シマノ ストラ ディック 19。 シマノ 19 ストラディック 4000 スピニングリール

【2019】ストラディック19のインプレ。シマノの本気を感じる作品

シマノ ストラ ディック 19

もくじ• 19 ストラディック 基本性能をさらに磨いて。 実感できる進化がここに結実。 スピニングリールの基本性能である「巻き」「耐久性」「飛び」がさらに進化を遂げました。 また上位機種を踏襲した新しいHAGANEギア、防水機構のXプロテクトを搭載することで従来モデルよりさらに強く、耐久性のあるモデルになりました。 さらに同クラスでは初となるロングストロークスプールを採用することでキャスト性能も向上。 今までルアーが届かなかったポイントへのアプローチを可能にします。 豊富なラインナップで、ライトなターゲットから海の大物まで幅広いシーンで活躍するストラディック、フラッグシップに迫る進化を遂げました。 珠玉のギアフィール。 ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。 音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。 サイレントドライブ 細部まで徹底した、静謐なる一体感。 ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。 改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたります。 新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。 HAGANEギア さらに強靭なるギアシステムへ。 これまで多くのシマノスピニングリールに搭載してきたHAGANEギア。 独自の精密冷間鍛造技術により、十分な耐久性を確保してきたNEWストラディックでは上位機種同等の新設計HAGANEギアを搭載。 それによりワンサイズ上のリールギア強度を実現しました。 X-プロテクト 滑らかさと防水性、どちらも譲れない。 撥水効果とラビリンス構造を複合することで、回転の軽さを損なうことなく、水圧にも耐える防水性能を実現。 搭載箇所はラインローラー部とボディ(ローラークラッチ)部。 特にラインローラーの耐久性は5倍以上もアップしています(対当社従来品)。 その他 「HAGANEボディ」「ロングストロークスプール」「AR-Cスプール」など、多数の技術特性を搭載してます。 15 ストラディックとのスペック比較 シマノ関連の記事はこちら.

次の

シマノ 19ストラディックを評価!C3000HGを購入しました。|テルヤスの釣り情報

シマノ ストラ ディック 19

じゃぁ、予算もあればストラディックでOK? 3000番のスペック比較 今回は例に出すのは3000番です。 ちなみに、C2000S、C3000HG、4000MHGとストラディックは3台使っています。 レグザは3000D-CXH、6000D-Hの2台を使っています。 しかし、この両リールに関しては近い部分があるんじゃないでしょうか。 単純にスペックを比較してもストラディックは本体価格で6,300円高くなっています。 しかし、その分の高機能化はあります。 ベアリングも1つ多いですし、自重に関しても20gも軽くなっています。 ドラグ力に関してはレグザが1kg多く、糸巻き量もレグザが上回っています。 この点からも単純にストラディックのスペックが完全にレグザよりも良いのか?と言われれば、ストラディックよりもレグザのスペックに魅力を感じる方もいるんじゃないでしょうか。 入れといて欲しいねぇ。 ダイワさん! スプール比較 単純に番手が一緒じゃないので比較しにくい点です。 ストラディックはロングストロークスプールを採用している点が評価できます。 ただ、ダイワもLC-ABSという従来のABSに比べて飛距離アップに成功させているというスプールを用いています。 単純にどちらが良いのか。。 は分かりにくいです。 ストロークだけで見るとストラディックですが、スプールの差はあまり気にしなくても良いのかも?と思っています。 ストラディックの使い道 ストラディックの使い道ですが、リトリーブ中心の釣りに使っています。 巻き心地が非常に滑らかで静かです。 なので、定速リトリーブや変化を付ける釣りでも巻きの釣りには向いていると思います。 具体的にはメバル・アジ、シーバスなどで使っています。 アジング、メバリングのフロート用として使っています! PEを巻いているので、プラグなどにも今後使う予定です。 ストラディックの気になる点 ストラディックですが、まぁまぁよく出来ているんじゃないでしょうか? 特別に使っていて、不具合や気になることもありません。 ただ、スプールエッジ部は傷が入りやすいような気がしています。 いつできたのか分からない点傷があります・・・。 まぁ、自分の使い方が悪いだけでしょ!と言われそうですが・・・。 その通りです。 笑 上記のストラディックはハンドルノブ交換しています。 レグザの使い道 レグザですが、2台所有どちらも右巻きで使っています。 これは重量が重いジグやプラグ、巻くスピードが速い時に使っています。 ストラディックが繊細な釣りに使っているのに対し、レグザは青物狙いのショアジギングが中心でラフに使っています。 ノブはラウンド型に変更しています。 ちなみにエギングでも使ってみましたが、リールの重量がやはり重いです。 使えなくはないのですが、軽量のストラディックのほうが使っていて疲れにくいと思います。 レグザはカスタム有りきで実力を発揮? こちらはレグザの6000番ですが、最初からEVAラウンドノブが付いているモデルもあります。 ただ、こちらのモデルもラインローラー部分は結局ベアリング化しています。 こちらの記事も参考にしてみてください。 今のところレグザはあとからベアリング追加したり、3000番に関してはハンドルノブもラウンド型に交換しています。 初期費用に加えて、どこまでカスタムするかによりますが満足度+費用も発生します。 その点、ストラディックは初期状態でも結構使えると思っています。 さいごに 両方ともに剛性があり、しっかりとしていて良いです。 番手もレグザは2500~になっていますが、ストラディックは1000番台からとなっています。 この点は用途がライト系ならレグザの選択肢は無しですね。 その延長でレグザは糸巻き量もある6000D-Hもあります。 なので、レグザは飲ませ(泳がせ)釣りなどのナイロンラインを使った釣りにもおすすめです。 同じような感じですが、ラフに使う分にはレグザ、繊細なリトリーブ中心にはストラディックという感じです!.

