石岡 市長 選挙。 石岡市市長選挙の開票結果(09.10.25)

石岡市市長選挙の開票結果(09.10.25)

石岡 市長 選挙

4%)を獲得し、ともに無所属の新人で、無職の敏夫氏(62)と市民運動家の藤井優雄氏(55)を破って初当選しました。 任期はから4年間です。 谷島氏は石岡市出身、立正大卒。 郵政大学校卒、郵政省主計課、関東郵政省勤務等を経て瓦会長を歴任。 議選に初当選しました。 4期目の任期はから4年間です。 当日有権者数は6万5人。 投票率は49. 27%でした。 石岡市は、5(平成27)年のによると、総人口は7万6020人で、人口増減率が4. 6%、平均年齢は48. 64歳で全国780位、県内29位です。 の「地方財政状況調査」()では、予算規模は歳入が億8390万円、歳出が億0万円です。

次の

石岡市長選挙2020の開票結果速報 情勢予測・出口調査・立候補者の政策|議会議員選挙・市長町長選挙等の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者の出口調査情報

石岡 市長 選挙

今泉文彦前市長の辞職に伴う石岡市長選(茨城県)は26日投開票され、無所属の新人で元県議の谷島洋司氏(57)が1万7226票(得票率56. 4%)を獲得し、ともに無所属の新人で、無職の佐々木敏夫氏(62)と市民運動家の藤井優雄氏(55)を破って初当選しました。 任期は4月26日から4年間です。 谷島氏は石岡市出身、立正大経済学部卒。 郵政大学校卒、郵政省主計課、関東郵政省勤務等を経て瓦会郵便局長を歴任。 2018年茨城県議選に初当選しました。 4期目の任期は5月21日から4年間です。 当日有権者数は6万2575人。 投票率は49. 27%でした。 石岡市は、2015(平成27)年の国勢調査によると、総人口は7万6020人で、人口増減率がマイナス4. 6%、平均年齢は48. 64歳で全国780位、県内29位です。 総務省の「地方財政状況調査」(2016年)では、予算規模は歳入が314億8390万円、歳出が297億2970万円です。

