つ ち だ 眼科 クリニック。 【日暮里眼科クリニック】日暮里駅東口バス乗り場すぐ 土日祝も診療

眼科クリニックレイアウトモデル

つ ち だ 眼科 クリニック

お知らせ 2020年04月15日 医師の勤務体制に変更があります。 ご希望の医師のスケジュールは当院電話でご確認されてからご受診ください。 2020年04月06日 新型コロナの対策のため、土曜日の診療は9時から13時までとさせていただきます。 ご了承ください。 2020年04月01日 2020年4月1日当院は選定療養を導入する施設に認定されました。 今まですべて自費診療だった遠近両用眼内レンズを用いた白内障手術は一部保険適応になります。 くわしくはをご覧ください。 2020年03月01日 感染症対策として待合室混雑を緩和のため、お薬は院外処方に切り替えます。 新患の方から始め、順次皆さま院外処方とさせていただきますので、ご理解のほどお願いいたします。 2020年02月28日 アーレンシンドローム、色覚相談は予約制とさせていただきます。 ご希望の方は電話予約していただくことをお願いいたします。 ご不便とご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 2020年02月01日 眼に入ってくる光の量を自動的に調節できるソフトコンタクトレンズ 「アキュビュースマート調光」を導入しました。 2019年10月25日 遠近両用3焦点眼内レンズ、 パンオプティクスを導入しました。 遠方・近方のみならず、中間距離も見やすいと評価の高いレンズです。 詳細はをご覧ください。 2019年06月12日 白内障手術装置センチュリオンを導入いたしました。 今まで以上に安全性の高い手術が可能となりました。 2019年06月04日 白内障手術時の全身管理のため、手術時は麻酔医が当院で執務することになりました。 安心して手術を受けていただけます。 2019年04月01日 新しいタイプの眼内レンズ、レンティスコンフォートを導入しました。 遠方に加え、中間距離もかなり見えるレンズです。 通常の白内障手術と同じ負担金額で使用できます。 2018年07月02日 スギ花粉症内服薬のよるをはじめました。 スギ花粉症の強い方におすすめです。 2018年05月01日 お知らせ 2018年4月23日 NHKためしてガッテンで紹介された 調節機能解析装置を導入いたしました。 眼の毛様体筋の緊張を捉えることで眼精疲労の判定ができます。 それに伴い新たに のページを追加しました。 2017年03月01日 3次元眼底像撮影装置を導入しました。 硝子体から脈絡膜まで鮮明に描写できる、スウェプトソースDRI OCT Tritonを導入しました。 造影剤を用いないでも眼底の血流の状態がわかります。 乳幼児~成人の屈折異常を1mの距離から1秒で測定することができます。 検査の機械に顔を載せられない小さいお子さんや車いすの方の遠視や乱視の 程度がわかります。 2016年02月01日 患者様ご本人がご自分の眼圧を計測できる器械(アイケアホーム)を貸出できることになりました。

