ミミッキュ トリル。 ミミッキュ育成論 : 【一家に一台】便利屋トリルミミッキュ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】自分が使っているミミッキュの型を全部紹介する【育成論】

ミミッキュ トリル

ミミッキュは素早さで上をとっている相手に対し、 剣舞をしながら、攻撃をばけのかわで受け、上がった攻撃で仕留めるというのが基本的な戦い方となっている。 上を取られている場合でもかげうちで削ることができる。 相手のダイマックスターンを枯らせる ばけのかわは相手のダイマックスわざを凌ぐこともできる。 ばけのかわやダイウォールでダイマックスターン稼ぎが出来るのもミミッキュの長所だ。 最近ではゴーストダイブでさらに時間稼ぎをするミミッキュが増えてきた。 持ち物はいのちのたま以外もあり この型はいのちのたま型として紹介しているが、実はピントレンズやするどいツメもおすすめ。 個体値も0を目指そう。 ただしミミッキュは最遅でもそれなりに速いため、必ず有利になるわけではないので注意。 安定してトリックルームを発動可能 特性「ばけのかわ」により大抵の状況下で1回行動できるため、トリックルーム要員に最適。 鈍足アタッカーのドサイドンやローブシン、ヨクバリスなどに繋ぐと強力だ。 トリックルームのターンを無駄にせず早期退場を狙える上に、対面した相手に絶大な負担をかけられる。 ほぼ確定で身代わりを貼れるので、 素早さで勝っている相手なら一方的に倒すことができる。 基本的には技構成は固定 受けのHPを削るためののろいは必須。 みがわりがあると補助技を対策でき、いたみわけを覚えさせれば回復と削りを同時に行える。 攻撃技は威力重視でじゃれつくがおすすめだ。 攻撃技が無い構成もあり 対耐久型だけ見るのであれば、じゃれつくをに変更し、耐久に努力値を回す選択肢もある。 ドヒドイデやミロカロスのねっとうで身代わりが壊れないようにすると、より突破不可能な状況を作れる。 また先制でゴーストダイブをすることで、 ばけのかわと合わせてダイマックスターンを枯らす動きがしやすい。 でんじははダイジェットエース対策 でんじはは、ダイジェットを使用してくるエースポケモン対策として採用。 ミミッキュはやられてしまうが、後続のポケモンで対応しやすい状況を作れる。 パーティによってはウッドハンマーやみちづれなどに変更しよう。 ドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる こだわりスカーフを持つことで、S種族値で劣るドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる。 性格をいじっぱりにしているのは、4振りドラパルトをじゃれつくで確定1発にするためだ。 技や持ち物の選択肢 技の選択肢 技 解説 ・便利な先制技 ・急所率が高いタイプ一致技 ・ダイホロウでBダウンが可能 ・威力の高いタイプ一致技 ・ダイフェアリーで状態異常対策ができる ・のろいやダイマックスのターンを稼げる ・ヌオーやトリトドンに有効 ・でんきだまを持たせて使う ・ダメージを与えつつ相手をまひさせる ・対ミミッキュならばけのかわを剥がせる ・じめんタイプもまひする ・スカーフを持たせて使う ・相手をまひさせる ・みがわりとの相性がいい ・やけどにしてAを下げる ・やられる直前に使って1体をみちづれにする ・受けの補助技を封じる 持ち物の選択肢はかなり多い 持ち物は回復きのみ、特にオボンのみや攻撃重視のいのちのたまが定番。 でんきだまをなげつけるで投げてまひにするのもおもしろい。 殴り合う回数が多いのでひかりのこなで攻撃を外したり、スカーフをトリックで押し付けるのもありだ。 ばけのかわを貫通するか、物理を受けながらはがね技で抜群を狙える。 アーマーガアでほとんどなにもさせない アーマーガアの夢特性は、 能力を下げられず相手に跳ね返すというもの。 ミミッキュの攻撃で通るのはゴースト技だけであり、ダイホロウのBダウンの効果も跳ね返せる。 シャドークローの急所以外には安定した対応が可能だ。 ばけのかわを剥がしながら相性のいいポケモンに交代できるため、相手に1ターン与えずに済む。 物理耐久の高いノーマルタイプで対策 ミミッキュの攻撃技は基本的に ゴーストとフェアリータイプのみ。 ノーマルタイプでゴースト技を無効にすれば、攻撃手段はじゃれつく ダイフェアリー しかない。 物理耐久を厚くしたヨクバリスなどで対策が可能だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】剣盾版!トリルミミッキュ軸構築の作り方と立ち回りについての考察記事

