バイブ 選び方。 現役OLが選んだ!イチオシのバイブおすすめ人気ランキング10選|Cheeek [チーク]

バイブの正しい使い方をご紹介!選び方や手入れ方法も【女性必見】

バイブ 選び方

認知度はそこそこあるバイブですが、実際に使ったことのある女性はどのくらいいるのでしょうか。 また、使ってみた感想も気になるところです。 バイブに関する話を、女性に直撃してみました! 使ったことあるけど気持ちよくなかった 「バイブは使ったことがあるけど、全く気持ちよくありませんでした。 バイブがブルブル振動するだけで、あまり刺激がなくて。 使い方を調べてから使ってみましたが、期待したような快感は得られませんでしたね。 正しい使い方がわかれば気持ちいいと思えたかもしれませんが、1度気持ちよくないと思ったオモチャに再度トライする人は少なそうですね。 オナニーはローターでしかしない 「バイブは使ったことがありません。 まだ処女なので、何となく怖くて使う気になれなくて。 特に処女だと、中にバイブを入れるのに抵抗がある場合もあるようですよ。 使い方がよく分からなかった 「バイブを買ったけど、調節用のボタンみたいなのがいくつもついていて、使い方がよく分からなかった。 私が買ったものは、アソコに入れる部分だけでなく、余計なものが付いていて、余計に訳がわからなかった。 使い方を知れば気持ちいいと思えるはずなので、もったいないですね。 使い方がわかれば気持ちよくなれた 「彼氏にバイブを急に渡されて、使ってみてほしいと言われました。 バイブを使うのが初めてだったので、その時はあまり気持ちよくない感じで…。 でも使い方がイマイチわからず、その時はイクことができなかった。 使い方を知るのは大切ですよね。 普通の使い方では気持ちよくなれなかった 「普段、彼氏と激しいセックスばかりしているせいか、バイブでは物足りなかった。 普通の使い方では、全く刺激がなくて。 中に入れてスイッチを入れたけど、そのままではイクこともできずガッカリ。 使い方を工夫すれば、イクことができるかもしれませんね。 使い方のバリエーションが少ない 「ローターは、乳首にあてたりアソコに入れたりと色んな使い方ができるのに、バイブは使い方にバリエーションがないのでつまらない。 何度か使ったけど、飽きてしまった。 刺激に慣れやすい人には物足りないようです。

次の

メタルバイブ向け!ベイトロッド&リールの選び方とおすすめ5選

バイブ 選び方

尿道オナニーを楽しむには尿道バイブや尿道ブジーが欠かせません。 しかし、デリケートな部分に入れるモノなので、なんでもいいわけではありません! 使う前に知っておくべきことがいくつかあるんです。 ここではまず 尿道バイブを使う前の注意点をわかりやすく説明します。 粘度の高いローションを準備 尿道ブラグを使う時に必須なアイテムがローションです。 ローションを使うことで、尿道バイブがスムーズに挿入され デリケートな粘膜を守ります。 この時に使うローションは、さらさらタイプよりも粘度の高いねっとり系のローションがおすすめ。 特に医療用の水溶性のローションをおすすめします。 一般的なラブローションは、化学物質を含むものも少なくないので、注意してくださいね。 さらに、医療用ローションは 普通のローションより乾きにくいため、ロングプレイでも安心です! 初心者は必ずシリコン製バイブを選ぼう 尿道バイブ初心者は必ずシリコン製のものをチョイスしましょう。 シリコンは医療器具にも使われる柔軟性に富んだ素材。 尿道の中でもしなやかに曲がるので、どんな形状のペニスもフィットするんです。 ステンレス製の尿道ブジーは上級者向け。 「初めてだけどどうしてもステンレス製がいい!」という場合には、小さいサイズから試すことをおすすめします。 尿道挿入部分は直径5mm以下が安全 尿道バイブ 初心者は挿入部分の直径が5mm以下のものを選んでください。 なぜ5mmかと言うと 病院で使われる尿道カテーテルが5mm前後だからです。 つまり、このサイズであれば尿道オナニー経験がなくても挿入できるということなんです。 いきなり大きなサイズのものを試して尿道の内部を傷つけてしまっては大変なので、 まずは小さなサイズからスタートしましょう。 