コペン 中古。 コペン(ダイハツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】

コペン(ダイハツ)の中古車一覧(全国)

コペン 中古

暖かくなってくると、気になるのが桜の開花予想と飛散する花粉の量そしてオープンカーの中古車相場だ。 何かムズムズするところはよく似ている気がする。 需要と供給のバランスで相場が決まる中古車のなか、これまでオープンカーは誰も見向きをしない冬が底値で、暖かくなる春になると相場上昇。 夏の7~8月に1度値動きは落ち着き、涼しくなり始めた秋に注目が集まり、高くなるというパターンを繰り返してきた。 このパターンが現在でも通用するのかを、今回は2020年1月にマイナーチェンジを行ったホンダS660をはじめ、GRスポーツを追加したダイハツコペン、そして一部改良を行いテレスコピック機能が付いたマツダロードスターの現行型2シーターオープンカーの中古車事情をチェックし、2シーターオープン中古車事情の最新ニュースを紹介しよう。 文:萩原文博/写真:HONDA、DAIHATSU、MAZDA 季節ものと言われるオープンカーの中古相場の推移 まず、ホンダS660のこの1年間におよぶ中古車の平均価格がどのような動きをしているのかを確認する。 2019年4月の時点でS660の中古車の平均価格は約176万円だったが、その後5月のゴールデンウィーク明けに約173万円まで値落ちが進んだ。 オープンカーが季節ものと言われるのは、日本には四季があり気持ちよさを堪能できるのが春~初夏、秋ということで需要が高まるため その後一転して値上がりし、7~8月は約176万円で横這い。 そして9月になるとこの1年で最も高値となる約178万円まで上昇。 そして11月からは値落ち傾向となり、2020年1月ちょうどマイナーチェンジを行った頃に最安値の約172. 8万円を記録。 その後緩やかな値上がりとなり現在は173万円となっている。 S660の値動きを見ると、これまで言われていたオープンカーの相場の動きと大体合致しており、これまで言われていた常識は外れていないことがわかった。 しかも中古車は自車のフルモデルチェンジやマイナーチェンジを行った時に相場が動くので、S660、コペン、ロードスターの簡単な車種解説と変遷そして、現在の中古車事情を紹介しよう。 S660は2020年1月にマイチェン 2020年1月のマイチェンで追加された新色のアクティブグリーン・パールは、ホンダ車として日本初導入となる まずはホンダS660から。 S660は「Heart Beat Sport」をキーワードに開発された2シーター軽オープンカーで、2015年3月30日発表された。 ホンダが以前販売していた軽オープンカー、ビートと同じミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)の専用レイアウトを採用。 S660はルーフのソフトトップを巻き取って収納するタイプ。 電動タイプのように楽ではないが、慣れてしまえばノープロブレム 高剛性と軽量化を両立した専用ボディは低重心と理想的な前後重量配分である45:55を実現。 オープンエアという非日常環境を手軽に味わえるだけでなく、コンパクトでタイトな空間によって人とクルマの一体感を楽しめるクルマに仕立てられている。 搭載されているエンジンは最高出力64psを発生する660cc直列3気筒ターボを搭載。 組み合わされるミッションは、当時軽自動車初だった6速MTとパドルシフト付きのCVT(7速変速機能付)の2種類を用意。 マイチェンではリアコンビランプが赤ベースだったものがクリアタイプに変更された。 小さな変化だがイメージはかなり違う 2018年には純正ナビシステムが装着可能なナビ装着用スペシャルパッケージが設定され、ナビゲーションを装着できるようになった。 そして2020年1月に初のマイナーチェンジを行っている。 国内初となる新色のアクティブグリーン・パールを追加するなどマイナーチェンジとしては最小限に留まったといえる。 昨年の12月が約465台で、年明けにピークとなる約510台まで増加したものの、その後減少傾向となり約420台まで減少している。 中古車の平均走行距離は3カ月前が約1. 3万kmで、現在は約1. 4万kmなので微増といった程度だ。 そこで平均価格の推移を見てみると、3カ月前が約174万円、今月は約173万円とほぼ横這いで推移し、マイナーチェンジの影響はほとんど受けていない。 2015年にデビューした時のイメージカラーのプレミアムビーチブルー・パールはすでにカタログモデルから消滅しているので中古で人気が出る可能性大 これはマイナーチェンジのメニューが走行性能や機能まで及んでいないことが大きいと考えられる。 現在のS660の中古車の価格帯は約100万~約440万円。 高価格帯にはカスタムカーのネオクラシックやMUGEN RAなどがズラッと並んでいるのが特徴だ。 S660の上級モデルであるホンダアクセスが手掛けたコンプリートモデルのモデューロXは中古マーケットでも高値安定状態が続いている S660の中古車では、カタログモデルではないが無限のエアロパーツを装着したモデルも人気が高い。 タマ数が少なく高値安定 ダイハツコペンは3タイプ+GRスポーツ 現行コペンはローブ、エクスプレイ、セロの順にデビュー 続いてはダイハツコペンだ。 2代目となる現行型コペンは2014年6月に「ローブ」が販売開始された。 「D-Frame」と呼ばれる個価格構造を採用し、フロント・サイド・リア・そしてフロアを切れ目なくつないだ構造を実現したことで、曲げ剛性やねじり剛性を向上。 オープンカーながら高いボディ剛性を確保するとともに、高い走行性能を実現している。 また、現行型コペンは「Dress-Formation」という脱着構造を採用。 ボディ外板の一部を樹脂化し、着脱が可能な構造を採用。 購入後でもユーザーの好みにあわせて、フェンダーなどの11のパーツとヘッドランプそしてリアコンビネーションンランプを着せ替えすることができるのが特徴だ。 