髪型ショート50代女性。 50代女性も参考にしたい…最旬髪型|ひし形ショート・セミロング・パーマなどおすすめヘア

50代女性の似合う髪型について(ショート編)

髪型ショート50代女性

60代70代80代女性に似合う「ショート&ベリーショートの髪型」をご紹介するヘアカタログです。 など、いろいろな角度からチェックできるようにヘアカタログを作りました。 ヘアスタイルを考える時に困ることありませんか?• 「どんな髪型にしたらいいんだろう?」• 「わたしに似合うかな?」• 「どんなポイントを押さえればいいの?」 迷った時は、いろいろチェックしてみることです。 アイデアを得るためにこのヘアカタログをご活用ください。 若い人のヘアスタイルも載せていますが、60代70代80代の方でも同じ髪型でいけるようなものを選んでいます。 若いヘアモデルだからといって60代70代80代の方ができないわけじゃないので、それを念頭にご覧ください。 また、最後の方に• なども合わせてご紹介しています。 ぜひ、ご活用くださいね。 面長・丸顔両方のタイプにおすすめできる、アシンメトリーのショートヘアです。 こちらも内外両方のWひし形ヘアスタイルです。 サイドをスッキリととさせ、アシンメトリーの前髪でメリハリをつけています。 60代70代80代は前髪やサイドの髪で顔を隠すのはあまりおすすめできませんが、アシンメトリーなら髪が顔にかかっていても大丈夫です。 むしろ、とてもおしゃれになりますね。 トップが立ち上がりやすいように、全体的にショートのレイヤーベースです。 頭頂部をふんわりと立ち上げるように乾かすとOKです。 こちらも面長・丸顔両方に似合う髪型です。 バランスの良いショートカット。 やや丸みを感じるフォルムですが、前髪をななめにして隙間を作っているので、面長さんだけでなく丸顔さんにも似合う髪型です。 60代70代80代の方はこれぐらいの前髪の長さが、顔がスッキリと見えるのでおすすめですよ。 ショートレイヤーボブ。 全体的に軽い仕上がりのボブですね。 面長さんには髪の外側の丸いシルエットがカバーしてくれて、丸顔さんには内側のななめ前髪がカバーしてくれます。 レイヤーを入れた軽いボブなので、頭頂部が薄くなりつつある薄毛の方にもいいと思いますよ。 こちらはレイヤー少なめのショートボブ。 センターパートで分けた前髪なしのヘアスタイルです。 髪の丸いフォルムと内側のひし形シルエットで面長をカバーするのに最適です。 賀来千香子さんのハイレイヤーボブ。 短い前髪とトップから全体につながるレイヤーが特徴的なボブです。 面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 ゆるふわパーマをかけてもいい感じに仕上がりそうですね。 外人さんの動きがあるショートカット。 程よい長さのショートカットで顔を輪郭を出しすぎないのと、ななめ前髪で顔出し部分も調整できるので、面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 あまり大人しくまとめてしまわずに、写真ぐらいに動きを強調する方が顔の形をカバーしやすくできますよ。 ワックス、もしくはパーマがおすすめです。 ショートからミディアムレングスのグラデーションボブ。 丸顔さん面長さん両方に。 パーマで横に流しやすくしてあるのと、前髪を横分けにして顔出し部分を調整しているのが、バランスを取りやすいポイントですね。 ボブに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 面長さんに。 片方を耳にかけて、まん丸まん丸していまわないのが60代70代80代の方にはおすすめです。 短い前髪があるとキュートで若く見えるようになりますね。 ショートカットに控えめなアシンメトリーの前髪ヘアスタイル。 面長さん丸顔さん両方に。 ポイントはワックスを使ってふんわり仕上げることです。 (丸顔さんは特に) こういったショートはグレイヘアでも似合う髪型ですね。 