関節 症 性 乾癬。 乾癬性関節炎

もしかして乾癬性関節炎?

関節 症 性 乾癬

かんせんせいかんせつえん 概要 乾癬性関節炎(かんせんせいかんせつえん)は、皮膚の病気である乾癬に、腫れと痛みを伴う関節炎をが合併した病気です。 原因は分かっていません。 遺伝する病気ではありませんが、家族集積性といい、血縁関係の方にこの病気の方がいると、発症しやすいといわれています。 日本における乾癬の患者数は2010年の患者データベース研究から50~60万人と推計されています。 肥満との関連も報告されており、近年の食事の欧米化により、患者数は増加傾向にあります。 乾癬性関節炎はどの年代にも起こり得ますが、20~30代の若い方に発症することが多いです。 男性と女性ではほぼ同数起こるといわれています。 症状 (1)皮膚症状 皮膚の表面を占める表皮は、通常は28日程度の間隔で作られては垢として脱落していきます。 しかし乾癬ではこの間隔が4~7日程度と著しく短縮しているため、皮膚が赤くなり、剥がれた皮膚の一部が白く付着するという病変がみられます。 通常、皮疹に自覚症状はありませんが、痒みを伴う場合もあります。 肘や膝、頭部、殿部など刺激を受けやすい場所に出現しやすいです。 爪の病変も多彩で、爪が厚くなったり、剥がれたり、くぼみができたり、といった変化を示します。 いわゆる"水虫"のような見た目になることもあるので注意しましょう。 (3)指炎、腱付着部炎 1本の指全体がソーセージのように腫れることがあり、これを指炎といいます。 また、腱や靱帯が骨に付着する部位に炎症を生じることがあり、これを腱付着部炎といいます。 かかとのアキレス腱付着部に起こることが多いです。 (4)その他 ぶどう膜炎や結膜炎といった目の炎症が起こることがあります。 これは目の痛みや見えにくさといった症状が出ます。 仙腸関節(腰の後ろの関節)や脊椎(背骨)の関節に炎症が起こることがあります。 腰痛を起こしますが、動かずにいると痛み、動かすと楽になる、というやや変わった痛み方をします。 診断 乾癬と診断されている方に典型的な関節炎が出現した場合は、比較的診断は容易です。 ご自身で乾癬の皮疹に気付かれていない場合や、皮疹出現前の方などは病気がはっきりせず、診断に時間がかかることがあります。 診断には下記の分類基準が用いられることが多いです。 乾癬性関節炎の分類基準(CASPAR) (2006年) (感度98. 7%、特異度91. 4%) 炎症性の関節疾患(関節炎、脊椎炎、もしくは付着部炎)を有する方で、下記の各項目を1点として3点以上の場合に乾癬性関節炎と分類(診断)します:• 典型的な乾癬の爪病変(爪剥離症、陥凹、過角化)がある• リウマトイド因子という血液検査が陰性• 指全体が腫れる指炎がある(あった)• 治療 皮膚や爪の病変に対しては基本的に皮膚科で受診することになりますが、ビタミンD軟膏やステロイドの外用、またPUVA療法という紫外線を用いた治療法があります。 関節炎や指炎、腱付着部炎を有する乾癬性関節炎対しては、2015年に欧州リウマチ学会(EULAR)が発表した推奨を参考にしながら以下のように治療することがあります。 まず、乾癬性関節炎に対しては非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)の内服が勧められます。 場合によりステロイドの関節注射を併用することもあります。 NSAIDsを3~6ヶ月使用しても改善が乏しい場合や、予後不良因子がある(5関節以上の関節病変を有する、関節破壊がある、炎症反応高値、関節外症状を有する)場合には、疾患修飾性抗リウマチ薬 DMARDs のひとつであるメトトレキサートの使用が勧められます。 さらに、メトトレキサートもしくはサラゾスルファピリジンを3~6ヶ月使用しても関節炎の改善が不十分で予後不良因子を有する場合や、DMARDsを3~6ヶ月複数併用しても関節炎の改善が乏しい場合、もしくは脊椎・骨盤の病変もしくは重度の付着部炎がある場合には、TNF阻害薬という生物学的製剤を使用します。 