次の

しののい眼科クリニック 眼科

つ ち だ 眼科 クリニック

液晶視力表/省スペース視力表 視力表は患者様がクリニックで一度は目にするものです。 液晶視力表は眼科のイメージが変わるようスタイリッシュなデザインを採用しました。 使わないときは美しい写真や絵などを表示する機能を持ち、単なる視力表の枠を超えた新たな価値を創造します。 多彩な指標提示機能を持ち、立体視や斜視のチェックなど多機能視力表の一面も持ち合わせています。 省スペース視力表は、本体から90cmの距離で、従来の5m視力表と同等の検査結果が得られます。 検査スペースの有効利用や、コンタクト室に追加設置など用途は豊富です。 また、日光の影響を受けにくく、安定した検査環境を提供いたします。 こちらも多彩な機能を持ち、立体視、斜視など特殊検査専用としても導入いただけます。 省スペース視力表 視力表は患者様がクリニックで一度は目にするものです。 液晶視力表は眼科のイメージが変わるようスタイリッシュなデザインを採用しました。 使わないときは美しい写真や絵などを表示する機能を持ち、単なる視力表の枠を超えた新たな価値を創造します。 多彩な指標提示機能を持ち、立体視や斜視のチェックなど多機能視力表の一面も持ち合わせています。 省スペース視力表は、本体から90cmの距離で、従来の5m視力表と同等の検査結果が得られます。 検査スペースの有効利用や、コンタクト室に追加設置など用途は豊富です。 また、日光の影響を受けにくく、安定した検査環境を提供いたします。 こちらも多彩な機能を持ち、立体視、斜視など特殊検査専用としても導入いただけます。 光凝固装置 マルチカラーレーザ 2モデル とグリーンレーザ(1モデル)から選択可能です。 マルチカラーレーザは、スリットランプデリバリにパターン照射が可能なスキャンタイプと、従来の照射のシングルタイプの2モデルを用意しています。 レーザ本体は必要な色 3色:緑、黄、赤 のレーザユニットを目的・予算に応じて選択可能で、購入後に追加搭載も可能です。 (条件あり) また黄色レーザは凝固効率に優れた波長の577nmを採用しています。 グリーンレーザは小型のため少ないスペースに設置が可能です。 また持ち運びも容易で、外来と手術室で兼用ができます。 デリバリも豊富で、特に双眼や単眼倒像鏡デリバリは未熟児や仰臥位の患者様に有用です。

次の

つつみ眼科クリニック(練馬区)

つ ち だ 眼科 クリニック

お知らせ 2020年04月15日 医師の勤務体制に変更があります。 ご希望の医師のスケジュールは当院電話でご確認されてからご受診ください。 2020年04月06日 新型コロナの対策のため、土曜日の診療は9時から13時までとさせていただきます。 ご了承ください。 2020年04月01日 2020年4月1日当院は選定療養を導入する施設に認定されました。 今まですべて自費診療だった遠近両用眼内レンズを用いた白内障手術は一部保険適応になります。 くわしくはをご覧ください。 2020年03月01日 感染症対策として待合室混雑を緩和のため、お薬は院外処方に切り替えます。 新患の方から始め、順次皆さま院外処方とさせていただきますので、ご理解のほどお願いいたします。 2020年02月28日 アーレンシンドローム、色覚相談は予約制とさせていただきます。 ご希望の方は電話予約していただくことをお願いいたします。 ご不便とご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 2020年02月01日 眼に入ってくる光の量を自動的に調節できるソフトコンタクトレンズ 「アキュビュースマート調光」を導入しました。 2019年10月25日 遠近両用3焦点眼内レンズ、 パンオプティクスを導入しました。 遠方・近方のみならず、中間距離も見やすいと評価の高いレンズです。 詳細はをご覧ください。 2019年06月12日 白内障手術装置センチュリオンを導入いたしました。 今まで以上に安全性の高い手術が可能となりました。 2019年06月04日 白内障手術時の全身管理のため、手術時は麻酔医が当院で執務することになりました。 安心して手術を受けていただけます。 2019年04月01日 新しいタイプの眼内レンズ、レンティスコンフォートを導入しました。 遠方に加え、中間距離もかなり見えるレンズです。 通常の白内障手術と同じ負担金額で使用できます。 2018年07月02日 スギ花粉症内服薬のよるをはじめました。 スギ花粉症の強い方におすすめです。 2018年05月01日 お知らせ 2018年4月23日 NHKためしてガッテンで紹介された 調節機能解析装置を導入いたしました。 眼の毛様体筋の緊張を捉えることで眼精疲労の判定ができます。 それに伴い新たに のページを追加しました。 2017年03月01日 3次元眼底像撮影装置を導入しました。 硝子体から脈絡膜まで鮮明に描写できる、スウェプトソースDRI OCT Tritonを導入しました。 造影剤を用いないでも眼底の血流の状態がわかります。 乳幼児~成人の屈折異常を1mの距離から1秒で測定することができます。 検査の機械に顔を載せられない小さいお子さんや車いすの方の遠視や乱視の 程度がわかります。 2016年02月01日 患者様ご本人がご自分の眼圧を計測できる器械(アイケアホーム)を貸出できることになりました。

次の