次の

’19ストラディック インプレ。ステラ並みかどうかは知らんけど高品質。

シマノ ストラ ディック 19

じゃぁ、予算もあればストラディックでOK? 3000番のスペック比較 今回は例に出すのは3000番です。 ちなみに、C2000S、C3000HG、4000MHGとストラディックは3台使っています。 レグザは3000D-CXH、6000D-Hの2台を使っています。 しかし、この両リールに関しては近い部分があるんじゃないでしょうか。 単純にスペックを比較してもストラディックは本体価格で6,300円高くなっています。 しかし、その分の高機能化はあります。 ベアリングも1つ多いですし、自重に関しても20gも軽くなっています。 ドラグ力に関してはレグザが1kg多く、糸巻き量もレグザが上回っています。 この点からも単純にストラディックのスペックが完全にレグザよりも良いのか?と言われれば、ストラディックよりもレグザのスペックに魅力を感じる方もいるんじゃないでしょうか。 入れといて欲しいねぇ。 ダイワさん! スプール比較 単純に番手が一緒じゃないので比較しにくい点です。 ストラディックはロングストロークスプールを採用している点が評価できます。 ただ、ダイワもLC-ABSという従来のABSに比べて飛距離アップに成功させているというスプールを用いています。 単純にどちらが良いのか。。 は分かりにくいです。 ストロークだけで見るとストラディックですが、スプールの差はあまり気にしなくても良いのかも?と思っています。 ストラディックの使い道 ストラディックの使い道ですが、リトリーブ中心の釣りに使っています。 巻き心地が非常に滑らかで静かです。 なので、定速リトリーブや変化を付ける釣りでも巻きの釣りには向いていると思います。 具体的にはメバル・アジ、シーバスなどで使っています。 アジング、メバリングのフロート用として使っています! PEを巻いているので、プラグなどにも今後使う予定です。 ストラディックの気になる点 ストラディックですが、まぁまぁよく出来ているんじゃないでしょうか? 特別に使っていて、不具合や気になることもありません。 ただ、スプールエッジ部は傷が入りやすいような気がしています。 いつできたのか分からない点傷があります・・・。 まぁ、自分の使い方が悪いだけでしょ!と言われそうですが・・・。 その通りです。 笑 上記のストラディックはハンドルノブ交換しています。 レグザの使い道 レグザですが、2台所有どちらも右巻きで使っています。 これは重量が重いジグやプラグ、巻くスピードが速い時に使っています。 ストラディックが繊細な釣りに使っているのに対し、レグザは青物狙いのショアジギングが中心でラフに使っています。 ノブはラウンド型に変更しています。 ちなみにエギングでも使ってみましたが、リールの重量がやはり重いです。 使えなくはないのですが、軽量のストラディックのほうが使っていて疲れにくいと思います。 レグザはカスタム有りきで実力を発揮? こちらはレグザの6000番ですが、最初からEVAラウンドノブが付いているモデルもあります。 ただ、こちらのモデルもラインローラー部分は結局ベアリング化しています。 こちらの記事も参考にしてみてください。 今のところレグザはあとからベアリング追加したり、3000番に関してはハンドルノブもラウンド型に交換しています。 初期費用に加えて、どこまでカスタムするかによりますが満足度+費用も発生します。 その点、ストラディックは初期状態でも結構使えると思っています。 さいごに 両方ともに剛性があり、しっかりとしていて良いです。 番手もレグザは2500~になっていますが、ストラディックは1000番台からとなっています。 この点は用途がライト系ならレグザの選択肢は無しですね。 その延長でレグザは糸巻き量もある6000D-Hもあります。 なので、レグザは飲ませ(泳がせ)釣りなどのナイロンラインを使った釣りにもおすすめです。 同じような感じですが、ラフに使う分にはレグザ、繊細なリトリーブ中心にはストラディックという感じです!.

次の