次の

当選したらこうなった(^_^;) といた和之の活動日記

石岡 市長 選挙

結果 氏名 党派 新旧 得票 当 今泉 文彦 無所属 新人 17,684 久保田 健一郎 無所属 現職 16,290 さて、2020年の石岡市長選挙の最大の争点は今泉前市長の辞職の一因にもなった石岡地域医療計画だと思われます。 石岡市内では、医療機関の機能、医師数、回復期病床の不足が深刻になりつつあり、また出産可能な医療施設や小児救急の受け入れが可能な病院も市内にないという問題をかかえています。 この医療に関する2つの問題を解決すべく、今泉前市長は市内病院の再編、統合計画などを推進していましたが、市議会で否決され暗礁に乗り上げてしまっています。 今回の市長選の立候補者のなかでは、谷島氏が今泉案に肯定的、佐々木氏が否定的立場を取っており、市民の判断が注目されるところです。 また、谷島氏は自民党の地域支部、佐々木氏は別の自民党地域支部からの支援を受けている分裂状態となっており、2013年市長選と同様に市を二分する激しい戦いとなることが予想されます。 投開票日まで選挙戦の行方に注目してまいりましょう。 主な公約・政策主張 谷島氏は「石岡市はさまざまな可能性を秘めたまちなのに元気がない。 県や国とのパイプを使い、夢のある石岡づくりをしていきたい」と出馬の動機を語っています。 また懸案の石岡地域医療計画については「医療計画が頓挫すると石岡市医師会病院の120床がなくなる。 地域の命を守るためしっかりと取り組む」と主張し、その上で以下の公約を掲げています。 医療・介護・福祉を守ります ・このままでは市内病院のベッド数が激減してしまいます。 それを断固阻止します。 ・交通弱者の救済に取り組み等、すべての人が暮らしやすいまちを目指します。 将来への投資「教育」を充実させます ・これまでのPTA活動や市教育委員長としての経験を活かし、石岡の誇る「ふるさと学習」をさらに発展させます ・県議会議員として県立高校のエレベーター設置に取り組み、障がいを持つ制度の通う石岡二高に設置が決まったところです。 県とのパイプを活かし、これからも市内の教育機関のさらなる充実を図ります。 持続可能な農業をつくります ・有機農業など特色ある農産物のブランド化を推進し、稼げる農業を支援します。 ・食育として、学校給食に安全な地元の有機農産物の使用推進、無料化を目指します。 特色ある観光をつくります ・石岡には「いしおかのお祭り」や県フラワーパーク等、数多くの観光資源がありますが、季節限定のものが多いため、通年で集客できる仕組みを作ります。 ・皆さんのアイディアを募り、駅前通りやイベント広場等を活用し、新たな人の流れを作ります。 ・スカイスポーツ、トレイルランなどスポーツのまちづくりで交流人口を増やします 経済を活性化します ・市財政のムダを省き、柔軟な財政運営で、やる気のある市民を応援します。 ・サテライトオフィスを誘致するなど市内に雇用を創ります ・石岡市の産業の中心は醸造業でした。 地域の産物を活かし、6次産業化で経済を活性化させます ・高浜駅周辺を活用し、多様なまちづくりに活かします 市民の安全を最優先にします。 ・想定外の自然災害等に対応するため、必要なインフラ整備を図り、市民の命と暮らしを守ります ・いざという時の地域の共助・共援体制を構築します。 佐々木 敏夫(ささき としお)の経歴やプロフィール• 名前:佐々木 敏夫( ささき としお)• 現年齢:62歳• 性別:男性• 党派:無所属• 肩書き:元石岡市長公室長• 学歴:拓殖大学商学部、産業能率短期大学能率科(通信)、中央大学法学部(通信)卒業• 職歴:石岡市役所職員 拓殖大学卒業後、石岡市役所に入庁。 石岡市職員として、市長公室長、財務部長、市長直轄組織理事、市長室長などを歴任した。 定年後は再任用職員として商工労働や地域医療を担当してきた。 主な公約・政策主張 佐々木氏は「石岡は人口減少が進み、活気がなくなっている。 市職員の経験を生かして経済を活性化し、閉塞感を破りたい」と出馬理由を述べています。 また石岡地域医療計画については「公立化ではなく民間の方が良いのではないか。 もう一度議論し、地域医療計画を見直したい」と語り、そのうえで以下の公約を掲げています。 活気のあるまちづくり ・地域資源を最大限に活かし、商業・農業・工業・観光などあらゆる面で笑顔があふれ、活気に満ちたまちづくりを行います。 ・期ぎゅお誘致や創業支援を進め、若者が働けるまちにします 生活優先のまちづくり ・医療・福祉・道路・水道・下水道などの整備と地域コミュニティの醸成を促進し、子どもからお年寄りまで、安全で安心な毎日を過ごすことができる、市民生活を優先したまちづくりを行います。 市民の声を政策に反映 ・市政の主役は皆さんです。 皆さんの声を大切にし、素早く市政に反映します。 市の情報は積極的に、わかりやすく、ていねいに開示し、皆さんとの情報の共有化を図ります。 ムダのないまちづくり ・「選択と集中」による政策判断に市民意向を反映させ、本当に市民にとって必要なものを見極め、常に事務事業を見直し、目的の達成したもの、市民要望にそくわないものは廃止し、スクラップアンドビルドを徹底します。 藤井 優雄(ふじい まさお)の経歴やプロフィール• 名前:藤井 優雄( ふじい まさお)• 現年齢:55歳• 性別:男性• 党派:無所属• 肩書き:市民運動家• 学歴:茨城県立水戸第一高等学校卒業、新潟大学医学部医学科中退• 職歴:鶏卵卸売業手伝い、市民活動家 新潟大学中退後、家業の玉子屋で専務として勤務。 のちに市民活動家として活動を開始した。 直近の選挙• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020.

次の