チェンソー マン ネタバレ。 チェンソーマン【最新72話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

チェンソーマン|ネタバレ最新話【65話】「闇の悪魔」のあらすじ感想!

チェンソー マン ネタバレ

デンジとパワーに生きて幸せになってほしいと願う早川は、最悪の事態を回避するためマキマを頼ります。 するとマキマは早川に命令し、強制的に契約を結ばせました。 そんな中、早川に同行していた天使の悪魔はマキマと出会ったとき、命令されてお世話になった村人を殺したことを思い出すのでした。 チェンソーマン75話ネタバレ 早川は全てをささげてマキマと契約を結びました。 そんな中、記憶を取り戻した天使の悪魔は「10年使用!!」と言いながら剣を召喚し、柄の部分を口でくわえてマキマの首をはねようとします。 しかしマキマが「伏せ」と命令すると、天使の悪魔は倒れこんでしまいました。 私の力をよく振りほどくことが出来たねと声をかけるマキマ。 天使の悪魔は両腕を失っているため起き上がれず、倒れたまま、お前は何をするつもりだと声を荒げて、マキマを睨みつけます。 そんな天使の悪魔に、私に全てをささげると言いなさいと静かに命令するマキマ。 すると天使の悪魔は大人しくなり、マキマに全てをささげると言いました。 そしてマキマは早川と天使の悪魔に謝りながら、こうするしかなかったと話し始めます。 日本は世界で一番諜報員であふれているため、銃の悪魔討伐作戦はすでに知られてしまっていました。 ブラフにしてもそんなに意味はなく、結局一番被害が出る形にしちゃったとつぶやくマキマ。 その頃アメリカの大統領はマキマを殺さなければ、人類に最悪の平和が訪れてしまうと考えていました。 他の国はすでに諦めて、マキマを受け入れたようです。 アメリカの大統領はマキマを恐れさせて大きくしたのは人類の歴史に他ならず、抗うことすら全て予定調和に過ぎないのかもしれないと考えつつも、自由の国を背負う者として、ただで屈するわけにはいきませんでした。 そして愚かな決断を許してくれと国民に詫びつつ、アメリカの大統領は銃の悪魔に言いました。 アメリカの国民の寿命を一年与える代わりにマキマ、支配の悪魔を殺してほしいと。 一方海にいるマキマは「おいで」と手を伸ばし、何かを迎え入れました。 その頃、崖の上に立つ教会では子供たちが歌を歌っていました。 しかし次の瞬間、窓を突き破って何発もの銃弾が子供たちの頭部を直撃しました。 1997年9月12日午後3時18分21秒。 秋田県にかほ市沖合より12秒間、銃の悪魔が出現。 出現後、能力を発動しました。 そして銃の悪魔の周囲およそ1500メートル以内のすべての子供(0歳~12歳)が頭部を銃弾で撃たれ、1000メートル以内のすべての男性も頭部を銃弾で撃たれました。 その被害は甚大で、何百人もの人々が死んでしまいました。 そしてついに姿を現した銃の悪魔は両手に何本ものライフル銃を持っており、胸元には無数の男の顔がうごめいていました。 アメリカの大統領はマキマを討伐するため、アメリカ国民全員の寿命を1年削って銃の悪魔と契約していましたが、やはり銃の悪魔はそれ相応の破壊力はありますね。 ここまで甚大な被害が出るとは思いませんでしたし、非常に恐ろしい悪魔でした。 結局マキマがどうなったのかわかりませんが、今後どんな展開になっていくのか、デンジが早川とパワーを殺す未来はどうなったのか、とても気になりますし、目が離せませんね! 次回のチェンソーマン76話が掲載される週刊少年ジャンプ31号は7月6日に発売されます。 チェンソーマン76話ネタバレはこちら.

