ホノルル クッキー 通販。 那覇空港、国内線制限エリア内のDFSでホノルルクッキーを購入しました

ホノルルクッキーが買えるトミーバハマ銀座に行きました!通販も対応!

ホノルル クッキー 通販

ハワイ土産の超定番として必ず名前があがるのがホノルルクッキーです。 可愛いパイナップルの形をしたクッキーはあまりにも有名で解説の必要もありません。 私自身もハワイでは必ず購入しますし、グアムの直営店でも購入しました。 有名なホノルルクッキーですが、日本で買おうと思うと通販に頼るか、トミーバハマの国内3店舗(東京、横浜、京都)くらいしか手段はないと今まで思っていました。 しかし、昨日那覇空港の国内線制限エリア内にあるDFSに立ち寄った時に、ホノルルクッキーが売られているのを見つけ、思わず衝動買いしてしまったのでご紹介したいと思います。 那覇空港のDFSはたまに立ち寄るのですが、今までホノルルクッキーが売られているのを見たことがなかったため最近取扱いが始まったのではないでしょうか。 単に私が見落としていただけかもしれませんが。 那覇空港のホノルルクッキーの販売場所 国内線の保安検査場を抜け制限エリア内に入った後のDFSで、免税品の受け取りカウンターがある方のDFSに陳列していました。 私が訪れた時(2019年8月16日)は、入口近くに置かれていました。 豆知識 国内旅行で免税? 免税品の購入と言えば海外旅行のイメージだと思いますが、沖縄だけは国内旅行でも免税制度が適用されます。 特定免税店制度と言って、現在のところは那覇空港のDFSと那覇市おもろまちのDFSギャラリア沖縄が指定されています。 最大購入金額20万円までの関税が免除され、沖縄のDFSは消費税をDFS側が負担するシステムのようですので、消費税&関税が免除される感じです。 購入したホノルルクッキー 自宅用なのでお値段が高くなるパイナップル型の箱に入った物ではなく、一番簡易な包装のものを選びました。 それでもハワイやグアムの直営店で売られているバラ売りのクッキーを詰める箱に比べると高級感があります。 那覇空港のDFSではハワイやグアムでお馴染みのばら売りや、試食のサービスは行っていません。 私が購入したのはフローラルウインドウボックスというもので、14枚のホノルルクッキーが入っています。 中身はこのような感じです。 フレーバーは下の7種類です。 さて、お値段ですが定価は2,900円と表示されていたように記憶しています。 実際の支払いは2,600円でした。 この金額だと関税は関係ないと思うので、1割程度安いのはセールだったのでしょうか。 ちなみに昨年ハワイで買った時の価格は覚えていませんが、今年の5月にグアムで買ったばら売りのクッキー20枚分と比べるとずいぶん割高です。 グアムではサービスでもう5枚好きなのを選んでいいよと言われ、それとは別に2枚好きなのを持っていけと言われて、計7枚余分にくれたので尚更です。 割高とは言え、日本ではなかなか購入の機会がないホノルルクッキー、興味のある方はぜひ沖縄のDFSに立ち寄ったついでに買ってみてください。 sinrons.

次の

ホノルルクッキーの日本での値段や種類|賞味期限・カロリー・原材料は?味の感想も

ホノルル クッキー 通販

ハワイ土産の超定番として必ず名前があがるのがホノルルクッキーです。 可愛いパイナップルの形をしたクッキーはあまりにも有名で解説の必要もありません。 私自身もハワイでは必ず購入しますし、グアムの直営店でも購入しました。 有名なホノルルクッキーですが、日本で買おうと思うと通販に頼るか、トミーバハマの国内3店舗(東京、横浜、京都)くらいしか手段はないと今まで思っていました。 しかし、昨日那覇空港の国内線制限エリア内にあるDFSに立ち寄った時に、ホノルルクッキーが売られているのを見つけ、思わず衝動買いしてしまったのでご紹介したいと思います。 那覇空港のDFSはたまに立ち寄るのですが、今までホノルルクッキーが売られているのを見たことがなかったため最近取扱いが始まったのではないでしょうか。 単に私が見落としていただけかもしれませんが。 那覇空港のホノルルクッキーの販売場所 国内線の保安検査場を抜け制限エリア内に入った後のDFSで、免税品の受け取りカウンターがある方のDFSに陳列していました。 私が訪れた時(2019年8月16日)は、入口近くに置かれていました。 豆知識 国内旅行で免税? 免税品の購入と言えば海外旅行のイメージだと思いますが、沖縄だけは国内旅行でも免税制度が適用されます。 特定免税店制度と言って、現在のところは那覇空港のDFSと那覇市おもろまちのDFSギャラリア沖縄が指定されています。 最大購入金額20万円までの関税が免除され、沖縄のDFSは消費税をDFS側が負担するシステムのようですので、消費税&関税が免除される感じです。 購入したホノルルクッキー 自宅用なのでお値段が高くなるパイナップル型の箱に入った物ではなく、一番簡易な包装のものを選びました。 それでもハワイやグアムの直営店で売られているバラ売りのクッキーを詰める箱に比べると高級感があります。 那覇空港のDFSではハワイやグアムでお馴染みのばら売りや、試食のサービスは行っていません。 私が購入したのはフローラルウインドウボックスというもので、14枚のホノルルクッキーが入っています。 中身はこのような感じです。 フレーバーは下の7種類です。 さて、お値段ですが定価は2,900円と表示されていたように記憶しています。 実際の支払いは2,600円でした。 この金額だと関税は関係ないと思うので、1割程度安いのはセールだったのでしょうか。 ちなみに昨年ハワイで買った時の価格は覚えていませんが、今年の5月にグアムで買ったばら売りのクッキー20枚分と比べるとずいぶん割高です。 グアムではサービスでもう5枚好きなのを選んでいいよと言われ、それとは別に2枚好きなのを持っていけと言われて、計7枚余分にくれたので尚更です。 割高とは言え、日本ではなかなか購入の機会がないホノルルクッキー、興味のある方はぜひ沖縄のDFSに立ち寄ったついでに買ってみてください。 sinrons.