必ず口コミで安全性を調べる 尿道バイブは 必ず口コミで安全性を調べてから購入しましょう。 尿道は本来排泄専用の器官なので入ってくる方向の刺激には強くありません。 安価な尿道バイブの中には粗悪な商品も少なくないため、 尿道内を傷付けて炎症の原因になるなんてことも。 挿入すると明らかにヤバい痛みが。 先端部分を確認するとバリがありました! これを挿入するのは危険すぎます。 () こんな怖い口コミも珍しくないんです。 Amazonに出品されている安価な中国製の尿道ブジーの中には、 品質と安全性に疑問を抱かざるを得ないものが多いです。 購入前は口コミや満足度もしっかりチェックすると失敗しませんよ! 初心者におすすめの尿道バイブ&グッズ18選 お待たせしました! ここからは 初心者におすすめの尿道バイブ&ブジーをランキング形式で18アイテムご紹介していきます。 自分で選ぶと失敗しそうで怖い!という方はぜひ参考にしてくださいね! 18位. ビーズ形状&パワフルバイブで強い刺激を楽しめる尿道バイブです! 先端から根元にかけて徐々にビーズが大きくなるので、挿入の深さを調節することで段階的な尿道拡張ができますよ! 刺激がダイレクトに前立腺に伝わるので ドライオーガズムも体験できちゃうアイテムです! 17位. 尿道から前立腺をダイレクトに刺激できるアイテムです。 太さは5mmと初心者でも余裕のサイズですが 長さはなんと30cmのロングボディなんです! 尿道に入れれば、 前立腺や膀胱にダイレクトにバイブレーションを伝えてくれますよ。 その他ペニスに巻き付けたり、アナル開発に使ったりと 幅広い用途で楽しめます! 16位. 5cm 太さ 小:6mm 中:8mm 大:10mm バイブ機能 なし 口コミ評価 6. ボルトのような形のお洒落な尿道グッズです。 一番小さいタイプは6mmとカテーテルよりやや太いですが柔らかいので ローションをたっぷりつければ初心者でも無理なく挿入できますよ! 初級から上級まで 無理なくステップアップすることができるアイテムです。 15位. 2cm 太さ 5. ビビットなピンクがお洒落な電動尿道バイブです。 コンパクトで可愛い見た目ですが、10種類の震動パターンを搭載した高性能モデルなんですよ! 女性ウケの良いルックスなので 彼女に尿道開発をしてもらいたい方、そして 彼女の尿道を開発したい方にもおすすめのアイテムです。 14位. 尿道オナニーと亀頭オナニーが同時に楽しめる尿道バイブです。 尿道ピックの先端部分が膀胱や前立腺に刺激し 中からこみ上げるような快感を味わえますよ! 震動パターンは16種類と豊富なので必ず自分にぴったりの刺激が見つかります。 コスパにも優れ初心者から上級者まで幅広くおすすめできるアイテムです! 13位. 医療品メーカーが開発した安全性バツグンの尿道グッズです。 医療機器承認番号も取得している本格的なカテーテルなので慎重に尿道開発を進めたい方には最適ですよ! こちらはもっとも小さい直径が2. 7mmサイズですが、他に9サイズ、合計10サイズ展開されているので 自分のレベルに合わせてゆっくり開発することができます! 12位. 長さ・太さともに初心者にとって理想的な尿道バイブです。 シリコン製の軟かなキャップが亀頭を包み込みまるでマッサージするように震動を与えてくれるんです! さらに尿道ピックによる中からの刺激で、 尿道が押し広げられる快感とドライオーガズムを経験できるおすすめアイテムです。 11位. ペニスリング付きで 挿入したままお出かけもできちゃう尿道グッズです。 ペニスリングがストッパーの役目を果たすので入れっぱなしにしても脱落しないんです! 早く尿道拡張をしたい方、 常に尿道の刺激を感じていたいという方にぴったりのアイテムです。 10位. 尿道とアナルの電気ショック責めできちゃう最強グッズです。 パルス刺激のピリピリとした快感が尿道、前立腺、そして尿道内部に走り、 これまで感じたことのない快感を楽しめるんです。 そしてアタッチメント取り付け口が2つあるので、アナルプラグ(別売)を付けれ ば尿道&アナルのW刺激が楽しめますよ! 初級者から上級者まですべての人が楽しめる4種類のピック付きのお得なアイテムです! 9位. スタイリッシュなステンレス製の尿道プラグ7本セットです。 