、黒や濃紺をはじめ深緑といった色合いの、凛々しく、勇ましい雰囲気のものが最適です。 白や生成りのようなおしゃれな着物もあり、鷹や兜、宝尽くしや亀甲花菱など、出世や大成を意味するデザインが多く揃っています。 男の子の服装というと色味やデザインが決まっている印象がありますが、着物では様々な種類から、それぞれにぴったりの晴れ着を選んであげることができます。 また、着物を購入した場合は仕立て直すことで3歳・5歳の七五三などにも着用でき、思い入れのある1着を成長とともに長く着ることができます。 男の子におすすめのお宮参り着物18選 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 鷹・赤富士・松・波が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 まるで浮世絵のようなデザインや勇ましい鷹が堂々と描かれた男の子用の祝い着です。 袖や背中にはグレーのぼかしが施されており、黒地でも重くなりすぎない印象に仕上がっています。 吉祥文様が入った黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 堂々と描かれた鷹や扇面には吉祥文様がふんだんに描かれ、お祝いの場に相応しいめでたい柄付けが印象的。 鷹の羽一枚一枚や、荒波など着物の柄全体には金彩が施されるなど高級感と荘厳さをお楽しみいただけます。 宝船・富士山・兜が描かれた深緑の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 荒波をゆく宝船が印象的な、お宮参り用着物。 波は金彩で縁取りが施されており、壮大に描かれた波が勇ましさと逞しさを表現した逸品です。 鷹・松・軍配団扇が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 漆黒に豪華な鷹の刺繍と金彩が施されたお宮参り着物です。 刺繍で描かれた鷹や金彩の扇がまるで芸術品のような美しさと繊細さ。 存在感あふれる産着です。 山霞に金彩が描かれた深緑地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 山霞に金彩が描かれた、珍しいデザインの着物です。 深緑グラデーションの美しい色合いに、高級感ある地紋が上品に浮かび上がります。 兜や鷹などのデザインが多い中、風景画のような山々が 他に差をつける被りにくいデザインです。 打ち出の小づちに束ね熨斗が描かれた紺色の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 メインとなる打ち出の小づちには金糸で縁取り刺繍が施され、ふんだんに金彩を使用しているデザインです。 すべての柄付けに金の縁取りが施されており、立体感を感じさせるデザインが魅力的です! モダンな柄が目を惹く緑の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 緑色の生地には大きく羽ばたく鷹や兜など、美しい柄付けと金彩の輝きがまるで一つの芸術作品のよう。 個性的なデザインではありますが、その中にも古典の味わいを感じさせてくれる逸品です。 兜に松が描かれた茶色の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 地模様に菱型に菊や桔梗の地紋がまんべんなく入っており、光の加減で豪華な地紋がふわりと美しく浮かび上がります。 大きく描かれた兜や裾元の松の周りを金彩で縁取りが施されており、立体感を感じさせるデザインが魅力的な逸品です。 鷹・兜・亀甲が描かれた紫地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 兜の立物や鷹の冠羽やくちばしには金彩が施されているので、高級感と美しさがお楽しみいただけます。 勇ましい兜をメインに亀甲家紋など、大成を意味する柄が描かれた男の子らしい装いです。 兜・亀甲家紋・若松が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 紗綾形の地模様が入る黒地を基調とした生地に、刺繍や金彩が施された着物。 流れるように配された淡い紫色のぼかしが印象的な逸品です。 鷹・宝尽くしが描かれた深緑の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 新生児初めての外出のお宮参りにぴったりの、吉祥柄が描かれた産着です。 勇ましさや出世、大成を意味する柄が描かれ、深緑や白、金などを基調とした男の子らしい装いです。 兜・小槌・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地ベースの生地に、桶絞りや金彩刺繍が施された高級感溢れる着物です。 勇ましい兜をメインに、小槌や鹿の子模様などが配され、色味も華やかな装いです。 鷹・宝尽くし・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは前述の着物の柄違いバージョンです。 華やかさと基本デザインは一緒なので、双子の男の子に柄違いで揃えるのも可愛いです! 鷹・小槌が描かれた紺地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは、紺地のボディに大きめな柄が各部所のポイントに配置された、個性的なデザインの着物です。 ランダムに配置された縦横の縞模様も印象的で、他の人とは変わったデザインの着物をお探しの方に最適です。 兜・亀甲花菱が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地のボディに印象的な兜と、亀甲花菱が大胆に配された個性豊かな着物です。 こちらも個性的なデザインの着物なので、他の人と差をつけたい方は必見です。 宝尽くし・鷹が描かれた白地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 白色の生地には大きく羽ばたく鷹や扇や巻物など、美しい柄付けと金彩の輝きがまるで一つの芸術作品のよう。 鷹の冠羽やくちばしには金糸や色糸を使い美しい刺繍が描かれ、柄の縁取りや羽一枚一枚には金彩が施されているので、高級感と美しさがお楽しみいただけます。 鷹・松竹梅が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地に大柄の松竹梅と、勇ましい鷹が映える逸品です。 可愛らしい雰囲気もありながら、古典的かつおめでたい柄付が魅力です。 唐獅子・牡丹が描かれた黒・山吹色地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 モダンな柄付が魅力の着物です。 山吹と黒のツートンが目を惹く、周りとかぶりにくい逸品です。 お気に入りの着物で素敵なお宮参りを いかがでしたか? 今回は、お宮参りで男の子が着用する着物をご紹介いたしました。 お宮参りの着物は、仕立て直すことで七五三の際にも着用できますので、お気に入りの一着を見つけたいもの。