TNF阻害薬が何らかの理由で使えない場合は、ほかの生物学的製剤を使用します。 生物学的製剤の効果は3~6ヶ月で判断し、効果が不十分である場合にはほかの生物学的製剤へ切り替えを行います。 生物学的製剤 ここ10年程の間に関節リウマチを中心とする自己免疫疾患に対し、生物学的製剤と呼ばれる新しい治療薬が使用されるようになってきました。 これらは化学的に合成されたものではなく、生物が産生したたんぱく質を利用しているため、"生物学的製剤"とよばれます。 日本で認可されている乾癬性関節炎の薬は以下のとおりです(2018年8月現在)。 TNF阻害薬• IL-17阻害薬• PDE4阻害剤• ただし、どの薬も高価なこと(月の自己負担3割で薬剤費のみで数万円)が使いづらい点になります。 インフリキシマブとアダリムマブは腫瘍壊死因子(TNF)という炎症を引き起こす物質に結合し、その働きを抑えます。 インフリキシマブは点滴の薬で、最初の3回はローディングといって短い間隔で点滴しますが、基本的に2ヶ月に1回の点滴で済みます。 アダリムマブは自己注射の薬で2週間に1回皮下へ自己注射します。 この両者では、まれに重い感染症(肺炎など)が発症すること、投与するとまれにアレルギー反応を起こす人がいることが注意すべき副作用となります。 乾癬に対しては2010年1月に認可がおりましたが、関節リウマチに対してインフリキシマブは2003年から、アダリムマブは2008年から使用されており、薬剤そのものは使用経験が豊富です。 ウステキヌマブはインターロイキン(IL)という炎症に関わる物質を標的とした治療薬です。 IL-12とIL-23という種類のインターロイキンの働きを抑えます。 ウステキヌマブには点滴と皮下注射がありますが、乾癬性関節炎には皮下注射を使います。 投与間隔は最初だけ1ヶ月の間隔で投与する以降は3ヶ月に1回ごとの注射になります。 重篤な副作用としてアナフィラキシー、感染症、肝障害などが報告されています。 セクキヌマブ、イキセキズマブ、ブロダルマブはIL-17の働きを抑える薬です。 セクキヌマブ、イキセキズマブはIL-17Aを、ブロダルマブはIL-17受容体を標的としています。 いずれも皮下注射の薬です。 投与間隔は製剤ごとに異なり、ローディング後にはセクキヌマブ、イキセキズマブは4週間隔、ブロダルマブは2週間隔で注射します。 重篤な副作用としてアナフィラキシー、感染症、肝障害、好中球減少などが報告されています。 アプレミラストはPDE4を標的とした治療薬です。 アプレミラストは飲み薬であり、注射する必要がない点が大きな強みです。 最初は少なめの量から開始し、副作用が出ないことを確認しながら増量していきます。 重篤な副作用としてアナフィラキシー、感染症、重度の下痢などが報告されています。 生活上の注意 乾癬の皮膚病変自体はストレスで悪化することが知られています。 乾癬性関節炎もおそらくストレスで悪化するといわれていますので、ストレスをためないことが大切です。 肥満との関連も知られていることから、カロリーを摂りすぎないように気をつけ、適度に運動を行い、体重が増えすぎないようにすることも重要です。 また、乾癬性関節炎の治療薬の中には妊娠前に中止しなければならないものがあります。 加えて、予防接種に制限がある治療薬もあります。 妊娠や予防接種を希望する場合は担当の医師に確認するようにしてください。 慶應義塾大学病院での取り組み 乾癬の方は、通常皮膚科で診療を受けています。 このような方の中で関節炎を発症した場合にはリウマチ・膠原病内科を紹介されることがあります。 逆に関節の痛みや腫れの原因をリウマチ内科で調べていて、乾癬性関節炎が疑われた場合には、皮膚科に紹介することもあります。 乾癬性関節炎は、皮膚や関節など様々な場所に症状が出る病気であり、当院では複数の科で連携しながら、より良い医療の提供が行えるよう努めています。 さらに詳しく知りたい方へ• 文責: 最終更新日:2019年3月5日.