7本のプラグは1mm間隔で太さがアップしていくので段階的な尿道拡張ができるんです! 初心者から上級者まで長く楽しめるアイテムです。 5mm 中:5. 5mm 大:6. オナホと尿道バイブが一体化した最強アイテムです。 一見ただのオナホに見えますが尿道ピックがついているので オナニーしながら尿道開発ができちゃうんです! しかもピックは太さが異なる3タイプがセットになっているので段階的な拡張ができますよ。 まるで 女性に挿入しているような快感に前立腺刺激が加わりこれまで経験したことのない強い射精感を味わえます! 7位. ビーズ形状で強い快感が味わえる尿道グッズです。 通常の尿道ピックやバイブと異なりビーズ型なので 尿道内をゴリゴリする刺激がクセになりますよ! 持ち手にリングが付いているので操作しやすいのも嬉しいポイントです。 「リトル」の他に、大きめビーズの「ショート」、ビーズの大きさと長さがMAXの「ロング」もあるので シリーズ買いするとスムーズな尿道開発ができます! 6位. 太めのピックとハイパワーさがウリの海外グッズです。 見た目はお洒落でスタイリッシュですが見た目を裏切る馬力なんですよ! スイッチをオンにすると強い刺激が前立腺と膀胱にダイレクトに伝わり 数分でイッてしまう男性続出中です。 太さ6mmと初心者にはやや太めですが挿入しやすい形状なので、 ローションをたっぷり塗れば意外と簡単に入りますよ! 強めの刺激がお好みの方にぴったりのアイテムです。 電気ショックの快感が楽しめる尿道バイブです。 尿道バイブは大と小の2サイズがセットになっているので尿道拡張のレベルに合わせて楽しますよ! このグッズの最大の特徴は 「パルス刺激」です。 尿道に電気を流すのとどんなことになるのか興味を持ち購入。 実際に使ってみると上手く位置と強弱を調整すれば、痛みよりむず痒さと快感が押し寄せてくる感じです。 ( この男性のように 未知の快感にハマる人続出中のアイテムです! 4位. 5mm 中:6. 5mm 大:7. 異なる太さのバイブが3本セットになった商品です。 無理なく段階的な尿道開発が出来ちゃいますよ! しかも 毎分1500回という超高速震動が膀胱や前立腺を刺激し、これまで味わったことのない快感を楽しめます。 星5つ以上の快感です!シリコンで柔らかいので無理しなければ痛みは全くありませんでした。 ( このように 尿道初心者でもすぐに快感を楽しめちゃうおすすめアイテムです。 メタリックの本格的な尿道バイブです。 太めのボディが尿道の中で震え圧迫する快感は病みつきになるレベルです。 膀胱の出口付近を通過する時、前立腺を刺激し最高潮になり射精w その後も前立腺を刺激し続けると、竿に刺激を与えなくとも潮吹きします。 ( この男性のように前立腺の刺激によって 潮吹きしたり ドライオーガズムを体験したという口コミが多い実力派アイテムです! SMぽい威圧感のあるルックスがプレイ前の興奮を高めてくれますよ!見た目にもこだわりたい方にもおすすめです。 極細ロングサイズで色んな使い方ができる尿道グッズです。 極細でも震動はパワフル、7 種類の震動が先っぽまでしっかり伝わるので前立腺の刺激にも最適なんです。 適度な長さと太さのピックが、尿道を押し広げてく感覚、膀胱内でループしてるであろう感覚がたまりません。 ( 非常に長いのでこの男性のようにこれまで味わったことのない快感に夢中になる人が多いんですよ! 柔軟性も抜群なので ペニスに巻き付けたり、 鞭にしたり、 アナルに挿入したりと大活躍間違いなしのアイテムです。 NLSのオリジナルグッズというだけってかなり個性的なアイテムですがほぼすべての性感帯に使えるマルチなアイテムですよ!用途の広さを考えるとコスパも最高です。 有名アダルトグッズメーカーNLSの人気尿道グッズです。 亀頭キャップがついているので亀頭責めと尿道オナニーが同時にできちゃうんです! 尿道に挿入する尿道ピックは直径3. 5cmと尿道カテーテルより細いので、初心者の方でもスムーズに挿入できます。 尿道責めに興味があり、購入しました。 これはいいですね。 慣れるのにちょっと時間がかかりましたが、1日使用しただけで、もう癖になりました。 