くせ毛や天然パーマの人に似合う髪型 くせ毛のベリーショート カットです。 こういったベリーショートもクセがあることで、ぺったんこにならずに動きを感じることができます。 外ハネはヘアスタイルに躍動感が出るので、アクティブな感じに見えていいですね。 60代70代80代はとにかくペタンとしないようにすることがポイントです。 直毛の人はピンパーマかけてもいいですね。 髪の毛が広がりやすいくせ毛におすすめしたいのが、ショートカットに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 顔周りのをスッキリとさせているので、広がりを感じにくくなります。 またショートカットは余分なボリュームが出ている部分をカットして削っていくことができるので、フォルムを調整しやすいことも、くせ毛にはピッタリですね。 60代70代80代は前髪がうっとおしく感じやすい世代でもありますので、思い切ってこれぐらい短くしてしまうと、おしゃれ感アップ&若く見えるのでいいですね。 カールやうねりが強く広がりやすいくせ毛におすすめなのが、ベリーショートで動きを強調したヘアスタイル。 前髪はありますがあえて下ろさず、トップの動きに合わせて流すようにスタイリング。 サイドはソフトに刈り上げてスッキリとしています。 くせ毛や天然パーマでカールがある人は、わざとカールを出すのも特徴を活かせるのでおすすめです。 ムースを使ってカールを戻すのもいいですが、ワックスで少しボサボサに仕上げるのも抜け感があっていいですよ。 70代80代で白髪率多いグレイヘアの人は、ムースを使ってほぐし感を減らす方が好感持てる仕上がりになりますよ。 くせ毛でうまいことセットしにくい場合は、パーマでもっとくせ毛を強めるのも1つの方法です。 これぐらいのショートボブ&強めパーマはシニア女性の方にもおすすめです。 ムースを使って、この写真よりも散らさないようにまとめながら、仕上げましょうね。 ゆるいくせ毛の人はこういったショートカットがおすすめです。 通常ならパーマをかけてこういう風にしますが、くせ毛を活かしてワックスで仕上げるといいですね。 60代70代80代向け おしゃれ&お手入れが楽なパーマ 60代70代80代におすすめしたいボブは、こういった頭頂部にレイヤーを入れたヘアスタイルです。 髪が細くペタンとしやすいトップも、レイヤーを入れてゆるめのパーマをかけることでふんわりと立ち上げられますね。 前髪をアシンメトリーにして顔をスッキリと見せているところも好印象で若く見えるポイントです。 アシンメトリーを取り入れると一気におしゃれ感アップになりますね。 黒髪部分がいい感じに残っていて、ハイライト&ローライトっぽく仕上がってますね。 ボリュームが出にくい世代はパーマで動きをプラスすると華やかになりますね。 ワックスなしでも大丈夫なパーマヘアです。 前髪の長さはもう少し短めにしてもいいと思いますよ。 賀来千香子さんといえば、短い前髪にふんわりしたパーマをかけてるイメージがあります。 レイヤーを入れたボブにしっかり目のパーマをかけたらこういった仕上がりにすることができます。 (前髪はパーマなしにしましょう。 ) 髪を乾かす際には手で少し引っ張りながらブローすると、ボリュームと動きが出てくるようになります。 引っ張りながら乾かすだけなので、お手入れが楽ですよ。 ペタンとしてボリュームが出ない人にピッタリのパーマヘアです。 レイヤーボブに根元からパーマしたヘアスタイルです。 60代70代80代は髪が細くなってボリュームが出ないのも大きな悩みです。 それには根元からパーマをかけて、ボリューミーに仕上げると、そういった問題も解決です。 ただ乾かすだけだとチリチリになりますので、ムースをカールを戻してあげることがポイントです。 髪を片耳にかけるとスッキリして見栄えが良くなりますよ。 ショートカットにパーマで動きをつけたヘアスタイルですね。 ワックスで毛束感を出したり外ハネを入れたりすると、髪に躍動感が生まれ、活発で若々しい仕上がりになります。 短い前髪というのも若く見えるポイントです。 