拍車がかかる。 コロナ禍で拍車がかかる通信量の増加、世のニーズに合うのは定額制か?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

#1 【俺のSAN値】人間不信に拍車がかかる【もう限界!!】

拍車がかかる

なんでも許せる人向け 審神者「人間 人型 いやだあああ!!!!!」 こんな感じのお話です。 それで、生むことになったとかなんとか…… けどさ、元々生みたくなかった子供を育てたいなんて思うわけないだろ? 時々、家に遊びに来るばーちゃんはかわいがってくれたけど… まぁつまり、俺の親は俺を生みたくなかったらしい。 金もかかるし 飯が食えないのも、暴力振られるのも、当たり前だから、体に傷跡も痣も残ってる 暴力って、殴る蹴るだけじゃなくて、カッターとか包丁で切られたりしたし、タバコも押し付けられたし、階段から蹴り落とされたり… でも、飯食えないのはきつかった 腹減って、それで腹が鳴るとうるさいって殴られた 24 名無しの審神者 25 名無しの審神者 26 名無しの審神者 27 名無しの審神者 28 名無しの審神者 29 名無しの審神者 30 名無しの審神者 31 名無しの審神者 32 名無しの審神者 33 壱 ここま無言の多いインターネッツですね 笑 まぁ、無言にもなるわな 嫌だったから学校の先生とか警察に相談したけど全部ダメだった。 んで、ゲートとかいうので一瞬でどっか到着 ブラック本丸じゃないとこ そしたら、政府の人の性格変わった 政府「お前の親、マジでクズだな」 俺氏「」 どしたこの人? 51 名無しの審神者 最後になぜか笑ったwww 52 名無しの審神者 あれ?政府の人、お前の親とにこやかに会話してたんじゃ…? 53 壱 この人ともう一人、気が弱そうな人いたんだけど、その人から親とこの人の会話 録音したの聞かせてもらった。 母「どうぞどうぞ、国のために使ってやってください」 政府「しかし、まずご本人の意思を……」 父「いえいえ、いいんですよ。 自分が一番ビビったよ…。 続き 俺「来ないで、やっ、まっ…嫌だあぁあ……!!」 政府「おま、ちょっ!?」 俺氏、ここでガチ泣き。 政府の人は、今ので俺が人間不信(というかもはや人間恐怖症)だとわかって近づけない。 あたふたしていると、ハッとしたように端末取り出して何か怒鳴り散らしてた。 しばらく電話口で口論続けてて、終わったら端末床に叩きつけて壊した。 この政府の人、力くそつえーよw 端末握ってた時、ピシッていったwww ちょっと待つと、こんのすけが到着 政府の人、こんのすけに事情説明。 こんのすけは頷いて、俺の近くに来て「大丈夫」って言ってくれた。 俺氏、ようやく落ち着いて深呼吸後、泣き止む。 政府の人は俺が泣き止むとホッとしてた。 ホッとしたのも束の間、今度は別の集団が現れた。 名前欄に山吹って書いてあった 山吹「これ、俺の番号な」 俺「…端末、さっき」 山吹「あれは業務用だから壊れても問題ねぇよ。 こっちが…俺の端末の番号だから、なんかあったらかけて来い」 こっから先は規則でついていけない、って行って帰った。 でも、十分励みになったし落ち着いた。 あの人、去り際に頭ポンてしてった。 けど、怖くなかった…。 人間不信、ちょっとは直ったかな?って思って俺は門をくぐった。 その瞬間、飛んできた石。 俺氏もう、唖然としてた。 ロン毛「テメェ、何者だ?」 俺「」 あ、これ死んだわって思った。 こん「刀剣男子の皆様、新しい審神者様が…」 ??「俺たちはいらないって言ったはずだ」 ??「さっさと帰れ」 こんのすけの言葉にかぶせていろいろ言われた。 主に帰れとかいらないって言われた。 なにこれ辛い 俺「こ、こんのすけ…離れ…戻る…」 こん「さ、審神者様も落ちついて…話し合えばきっと」 ??「話し合いなんていらねぇよ!」 戸がスッパリ裂けた。 ピッ、て刀の先が髪に掠ってハラハラ落ちた なんか人の頭みたいなん持った黒いのが出てきてめっちゃ怖かった そして俺氏はビビって動けなくなった 91 名無しの審神者 頭みたいなの持ってた黒いのって…… 同田貫じゃね? 92 名無しの審神者 同田貫だな 93 名無しの審神者 間違いない、同田貫だ 94 名無しの審神者 頭みたいなの持ってる、って地点で同田貫しか思い浮かばない 95 壱 おk、同田貫な とりま俺氏、くそビビってgkbr状態 そんな事に気づかない同田貫は俺に刀を向けてくる。 ここでもう、SAN値はゼロ寸前 同田貫「話し合いなんざぁ必要ねぇんだよ、さっさと帰れ」 俺「」 同田貫「なんだぁ?ビビっちまったか?」 俺「 人型怖い人型怖い人型怖い人型怖い人型k ry 」 同田貫「何とか言えよ!」 