オープンボディながらDフレームにより高剛性を確保し、ドレスフォーメーションにより着せ替えを可能とした遊び心もコペンの魅力だ 搭載されているエンジンは最高出力64psを発生する660cc直列3気筒ターボのみで、ミッションは5速MTと7速スーパーアクティブシフト付CVTが組み合わされる。 駆動方式はFFのみで、ルーフは「アクティブルーフと呼ばれる電動開閉式のメタルトップを採用。 ボタン操作により約20秒で開閉可能だ。 コペンはその後、クロスオーバーテイスト溢れる外観デザインの「エクスプレイ」を2014年11月に発売。 そして、2015年6月に初代コペンの面影を色濃く受け継いだ丸目のヘッドライトを採用した第3のモデル「セロ」を追加。 このセロとローブは「Dress-Formation」によって着せ替えが可能となっている。 そして、2019年にトヨタとコラボレーションしたカスタムモデル「コペンGR SPORT」が追加され4つの個性をもつモデルとなった。 2019年10月にGRスポーツを追加。 精悍なエアロを装着し、足回りもチューニング。 コペンGRスポーツはダイハツだけでなくトヨタでも販売している セロの値落ちが顕著 現在、コペンの中古車の流通台数は約510台。 3カ月前が約480台だったので、微増といえる状態だ。 中古車の平均走行距離は、この3カ月間は約2. 2万~約2. 3万kmの間で留まっており、その動きにリンクするように平均価格もこの3カ月の間、約154万円付近を横這いで推移している。 3タイプのなかではエクスプレイのタマ数が最も少ない。 旧型のイメージを踏襲した丸目のセロは人気は高いが値落ち傾向にあるため注目だ さらに、2014年~2016年式でモデル別の値動きをチェックしてみると、ローブは3カ月前が約145万円で今月は約140万円と約5万円の値落ち。 エクスプレイは3カ月前が約151万円で今月は約152万円でほぼ横這い。 そしてセロは3カ月前が約160万円で今月は約151万円と約9万円の値落ちとなっており、中古車の走行距離の延びも大きいがセロの値落ちは大注目だ。 中古車の価格帯は約90万~約302万円で、高価格帯の中古車の中には、2018年12月に200台限定で発売されたクーペが並んでいる。 ほとんど走行距離が1000km未満の未使用車なので、買えなかった人は購入のチャンスといえる。 オープンではないが、2018年12月に200台限定で発表されたコペンクーペはあっという間に完売したが、中古で上物が出始めている マツダロードスターは2018年に一部改良 初代への原点回帰コンセプトを実現するためマツダの持つ世界最先端の軽量化技術が惜しげもなく投入されている現行ロードスターの走りの評価は激高 そして、最後はマツダロードスター。 4代目となるND型と呼ばれるマツダロードスターは、2015年5月に登場した。 スカイアクティブテクノロジーをフル搭載した現行ロードスターは、RX-8とシャシーが共通だった先代とは異なり、ライトウェイトスポーツに原点回帰している。 ソフトトップ車には最高出力132psの1. 5L直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、6速MTと6速ATが組み合わされる。 そして、2016年11月にはリトラクタブルハードトップモデル、ロードスターRFを追加。 ボタンひとつでルーフ部が開閉可能で、その操作に必要な時間はわずか13秒という速さが特徴だ。 2016年にリトラクタブルハードトップモデルのロードスターRFを追加。 重量増に合わせて2Lエンジンが搭載されている 搭載されているのは、2L直列4気筒DOHCエンジンで2018年6月の商品改良で、最高出力が26ps向上した高回転型エンジンへと変更されている。 また、このタイミングでテレスコピック機構が装着され、より正確なドライビングポジションを調整できるようになった。 2018年の一部改良では要望の高かったステアリングのテレスコピック機能が追加された。 これに細かな位置決めが可能になり、走りの楽しさが倍加 ソフトトップは値落ち傾向 現在、現行型ロードスター(ソフトトップ車)の中古車の流通台数は約350台。 3カ月前の2019年12月が約350台で、その後年明けに約410台まで増加したが、その後緩やかに減少し、約350台に戻っている。 中古車の平均走行距離は3カ月前が約1. 9万kmで、その後約1. 5万kmまで減ったものの、その後延び始めて現在は約2. 1万kmまで延びている。 ロードスターのソフトトップモデルはソフトトップの色を変えた特別仕様車などが登場しているので要チェック。 写真は2017年に登場したレッドトップ 平均価格は3カ月前が約218万円で、その後流通台数が増えた時に最高値となる約224万円を付けたが、その後は値落ちに転じて現在は約208万円まで下がっている状況だ。 いっぽうのロードスターRFの中古車の流通台数は約160台と少なめで、3カ月前が約150台、その後約200台まで増えたものの、その後は減少して約160台となっており、ソフトトップとほぼ同じ動きだ。 中古車の平均走行距離は3カ月前が約9000kmで現在は約1万kmと微増程度だが、平均価格は3カ月前の約273万円から現在は約264万円へと約9万円の値落ちとソフトトップ車とほぼ同じ値落ち額を記録している。 ロードスターの中古車の価格帯は約110万~約309万円で、1. 5Sスペシャルパッケージが最多グレードとなっている。 2019年に発売された30周年記念モデル。 ソフトトップとRFで合計150台限定で販売された。 20倍近い希望者が殺到したため、中古マーケットでもプレ値付き いっぽうのロードスターRFの中古車の価格帯は約190万~約600万円で、30周年記念車が500万円オーバーのプレミアム価格となっているのが注目のポイントとなるが、最多グレードは2. 0VSだ。 ソフトトップ車でもまだ100万円以下の中古車はなく、登場するとすぐになくなってしまう状況だと推測できる。 まとめ コペン以外はまだ100万円以下で購入できる中古車はないが、S660、ロードスターともに初期モデルは2度目の車検を迎えるタイミングに当たるので、もう少し値落ちが進むのは間違いない。 現在はオープンカーの注目度が高まる季節だが、ゴールデンウィーク明けまでは相場は安定しているので、狙っている人は積極的に買いに出たい。