次の

チェンソーマン75話ネタバレ!銃の悪魔、襲来!|漫画市民

チェンソー マン ネタバレ

5月22日最新70話追記しました。 予想するのが本当に難しいチェンソーマン。 主人公はじめぶっ飛び過ぎていると思いませんか? そんなチェンソーマンの魅力にはまる方が増えてます。 今回はチェンソーマンネタバレ70話確定と予想!最後はマキマが師匠にとどめを刺す?と題してお届けしていきます。 2020年5月25日(月)発売の週刊少年ジャンプにて「チェンソーマン」の70話が掲載されます。 前回はデンジが自分を燃やしながら相手へ攻撃。 闇に対して「光ん力だああ」で車ごと師匠を爆破、果たして師匠は倒すことが出来たんでしょうか。 それでは、チェンソーマンネタバレ70話確定と予想!最後はマキマが師匠にとどめを刺す?について見ていきましょう。 後半は ネタバレになっているのでご注意ください。 チェンソーマンネタバレ70話確定と予想!最後はマキマが師匠にとどめを刺す? 九 チェンソーマンまじ面白い — 三宮 宏太 sanchecheco 前回は師匠の強さの前に相変わらずデンジの無茶ぶりが炸裂しましたね。 まさかガソリンかぶって引火させて光とは。 毎週毎週本当に先が読めません。 そんなチェンソーマンをずばり予想していきましょう 笑 師匠のとどめはマキマがさす 前回光の力?で師匠に大ダメージを与えたデンジ。 さすがにあそこまでボロボロにされてしまうと倒されてしまったんじゃないかと思うんですが。 謎にデンジがぎゃああああとか言ってますけど 笑 そこへ、ある程度破片が散らばった後にマキマが登場するんじゃないでしょうか。 そしてマキマの手で師匠を葬り去る。 「お疲れ様デンジ君」とか言いながら横たわったデンジを抱きかかえるマキマ。 デンジはこれでマキマさんと旅行に行ける~!!!って喜ぶんじゃないでしょうか。 クァンシは人形になってしまったのか 師匠に人形にされたクァンシの彼女たち。 その一人にクァンシは刺されてしまってますよね。 果たしてクァンシは人形になってしまったのか。 それとも師匠を倒したことで人形になった人間が人間に戻るのか。 クァンシは元の姿に戻れるのか。 何気に好きなキャラの一人なのでこの先の展開が気になります。 見どころや予想みんなの声 先が見えないと言えば、チェンソーマン。 なんやこれ。 マンガの醍醐味と言えば考察。 チェンソーマンを考察出来る人居るん?伏線が伏線じゃない。 ずっとジェットコースターに乗ってる気分。 面白過ぎる。 — 石原 宙 HIROSHI0407ppp チェンソーマンの実写化はハリウッドよりも韓国映画の雰囲気がピッタリですよね 明るい昼の描写に影を多く取り入れて少しだけ不穏な雰囲気にさせるようなあんな… — おじよ DEDENmakiDE くそ、、チェンソーマン面白すぎて寝れねえ…課題もできねえ…しぬしかねえ..!! 人形から血を自分にかけるシーンからスタート。 デンジとサンタのやり取り デンジに倒されたサンタがグダグダグダグダとデンジに話しかけます。 要はサンタは人形の悪魔と契約しているから、世界中の誰でも人形にできるんだよと。 その人形は何度でもデンジを殺しに行くんだよと。 だから何?って感じのデンジ。 来るなら日曜日は休みだからそれ以外ね見たいな軽い感じの返し。 やっぱぶっ壊れてる 笑 デンジが恐れないことにまたグダグダグダグダ説明するも全く響かないデンジ。 まぁ今のデンジには怖い物ないですからね 笑 そんな話をしてる最中にデンジの首飛んじゃいましたよ。 無表情のまま後ろからクァンシがばっさり。 コスモがサンタにハロウィーン ずっとハロウィーンしか言わないコスモ。 クァンシがコスモにサンタにハロウィンを与えてあげるように指示すると、コスモが座り かめはめ波、いや座りながらハロウィーン。 図書館の中にいるトーリカの師匠とコスモ。 コスモはなんと宇宙の魔人だとか。 トーリカの師匠の脳内に入り込んだコスモに対して、そんなことをしても世界中にいる人形と繋がってるんだから無駄よと軽くあしらう師匠。 しかしすべての本の内容が脳味噌に流れ込むのよ~の後のあの本だらけのシーン。 本に埋め尽くされるトーリカ師匠。 そしてサンタはハロウィーンハロウィーンと言いながら燃え尽きて終了。 まさかサンタの終わりがコスモとは思いもよらなかったですね。 クァンシあっけなく死亡 サンタを倒した3人の前に吉田と岸部が現れ、クァンシが刀を抜き一触即発!? ということで目隠しをし始める二人。 これはマキマさんの出番ですよ。 激しい戦いを始めるかと思いきや・・・。 刀を下ろし降参するクァンシ。 私は逃げないから、私の女たちは殺すなと。 そんなクァンシに対して冷酷な目で呟くマキマ。 一瞬でクァンシと魔人の二人の首が飛んでクァンシ死亡 笑 とりあえずはサンタとの戦いが終わったことで一旦サンタ編は終わりですかね。 気持ち的にもう一度サンタ編読み返してみたいです。