上と同じような長さのショートカットですが、前髪を短く&厚めにカットして、おでこに沿わすようにセットします。 頭頂部付近にのにゆるめのパーマをかけています。 前髪と合わせて丸いシルエットを作るためですね。 上のショートとは打って変わって、可愛らしい仕上がりです。 好みで上下のヘアスタイルを使い分けるといいですね。 60代70代80代向け 薄毛が目立ちにくいおしゃれな髪型 まずは基本から。 ベリーショートでトップのボリュームを出しやすくしたヘアスタイル。 全体的に髪が短いので、薄毛部分と他との差が減るので、薄毛が目立ちにくい髪型です。 ベリーショートにゆるめのパーマをかけたヘアスタイル。 ピンパーマでもOK。 カールを作ることで頭頂部にもボリュームを出しやすく、またペタンコだと地肌が透けて見えるので、そういった部分もカバーできるのでいいですね。 サイド・後ろを刈り上げたツーブロックショート。 パーマで外ハネもプラス。 刈り上げ部分が薄毛を目立たないようにしてくれますし、パーマをかけたレイヤー部分がボリュームもカバーしてくれます。 短い前髪のアシンメトリーショート。 レイヤーを入れてふんわりとセットしている所がいい感じです。 白髪が多い人は崩す量を控えめにすると、もう少しまとまって見せることができます。 それでも前髪のアシンメトリーが効いてるのでおしゃれな仕上がりになりますよ。 前髪が超短いベリーショート。 前髪をおでこに沿わすように流しています。 トップにはゆるめのパーマで動きをプラス。 ペタンとしやすい人も乾かすだけでふんわり立ち上がるヘアです。 ショートボブにゆるいパーマをかけてくせ毛風に仕上げています。 こちらも短い前髪で可愛らしい仕上がりが特徴です。 70代80代のグレイヘアの人がこういった髪型していると、とてもおしゃれですね。 ショートカットにゆるめのパーマで流れと外ハネをつけたヘアスタイルです。 60代70代80代の方にはもう少し前髪短い方がいいかもしれませんね。 ヘアカラーはハイライト&ローライトでこういった仕上がりになっていますが、白髪交じりのグレイヘアの方でヘナ染めをすると、こういった仕上がりに自然となる人もありますよ。 マッシュっぽい雰囲気を感じるショートボブです。 耳上あたりにボリュームの位置がありますが、レイヤーも入れてあり、重すぎない仕上がりです。 ワックスを使ってふんわり仕上げるのがポイントです。 ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 サイドや後ろを刈り上げているので、白髪があってもスッキリとして見えて、清潔感を出すことができます。 グレイヘアだとヘアスタイルもぼやけた感じになりやすいですが、アシンメトリーの前髪といった工夫を取り入れると、グッとおしゃれ感アップになりますね。 前髪や全体的に横に流れをつけたベリーショート。 ベリーショートはグレイヘアでも活発的で若く見えるヘアスタイルですね。 前髪はおでこに沿わすように仕上げています。 丸みがある仕上がりは女性らしいフォルムでキュートな感じになりますね。 こちらも前髪がないベリーショートカット。 トップにかけて長くなるようにカットしています。 トップや後頭部に一番ボリュームがでるので、絶壁をカバーして丸みを作りやすいですね。 ワックスで握り込みながらセットします。 ショートカットを横に流し、サイドや顔周りをスッキリとさせたヘアスタイルです。 グレイヘアでも若く見える良い例ですね。 透明感のあるキレイなグレイヘアになっていますが、黄ばみが出ないように工夫することが大切です。 アメリカの女優、メリッサ・マクブライドさんです。 超ベリーショートですね。 グレイヘアでも短い前髪(というか前髪ないですけど)は若々しく見えるポイントです。 多分くせ毛なんでしょうけど、ワックスなどで外ハネさせて動きをつけている所がまたいいですね。 ピンパーマかけてもいいし、なくてもワックスで同じ仕上がりにできますよ。 こちらはうって変わって、80代シニアでもおしゃれに仕上がるパーマヘアです。 ショートボブにスパイラルパーマをかけてセットするとこういった仕上がりにできます。 