あの強力な振動、計16パターンもあるのがすごい! もうはなしません(笑)( この人のよう に16種類の震動がくせになると言う口コミが多い、 ビギナーから上級者まで幅広くおすすめできるアイテムです。 ペニスの中でも敏感な亀頭をピンポイントで責めながらごく自然な流れで尿道も楽しめるんです。 すべてのパーツがシリコンで出来ているので 安全性も折り紙つきのおすすめアイテムです。 慣れればドライオーガズムも夢じゃない いかがでしたか? 尿道オナニーは男性最大の性感帯を言われている前立腺をダイレクトに刺激するため、 普通のオナニー以上の快感を感じれるとっておきのオナニーです。 女性のような連続イキが出来るドライオーガズムも夢ではないのでぜひみなさんも、お気に入りの尿道バイブやグッズを見つけて尿道を開発しちゃいましょう! 普通のオナニーはもちろん、セックスより気持ちいいと中毒になるという尿道オナニー、ぜひあなたも体験してみてくださいね。

次の

バイブって使ったことある?女性に直撃

バイブ 選び方

クリトリスを吸い上げる吸引バイブは、 「クリ吸引バイブ」とも略される、オナニーともエッチとも相性抜群の万能型ラブグッズ。 クリトリスは女性の身体の中でも特に感じやすいパーツで、クリトリスを吸引する吸引バイブは、女性がオーガズムを迎えるのにもぴったりのアイテムです。 しかし、吸引バイブといってもその種類はさまざま。 「そもそもどうやって選べばいいのか分からない」とお悩みの女性も多いかと思います。 そこで今回は自分にぴったりの吸引バイブを見つけるために、選び方のポイントやおすすめ製品、購入時の注意点などを紹介していきます。 吸引機能のレベルや振動の強さ、刺激の種類に膣バイブの有無、防水性能など製品ごとの特徴を知って、自身の好みに合った吸引バイブを探していきましょう。 クリトリス吸引バイブとはどんなバイブ? 吸引バイブとは、名前の通り クリトリスを吸引する機能の付いたバイブのことです。 振動で刺激するバイブレーション機能とは違い、クリトリスを吸い上げる強い刺激が特徴で、オーラルセックスのような快感を得ることができます。 オーラルセックスではパートナーの体力次第で持続時間が決まってしまうデメリットがありますが、吸引バイブであれば長時間のプレイも可能。 セックスタイムの便利アイテムとしても、一人で楽しむオナニータイムのお供としても大活躍してくれるラブグッズです。 また通常のバイブとは違う仕組みと動きでクリトリスを刺激するのも、吸引バイブだからこその醍醐味。 吸引バイブの特性をチェックしながら、通常バイブとの違いを見ていきましょう。 吸引バイブの特徴 吸引バイブの特性は、 その特徴的な刺激方法と独自の気持ちよさにあります。 それぞれの特徴とメリットについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 真空状態を味わえる刺激方法 吸引バイブがクリトリスを吸い上げる仕組みは、大きく分けて二種類。 一つが掃除機のように吸い込んで真空状態をキープする方法、もう一つが 空気圧の差を利用して半真空状態で吸引力を感じる方法です。 どちらも空気がほとんどなくなった状態でクリトリスと反対側の一方向へ強い吸引が加わるため、全身に伝わるほどの強烈な快感が楽しめます。 これは 男性が女性器を刺激するクンニリングスで吸い上げたときの快感とほぼ一致。 そのため、吸引バイブは「クンニローター」と呼ばれることもあります。 クリトリスを痛めない、絶妙なパワー調節 吸引バイブはクリトリスのみへの刺激に特化した一点集中型のラブグッズです。 クリトリスは女性の身体のパーツのなかでも特に感じやすい繊細なパーツ。 Gスポットやポルチオと比べても短時間でオーガズムに達することができる代表的な性感帯です。 そんなクリトリスを吸い上げる機能に特化した吸引バイブは 繊細なパワー調節が特徴で、 痛みより気持ちよさに感じられる絶妙な吸引力を実現しています。 「クリトリスが敏感過ぎて痛みやすい」という女性にも、ぜひ試してほしいラブグッズです。 痛みを感じさせにくいやわらかな材質 クリトリスへのピンポイントの刺激が特徴の吸引バイブは、身体が開発されていない場合でも手軽に快感を得られるラブグッズ。 