次の

夏用訪問着レンタル。絽タイプの訪問着、夏の結婚式・イベント用の着物レンタル

お宮参り 夏 着物

お宮参りは赤ちゃんが生まれて最初に家族で行うイベントで神様に赤ちゃんの成長と幸せを祈願する古くからの行事です。 お参りの場所は神社なのでパパとママはきちんと正装して行くのが好ましいのですが、 赤ちゃんも一緒に正装していくのはご存じでしょうか? お宮参りの服装は赤ちゃんの正装に合わせて両親・祖父母などが衣装を決めるのが理想的と言われています。 つまりお 宮参りでの赤ちゃんの正装が一番最初で重要なのです。 正装といっても着物かベビードレスかでパパとママの服装も変わってきます。 今回はそんな赤ちゃんのお宮参りの正装について 着物かベビードレスで悩んでいるあなたに5つの決め方をお伝えします。 スポンサーリンク 目次• お宮参りの服装【赤ちゃん】は着物とベビードレスの2択 まず最初にお宮参りでの赤ちゃんの服装はどんなものが好ましいかご紹介します。 種類は大きく2つあります。 着物は和装の定番スタイル 1つ目は古くからお宮参りの正装として用いられてきた【着物】です。 正式には 『祝い着』『掛け着』とも呼ばれており、赤ちゃんを抱っこした状態で、祖母または母親(抱っこしている人)の肩から赤ちゃんを覆うようにかける晴れ着です。 神社などにいくと着物を方から掛けている女性を見たことはありませんか? お宮参りの赤ちゃんといえばこのスタイルがほとんどです、定番の正装と言っていいでしょう。 ベビードレスは身軽で動きやすい 2つ目は【ベビードレス】です。 他に『セレモニードレス』とも呼ばれています。 ベビードレスを着る場合は白いケープやおくるみで赤ちゃんを包んで神社を歩きます。 最近は 着物を用意せずにベビードレスでお宮参りに行くという方も多いです。 着物より赤ちゃんも抱っこする方も身軽で動きやすいのが特徴です。 そんな着物やベビードレス、どちらをどのように選べばいいのでしょうか? スポンサーリンク お宮参りの服装【赤ちゃん】デザインの違い 着物とベビードレスではそれぞれ特徴的なデザインがあります。 どのような物があるかを知ってから選ぶのも一つの手です。 男の子は熨斗目模様の着物 男の子の掛け着はとにかく男らしい柄が描かれているものを着用します。 『兜』『龍』『鷹』『虎』などをモチーフにした熨斗目模様の着物が一般的です。 着物の色は黒・青・緑を主体になっているものが多く、紫などは高貴な色として最近では人気のようです。 また男の子の着物は家紋も入れるという地方もあります。 女の子は伝統的な絵柄のデザインの着物 女の子の掛け着は花をモチーフにした友禅模様(鮮やかで美しい模様)が人気で、 『牡丹』『芍薬』『桜』『花車』『御所車』などの伝統的な絵柄のデザインが主流でしょう。 着物の色は赤・ピンクを主体としているものが一般的のようです。 女の子は男の子と違い、着物に家紋を入れることはありません。 ベビードレスはカバーオール・ツーウェイオール ベビードレスは レースやリボンなどが装飾されているカバーオール・ツーウェイオールがほとんどで、色は白が主流です。 男女に違いはほぼありませんが、女の子の場合はレースの装飾が派手なものや始めからワンピースタイプになっている物もあるようです。 合わせて白い帽子、靴下などの着用をすることが多いです。 デザインは色々ありますが男女どちらでも着れるので重宝します。 スポンサーリンク お宮参りの服装【赤ちゃん】費用の違い 着物とベビードレスの値段を比較してみましょう。 着物とベビードレスはデザイン・生地・ブランドなど決めてはたくさんあるので正直値段はピンキリですが、全体的に見てもやはり 着物の方が金額設定が高めです。 いい物になると10万~上はどこまでもありそうです。 でも大体5万円出せばお宮参りにふさわしい着物が仕立てられます。 ついでの家紋入れも呉服店だと安い金額で対応してくれます。 呉服店にこだわらないならインターネットの通販サイトという手があります。 