グレイヘアといえどもボブは重くなりがちなので、前髪は短くして隙間を見せると軽い仕上がりにすることができますよ。 バリカンで刈り上げずに、ハサミでソフトに刈り上げたベリーショートカット。 ワックスで毛束感を少し出した方がおしゃれに仕上げることができます。 ベリーショートというと丸いフォルムをイメージすることが多いと思いますが、こういったツンツン スパイキーなヘアスタイルもアクティブで若く見えるのでおすすめです。 こちらはボブからショートへのビフォーアフター画像です。 ボブの落ち着いた大人女性のイメージもいいですが、ショートにすると若々しく見えるのがよく分かりますね。 ベリーショートに勇気が出ない人は、こういった事例があるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 白髪染めをやめてグレイヘアへのビフォーアフターです。 グレイヘアでもおしゃれに仕上がっていますね。 ボブでも片耳かけてスッキリと、あと髪をあまり遊ばせないようにタイトに仕上げています。 こちらはアシンメトリーのショートカットです。 ファッションも合わさってキレイな仕上がりです。 ショートレイヤーに外ハネや動きを出したヘアスタイル。 髪に動きがあるのと、顔をスッキリして見せているので、若く見えるヘアスタイルです。 顔は面長さんですが、ヘアスタイルのバランスがよいので、前髪で顔の面積を減らさなくても全然大丈夫です。 むしろ顔を出している方が若々しく見えますよね。 前髪も超短いベリーショートですが、丸みを感じないようにラフに仕上げたショートカットです。 60代70代80代どの世代でも、白髪交じりでも、完全白髪のグレイヘアでも似合う髪型です。 ワックスで崩すように仕上げると更にGOODですよ。 吉瀬美智子さん。 最近ではお手本ヘアスタイルとして、お客様がご希望されることが多いヘアスタイルです。 ゆるめのパーマをかけて少し動きをプラスすると、お手入れも簡単になるし若く見えるのでいいですよ。 短い前髪が特徴的な安田成美さん。 ショートボブにレイヤー入れてパーマで動きを出すとこういった仕上がりにすることができます。 短い前髪はなかなか勇気が入りますが、若々しく見えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 石田ゆり子さんの外ハネを取り入れたレイヤーボブ。 こちらも短い前髪ですね。 年齢を重ねていくと顔周りをスッキリさせると見栄えが良くなるので、美容室でオーダーする時は意識してみてください。 女優の鈴木保奈美さん。 ショートカットに大きめ強めのパーマをかけています。 前髪はパーマなし、もしくはゆるめのパーマが失敗しないポイントです。 乾かしたあとに、ムースかワックスでカールを戻すようにセットするといいですね。 鈴木保奈美さん世代の白髪染めには、割とこういった黒髪に近いダークブラウンも最近は多いですよ。 安田成美さんも同じような色ですよね。 フリーアナウンサー?芸能人?の滝川クリステルさん。 こちらはリアルな黒髪ですね。 ショートカットにゆるめのパーマで、少しだけ毛流れをつける感じです。 アナウンサーもしてるので、セットは控えめですね。 でも外ハネも少し入っているので、おとなしすぎない絶妙なバランスです。 中谷美紀さんのショートカット。 ななめ前髪から隙間が見えるのが60代70代80代にはちょうどいい感じに仕上がりますよ。 これが分厚い前髪だったら若作りになってしまうので要チェック! トップがペタンとする人は、ゆるめのパーマがいいですよ。 女優の松嶋菜々子さん。 ショート~ミディアムレングスのヘアスタイルですね。 パーマをかけて外ハネを作った軽い仕上がりと、六四分けにして顔部分にひし形シルエットを作っています。 面長タイプの人にもおすすめできる髪型です。 阿川佐和子さん。 ショートレイヤーボブですね。 多分ゆるいパーマがかかってます。 ななめ前髪で片方を耳にかけてスッキリとした印象ですが、ボブの丸い感じもあり、女性らしくて若く見える髪型です。 