次の

ダイハツコペン中古車最新事情! 死ぬまでに一度は乗りたい軽オープン!!

コペン 中古

バブル時代に百花繚乱だった軽オープン2シーター 一昔前は、市販された2シーター専用モデルの軽乗用車と言えばスバル 360やダイハツ フェローバギィ 軽トラックのハイゼットをベースにオフロードバギーへ仕立てたクルマ が少数生産されたくらいでした。 しかし、軽自動車用ターボエンジンが開発されてパワーに余裕が生まれ、が660ccへと上がった頃にちょうどバブル景気に突入。 1990年代前半にはスポーツあり、遊び心ありのさまざまな軽オープン2シーターが生まれました。 スポーツ系オープン2シーターではスズキ カプチーノ、オートザム AZ-1 スズキ キャラ 、ホンダ ビートが生まれ、遊び心のあるノンビリしたパーソナルオープン2シーターとしては、ダイハツ リーザスパイダーやスバル ヴィヴィオT-Top、ちょっと前の時代になりますが軽ピックアップトラックのスズキ マイティボーイなどもありましたね。 車格が立派になって内装も普通車並となり、何より好景気で贅沢な開発費をかけられた事もあって、その車種専用の贅沢なメカニズムや、豪華なオプションなどがズラリと並ぶ、でもまだ軽自動車らしいホビー感覚でイジりやすいクルマが多い、良い時代でした。 その後のバブル崩壊であまり余裕の無い時代になると、今度はスペース効率第一となってスズキ ワゴンRを契機にダイハツ ムーヴなどスペースに余裕のあるトールワゴンが主流となっていき、軽2シータースポーツは660cc旧規格の最後まで生産していたスズキ カプチーノを最後に、一旦その歴史を閉じます。 高級車にしか無かった電動トップがオープンカーを身近にした コペンが世間を唸らせたのは、そのスポーツカーとしての側面だけではありません。 「アクティブトップ」の名で採用した電動格納式のルーフ 屋根 こそが、コペンをコペンたらしめる真骨頂であり、多くの人々にオープンカーを身近にした要素でもあります。 初代コペンがデビューした当時に電動トップを採用していたのは、メルセデス・ベンツ SLKや日産 S15型シルビア・ヴァリエッタ、後に登場したマツダ ロードスターRHTなど。 いずれも高価なため普通の人がセカンドカーでちょっと乗るというわけにはいかなかったのです。 さりとて安価なオープンカーで昔ながらの布を使った幌式では折りたたみの手間がかかりますし、交差点で止まった時にちょっと開けたり閉めたりするか、とはいきません。 必要な応じてルーフを外したりつけたりするハードトップ フォロップヘッドクーペ の場合も、やはり手軽さでは電動トップに全くかなわなかったのです。 その便利なメカニズムを安価な軽自動車の小さなボディに与えたのですから、ただ「スポーツ走行をしたい」というだけでなく、「手軽にオープンカーに乗りたい!」という層の心を震わせます。 このくらいのサイズならセカンドカーとしていいかもしれない、このくらいの価格なら自分でも買えるかもしれない、スポーツ走行はしないけど、ちょっと景色のいいところ、たとえば山奥に出かけて座ったまま夜空を眺めたりできるじゃないか、そんな色々な人からの想いを、コペンはその小さなボディに一身に受けてきました。 そう、他のクルマにはできない事でも、コペンならできる事があるからこそ、初代のデビューから10年近くたってからモーターショーに展示されても、コペンの周りには常に人だかりができる、コペンはそんなクルマなんです。 2012年に2代目となったコペンは、基本となるボディ骨格とドアを除けば全ての外装を他のグレードと交換したり、機能的にアップデートを可能とした「着せ替えボディ」を採用した事で、さらに夢が広がりました。 多くのクルマ好きの目を輝かせた電動オープントップをそのままに、コペン ローブ、コペン エクスプレイ X-PLAY 、コペン セロの3つのボディをダイハツの「ドレスフォーメーション」で完全に、あるいはフロントのみ部分的に入れ替える事ができます。 