次の

那覇空港、国内線制限エリア内のDFSでホノルルクッキーを購入しました

ホノルル クッキー 通販

アロハ! エリカです。 ハワイ旅行で欠かせないTo doリストのひとつ…おみやげ探し。 ハワイに旅行で訪れていたときは、家族や会社の同僚、友人など、合わせるとかなりの人数におみやげを買わなきゃいけない…なんてことが毎回でした。 でも、そこまで予算もないし、予定もギチギチに詰め込むのでおみやげを買う時間がない〜! ・ そんなとき、いつもお世話になっていたのが ハワイみやげの定番… ・ 「ホノルル・クッキー・カンパニー」 ・ パイナップルの形をしたかわいい見ためといい、 サクサクッとした歯応えと濃厚なバターの風味が織りなす美味しさといい、誰にあげてもよろこばれるおみやげ優等生です。 ・ 店内には大きさやデザインが異なるパッケージがずらり。 ・ パイナップルの形をした缶や木箱など、どれもかわいくて迷っちゃいます。 パッケージだけでなく、クッキーの枚数やフレーバーもそれぞれ異なるので、贈る相手に合わせて選べるのがいいですね。 7種類も購入できました! 今回は、食べ終わっても入れ物として使えるパッケージ類を中心にセレクト。 パイナップル・オーナメントはパイナップルの形をしたアイテムが大好きな友だち用に購入。 プラスティック製のボックスに入ったサーフボードボックス・プレミアム・コレクションは、郵送してもクッキーが割れる心配がないため、東京に住む姉夫婦に選びました。 ・ 続いて、ヨリエが選んだ商品はこちら。 95とかなりお得のパイナップル・ロゴ・ギフトバッグは、壊れたらごめんね(笑)ってことで家族へ購入しました。 ・ それはさておき、普段ならお高くつきそうなパッケージ商品でも、かなりお手頃に買えるということがわかりました。 いつもバラ売りスポットに直行していた私、なんでもっと早く気付かなかったんだ〜(泣)。 そして、これだけいろんなパッケージやフレーバーがあると、前におみやげでもらったものとまったく一緒だったなんていう 「おみやげ被り」の心配がないのもいいですね。 しか〜し! ホノルル・クッキー・カンパニーのスゴイところはこれだけではありません。 さらにお得にクッキーをゲットできる方法があるんです。 ・ スタッフ: どうぞ〜。 あの…このボックスは買ってませんけど…? スタッフ: こちらプレゼントです。 ・ やった〜!無料でクッキーをゲット! ・ ホノルル・クッキー・カンパニーでお買い物をするとポイントカードがもらえ、 5ドルで1ポイント貯まり、 10ポイントでSサイズ(5枚入り)、 20ポイントでMサイズ(10枚入り)のクッキーの箱がもらえるんです。 ・ ちなみに、 ポイントカードは有効期限がないのだそう。 エコバッグはビニール製でとっても丈夫な上に、普段使いできるシンプルなデザインがタイプだな〜。 箱の大きさは4種類。 95(30枚) ・ 好きなフレーバーや枚数を選べるので、贈る相手によってセレクトできるのが魅力です。 ・ 一種類ずつ選んで、全種類をおみやげにするなんてこともできますよ!自分用のおみやげにもオススメです。 ・ 入り口付近にあるサンプルコーナーでは、 お店で販売されているクッキーの試食が可能なんです。 ちなみに、入り口付近にサンプルコーナーがあるのは、気兼ねなく自由に味見してもらいたいという社長のアイデアなのだとか。 なんて太っ腹なんだ〜! ・ ひと欠片が大きいので、クッキーをしっかり味わえます。 サンプルは商品の失敗作や切れ端ではなく、サンプル用に作られているのだそう。 ほら、どの欠片にもしっかりチョコレートがコーティングされてるんですよ。 ・ 中には、丸々1枚味わえるサンプルなんかもあって、ニヤニヤが止まらない〜(笑)。 ・ サンプリングカップが用意されているので、試食しながらショッピングを楽しむなんてこともできちゃいます。 ・ そんなわけで、真剣な表情でクッキーを選ぶ私たち。 ・ からのー、食べたいものを全部入れたらこうなりましたの図(笑)。 ・ 今は、「ペパーミント」や「ホワイト・チョコレート・ジンジャー・スパイス」など、ホリデーにぴったりのフレーバーが楽しめます。 パッケージもクリスマスギフト仕様でかわいい〜! ・ ちなみに、私たちがお店に伺ったときは今秋の季節のフレーバー、「 パンプキン」がフューチャーされていましたよ。 お店に訪れる度に季節の限定フレーバーに出会えるってワクワクします。 各種フレーバーを知りたいという方は、日本語のリーフレットが店頭に置いてあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ジャンルを指定•

次の