刺激に敏感でデリケートなクリトリスでも、 刺激に配慮された吸引力や、痛みを感じさせにくいやわらかな材質で、初めてのクリトリスオナニーも安心して楽しむことができます。 また クリイキをマスターすれば身体の感度がアップする効果も。 「クリイキを体験してみたい」方はもちろん「セックスで感じにくい」ことにお悩みの方にも、ぜひおすすめしたいラブグッズです。 セックスでは味わえない快感を得られる 吸引バイブはクンニに似た刺激が特徴のラブグッズではありますが、 刺激と吸引を同時にできるタイプのものから、 吸引力の強弱が5段階以上ついているものまでバリエーションはさまざま。 性能によっては、人の手や口だけでは実現できない快感も味わうことができます。 ひとりエッチであれば極上のオナニータイムを、 セックス中であればより官能的なプレイを楽しめることも吸引バイブの魅力の一つです。 通常のバイブとの違い 吸引機能のない一般的なバイブの場合、 クリトリスへの刺激をメインにしたコンパクトなサイズのものと、 挿入もできるペニスサイズのものがあります。 どちらも細かな電動刺激によるバイブレーション機能が備わっていて、刺激がほしい箇所にあてることで簡単に快感を得られる点がポイントです。 一方、吸引バイブはクリトリスを覆うところまでは一緒ですが、ほとんどの場合吸引部分以外のところはクリトリスとの接触はありません。 空気圧による刺激を楽しめるのが吸引バイブの特徴で、 通常のバイブと比べても痛くなりにくい理由でもあります。 また通常のバイブは吸引バイブよりも大きいサイズであることが多く、隠し場所に苦労するというデメリットも。 その点 吸引バイブはコンパクトサイズにおさまる上、デザインも ラブグッズと人目で分かりにくいものがほとんどです。 女性の一人暮らしでも使いやすく持ち運びやすい点も、通常のバイブにはない吸引バイブのメリットといえます。 クリイキ出来る?吸引バイブのメリットとは? 続いて初めて吸引バイブでのクリトリスオナニーに挑戦する人に向けて、 クリイキできる可能性や実際にどのようなメリットがあるのかについてご紹介していきます。 女性も自分のためのラブグッズを使い始めるようになった今日では、吸引バイブの使い方も人によってさまざま。 通常通りクリトリスオナニーに活用する人もいれば、なかには チクニー(乳首へのオナニー)や陥没乳首の矯正に活用する人も少なくないようです。 吸引バイブのメリットとともに吸引バイブでできることについても触れています。 極上のオナニータイムを過ごすためにも、ぜひ吸引バイブの魅力をチェックしてみてください。 クリイキ(中イキ)ができる クリトリスをピンポイントで刺激する吸引バイブでは、クリトリスでオーガズムを迎える「クリイキ」を味わうことができます。 クリイキは 「外イキ」とも呼ばれる女性特有のオーガズムで、 男性のオーガズムと比べて2、3倍にも上る強い快感が得られるオナニー方法。 Gスポットなど膣内の性感帯でイク「中イキ」とは違い、ほとんどの女性が体験できるオーガズムのため、オナニータイムに活用する女性も少なくありません。 吸引バイブはそんなクリイキを目指すのにもぴったりのラブグッズ。 クリトリスとバイブが直接触れない安心感により、クリイキをしたことがない女性でもリラックスして取り組むことができます。 またクリイキの前にクリトリスの感度を上げてくれるのも吸引バイブの魅力の一つ。 空気圧でクリトリスを刺激する吸引バイブは、 通常のバイブ機能にはない、触れそうで触れないゾクゾクとした気持ちよさが味わえます。 開発されていないクリトリスでは、痛みも生じやすくなるもの。 クリイキをするためには、 クリトリスの感度を上げて快感を得やすくすることも大切なポイントです。 吸引バイブなら、 クリトリスへの刺激を空気による小さな快感から始めることが可能。 クリトリスを刺激に十分に慣らしてから、吸引レベルを上げていくことができます。 クリイキに特化した吸引バイブで、最高の快感を味わってみましょう。 疑似クンニが楽しめる 吸引バイブでは、クリトリスをピンポイントで吸い上げるクンニリングスの快感を得ることができます。 なかには 男性の舌のような動きを再現した吸引バイブも登場しており、まさに 疑似クンニが楽しめるものも。 