ペット フード 工房。 ペットフード工房株式会社のアルバイト/パート情報【イーアイデム】八王子市の食品製造・加工求人情報(ID:A91212380433)

リバードペット株式会社|川口グループ企業|川口グループ グループサイト

ペット フード 工房

最新情報 2015年11月25日 2015年11月17日 企業概要 川口グループペット事業のリーダー企業 人とペットが共存できる社会づくりを目指して 川口グループにはペット事業会社が4社ありますが、リバードペット㈱はそのリーダー企業として商品開発・製造・販売をサポートします。 1998年ペット事業開始以来、ジャキー系・デンタルガム系など多種多様な犬のおやつをお客様へお届けしてまいりました。 ペット事業は人とペットが快適に共生できる社会作りを目的に、日々変化するお客様のニーズを具現化すべく商品開発に努めています。 事業内容 ・ペットフード、ペット用品の開発、輸入、販売 ・ペットフード原料の販売 ・インターネット通販サイトの運営 国内生産拠点 ・とっとり匠の杜工房(鳥取県鳥取市) 長年の経験を活かしたOEMメーカー 量販店様のOEMメーカーとして多岐にわたりペットフードの開発・販売に携わってきました。 これまでに蓄積された豊富な経験、 市場動向、独自の技術を元にお客様の多様なご要望に応え、オリジナリティーのあるオンリーワン商品をご提案します。 PB商品はもとより当社オリジナルパッケージのNB商品も取り揃えています。 NBシリーズ一例• 鳥取産 無添加野菜シリーズ• 国産 無添加ジャーキーシリーズ• 国産 ジャーキーシリーズ• 国産 デンタルガムシリーズ 物流センターを完備したメーカーベンダー 当社は独自の在庫管理システムと物流システムを構築することで卸問屋の物流機能を取り込み、 中間流通で発生する余分なコストとリードタイムロスを解消し、これらのメリットをお客様へご提供します。 また当社物流センターのある鳥取市は全国でも天災が少ないと言われるリスク分散の好適地であり、 かつ鳥取道(無料)開通により首都圏・京阪神への物流もスムーズになりお客様のご指定納期に最高品質の商品をお届けします。 > 所在地 〒680-0934 鳥取県鳥取市徳尾433番地1 Tel:050-3803-7438(代表)/Fax:0857-28-6108 Mail: 代表者 代表取締役社長 川口 大輔 創業 2011年創業 <2000年 旧:川口義治商店ペットフード販売開始 (リバードペット前身)> グループ創業 1948年創業 事業内容 ペットフードトータルサポート <ペットフード 製造・販売・輸入> 拠点 ・とっとり匠の杜工房:鳥取県鳥取市野坂 (製造拠点) ・とっとり倉庫:鳥取県鳥取市徳尾 グループ企業 <国内拠点> ・リバードコーポレーション株式会社:鳥取県鳥取市(包装資材・農業資材の販売) ・リバードプロダクション株式会社:鳥取県鳥取市(電気機械器具製造・農業資材製造・ペットフード製造) <海外拠点> ・リバードバングラデシュ株式会社:バングラデシュ チッタゴン市 (農業資材・ペットフード製造・輸出) 沿革 西暦 月 川口グループ年表 1948 3 鳥取市末広温泉町にて川口義治商店 創業 1969 4 株 川口義治商店 法人設立 1982 10 株 川口義治商店 米子支店 設立 1985 4 株 川口義治商店アルカリマンガン電池製造開始 ケイビーシー前身 1990 7 株 川口義治商店 出雲営業所 設立 1993 4 川口東洋輔社長 就任 1997 3 ケイビーシー 株 設立 1998 3 中国・青島川口有限公司 設立 1999 2 本社 新社屋新築移転 現鳥取市徳尾 2000 3 東京ダイワ 株 設立 2000 10 株 川口義治商店 中部営業所 設立 2006 9 中国・山東川口潤祥食品有限公司 設立 2011 8 リバードペット 株 設立 2011 10 リバードコーポレーション 株 設立 2013 7 RIVERD Bangladesh ltd 設立 2014 1 川口東洋輔会長 川口大輔社長 就任 2015 7 とっとり匠の杜工房設立 2016 6 RIVERD USA Inc. 設立 2016 9 RIVERD MEXICO Plant 稼働開始 2018 4 ケイビーシー 株 をリバードプロダクション 株 に社名変更.