次の

乾癬性関節炎

関節 症 性 乾癬

皮膚が赤くなる[紅斑(こうはん)]、皮膚が盛り上がる[浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)]、銀白色のフケのようなもの[鱗屑(りんせつ)]が付着しはがれ落ちるなどの症状がみられます。 頭皮や髪の生え際、ひじ、ひざ、おしり、太もも、すねなど外部からの刺激を受けやすい部位でよくみられますが、それ以外の部位にも発疹が出る場合があります。 最初は直径数mm程度 1 の小さな発疹から始まり、次第に乾癬特有の赤く盛り上がった発疹となります。 乾癬では症状が出ていない皮膚に引っ掻くなどの刺激を与えると、その刺激をきっかけに新たな発疹が現れることがあります。 これをケブネル現象といい、衣服や眼鏡、ベルトなどの刺激によっても起こることがあります。 衣服は柔らかい素材やゆったりしたサイズのものを選び、皮膚を掻いたりしないようにしましょう。 乾癬性関節炎 (かんせんせいかんせつえん) 関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)とも呼ばれます。 乾癬患者さんの中には、手足の関節や、首から背骨、アキレス腱、足の裏などに痛みや、腫れ、こわばりを訴える方もいます。 症状は関節リウマチに似ていますが、異なる病気です。 乾癬性関節炎の多くは関節に症状が出る前、または出ると同時に乾癬の皮膚症状が現れます。 しかし、皮膚症状が遅れて現れることもあるので気になる症状があれば、主治医に相談することが大切です。 乾癬性関節炎の症状の現れ方 Yamamoto T et al. :J Dermatol 43 10 ;1193-1196, 2016より作図 乾癬性関節炎では、腫れ、変形、痛みなどの症状が手や足の指先の関節に現れることが多いのですが、背中や首がこわばったり、骨盤が痛んで歩きにくくなったり、かかとの後ろのアキレス腱や足の裏に痛みが出たりすることもあります。 また、爪に乾癬の症状がある場合は、関節炎を起こしやすいといわれています。 乾癬性関節炎は、患者さん自身が乾癬の皮膚症状と関節の症状が関係していることに気づきにくいため、見過ごされることがあります。 関節に症状が出ると、日常生活に支障を生じ、関節の症状の治療が遅れると重症化しやすく、急速に関節症状が進行し関節が変形し戻らなくなることがあるため、早期に発見し、少しでも早く治療を開始することが重要とされています。 現在、乾癬性関節炎を見つけるための質問票が開発されており、早期発見に活用されています。 その一つにPASE(ペース)と呼ばれる質問票があります。 ( Psoriatic Arthritis Screening and Evaluation:乾癬性関節炎のスクリーニングと評価) 下の「PASEはこちら」ボタンをクリックすると質問票が表示されます。 それぞれの質問の当てはまるところにチェックを入れ、総PASEスコアが37点以上の場合は、主治医に相談してください。 滴状乾癬 (てきじょうかんせん) 直径0. 5〜2cm程度 6 の小さな水滴大の発疹が全身に現れるのが特徴です。 風邪などの感染症がきっかけで起こることがあり、特に扁桃腺炎(へんとうせんえん)が誘因となることが多いといわれています。 きっかけとなった感染症を治療することで症状は治まりますが、まれに何度も再発を繰り返し、尋常性乾癬に移行することもあります。 紅皮症の誘因は皮膚炎、感染症、薬剤などいくつかあります。 膿疱性乾癬 (のうほうせいかんせん) 乾癬のうち、発熱や皮膚の発赤とともに、膿(うみ)の入った球状の袋[膿疱(のうほう)]が多数現れる疾患を膿疱性乾癬といいます。 この膿疱には細菌が含まれていないので周りの人にうつることはありません。 発疹が手のひらや足の裏、指先など一部だけにみられる限局型と、急な発熱とともに全身に発赤と膿疱が現れる汎発性膿疱性乾癬(はんぱつせいのうほうせいかんせん)があります。 汎発性膿疱性乾癬の発症頻度はまれですが、重症疾患でほとんどの患者さんは入院治療が必要です。 汎発性膿疱性乾癬は厚生労働省の希少難治性疾患(指定難病)に指定されており、認定基準を満たすと医療費助成が受けられます。 1)瀧川 雅浩、白濱 茂穂:これでわかる乾癬の新しい治療, 9, 南江堂, 2011• 2)Augustin M et al. :Br J Dermatol 163 3 ;580-585, 2010• 3)Manhart R, Rich P:Clin Exp Rheumatol 33 Suppl 93 ;S7-13, 2015• 4)古江 増隆:ここまでわかった 乾癬の病態と治療, 88, 中山書店, 2012• 5)Ohara Y et al. :J Rheumatol 42 8 ;1439-1442, 2015• 6)瀧川 雅浩、白濱 茂穂:これでわかる乾癬の新しい治療, 14, 南江堂, 2011• 7)Takahashi H et al. :J Dermatol 38 12 ;1125-1129, 2011• 8)佐伯 秀久:日本臨牀 76 1 ;41-45, 2018• 9)古江 増隆:ここまでわかった 乾癬の病態と治療, 109, 中山書店, 2012.

