潜水艦 ff14 海域。 【アズールレーン】潜水艦のキャラ評価一覧と仕様まとめ【アズレン】|ゲームエイト

カンパニークラフト・ボイジャードロップ一覧

潜水艦 ff14 海域

パッチ5. 2での変更点 サブマリンボイジャーにおいて、以下の追加/変更が行われます。 新たな目的地が発見できるようになります。 探索で得られる新たなアイテムが追加されます。 及び の一要素。 「 」の海底探索版。 で潜水艦を することで「サブマリンボイジャー」を実行できるようになります。 潜水艦で広大な海を探索し、未知なるお宝を手に入れましょう! 潜水艦の入手方法• 潜水艦は で できます。 特定の素材を集めて潜水艦の「設計図」を製図すると、「 手帳」に潜水艦パーツの レシピが追加されます。 必要な素材を「 設備」に納品し、 メンバーと協力して作業を進めると できます。 潜水艦の性能• 潜水艦パーツの組み合わせによって性能が変化し、探索できる距離や報酬などに影響します。 探索から帰還した際に獲得できる「ボイジャーEXP」が一定量貯まるとランクアップし、より高性能なパーツを装着可能になります。 高性能なパーツに付け替えることによって各種パラメータがアップし、探索できる距離や探索時間、入手可能な報酬に影響します。 パーツには耐久値があり、探索に応じて数値が減少しますが 可能です。 水バレル• 潜水艦を探索に出すには、燃料となる「水バレル」が必要です。 「水バレル」は クレジットとの交換で入手可能です。 ハウスのサイズによる影響/制限はありません。 海底図• 探索の目的地は、探索の途中で新たな目的地を発見すると増えていきます。

次の

【アズールレーン】潜水艦のキャラ評価一覧と仕様まとめ【アズレン】|ゲームエイト

潜水艦 ff14 海域

Contents• 何故今頃、潜水艦作りに挑戦したのか? 潜水艦に関しては「紅蓮」の時から見向きもしなかったのだが、最近のパッチでは相応の金策が可能になるのを知り、遅ればせながら私も潜水艦に挑戦。 正直な所、「蒼天」では飛行艇を4隻所持していたものの、特に目を見張る様な金策にもならなかったので「漆黒」の現在まで、振り向きさえも行わずであった。 折しも個人的にやりたい事が発生したので、金策の為のゲームIN時間を極力減らしたい希望があり、潜水艦作りに挑戦したのだ。 勿論、稼げる金額は盛り上がっていた時よりも遙かに安くなっているが、それでも現状では(目当てのアイテムに当たれば)相応の金策になるので、非常に有り難い。 最も「蒼天」から続けていた、霊砂、クリスタル金策が悉く潰されてしまい、マケボを見て金策手段を再考する手間も嫌になった。 非戦闘民族で金策が日課としていた私は、かような理由で金策さえも億劫になってしまった。 ココボロ材以外の素材は、既に揃っていました。 ココボロ材は灰海海域のみの入手な上に、トレードこそは可能なものの、マケボの販売が不可という非常に厄介な代物だ。 そこで私はギルの力を借りて灰海に到達した潜水艦をギルの力で全て改パーツにした。 ここで約900万ギルぐらい散財したと思う。 改パーツさえすれば、ココボロ材を入手するだろうと、たかをくくっていたのだ。 私が揃えたパーツはレア目当てに特化した構成で… 艦体 シーラカンス改 艦尾 ウンキウ改 艦首 ウンキウ改 艦橋 シーラカンス改 以上の構成にした。 いざ、全て改パーツと化した潜水艦を潜水! ところがだ! 全身改パーツにも関わらず、何回結果を見てもココボロ材を拾う痕跡が見られない。 6~7回ぐらい潜水させてみたが、せいぜい3個の収集が関の山だった。 残りの15個を自力入手するとなると、相当の日数を要するのは必定。 結論:ココボロ材18個は自力入手よりも、取引に応じて貰う人を探した方が遙かに早い。 改パーツ自体の素材がエグい ココボロ材問題は解決したのだが、作成段階では更なる地獄が待っていた。 新たに作成した潜水艦の改パーツは既述のレア特化型仕様だ。 既存パーツのフレーム化以外にも、改パーツ独自の素材がエグ過ぎるのだ。 相変わらずコークスの消費量が異常過ぎる コークスは飛行艇の時も大量に消費したが、超ガーロンド鋼やピュアチタンプレートで相当必要• 入手経路が限定される素材が多い ピュアチタンプレート、ハードシルバー・エンチャントインクなど• そして、強化ガラス板合計60個でとどめをさされた コークスはもんち君にも入手を依頼していたので、尽きなかったのだが、入手経路が限定された素材はマケボで見る限り、概ね高額であった。 しかしお陰で、稼げる素材を理解したのは大きな収穫でもある。 これら全てギルの力で入手し、更に改パーツを合計2隻分作成したので 1000万ギル散財しましたー! 改パーツ作りは、殆どギルの力で自己完結したので、ココボロ材の時と比較すると楽であったのだ。 ともあれ…潜水艦所持4隻中、3隻が全て改パーツとなったので、本懐は概ね遂げられた。 苦労した分、灰海での新規航路開拓も順調であり… ここまで到達した。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