次の

ドッグフード工房<鶏肉>の本当の口コミと評判は?

ペット フード 工房

最新情報 2015年11月25日 2015年11月17日 企業概要 川口グループペット事業のリーダー企業 人とペットが共存できる社会づくりを目指して 川口グループにはペット事業会社が4社ありますが、リバードペット㈱はそのリーダー企業として商品開発・製造・販売をサポートします。 1998年ペット事業開始以来、ジャキー系・デンタルガム系など多種多様な犬のおやつをお客様へお届けしてまいりました。 ペット事業は人とペットが快適に共生できる社会作りを目的に、日々変化するお客様のニーズを具現化すべく商品開発に努めています。 事業内容 ・ペットフード、ペット用品の開発、輸入、販売 ・ペットフード原料の販売 ・インターネット通販サイトの運営 国内生産拠点 ・とっとり匠の杜工房(鳥取県鳥取市) 長年の経験を活かしたOEMメーカー 量販店様のOEMメーカーとして多岐にわたりペットフードの開発・販売に携わってきました。 これまでに蓄積された豊富な経験、 市場動向、独自の技術を元にお客様の多様なご要望に応え、オリジナリティーのあるオンリーワン商品をご提案します。 PB商品はもとより当社オリジナルパッケージのNB商品も取り揃えています。 NBシリーズ一例• 鳥取産 無添加野菜シリーズ• 国産 無添加ジャーキーシリーズ• 国産 ジャーキーシリーズ• 国産 デンタルガムシリーズ 物流センターを完備したメーカーベンダー 当社は独自の在庫管理システムと物流システムを構築することで卸問屋の物流機能を取り込み、 中間流通で発生する余分なコストとリードタイムロスを解消し、これらのメリットをお客様へご提供します。 また当社物流センターのある鳥取市は全国でも天災が少ないと言われるリスク分散の好適地であり、 かつ鳥取道(無料)開通により首都圏・京阪神への物流もスムーズになりお客様のご指定納期に最高品質の商品をお届けします。 > 所在地 〒680-0934 鳥取県鳥取市徳尾433番地1 Tel:050-3803-7438(代表)/Fax:0857-28-6108 Mail: 代表者 代表取締役社長 川口 大輔 創業 2011年創業 <2000年 旧:川口義治商店ペットフード販売開始 (リバードペット前身)> グループ創業 1948年創業 事業内容 ペットフードトータルサポート <ペットフード 製造・販売・輸入> 拠点 ・とっとり匠の杜工房:鳥取県鳥取市野坂 (製造拠点) ・とっとり倉庫:鳥取県鳥取市徳尾 グループ企業 <国内拠点> ・リバードコーポレーション株式会社:鳥取県鳥取市(包装資材・農業資材の販売) ・リバードプロダクション株式会社:鳥取県鳥取市(電気機械器具製造・農業資材製造・ペットフード製造) <海外拠点> ・リバードバングラデシュ株式会社:バングラデシュ チッタゴン市 (農業資材・ペットフード製造・輸出) 沿革 西暦 月 川口グループ年表 1948 3 鳥取市末広温泉町にて川口義治商店 創業 1969 4 株 川口義治商店 法人設立 1982 10 株 川口義治商店 米子支店 設立 1985 4 株 川口義治商店アルカリマンガン電池製造開始 ケイビーシー前身 1990 7 株 川口義治商店 出雲営業所 設立 1993 4 川口東洋輔社長 就任 1997 3 ケイビーシー 株 設立 1998 3 中国・青島川口有限公司 設立 1999 2 本社 新社屋新築移転 現鳥取市徳尾 2000 3 東京ダイワ 株 設立 2000 10 株 川口義治商店 中部営業所 設立 2006 9 中国・山東川口潤祥食品有限公司 設立 2011 8 リバードペット 株 設立 2011 10 リバードコーポレーション 株 設立 2013 7 RIVERD Bangladesh ltd 設立 2014 1 川口東洋輔会長 川口大輔社長 就任 2015 7 とっとり匠の杜工房設立 2016 6 RIVERD USA Inc. 設立 2016 9 RIVERD MEXICO Plant 稼働開始 2018 4 ケイビーシー 株 をリバードプロダクション 株 に社名変更.