呉服店より少し安く2万円~探せます。 金銭的には助かりますが我が子の大切な着物ですので、実際に見て購入の方が好ましいかもしれませんね。 買わずにレンタルする方法もあります。 レンタルだと1万円ほどでいい着物を借りれます。 「どうしても着物を羽織らせたいけど、お金が・・・」という方にはとても便利なシステムだと思うので上手に利用するといいでしょう。 レンタルするならオススメは 事前に着物の雰囲気やサイズを確認できる「着物365」です。 ベビードレスは2~3,000円から1万円オーバーのブランド かなり値段の差が激しく安い物は普段着る カバーオール・ツーウェイオールと変わらないほどの値段 2~3千円 です。 正直デザインは期待できませんが気にならない方ならかなりお安く手に入ります。 可愛いベビードレスという方は 有名ブランドやこだわり素材のベビードレス 1万円~上は5万円 を購入します。 5万円の物になると見た目も本当にドレスのようで、フリフリのレースが施されている物もあります。 5万円出すのであれば着物も購入できるので伝統的な着物のほうが雰囲気が出ますが、 予算少な目で安く抑えたい方にはベビードレスのほうがいいかもしれません。 高品質で安いベビードレスなら 国産なのに1万円アンダーで販売している「SWEET MOMMY」 がオススメです。 着物の利便性はお宮参りにおける古くからの祝い着として忠実 着物でのお宮参りは見た目も素敵で伝統を守っている 着物の良い点は何よりも子供の七五三に同じ着物が着用可能 (購入した場合)仕立て直しとコートなどの七五三セットの購入で別途かかることもありますが、同じ着物で晴れの日を迎えるのは素晴らしいですし、一生の思い出になるのは間違いないありません。 つまり お宮参りで着物を購入していると七五三で着物の心配はまずしなくていいでしょう。 ベビードレスはお食い初めでも出番あり ベビードレスは実はお宮参りより先に使う機会があります。 どの場面か想像つきますか?その場面とは出産を経て病院を退院する時です。 退院着としてベビードレスを着せるという訳です。 中には 「出産前からベビードレスは購入していた」という方もいらっしゃるでしょう。 お宮参りのためだけに購入するのではなく、まずは退院着として購入、次にお宮参りで使用。 さらにお食い初めでも同じベビードレスを着せる場合、 赤ちゃんが産まれて短い期間(100日前後)に3回も出番があるということです。 お食い初めを過ぎると公式なイベントはないため出番は少ないかもしれませんが、プライベートで写真を撮ったり、お出掛けをしたりするなら意外と使えるので購入してもいいかな?という気にもなってきますね。 スポンサーリンク お宮参りの服装【赤ちゃん】着やすさの違い 赤ちゃんの身になって比較してみましょう。 お宮参りに行く季節によって変わってきますが、考えられる事で想定していきたいと思います。 着物 見栄えも素晴らしい着物ですが、夏のお宮参りでは着物は重く暑いので注意が必要です。 夏のお宮参り自体結構大変なのですが、赤ちゃんは慣れない暑さと抱っこされている熱で着物を羽織ってなくても汗をかきます。 さらに 着物が羽織ると熱が上がって泣き出すくらい暑い思いをしてしまうかもしれません。 暑さには写真・お参りの時だけ羽織るなどの工夫で乗り切ります。 暑さ以外にも敏感な赤ちゃんは着慣れていない着物の窮屈さで泣き出すことも想定して、お気に入りのおもちゃを持参する方法も有効でしょう。 ベビードレス 着物に比べると赤ちゃんにとっては 普段の服装と同じため窮屈な思いもせず過ごしやすい。 もちろん豪華なドレス・ワンピースなどは別ですが、ケープやおくるみも季節によって薄手・厚手と切り替えることで温度が容易に調節できます。 快適だと赤ちゃんのゴキゲンを維持できる点も見逃せません。 着物に比べてベビードレスは見た目の華やかさでは少し負けるかもしれませんが、 ママ自体の動きやすさ・着ている赤ちゃんの過ごしやすさでは有利ですね。 スポンサーリンク.