とてもよく似合ってますね。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 いつまでもヘアスタイルを楽しむためには、毎日のヘアケアに頭皮ケアを取り入れることが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 以上、60代70代80代の方に似合うおすすめ「ショートカット&ベリーショート」についてご紹介しました。 あまりたくさん載せると見づらいので代表的なものをピックアップしています。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の

「50代。」くせ毛で面長に悩むあなたへ、髪型アドバイス。

髪型ショート50代女性

50代のヘアスタイル事情は、「やってはいけない髪型は?」「この髪型は避けたい…。 」など、イメージチェンジに消極的。 そんなお悩みをもつ50代女性におすすめしたい髪型をピックアップしました!ハリ・コシのない、細い毛をボリュームアップしてみせるひし形ショートやパーマスタイル、ボブ、セミロングなど、若々しくおしゃれなイメージを印象づける髪型をたっぷりご紹介します! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 50代にもおすすめ!ひし形シルエットのヘアスタイルで輪郭矯正 丸顔も小顔にみせるひし形マッシュショート パッと見の収まりがよく、上品な印象を与える ひし形シルエット。 小顔にみせてくれるマッシュショートで丸顔をカモフラージュ 気になる輪郭をカバーしつつ確実に小顔を狙える、こなれ感のある大人ショートです! トレンド感満載!おすすめの大人ショートヘア スタイリッシュなメリハリショート メリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感が美しい髪型。 柔らかピュアなショート サイドとトップに自然なボリュームをプラスしたショートヘア。 フェースラインの髪の内側だけを両耳にかけ、トップはくしゅっと持ち上げ、ふんわりしたボリュームのある髪型。 ペタンコ髪にボリュームをプラス ふんわり弾力のあるショートスタイル。 巻いたような質感が作れるホットパーマは、髪がぺちゃんとしがちな人におすすめ。 明るめのベージュで華やかにカールが際立つ。 ひし形シルエット 髪表面にレイヤーを入れ、全体を緩くパーマをかけた洗練された大人のショート。 ひし形シルエットにするために、内側で毛量調整し、裾のラインは絞る。 髪色はアッシュ系のゴールドで明るめに。 重心を上げたショートボブ 横の膨らみを高い位置にし、顔をリフトアップして見える効果を狙った髪型。 全体の重さは残しているけど、重心が上がって軽やかに!カラーは透感の出るアッシュ系が魅力的。 リップラインボブ 顔周りの髪をリップラインに合わせてカットし、軽くレイヤーを入れ流す。 頬骨が隠れ丸顔に悩む人にピッタリな髪形。 細めのハイライトが抜け感のある陰影を表現してくれる。 前髪なしのボブスタイルで女らしく 【前髪なし】ツヤと清潔感のあるダークアッシュブラウン 前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。? き上げたときにラフな印象に。 【前髪なし】シャープだけど女らしい 毛先が内側に入るよう丸みをつけてカットし、顔周りの長さは非対称にすることでラフなニュアンスをプラス。 部分的に軽くし動きを出し、カラーはやや明るめで軽さを演出! ストレートやカールスタイルでキメる大人のセミロング・ロングヘア しっとり軽やかなストレート 毛先は動きが出るように微調整しながら、赤みを抑えたマットなグレージュに。 蛍光灯の下では暗く、太陽の下では明るく見え、オフィスでは知的さをキープ。 洗練された大人のストレートヘア。 ラフな平巻きカール 顔周りを鼻ラインでカット。 毛先はサイドに流し動きをつける。 全体はラフな平巻きワンカールでこなれ感がグンとアップ! 