潜水艦 ff14 海域

Contents• 何故今頃、潜水艦作りに挑戦したのか? 潜水艦に関しては「紅蓮」の時から見向きもしなかったのだが、最近のパッチでは相応の金策が可能になるのを知り、遅ればせながら私も潜水艦に挑戦。 正直な所、「蒼天」では飛行艇を4隻所持していたものの、特に目を見張る様な金策にもならなかったので「漆黒」の現在まで、振り向きさえも行わずであった。 折しも個人的にやりたい事が発生したので、金策の為のゲームIN時間を極力減らしたい希望があり、潜水艦作りに挑戦したのだ。 勿論、稼げる金額は盛り上がっていた時よりも遙かに安くなっているが、それでも現状では(目当てのアイテムに当たれば)相応の金策になるので、非常に有り難い。 最も「蒼天」から続けていた、霊砂、クリスタル金策が悉く潰されてしまい、マケボを見て金策手段を再考する手間も嫌になった。 非戦闘民族で金策が日課としていた私は、かような理由で金策さえも億劫になってしまった。 ココボロ材以外の素材は、既に揃っていました。 ココボロ材は灰海海域のみの入手な上に、トレードこそは可能なものの、マケボの販売が不可という非常に厄介な代物だ。 そこで私はギルの力を借りて灰海に到達した潜水艦をギルの力で全て改パーツにした。 ここで約900万ギルぐらい散財したと思う。 改パーツさえすれば、ココボロ材を入手するだろうと、たかをくくっていたのだ。 私が揃えたパーツはレア目当てに特化した構成で… 艦体 シーラカンス改 艦尾 ウンキウ改 艦首 ウンキウ改 艦橋 シーラカンス改 以上の構成にした。 いざ、全て改パーツと化した潜水艦を潜水! ところがだ! 全身改パーツにも関わらず、何回結果を見てもココボロ材を拾う痕跡が見られない。 6~7回ぐらい潜水させてみたが、せいぜい3個の収集が関の山だった。 残りの15個を自力入手するとなると、相当の日数を要するのは必定。 結論:ココボロ材18個は自力入手よりも、取引に応じて貰う人を探した方が遙かに早い。 改パーツ自体の素材がエグい ココボロ材問題は解決したのだが、作成段階では更なる地獄が待っていた。 新たに作成した潜水艦の改パーツは既述のレア特化型仕様だ。 既存パーツのフレーム化以外にも、改パーツ独自の素材がエグ過ぎるのだ。 相変わらずコークスの消費量が異常過ぎる コークスは飛行艇の時も大量に消費したが、超ガーロンド鋼やピュアチタンプレートで相当必要• 入手経路が限定される素材が多い ピュアチタンプレート、ハードシルバー・エンチャントインクなど• そして、強化ガラス板合計60個でとどめをさされた コークスはもんち君にも入手を依頼していたので、尽きなかったのだが、入手経路が限定された素材はマケボで見る限り、概ね高額であった。 しかしお陰で、稼げる素材を理解したのは大きな収穫でもある。 これら全てギルの力で入手し、更に改パーツを合計2隻分作成したので 1000万ギル散財しましたー! 改パーツ作りは、殆どギルの力で自己完結したので、ココボロ材の時と比較すると楽であったのだ。 ともあれ…潜水艦所持4隻中、3隻が全て改パーツとなったので、本懐は概ね遂げられた。 苦労した分、灰海での新規航路開拓も順調であり… ここまで到達した。

次の