オナニータイムはもちろん、セックスタイムに活用すれば男性二人に責められているような体験ができるのも、クンニの感覚に近い吸引バイブならではのポイントです。 セックスタイムで活用するときは、 男性の邪魔にならないよう「後背位」や「背面側位」などの体位を利用すると、上手くあてることができます。 吸引と振動のダブル使いも可能 実は、吸引バイブにはバイブレーション機能が備わったものも多く登場しています。 吸い上げられながら振動が伝わる吸引バイブの気持ちよさは、セックスでは得られない快感。 なかには挿入しながら吸引するタイプのものもありますので、欲しい刺激の大きさと強さにそって選ぶようにしましょう。 いつでもどこでも使える オナニータイムの悩みとして多いのが、 オナニーによる音漏れ。 特にバイブレーション機能の場合には、 電動振動によって音が大きくなってしまうため「家に人がいるとオナニーができない」と悩む女性も多いかと思います。 しかし振動するバイブレーション機能と比べると吸引バイブの振動音は、あまり大きくありません。 静音機能が付いているものであれば、いつでもどこでもムラムラしたときに使用することができます。 音漏れの心配がなくなるとオナニータイムの集中力もアップ。 クリトリスへの刺激に集中してオナニーを楽しむことができます。 実家暮らしやルームシェア、同棲中の女性にもおすすめのラブグッズです。 陥没乳首の改善、チクニーにも使える 意外と知られていないのが、チクニー(乳首へのオナニー)への活用方法。 クリトリスのような小さな部位をピンポイントで吸い上げる吸引バイブは、 乳首にも応用することができます。 乳首は身体の中でも神経が集まっていて、感じやすいパーツの一つ。 初めのときはあまり感じられないという女性もいますが、開発していくことで立派な性感帯にすることが可能になります。 吸引バイブは、ただでさえ刺激に敏感なクリトリスにあてることを目的に作られたラブグッズですので、乳首に応用しても特に問題はありません。 それどころか 指や舌よりもやさしい刺激を与えることができるため、 乳首の開発にもぴったりのアイテムです。 「乳首を開発したい」「乳首の感度をアップしたい」という女性は、ぜひ吸引バイブを応用してみてください。 また 吸引バイブの機能は、陥没乳首の改善にも効果的。 おっぱいの中に乳首が埋没している陥没乳首は見た目にも分かりやすく、コンプレックスとして悩む女性も多いといわれています。 吸引バイブによる機能を使えば、そんな症状も改善することが可能。 気持ちよくなりながら乳首を痛めず吸い上げることができますので、コンプレックスにお悩みの女性はぜひ合わせて試してみてください。 デザインがおしゃれ コンパクトでフォルムのバリエーションも豊富な吸引バイブは、 一見アダルトグッズに見えないルックスのおしゃれさも魅力の一つ。 女性のオナニータイムのお供として設計されているため女性の部屋に置いても馴染むよう、洗練されたデザインが数多く登場しています。 なかには アニマルモチーフの可愛らしい見た目のものもあり、 部屋に置いてもインテリアとして成立してしまうものも。 デザインがおしゃれだとパートナーとセックスするときにも出しやすく、気軽に取り入れやすいというメリットも生まれます。 初めてのラブグッズとしても楽しめますので、まだラブグッズに挑戦したことのない女性は、吸引バイブから選んでみるのもおすすめです。 どこで購入できる?クリトリス吸引バイブの選び方のポイントは? 吸引バイブはアダルトグッズ店や通販を利用して購入できます。 選ぶポイントとしては、 「動作や吸引力」「操作性」「静音機能」「防水機能」など機能性のほか、 「重量や形状」といったサイズ感、そして「価格」の3点です。 パートナーのクンニのような優しい刺激を好む人もいれば、吸引バイブだからこそ可能な強い快感を試したい人もいるかと思います。 感触のリアルさを重視するのかラブグッズ特有の快感を重視するのか、優先したいポイントを決めて選ぶようにしてください。 また価格もラブグッズを選ぶ際の大切なポイント。 高いか安いかだけではなく、 サイズや機能性に見合った価格設定であるかどうかも重要です。 