次の

ペットフード工房株式会社のアルバイト/パート情報【イーアイデム】八王子市の食品製造・加工求人情報(ID:A91212380433)

ペット フード 工房

添加物には、保存期間を長くできるようにするためや、いわゆる食いつきを良くするために匂いや風味を付けるためのものがあります。 ドッグフード工房<鶏肉>には、原材料から見てもわかるように、嗜好性を上げるとか、見た目をよくするとか、保存期間を長くさせる、といった背伸びするような添加物は一切入っていません。 添加物の中には害の無い成分と言われているものもあります。 しかし、本来口にしなくて済むならば、食べない方が良いのです。 ドッグフード工房<鶏肉>は完全に無添加であることが選んだ理由の1つです。 国内産の良質な原料 ドッグフード工房のドッグフードは原材料の質にもこだわっています。 基本的に国内で生産された原料を使用し、鶏肉は国内の食肉衛生検査をパスした人間でも食べられるレベルの精肉が使われています。 食べるものですから、原料の質にこだわっているフードが安心です。 油で揚げていない製法 ドッグフードには製造工程の中で油で揚げて作られているものがあります。 油で揚げたフードは、カロリーが高くなっている傾向があります。 さらに、油は酸化しやすく傷みやすい性質があるので、それを阻止するための酸化防止剤が添加されています。 これらの事を考えると、ドッグフードを油で揚げることは不向きなのです。 ドッグフード工房<鶏肉>は、油で揚げずに乾燥により固める製法が取られています。 油で揚げていない製法であることも、ドッグフード工房<鶏肉>を選んだポイントです。 人が食べてもおいしい 我が家では、ドッグフードをチェックするために、実際に人間がフードを食べています。 フードによっては、かすかな臭みや苦味があったりします。 ドッグフード工房<鶏肉>を食べて見ると、鰹節の香り、鶏肉や小麦のやさしい味で、おいしい味に感じました。 どの子も問題はなかったです。 食いつきは良い。 みんな夢中で食べてくれます。 ウンチの状態は硬すぎず軟らかすぎず、程よい軟らかさでした。 吐き戻し、下痢はしていません。 下の方で述べていますが、<馬肉>は下痢しました。 毛艶は良いです。 毛のパサパサ感はなく、モフモフしています。 涙やけ(目の周囲の毛が茶色く変色すること)は出ていません。 対策として、開封後は真空保存で保存することをおすすめします。 真空保存についてはこの記事が参考になります。 <馬肉>はうちの子達には合わなかった ドッグフード工房には他のラインナップとして「馬肉」があります。 鶏肉ばかりでは飽きるかな?(実際、犬は同じ食べ物でも飽きない)と思い、「馬肉」を試してみたことがありました。 ところが、馬肉を食べると、どの子も下痢をしたのです。 これは「馬肉」が悪いわけでは決してなく、子犬の頃から「馬肉」は食べたことがなかったので、おそらく犬の胃腸との相性が悪かったためだと考えています。 そのため、「馬肉」がどのわんちゃんでも下痢をするということではありません。 ですが、やはり子犬の頃から食べなれた素材を原料にしたドッグフードを選んだ方が胃腸との相性は良いということです。

次の