次の

【チェンソーマン】38話ネタバレ確定感想&考察、金玉蹴り大会がエグい![→39話]

チェンソー マン ネタバレ

週刊少年ジャンプの人気漫画 『チェンソーマン』最新話72話のネタバレと感想、展開考察です! 激しい戦いを終えて日常が戻ってきたものの、 早川は片手を失いパワーもトラウマを抱えて幼児のようになってしまっていました。 そんな中でもマキマからは旅行に誘われていたデンジは、 行きたい気持ちはありつつもパワーの面倒をみる事を理由に断ったのでした。 何よりもパワーに対して献身的だったデンジは、 知ることの大切さと知らずに馬鹿でいる事の大事さのどちらも知った上で、自分の中の秘密を知らないままでいる選択をするのでした。 成長していくデンジを待つ展開とは!? それでは、気になる 『チェンソーマン』最新話72話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください! -------------------------------------------------- チェンソーマン72話ネタバレ:早川家の皆で北海道旅行へ 「 明日から2日くらい北海道に帰る。 メシは作っておくからチンして食えよ」 突如としてそんな事を言いだした早川に対して、ニャーコと遊んでいたデンジとパワーは 自分も行きたいとゴネ始めます。 早川の目的は墓参りに行く事ではあっても、 デンジとしては旅行が中止になっていたからどこかへ行きたい気分。 闇の悪魔に怯えていた パワーもある程度は落ち着いてきていただけに、皆で行けない事もない状態となっていました。 しかしネックになるのはネコのニャーコの事。 そこで 3人はニャーコを4課の隊長である岸辺に預ける事に。 お土産を何が良いかと聞くと、岸辺は即座に「酒」と答えるのでした。 そして始まった早川家3人での北海道旅行。 新幹線の中でははしゃいだパワーが駅弁を独り占めしたり、 北海道へのフェリーの中ではパワーが船に酔って吐いてしまったり。 バスの中ではパワーが吊り革に掴まって大はしゃぎしたり、徒歩になったら前を歩く早川に雪玉をぶつけたり。 そんな感じでようやく辿り着いた早川家の墓。 しかし そこでもすぐにいなくなってしまうデンジとパワー。 何をしているのかと思えば、二人は お供え物をカラスから奪って食べていました。 しかしパワーが食べた物はどうやら腐っていたようで、フェリーに続いてまたしても吐いてしまいます。 「 うああああ腐っとったああ!!闇の悪魔の力じゃああああああ!!!!」 そんな無茶苦茶な理屈に対して、 デンジは優しく「そうだな」と肯定してあげますが、早川は流石にぐったりしてしまうのでした。 マキマさんとの旅行がなくなった代わりに北海道への旅行に行く事に。 しかし なんだかもうこの3人はちゃんとした家族みたいになっていますね。 しっかり者の長男である早川と、アホだけど意外にしっかりしている次男のデンジと、アホでどうしようもないパワー・・みたいな。 チェンソーマン72話ネタバレ:デンジとパワーがうるさすぎて 墓参りを終えた一行が向かったのはとある旅館。 豪華な夕食となりますが、 残念ながら野菜嫌いのパワーにとっては食べられるものがそれほどありませんでした。 「 史上最悪な旅館じゃのお!!」 そんなパワーに対して、食べれないものは自分とデンジの皿に乗せろと優しく対応する早川。 しかし パワーにとっては食べれないものばかり過ぎて、腹が膨れる程の量は残りません。 そこでパワーは無言でデンジの腕を取るとそのまま噛みつき始めます。 「 ワシの腕じゃ・・・」 好き勝手に血を飲み始めたパワーに、 デンジは飲む時は許可を取れと叫ぶのでした。 もはや食べる気も失せる程に騒がしい二人に振り回された早川。 デンジとパワーが眠りについても眠れず、 窓際で外の雪を眺めていました。 そこで目が覚めたデンジは早川に声をかけます。 「な~に浸っちゃってんの」 外は雪が降るだけで景色も何もない状態ながら、しばしの間二人で外を見る時間が続きます。 そんな中で 自分の気持ちを早川はデンジに少しだけ語ります。 「 毎年墓行くとヤな事ばっか思い出すから憂鬱だったんだ。 でも今回はお前等がうるさくて浸る暇もなかったよ」 そんな早川の本音に対して、 デンジは少し迷いながらも「どういたしまして・・?」