鎖骨下の外ハネヘア 前髪を作り、裾は鎖骨下で外巻きに。 表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ワンカール以上の動きが出るように巻くと、50代の髪型のお悩みに多い、ハリ・コシのない細い毛や猫っ毛でもボリュームが出やすくなります。 サイドバング長めのセミロング 重ためシルエットとパーマスタイルで今っぽく輪郭をカバー。 大人可愛いボブスタイルで若々しい印象に アメジストカラーボブ クリアな輝きの「アメジストカラー」が、スタイルを格上げしてくれるボブ。 髪型を変えなくてもイメチェンしたい人におすすめ! 脱・のっぺりワンレン 前髪を鼻先でカットし、自然にサイドにつなげる。 トップの根元を濡らし、毛先を左右に振りながらドライし、6:4で分け、毛先はアイロンでワンカール。 毛先のスイング感がポジティブ あごのラインは軽めのボブベースにレイヤーをプラスし、毛先にニュアンスをつけたペンシルエット。 前髪を下ろしてラウンド気味に整え、気になる顔の輪郭をカバー。 躍動感のある毛先がカジュアルで、若々しい印象に! 前髪短めの大人可愛いボブ 前髪を濡らし、ドライヤーの熱とブラシで押さえつけ、ぺったりさせるのがポイント。 やや固めのファイバーワックスを中間から毛先につけ、斜め下に軽く引っ張りながら、ギザギザした存在感のある毛束を作る。

次の

50代女性の似合う髪型について(ショート編)

髪型ショート50代女性

タグ くせ毛 ショート 40代 女性 髪型 ショートボブ ヘアスタイル 似合う髪型 活かす 生かす くせ毛を生かした髪型 50代 パサパサ ロング ミディアム 面長 くせ毛に似合う髪型 根本 天然パーマ セミロング 黒髪 ベリーショート 髪 うねり つや トリートメント ワックス 滝川クリステル 2019年 米倉涼子 縮毛矯正 やめたい やめる 原因 広がり 雨の日 広がる スタイリング ストレートパーマ 違い ロングヘア すかれすぎた 対処法 ボブ まとめる やってはいけない 決まらない 若返り 手入れが楽 丸顔 ミセス 老けて見える髪色 おばさん おばさんぽい おばさんぽくならない おばさんぽくなる 60代 素敵なヘアスタイル MAX戸来 美容院MAX 戸来正博 カット三万円 梅雨 湿気 若く見える髪型 失敗 チリチリ やり直し 髪質改善 効果 プリュムワックス ぽっちゃり アラフィフ 下膨れ 返金 根元 膨らむ 多い 量が多い 傷む tokio 痛む 効果がない ヘアオイル 付け方 使い方 ヘアミルク 併用 プリュムヘアオイル 髪の毛 治す 硬い 女 天パ 直し方 襟足 上向き 生え方 はねる ブルドック顔 たるみ 隠す ヘアアイロン 熱 守る オイル 髪が多くても似合う髪型 悪い コンデショナー だめ 毎日 ヘアパック リンス コンディショナー 痛い タイミング ひし形 表面 もわもわ ぴょんぴょん 髪の表面 うねうね 切れ毛 乾かし方 サラサラ ドライヤー後 シャンプー パーマ 当日 MAXシャンプー プリュムシャンプー 口コミ 評判 専用 美容院 どちらか 太い 髪が多い スタイリング剤 ボサボサ 治らない 静電気 対策 艶 出す方法 髪にツヤを出す 髪の毛が広がる 髪の広がりを抑える 方法 シャンプー後 きしむ 毛先が広がる スカスカ 枝毛 なくす 広がる髪 意味がない 前髪なし 前髪あり 細い髪 おすすめ 自分に似合う髪の長さ アイドル つやつや カット3万円 薄毛 大きい顔 白髪染め すぐ落ちる 高い わからない 頻度 いつから グレイヘア 作り方 更年期 プリュムローズ 練り香水 レディース 戻る 代用 ドラックストア アマゾン @コスメ 種類 洗髪 カラー後 色落ち 髪の広がりを抑えるスタイリング剤 抑える ホホバオイル つけすぎ イルミナカラー 後悔 ひどくなる 年齢 加齢 弱い 負けない 「50代になったし、 素敵なミセス風の女性になりたい」「 面長に似合う髪型がわからない」と思っている方へ。 こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。 