次の

関節症性乾癬、乾癬性関節炎、PsAとは??|とうきょうスカイツリー駅前内科

関節 症 性 乾癬

乾癬性関節炎 ?強直性脊椎炎?線維筋痛症? 忘れもしない2016年1月。 友達の家に遊びに行き、ご家族にお誘いいただいて焼肉をご馳走になりました。 ちょっとお高めのお店で分厚いタンにカルビ、ハラミ、美味しいお肉をたらふくいただいた次の日に異変は起こります。 体が痛い。 起きれない。 なにこれ??頭も痛い。 ひとまずその日は寝ることに。 だけどその次の日もその次の日も起きれない。 これは普通じゃないと病院へ。 思春期から体調を崩しがちだった私はなにかとストレスですねと言われるのが嫌で病院が怖かったのですが、体を起こすと頭が痛い状況をなんとかしたく、隣町の頭痛外来を訪ねます。 そこで「線維筋痛症じゃないか?」ということで詳しい先生を紹介されました。 紹介先の先生は疼痛治療のエキスパートの先生で、おそらく脊椎関節炎だろうということで治療開始。 生物学的製剤の投与が始まりました。 脊椎関節炎 の治療。 生物学的製剤のヒュミラ ヒュミラという薬を使い始めました。 その頃の記憶がほとんどないのですが、痛みで死にかけていたことは記憶しています。 薬もどんどん増えていき、ワントラムにフェントスに、けっこう強めの疼痛のお薬を使っていました。 ただ、それでも痛みがゼロになったかというとゼロにはなっていなかったんですよね。 記録によるとトータルでヒュミラは56本使ったようです。 しかし出てしまいました。 「注射部位反応」 俗にいうアレルギーってやつです。 シンポニーという注射に変更になりましたがそちらも合わず、エンブレルという注射に変更になりました。 エンブレルまじ神!• エンブレルのペン型 そしてエンブレルを使い始めたのですが、これが劇的に効きました。 痛みが減り、座っていられる時間が増えたので、徐々に活動量を上げていきました。 と言っても本当に少しずつで5分座れたら次の日は7〜8分、その次の日は10分といったように無理はせずゆっくりゆっくり負荷をかけていきました。 脊椎関節炎じゃない。 乾癬性関節炎だよ。 主治医の先生がしばらく休診されることになり、一時的に主治医が変わった時期がありました。 その際に発疹を指摘され、その発疹が「乾癬」であることがわかりました。 主に肘に症状が強く出ていたのですが、それまでは皮膚科に行ってもなんだか荒れているねと言われるだけだったのですごく衝撃的でした。 そのほかにも頭やお尻にも症状があり、そこで先生に指摘されるまで全く気づくことはなかったです。 頭皮の症状に至っては、ちゃんと頭洗ってんのになんでこんなにフケ出るんやろう?シャンプー合ってないのかな?くらいにしか思っていませんでした。 笑 というかそれこそ皮膚科で「脂漏性皮膚炎」と言われたことがあったので、それなのかなと。 頭のカサブタが剥がれてくることに悩んでいたのは小学生の頃からだったので、もしかしたらその頃から乾癬だったのかもしれません。 乾癬は太ると悪化する? 個人的に太ったからと言って悪化につながるとは思わなかったです。 というのも寝たきり生活になった時に20キロ太ったんですが、関節炎の症状は最初の方が痛かったですし、皮膚の症状も大して変わっておりません。 乾癬はタバコで悪化する? こちらは100%悪化するといえます。 ストレスがかかるとタバコを吸いたくなってしまうのですが、吸った翌日は関節炎も痛いですし、皮膚にも悪影響だと思います。 禁煙がどうしてもストレスになる場合は週に1本くらいなら良いかもしれませんが、絶対に吸わない方が良いです。 しんどい思いをするのは自分です。 乾癬は感染症で悪化する? こちらもイエスです。 主治医から聞いた話によると、乾癬は炎症により悪化することが多いらしく、特に歯の炎症がよくないそうです。 感染巣がある場合、そこの治療をすれば一気に良くなることが多いようです。 メトトレキサート MTX とコセンティクス まじ神!と崇めていたエンブレルですが悲しきかな、抗体ができてしまったようで効果がなくなってしまったため、コセンティクスに変更しました。 その際、メトトレキサートも一緒に導入。 コセンティクスのペン型にはオートインジェクターという機能が搭載されていて、太ももにトンッ!と当てるだけで薬液が注入されるので実に簡単に自己注射をすることができます。 コセンティクス150mgペン型 廃棄バッグが袋なので場所を取らない エンブレルからコセンティクスに変更の際に辛かったこと エンブレルからコセンティクスに変更する際に、辛かったことがありました。 体内からエンブレルが抜け、コセンティクスの血中濃度が安定するまでの間の期間にどうしても空白ができてしまうようで、その間、一時的に痛みが強まってしまい、仕事どころではなくなってしまいました。 幸い、周囲の理解に恵まれ、エンブレルで好調だった時期と同じくらいの活動量に戻れましたが、今後コセンティクスに抗体ができてしまった時に再度、あのつらい状態が訪れると考えるとなかなかきついものがあります。 可能な限り、日常からそのようなリスクは排除しておきたいor対応策を考えておきたいと考える性格ですので、主治医に尋ねたところ、コセンティクスは抗体ができにくいと言われているけれども、もしできたとしても良い薬がいっぱい出ていることと新しく使い始めるにしても今回のように3ヶ月もあれば大丈夫じゃないかとのことだったので、なるほど、避けては通れないんだなと思いました。 笑 その時は潔く、人生のおやすみをいただいたと思うようにしようと思います。

次の