ミミッキュ トリル

どうも、こんにちはkzkです。 今回は投稿されてそうでされていなかった僕が愛用しているカムラについてです。 ぶっぱだけなので育成も簡単で通常のがこれまでかげうちを打つしかなかったより早いポケモンにも対面で勝てるので是非使ってみてください! はじめに• HPをH、こうげきをA、ぼうぎょをB、とくこうをC、とくぼうをD、すばやさをSと表記するなど一部非公式用語を使用します。 ダメージ計算はダメージ計算SS様を使用しました。 特に指定のない限り相手は理想個体を想定します。 ミミッキュとは? A90、D105、S96とパッとしない種族値をもちますが、特性がバグレベルのため、よく使われているポケモンです。 その特性化けの皮の効果は、一度だけ相手の攻撃を8分の1ダメージに抑えることができ、化けの皮が剥がれ化けた姿からばれた姿に変わる効果です。 そのため、対面など1部を除いて1回の確実な行動保証があるため、つるぎのまいを積んだり、身代わりを貼ったり、トリルを貼ったりと様々なところで活躍してきました。 また、技範囲が優秀で現時点でゴースト・フェアリーを両方半減以外で受けられるのがしかいなく、このポケモンは剣盾内定を確定されていなく、元々のスペックが低いため実質全てのポケモンに一致技を等倍以上で殴れます。 身代わりにより、状態異常にも強いです。 従来の型と差別化 はどのポケモンにも真似できない特徴的な性能を持つので他のポケモンとの差別化は不要だと思います。 火力アップアイテムもち 火力の面では劣りますが、Sランク上昇によって自分よりSが高いポケモンにも火力を出せるのがポイントです。 アッキの実持ち 耐久で劣りますが、上からこうげきできるため、高火力で落とされる危険性がないのが良いですね。 また、つるぎのまいを積む隙がこちらの型の方が多くその点優秀です。 詳しい立ち回り 基本先発やあと投げなど、受け先としての使い方以外全般に置いて活躍します!詳しい立ち回りは下記参照。 相手が自分よりSが低い場合 裏に自分よりSが高いポケモンが控えているため、すばやさ上昇必須の場合を仮定しています。 このポケモンで対処しづらいポケモン ・ 自分より遅くダイジェット持ち 自分より早いダイジェット持ちは後ろにそのポケモンより早いポケモンが控えていることが想定できる場合に積んで来るので、されなければ起点にできます。 ただ、自分より遅いと、ダイジェットを迷わず積んでくるため注意が必要です。 後ろに受け先を用意しましょう。 例 、、、砂かき ダイジェットじゃないけど ・ 化けの皮を貫通できるポケモン 特性型破り、ガラル御三家のキョダイ技、連続技など。 こちらも受け先を用意しましょう。 例 、、、キョダイガラル御三家、、等 また、この型はかげうちもちの通常も対面次第では勝てません。 型の詳細• 素の対面で抜かれる相手を減らすため。 努力値は特に調整もなくASぶっぱ。 個体値はC抜け5V、持ち物はコンセプト上これで確定。 技構成• みがわり• つるぎのまい• ゴーストダイブ• じゃれつく 皆さんご存知の通り、ゴースト・フェアリーの技範囲が優秀なため、ほぼこれで確定です。 ゴースト技はダメージ意識のゴーストダイブですが、シャドークローでも良いかもしれません。 技スペースと威力的にかげうちは採用しにくいです。 与ダメージ計算 全て剣舞後での計算。 H4エースバーン ゴーストダイブ 98. 0〜115. 3〜165. H4ドラパルト ゴーストダイブ 186. 5〜219. 0〜314. H4化けの皮ダメ込み ゴーストダイブ 219. 8〜261. H4ドリュウズ ゴーストダイブ 96. 7〜114. 3〜165. H4トゲキッス ゴーストダイブ 78. 2〜91. 4〜132. 物理特化アーマーガア ゴーストダイブ 40. 9〜48. 0〜70. 物理特化カバルドン ゴーストダイブ 36. 2〜43. 6〜61. 物理特化輝石ポリゴン2 じゃれつく 32. 8〜39. 8〜55. 物理特化ラッキー じゃれつく 43. 1〜51. 4〜73. 補正なしエースバーン 玉持ち かえんボール 112. 9〜134. 0〜155. 補正なしドラパルト シャドーボール 83. 9〜100. 4〜161. 3〜160. 8〜229. 補正なしミミッキュ ゴーストダイブ 111. 4〜132. 3〜189. 補正なしトゲキッス マジカルシャイン 48. 0〜57. 8〜91. 無振りアーマーガア アイアンヘッド 74. 8〜88. 無振りカバルドン じしん 58. 0〜68. 無振りポリゴン2 シャドーボール 47. 3〜56. シャワーズ 鎧の孤島で強化された子。 ドラパルト 言わずと知れた並びミミドラパ。 ゴースト弱点が一貫しているものの、強すぎる。 この型に合わせる場合、ダイマエース型がおすすめ。 このポケモンの対策 高耐久ポケモンで受ける!それだけです。 特に他のポケモンを出されても止まりにくいがおすすめ。 さいごに 育成論最後まで観覧ありがとうございました。 も様々な型があり良いですね。 この型は現環境結構刺さっていると思います。