50代になると、「落ち着いた大人の女性」という雰囲気が出てきます。 それなのに、髪型が30代や40代のままという人も多くいますよね。 僕的にはそれはそれでもいいと思います。 けど、髪質だけではなくお肌や体系の変化(加齢)はどうしても、なにをしても50代になると表面的に出て来てしまいます・・・。 でもですよ?!! 「もう若くない」なんて自信を失って下を向いて歩くなんてもったいない。 素敵なミセス風の髪型は、人生の経験を積んだ50代だからこそ似合うものです。 面長の人は、 美人風で上品な髪型がおすすめ。 面長の人が素敵なミセスヘアになるポイントを文章と画像そして動画でも解説し、ご紹介します。 襟足が跳ねて、軽やかな雰囲気になっていますよね。 シャギーを取り入れたヘアスタイルは、 小顔効果が期待できます。 そして束感ができるので 首がきれいに見える効果もあるんです。 シャギーはただ梳くだけのカットとは違い、美容師の技術力で仕上がりが変わります。 技術力のひくい美容師がやってしまうと、梳かれすぎたりきれいに仕上がらなかったりしてしまう。 シャギーは古いスタイルだからと取り入れないカットも増えてきましたが、流行よりは技術力がないのではと思うこともあります。 流行は繰り返されますし、5 0代の面長さんにもシャギーはおすすめです。 しかし50代の面長さんの場合、ひし形シルエットのシャギーは向いていません。 面長を強調させてしまったり、男顔に仕上がったりしてしまうからです。 右のシルエットのように、ボリュームを下の方に持ってくることで素敵な雰囲気になります。 50代になると髪の生え変わりサイクルやホルモンバランスの変化で、 髪のボリュームダウンが気になり始めます。 50代になりボリュームが気になるという方にも、シャギーを取り入れた髪型がおすすめ。 髪をあえて軽くすることでふんわり感が出て、 ボリュームが気にならなくなるんです。 後頭部のラインに丸みが出ているのがわかるでしょうか。 これがシャギーの効果なんです。 シャギーを入れると毛先に動きができるので、 軽やかで素敵な雰囲気になります。 前髪は必須 面長の人は前髪がないと似合わないといっても過言ではないです。 50代まで前髪を作らずにきた人は、最初すごく抵抗があるかもしれません。 でも、いざ前髪を作ってみると周りから「 似合っている」と思われることが多いですよ。 前髪のない髪型は縦のラインが強調されてしまい、 面長が悪目立ちします。 縦のラインをカバーしたいからといって、ぱっつん前髪はだめです。 変な若作り感が出てしまったり 痛い印象を与えたりしてしまう。 軽い前髪にしたりすき間を作ったりして、その人に似合わせていきます。 面長といっても、おでこが狭かったり骨格が影響したりで似合う前髪は変わります。 モデルや芸能人の人でも、面長の人はかわいい系ではなく美人系の雰囲気にしています。 50代で素敵なミセス風になるなら、美人系がおすすめ。 50代といえば子育てや仕事を一通り経験した年頃。 酸いも甘いもかみ分けた大人の女性だからこそ、素敵なミセスの雰囲気になるんです。 芸能人でいえば、天海祐希さんが面長です。 天海さんは面長に似合う髪型をしています。 画像のように横に流れる前髪にすると、仕事ができるキリっとしたミセス風になりますね。 傷みやパサつきはしっかりケア 素敵な髪型にしても、髪が傷んだりパサついたりしていては台無しです。 とくに シャギーを入れた髪型はセットが肝心。 くせ毛の人は髪がパサつきやすく、ボサボサの髪では みすぼらしさや おばさん感が出てしまう。 素敵なミセスヘアには、 髪のツヤが大事。 あと、束感も失ってはいけません。 髪の傷みやパサつきの放置はNGです。 素敵なミセスに必要な、上品な雰囲気がでません。 そしておすすめは、僕がくせ毛のために開発した。 素敵なミセスに欠かせない髪のツヤがすぐに出ますし、くせ毛も扱いやすくなります。 オーガニック認証を取得しているので、もちろん防腐剤や香料は不使用。 素敵な50代を楽しむためには、上質なものを使いましょう。 