と答えるのでした。 なんだか 平和すぎて『チェンソーマン』とは思えない展開となっていますね。 基本的にはパワーが馬鹿やっているだけなんですが、それなのにどこか切ない空気感が流れているのが凄いです。 早川が直接的にデンジとパワーの事を家族として認めている感じや、デンジがそれを受け入れている感じなど、 凄く素敵な映画的な演出となっていましたね。 -------------------------------------------------- チェンソーマン72話ネタバレ:銃の悪魔との戦いと早川の決断 旅行を終えて帰って来た早川は、岸辺から預かっていたニャーコを返してもらう事に。 墓参りにいっただけなのに悪魔と戦うよりも疲れたとさえ語る早川。 デンジとパワーの元気の良さを知っている岸辺からすれば、連れていけた事が凄いとさえ思う程。 しかしずっと二人の面倒を見てきた早川は、 二人が少しは成長していたのだと実感していたのです。 「 デンジは言う事聞くようになったし、パワーは野菜を投げなくなりました」 そこまで話した所で少しだけ二人の間に沈黙が流れます。 そして 何かを決意した様子で早川は岸辺に語りかけます。 「 岸辺隊長。 近くある銃の悪魔の討伐遠征、4課は不参加にできませんか?」 そんな早川のまさかの言葉に少し驚かされる岸辺。 早川をよく知る岸辺からすれば、 早川こそが銃の悪魔の討伐を公安で一番待ち望んでいた人物のはず。 サンタにやられた分の人員は補充が利き、そもそも今回の作戦で戦うのは4課だけではなく公安屈指の部隊が集まる訳で、 相手が銃の悪魔であってもいい勝負が出来るのだと岸辺は予想していました。 そこまで言っても無言のままだった早川に、岸辺は一番気になるであろう部分の話を持ち出します。 今回の討伐に不参加であれば、銃の悪魔の居場所は機密事項によって知ることは出来なくなり、討伐されたとしても数年は早川の仇が死んだかどうかもわからなくなるのだと。 銃の悪魔を倒す事だけの為に生きてきた早川にとって、それこそが何よりも重要な事のはず。 しかし それでも早川は「それでもかまいません」と言い切るのでした。 早川が本気なのだと感じて、 上層部には4課が関わらない事を伝えるよう約束した岸辺。 その代わりに早川にどういう心境の変化なのかと問いかけます。 早川の頭に浮かんでいたのは 地獄でボロボロになっていたデンジとパワーの姿。 「 怖気づきました」 そう早川は岸辺に正直な気持ちを伝えるのでした。 早川のまさかの決断は色んな意味で重要になってきますね。 復讐の為に生きてきた早川がデンジとパワーという家族を見つけ、彼らの為にも自分の復讐心を捨て去る。 この辺りも非常に映画的というか、なんだか寂しさや悲しさを感じさせるなんとも言えないシーンになっていました。 -------------------------------------------------- チェンソーマン72話ネタバレ:デンジとパワーの家族の味 岸辺に思いを伝えて帰宅した早川。 「 お~激ウマのメシ作っといたぜ」 デンジのそんな言葉が早川を迎えます。 そして パワーも手伝ったという謎の料理が早川の前へ。 デンジによればもやしとソーセージと卵と醤油を痛め続けたヤツとの事。 しかし その中には紫色の謎の物体も。 どうやらそれについてはデンジも知らないようで、それこそが手伝ったパワーのなんらかの隠し味。 「 ウヌの為にワシらが一生懸命創ったんじゃ!」 残さず食えよというデンジの言葉に、 少しだけ嬉しそうにも見える早川はその謎の料理に手を伸ばします。 「どうだ?」というデンジに対して、料理の感想を伝えようとする早川。 しかし やっぱりダメだったのか思わず吐いてしまいます。 それに対して 「大失敗じゃ!」と何故か自信満々に言い切るパワー。 デンジも苦しむ早川に対して 「これで全員吐いたな」と謎の共通点を挙げるのでした。 びっくりするくらいに平和的というか、 家族としての温かい場面が続いていました。 まさかデンジとパワーが早川の為に料理を作ってくれるなんて思いもしませんでしたよね。 しかし ちょっと平和過ぎて逆に怖い展開となっていると思ってしまうのも『チェンソーマン』なんですよね・・・。 -------------------------------------------------- パワーちゃん大復活 闇の悪魔のトラウマで子供みたいになっていたパワーでしたが、今回である程度戻っていました。 そういう部分さえもパワーらしいというのがちょっとズルいですよね。 しかも北海道への旅行では100%好き放題。 暴れて食べて吐いての繰り返しという感じでしたが、 前回の弱々しい感じもあってなんだか幼い子どものようにしか思えなくなってしまっていたり。 ズルい部分や嘘つきな部分は減っているっぽいので、 ある意味では純粋になったと言えるのかも。 デンジがしっかり者にさえ見える件 基本的にはアホでヤバい奴だったはずのデンジ。 しかし 前回も大きく成長している事を見せていましたし、今回の描写を見てもなんだかむしろしっかりしているようにさえ思えました。 パワーとの関係も完全にお兄ちゃんという感じになっていましたし、何よりパワーの扱い方をしっかりわかっている感じでした。 しかもそれだけではなく、 早川とも真面目な会話がちゃんと出来ていました。 そう考えると 早川と同じ位ににデンジもまともになっているような気がしますね。 -------------------------------------------------- 早川の決断から感じる嫌な雰囲気 誰よりも銃の悪魔への復讐心で生きていた早川。 しかし デンジやパワーとの日々を通して、遂に銃の悪魔との戦いを諦める事に。 怖気づいたと言っていましたが、 自分ではなくデンジやパワーの死が見たくなかったんですよね。 本当の家族のようになった二人を、本当の家族と同じ様に失いたくなかったのでしょう。 そんな 早川に対して遂に料理まで作ってあげたデンジとパワー。 なんだか幸せな感じとなっていましたが、なんだかちょっと不穏な空気も感じ始めてしまいました。 これってもしかすると早川の死亡フラグなのでは?? 『チェンソーマン』とは思えないくらいに平和的なエピソードだったので、 次回は物凄い酷い展開が待っていそうな気がしてしまいます。 こういう予想は外れて欲しいんですけどね。 -------------------------------------------------- マキマさんの狙いとは!? やはり気になってしまうのはマキマさんの目的。 今回も 少し強引にデンジを旅行へと誘っていたりと、妙に怪しい部分を感じさせます。 こうなってくると、 マキマさんの目的がデンジと二人で旅行へ行く事だったという可能性もありそうな気がしてきます。 マキマさんはデンジに特別思い入れがあるようでもありますし、デンジの気持ちを変化させようとしているような感じでもありますね。 今回の旅行こそがその為に決定的なものとなるはずで、 もしかするとマキマさんはそれに失敗したのかもしれません。 これまではマキマさんがデンジの気持ちをコントロールしていたものの、 今回は完全にはコントロール出来なくなってしまった。 そうだとすれば、 今後何かしらマキマさんから動きがあるのかもしれませんね。 -------------------------------------------------- 特異課の今後はどうなる!? 新生特異4課となった時には結構戦力があった訳ですが、 今回の戦いでその大半が死んでしまったり腕を失ったりしてしまいました。 もはや 戦力ダウンというレベルではなく、壊滅的と言ってもいいでしょう。 こうなってくると、流石にメンバーを補充しないと何も成り立たなくなってしまいますよね。 新キャラが登場しても割とすぐ死んでいく『チェンソーマン』ですし、 次回には新たな特異課のメンバーが加わってきたりするのではないでしょうか。 あんまり実力の高いメンバーなんていなそうではありますが、一応形だけでも補充されるような気がします。 もちろん 補充されてもすぐに次の戦いでいなくなる可能性も高いですが。 この刺客編はやはり『知る』という行為をテーマに描かれてたのね…。 デンジが今後夢の中の扉を開けるのは考えを改め、もう一度ポチタやマキマさんについて『知る』と決意した時なんだろうか….。 お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の