また、コンセプトモデルとしてルーフやリアセクションを完全に入れ替えたクーペボディや、同じく荷室を大幅に拡大したシューティングブレーク クーペルックのワゴン といったクローズドボディの開発も進んでおり、ユーザーの遊び心次第では、季節によってはシューティングブレーク仕様で旅行に出かけたり、オープン仕様で走りに出かけたりと、様々な使い方ができる計画もあります。 ただ走るだけでなく、「クルマで気軽に遊べる」という価値観を安価な軽自動車で提供したコペンは、これからも数多くのユーザーに愛されるクルマだと思います。 そのスタイルは初代、2代目を問わず、「古くて新しく、いつまでも飽きない」いつどのモデルを買っても、楽しみがついてくるクルマはそうそう無いでしょうね。 初代L880Kコペンのうち、中古市場の中でも大人気でタマ数も少ないのが特別仕様車のアルティメットエディション系です。 ただでさえも車高も低くてシャープな走りを見せる初代L880Kコペンに、ヨーロッパ生まれで普通車でも上級グレードの標準装備やオプションとして取り扱われる事が多い、「ビルシュタイン」のショックアブソーバーを装着。 中でも「アルティメットエディションS」は、ビルシュタインショックに加えアルカンターラのレカロシートにMOMOの本革スポーツステアリングがセットになっており、現在でも高価格帯を維持しています。 中古車情報サイトのガリバーを見てみると、MT車は新車価格205. 5万円に対し現在の中古車価格でも車検無しでも127. 5万円~155. 8万円。 車検ありなら164万円~179. 8万円と、さほど値落ちしていない上にタマ数も激少です。 見つけたら即決断が必要でしょう。 少々値は張りますが、新車価格よりはお買い得。 その他にもお得なモデルはまだまだあります。 コペン アルティメットエディションの特別仕様車!? 100万以下で走り系をゲット!通常のアルティメットエディション 純粋に走り系で狙うなら、通常のアルティメットエディション、それも2006年6月~2007年8月まで販売されていた初期の特別仕様車がお得です。 アルティメットエディションの上級仕様はほとんどが100万円オーバーですが、通常装備ならば100万円以下も充分狙えます。 AT車の方がややタマ数は増えますが、価格帯はほぼ同様です。 意外なのが「ファーストアニバーサリーエディション」や「タンレザーエディション」など本革シートの豪華装備車が最安49. 8万円からと安い事で、最高値は149. 8万円ほどとだいぶ幅があるものの、年式や走行距離と価格の相関関係はそれほどありません。 新車価格が165. 8万円の2004年式ファーストアニバーサリーエディションが走行距離17. 1万kmながら49. 8万円と格安なのはわかりますが、最終モデルでも無い2009年式タンレザーエディションが新車価格176. 5万円に対し、走行4万kmと少ないとはいえ149. 8万円と値落ちも小幅です。 どうも本革シート仕様の場合は保管状況により経年劣化に差が出る事が原因と考えられます。 本革シート仕様やその特別仕様車を中古で購入する場合は、年式でも走行距離でも無く、本革部分の程度で購入の可否を判断した方が良いでしょう。 初代L880Kコペンはやや高めのものもありましたが、では2代目LA400Kコペンはどうかとうと、何と通常の初期型コペン ローブ 2014年式 なら99万円から在庫があります。 同じく2014年式で1万km程度しか走っていないモデルは125. 9万円からと、かなり格安。 もちろん200万オーバーの個体もありますが、登録済み未使用車が多いようです。 数千kmしか走っていないスポーツ仕様のコペン ローブSはおおおね170~180万円代。 新車価格の205. 2万円からの値落ち率は初代L880Kコペンの程度のいい人気車とさほど変わりません。 もしかすると、2015年4月のホンダ S660の販売により、走り系で後輪駆動を求めるユーザーが早々に乗り換えたのかもしれません。 S660は現在納車待ちが続くほど売れているので、今後は手頃な価格の2代目コペンが中古車市場に多く出回る可能性があります。 ちなみに、初代コペンと同じデザインテイストの2代目コペン セロは市場に出回る台数そのものが少なく、価格も169万円台からとやや高値推移しています。