縮毛矯正もサロントリートメントも必要ありません くせ毛や髪のパサつきが気になる人は、縮毛矯正でくせを伸ばしたりサロントリートメントに通ったりする人がいます。 でも、サロントリートメントも縮毛矯正も、やり続けないと効果が持続しませんよね?家事に仕事にと忙しい時間をやりくりして定期的に通うのって、 結構しんどいものです。 サロントリートメントを続けても くせ毛は解消しませんし、縮毛矯正は髪にダメージを与えて抜け毛や切れ毛につながってしまう。 面長の人が縮毛矯正をかけると縦のラインが強調されて、より面長が目立ってしまいます。 自分のくせ毛を隠すのではなく、 活かした髪型にしましょう。 セットも楽になりますし、頻繁に美容室に通う必要もありません。 縮毛矯正もサロントリートメントも、50代までには卒業しましょう。 50代の面長女性に似合うショートヘア 50代のトレンドはショート 50代の人におすすめなのは、 圧倒的にショートです。 今ロングの人は髪を切ることに抵抗がある人も多いですし、「ショートは面長に似合わない」と思っている人も多いでしょう。 しかし顔の輪郭をカバーするなら、ショートが一番おすすめ。 面長の人に似合うショートもあるんです。 50代になると顔のシワやシミを気にして、自信がなくなっている人が多いです。 ロングが好きというよりは、 ロングで顔を隠したいという人もいます。 でも、下を向いて髪で顔を隠すなんてもったいない。 自分に似合うショートにすれば、 素敵なミセスに変身して堂々と顔を上げられます。 50代の面長さんがショートにする場合のポイントは、以下の2つ。 ・後頭部の丸みを少し低めにする ・センターわけの前髪にしない トップの高い位置にボリュームを持たせると、縦のラインを強調してしまいます。 だから面長の人は、ちょっと下の位置にボリュームを持ってくる方がいい。 同じく縦のラインを強調しないために、前髪もセンターわけはおすすめしません。 活き活きとした素敵な印象になっています。 しもぶくれ感もなくなって、頭の形や首のラインがきれいになりました。 くせ毛の人は襟足を揃えないのもポイントです。 その調整は美容師のセンスに任せるしかありません。 ベリーショートはブローやセットがいらないので、なによりも 手軽なのがメリット。 縮毛矯正やパーマを卒業したい人にもおすすめですよ。 くせ毛を活かす!50代の面長女性がミディアムを楽しむポイント 扱いにくい長さはくせ毛が活きる 「広がる」「扱いにくい」という理由でやらない人が多いのがミディアム。 確かに下手なカットだと髪の毛があばれてしまい、ボサボサの印象になります。 だからといって 重ためにカットするのは間違い。 重ためにカットしてもくせ毛を抑えるのは限界があり、広がってボサボサになってしまうんです。 ミディアムヘアで素敵な印象にするには、とにかく 立体感を持たせたメリハリのあるスタイルが大事。 くびれがない髪型は顔までたるんで見えてしまいます。 右のほうは襟足の髪が肩ではねて、動きが出ています。 顔もリフトアップして見えますね。 後ろのシルエットはひし形にして、メリハリをつけています。 50代でロングは痛い?くせ毛の面長さんに美容師からアドバイス 痛いロングヘアにならないポイント 「50代でロングは痛い」と思っている人が多いですが、 痛くないロングはあるんです。 まず痛い印象を避けるには、 「重ためのロング」「明るい髪色」は避けましょう。 シャギーやレイヤーで毛先に動きを与えれば、痛いロングヘアにはなりません。 素敵なミセスにふさわしい、上品な雰囲気になります。 素敵なミセスの髪型にするなら、色は暗めがおすすめ。 髪のツヤもアップしますし、落ち着いた大人の雰囲気になります。 まとめ(動画でも解説)  50代は加齢を気にしておしゃれな髪型を諦めがち。 しかし50代が持っている包容力や経験、大人の魅力を活かせれば、 素敵なミセスの雰囲気を作れるんです。 内面も影響するので、 素直さや笑顔も大事。 おしゃれを諦めず、既婚・未婚関係なくモテる女性で居続けてください。

次の