コストパフォーマンスのバランスもチェックしてみてみましょう。 動作や吸引力 まずチェックしたいのが動作性と吸引力のレベルです。 一般的には クリトリスに吸着して吸い上げる機能が吸引バイブの主な動作となりますが、なかには バイブレーション機能が付いているものもあります。 「クリトリス吸引」と「バイブレーション機能」で、 どこまで動くかが吸引バイブの動作性を決める一つのポイント。 さらにそのバリエーションとして、吸引力のパワー調節が何段階あるかもチェックしておきましょう。 ただし、必ずしも強くてどちらの機能も備わったものが良いという訳ではありません。 振動機能が付いていない代わりに、吸引力のレベルや動き方が豊富なタイプのバイブもあります。 一点集中型がいいか二点での同時責めを味わいたいか、求める刺激に合わせてチョイスしていくことが大切です。 重量や形状 吸引バイブは手に収まるサイズのコンパクトなデザインがほとんどですが、 九の字に曲がっていたり太めの幅をしていたりと、 形にバリエーションがあることが特徴です。 そのため 握りやすさ 動かしやすさ 持ち運びやすさ がデザインや重量によって異なってきます。 ここでの選び方のポイントは、使用するシチュエーションを想定することです。 例えばバイブと合わせて使いたい場合は、 曲がっていたりしないシンプルなデザインのものがおすすめ。 旅行先やパートナーの家に持ち運びすることが多い場合は、 軽くコンパクトなサイズで、見た目にもオシャレなデザインのものを選ぶと良いでしょう。 どういった場面で使うのか考えることも吸引バイブを選ぶ際の大切なポイントです。 操作性 使い勝手の良さを示す操作性も、吸引バイブを選ぶ際にチェックしておきたい重要な項目。 ここの操作性が悪いと、オナニータイムで集中できなかったりセックスでの活用が難しかったりと、気持ちよさを半減させる原因となります。 吸引バイブの操作は、基本的にはボタン式。 ただしこの ボタンの位置や大きさが、操作性を決める大きなポイントとなります。 使う際の持ち方はどうなるのか、そのときにボタンを上手く操作できるか、吸引バイブのスイッチの場所やサイズも忘れずチェックしておきましょう。 静音機能 「音の大きさ」もオナニータイムにとって欠かせないポイントです。 最近では 静音機能が付いている吸引バイブも増えてはいますが、そうでないときには、 想定していたよりも大きな音が立ってしまう可能性があります。 一人暮らしでない女性の場合は、この静音機能の有無も確認しておくことが大切です。 防水機能 お風呂場でのオナニーシーンで気を付けたいのが、ラブグッズの防水機能です。 身体を洗える上に行為後の後処理も楽なお風呂場は、 オナニーをするのにも最適な場所。 しかしその反面水気も多く、防水機能のないアイテムの場合には故障の原因ともなってしまうリスクの高い場所です。 入浴中にオナニーを楽しみたい場合は、アイテムの防水機能は欠かせません。 ただし防水機能の種類にも要注意。 「生活防水」と書かれているものは水洗いできる程度のレベルで、水中での使用はできません。 国際電気標準会議が定める防水規格(IPX)が記載されていると安心です。 ここに多機能性や高い操作性が加わると、比例して価格もアップしていきます。 女性の身体の中でもデリケートな場所にあてる吸引バイブは、質感や肌への負担の少なさも抑えておきたいポイントです。 コストの高さは、機能性はもちろん身体への負担の少なさにも繋がっています。 初めての吸引バイブでは、まず平均価格帯から選んでいくのがおすすめです。 編集部が選んだクリ吸引バイブおすすめ3選 ではクリ吸引で使うバイブはどのようなものが良いのでしょうか。 ここでは 操作性やデザイン性も抜群の吸引バイブを、 それぞれのスペックやおすすめポイントと共に紹介していきます。 使い方の例にも触れていますので、ぜひ参考までにチェックしてみてください。 吸引バイブ ピンクスコープ ピンク色のやわらかなフォルムが特徴の吸引バイブ「ピンクスコープ」は吸引に挿入、振動の三つが楽しめる人気のラブグッズ。 クリトリスへの吸引パターンは7種類、挿入部分の振動パターンは10種類にものぼるため、全部で70通りもの動きが実現できます。 クリトリスマッサージ後に吸引バイブを使うと感度もアップ。 