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ トリル

ミミッキュは素早さで上をとっている相手に対し、 剣舞をしながら、攻撃をばけのかわで受け、上がった攻撃で仕留めるというのが基本的な戦い方となっている。 上を取られている場合でもかげうちで削ることができる。 相手のダイマックスターンを枯らせる ばけのかわは相手のダイマックスわざを凌ぐこともできる。 ばけのかわやダイウォールでダイマックスターン稼ぎが出来るのもミミッキュの長所だ。 最近ではゴーストダイブでさらに時間稼ぎをするミミッキュが増えてきた。 持ち物はいのちのたま以外もあり この型はいのちのたま型として紹介しているが、実はピントレンズやするどいツメもおすすめ。 個体値も0を目指そう。 ただしミミッキュは最遅でもそれなりに速いため、必ず有利になるわけではないので注意。 安定してトリックルームを発動可能 特性「ばけのかわ」により大抵の状況下で1回行動できるため、トリックルーム要員に最適。 鈍足アタッカーのドサイドンやローブシン、ヨクバリスなどに繋ぐと強力だ。 トリックルームのターンを無駄にせず早期退場を狙える上に、対面した相手に絶大な負担をかけられる。 ほぼ確定で身代わりを貼れるので、 素早さで勝っている相手なら一方的に倒すことができる。 基本的には技構成は固定 受けのHPを削るためののろいは必須。 みがわりがあると補助技を対策でき、いたみわけを覚えさせれば回復と削りを同時に行える。 攻撃技は威力重視でじゃれつくがおすすめだ。 攻撃技が無い構成もあり 対耐久型だけ見るのであれば、じゃれつくをに変更し、耐久に努力値を回す選択肢もある。 ドヒドイデやミロカロスのねっとうで身代わりが壊れないようにすると、より突破不可能な状況を作れる。 また先制でゴーストダイブをすることで、 ばけのかわと合わせてダイマックスターンを枯らす動きがしやすい。 でんじははダイジェットエース対策 でんじはは、ダイジェットを使用してくるエースポケモン対策として採用。 ミミッキュはやられてしまうが、後続のポケモンで対応しやすい状況を作れる。 パーティによってはウッドハンマーやみちづれなどに変更しよう。 ドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる こだわりスカーフを持つことで、S種族値で劣るドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる。 性格をいじっぱりにしているのは、4振りドラパルトをじゃれつくで確定1発にするためだ。 技や持ち物の選択肢 技の選択肢 技 解説 ・便利な先制技 ・急所率が高いタイプ一致技 ・ダイホロウでBダウンが可能 ・威力の高いタイプ一致技 ・ダイフェアリーで状態異常対策ができる ・のろいやダイマックスのターンを稼げる ・ヌオーやトリトドンに有効 ・でんきだまを持たせて使う ・ダメージを与えつつ相手をまひさせる ・対ミミッキュならばけのかわを剥がせる ・じめんタイプもまひする ・スカーフを持たせて使う ・相手をまひさせる ・みがわりとの相性がいい ・やけどにしてAを下げる ・やられる直前に使って1体をみちづれにする ・受けの補助技を封じる 持ち物の選択肢はかなり多い 持ち物は回復きのみ、特にオボンのみや攻撃重視のいのちのたまが定番。 でんきだまをなげつけるで投げてまひにするのもおもしろい。 殴り合う回数が多いのでひかりのこなで攻撃を外したり、スカーフをトリックで押し付けるのもありだ。 ばけのかわを貫通するか、物理を受けながらはがね技で抜群を狙える。 アーマーガアでほとんどなにもさせない アーマーガアの夢特性は、 能力を下げられず相手に跳ね返すというもの。 ミミッキュの攻撃で通るのはゴースト技だけであり、ダイホロウのBダウンの効果も跳ね返せる。 シャドークローの急所以外には安定した対応が可能だ。 ばけのかわを剥がしながら相性のいいポケモンに交代できるため、相手に1ターン与えずに済む。 物理耐久の高いノーマルタイプで対策 ミミッキュの攻撃技は基本的に ゴーストとフェアリータイプのみ。 ノーマルタイプでゴースト技を無効にすれば、攻撃手段はじゃれつく ダイフェアリー しかない。 物理耐久を厚くしたヨクバリスなどで対策が可能だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の