次の

お宮参りの時、赤ちゃんや両親はどんな着物を着るの?

お宮参り 夏 着物

Contents• 祖父におすすめのお宮参りの服装 パパが洋装の場合は、祖父も洋装に合わせるのが一般的です。 白いワイシャツに、ブラックや紺などの落ち着いた色のフォーマルスーツに、ネクタイをつけるよいいですね。 落ち着きのあるスーツに合ったオシャレなネクタイを付けると良いですね。 いつも仕事で使うようなネクタイよりも、高級感のあるネクタイを付ける人も多いですね。 ネクタイが苦手な人は、祈祷時や写真撮影のときのみ着用でも問題ありません。 それ以外ではネクタイをとっても大丈夫ですよ。 ジャケットやコートは気候に合わせて羽織りましょう。 お宮参り【夏】の祖父の服装 夏場の正装は、暑い季節なので、半袖のシャツを着てもいいですね。 スポンサードリンク 祖母におすすめのお宮参りの服装 祖父の服装は、パパの服装とあまり変わらないので、正装に困ることは少ないですが、祖母の場合は、祖父に比べて服装に迷われるのではないかと思います。 洋装の場合は、目立ち過ぎない色のスーツやワンピースがおすすめです。 赤ちゃんや両親よりも目立ちすぎないように心がけると良いですね。 ジャケットやコートは、気候に合わせて、羽織りましょう。 ママが和装を着る場合には、祖母も和装を着る事があります。 その場合は、淡い色の色留袖や訪問着がおすすめです。 あまり派手でない柄物をチョイスするといいですね。 気候に合わせてショールや和装コートを羽織りましょう。 ママが洋装の場合は、着物ではなくスーツやワンピースを着ます。 落ち着きのある色味が理想です。 お宮参りでは、昔からの習わしで父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするケースが多いので、赤ちゃんを抱っこしやすいスタイルがおすすめです。 万が一、赤ちゃんが傷つかないように、結婚指輪以外のアクセサリーは控えるようにすると良いですね。 自分の身なりを考えつつ、赤ちゃんを抱っこした時に、動きやすい格好であること、歩きやすい靴を履いていくことを心がけるようにしましょう。 赤ちゃんのことを一番に優先してくださいね。 お宮参り【夏】の祖母の服装 夏に着物を着るのは悪くはないのですが、暑いからと半袖のワンピースにする人も多いです。 ママと事前に服装について話し合ってみるのもいいですね。 また、ママが和装の場合でも、必ずしも合わせて和装にしなければいけないと決まっておらず、洋装でも大丈夫です。 ママと赤ちゃんよりも目立たないように気を付けることが大事です。 スポンサードリンク お宮参りに着る祖父母の服装まとめ 祖父母の服装は、祖父に比べて、赤ちゃんを抱っこするといった重要な役割を持った祖母の方が悩まされるのではないかと思います。 祖母の場合は、和装で参加してもOKですが、夏は着ているだけで暑くてしんどくなります。 着馴れない人は、長時間の着物姿に疲れてしまうことでしょう。 着馴れない着物姿で、長時間赤ちゃんを抱っこするのも大きな負担になります。 和装をするときは、気候や自分の体調などを考えて選択をするようにしましょう。 当日の体調がすぐれない場合は、和装は避け、洋装で参加することをおすすめします。 可愛い孫の晴れ舞台です。 服装に悩まされなきように、早めに準備に取り組むことが大事です。 服装にこだわるのも良いですが、可愛い孫をお祝いする気持ちが最も大事になっていきます。 可愛い孫と、久しぶりに集まる家族で、良い1日を過ごしていただきたいですね。 当日になってバタバタしないように、早めに決めておきましょう。

次の