次の

ダイハツコペン中古車最新事情! 死ぬまでに一度は乗りたい軽オープン!!

コペン 中古

基本装備• エアバック• ABS• エアコン• Wエアコン• パワステ• パワーウィンドウ• サンルーフ• スライドドア• 盗難防止システム• アイドリングストップ• センターデフロック• USB入力端子• 100V電源• ドライブレコーダー• ダウンヒルアシストコントロール• リフトアップ• Bluetooth接続• 安全装備エリア• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト• オートマチックハイビーム• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• スマートアシスト(次世代)• クリアランスソナー• オートライト• 自動運転• アダプティブクルーズコントロール• オートクルーズコントロール• レーンアシスト• パークアシスト• 自動駐車システム• 外装・内装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• ヘッドライトウォッシャー• 電動格納サードシート• DVD再生• ブルーレイ再生• ミュージックサーバー• ミュージックプレイヤー接続可• カーナビ• カセット• アルミホイール• 革シート• 3列シート• キーレス• ベンチシート• フルフラットシート• ETC• スマートキー• フロントカメラ• サイドカメラ• バックカメラ• 全周囲カメラ• エアサスペンション• ルーフレール• ランフラットタイヤ• チップアップシート• 後席モニター• ハーフレザーシート• パワーシート• オットマン• ウォークスルー• シートエアコン• シートヒーター• エアロ• ローダウン• 電動リアゲート.

次の