バイブ部分で膣内も刺激すれば、外と中の同時イキも叶うかもしれません。 またクリトリスの吸引口の大きさも広いため、乳首に使うチクニーグッズとしても代用できます。 「自分好みの動きがまだ分からない」「色んな責め方を楽しみたい」という方におすすめのアイテムです。 ピンクスコープ クリトリス部分にスーッと吸い付いて、ヒューッと吸い込まれるような新しい快感が体験できる、感度磨きの新しいラブグッズです。 クリトリスでもっと感じたい方、感じ方があまりわからない方、パートナーからオーラルされるような快感をひとりでも味わってみたい方。 これまでバイブレーターを複数試した方、強い振動や刺激的な挿入とは違う、今までにない気持ち良さを磨きたい方にオススメです。 サティスファイヤー プロトラベラー 高級感漂うデザインが特徴の「プロトラベラー」は、持ち運びに便利なコンパクトサイズ。 持ち運び用のケースも付いているので、見た目でラブグッズとバレてしまう心配はありません。 また 完全防水かつ静音設計の優れもの。 女性が気になるような音はなく、気持ちいいことに集中できます。 吸引機能に特化したラブグッズですが、 スピード調整は11段階まで試すことができます。 手の平におさまるプロトラベラーはバイブとの併用も可能。 クリトリスを吸引しながらバイブを挿入するのはもちろん、パートナーとのセックスでも活躍してくれるアイテムです。 サティスファイヤー プロトラベラー 手のひらサイズの吸引型クリトリス用バイブレーターが新登場!高級感漂スタイリッシュなデザインに加え、超コンパクトサイズなので、ポーチやバックに入れて持ち運びも可能。 しかも、キャップもついているので、衛生的にも安心してご使用できます。 OLIKA Clice(クリス) 「OLIKA Clice(クリス)」は一見 ラブグッズには見えない可愛らしいリス型の吸引バイブ。 手の平に乗るコンパクトサイズで、シリコン素材の滑らかな触り心地が特徴です。 口部分が吸引口、シッポ部分がバイブになっているため、吸引と挿入の両方が楽しめます。 口部分では圧力波による吸引が可能。 10段階のパワー調節で、優しく吸われるような刺激から激しく吸われるような刺激まで、好みに合わせて使い分けることができます。 シッポ部分にはパワフルなモーターを内蔵。 フォルムは緩やかな曲線を描いており、挿入時のフィット感も魅力的です。 防水仕様で水洗いすることもできるのでお手入れも簡単。 吸引バイブと挿入バイブの二つを使い分けたい女性におすすめのラブグッズです。 OLIKA Clice(クリス) コンパクトサイズの可愛らしいリス型の吸引バイブ。 シッポ部分にはパワフルなモーターが内蔵されているので挿入するバイブとしても使えます。 デザイン性を追求した可愛らしいCliceは、手のひらにちょこんと乗せられるコンパクトサイズ。 まるで本物のリスみたいなリアルなサイズ感で使いやすく、滑らかな触り心地で女性の心もしっかりと掴みます。 吸引バイブの購入・使用時の注意点 吸引バイブを購入する際は、購入元と価格を慎重に見極めることが大切です。 しかし価格の安さのみを追求してしまうと、 すぐに壊れてしまう クリトリスを痛める 快感が得られない といった問題が生じることも。 吸引バイブの購入は平均価格帯を守った、信頼のおける所で購入するようにしましょう。 また使用時には衛生面に注意が必要です。 クリトリスはデリケートな場所である上に雑菌なども侵入しやすいパーツ。 使用前と使用後は、アイテムの仕様書にしたがって清潔さを保つようにしてください。 吸引バイブのまとめ 吸引バイブは、女性特有のクリトリスでのオーガズムが楽しめるラブグッズ。 吸引バイブがあれば、 日々のセックスやオナニーがより充実したものになり身体の感度アップにもつながります。 吸引バイブを選ぶ上でのポイントは 機能性とサイズ感、価格の3点です。 どんな快感を得たいのか、自分の希望に合った製品を見付けて、初めてのクリイキを目指していきましょう。 以下の動画ではクリトリスの図をもとに、性感帯の見つけ方や開発の仕方について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の