ここで痺れを切らした同田貫が、刀持ってるのと逆の手で俺の胸倉をつかむ。 この瞬間、俺のSAN値はゼロと化した 笑 俺「うわああああああああ!!!!!!!!」 同田貫「!?」 こん「さ、審神者様!?」 俺「寄るなあああああああ!!!!!」 同田貫「ぅ、おっ!?」 俺氏ビビりすぎるあまり、同田貫さんをつかんで背負い投げ 床に叩きつけた瞬間、こんのすけを確保して離れにダッシュ!! 離れに戻ると、こんのすけそこらにポイして部屋の隅っこに滑るように座る。 自称、文系。 んで誰か居た(俺氏、ここで誤爆) んでビビってカタコトになりながらスレに誰か来た発言。 このとき、後ろで「審神者」って呼ばれてビビってノーパソ閉じた。 俺「はい…」 ??「ちょっといいかい?」 俺「どちら、様、ですか?」 ??「あぁ、僕は歌仙兼定って言うんだけど…入ってもいいかい?」 俺「あ、はい…」 なんでここで歌仙さん来たんだろ、実は何かでスレ見てたんじゃないの?ねえ? そして俺も、なんでここで部屋に入れちゃったんだろうって後悔した。 座布団用意して、敷いたらそこに座ってくれた。 俺「何か、御用…でも?」 歌仙「あぁ、キミに聞きたいことがあってね」 俺「え、 俺、何かヤバいことしでかしたっけ!?あ、黒いの投げ飛ばした!!やばい、それについて怒ってるんじゃね!? 」 歌仙「その前に……なんでそんなに距離をとってるんだい?」 俺「ひぃっ!? そこぉ!? 」 歌仙さんの前に座ろうと思ったけど、やっぱり人型怖くって1メートルぐらい下 がってた。 そんでもって、歌仙さんの発言で腰抜けかけて動けなくなった。 俺ってなんでこんなビビりなんだろって思ったわ。 そりゃそうだよ、怖いもん。 怖いもん(大事なことなのd ry 俺氏またもSAN値が限界ギリギリで泣きそうだった。 はぁ、ってため息吐いて歌仙さんがこっちに歩み寄った。 一歩近づくごとに、俺のSAN値がゼロに近づく。 歌仙「黙っていないで、なんとか言ってくれないか?」 俺「」 歌仙「おい」 そう言って歌仙さんが俺に手を伸ばしてきた。 歌仙さん、俺が「来んな」って言ったから近寄れずにおろおろしてた。 それを見たこんのすけが歌仙さんに俺が人間 人型 不信だと説明。 歌仙さん納得したように頷いた。 俺「ぅ、わああぁああぁ……!」 歌仙「あぁもう、泣かないでくれ。 知らなかったんだ、ごめん」 すっげー綺麗なハンカチ取り出してこんのすけ経由で俺にくれた。 涙でぐしょぐしょになった、ごめんなさい。 もう話しダメだなって理解したのか、歌仙さんは「明日また来る」って言って部屋から出てった。 「あ、はい…」 そう答えると、歌仙さんは襖をあけて入ってきた。 俺は隅っこでビビったまま動けないでいた。 だめだ、マジで怖い。 本当に怖い。 体震えるって…。 俺のビビりっぷりと人型不信を目にした歌仙さんは、俺の分の朝餉を置くと自分の分を離した。 「この距離なら、大丈夫だろう?」 「………はい……」 「なら、冷めないうちに食べよう」 「………いただき、ます…」 暖かい白米に味噌汁、焼き魚と煮物だけの簡単そうな朝ごはん。 箸をとって口に運ぶ。 何回か咀嚼して、飲み込む。 思わず、涙があふれた。 「ふ、っ……ぅ…くっ」 「ど、どうした!?」 いきなり泣き出した俺を見て、歌仙さんは焦った。 俺は止まることない涙をぬぐいながら、言った。 「こんな、あったかい、ご飯…久し、ぶりに…食べ、た…」 「え?」 「ま、えは…あんま、りっ…ぅっ、た、べさ…せて、もらえな、か、った……っから……す、ごく…おい、しいです…」 「…そうか」 「は、い……」 涙をぬぐっていると、不意に影ができた。 朝餉の横に、昨日と違う柄のハンカチがそっと置かれたと思うと、歌仙さんは自分の席に戻って食事を再開していた。 俺はハンカチを受け取って涙を拭いた。 昨日のハンカチも、こんなに濡らしたなぁ…と思いながら涙をぬぐった。 朝餉を終えると、歌仙さんはこほん、と咳払いをして俺の方をみた。 俺は怖くて、下を向いていた。 「キミは、どうしてこの本丸に?」 「え、と…政府、行け、言われ…」 「…なるほど」 なるほどぉ!? あんなカタコトで分かったのこの人!? 「…では、この本丸がどういう状況かは?」 「少し、聞いた…です。 …ブラック、だとか…どうとか…」 後半めっちゃ声ちっちゃくなったけど、ちゃんと聞こえてたっぽい。 「…審神者の仕事は聞いたかい?」 「……な、にも…」 「…やっぱり」 「ふぇ?」 思わず変な声が漏れたが、歌仙さんはそんなこと気にせずつづけた。 「前に来た女性…審神者がそうだったんだ。 何も知らずにここに送られて…」 「そ、の…人は?」 「自殺した」 ちらり、とこんのすけを見るとこんのすけは顔を下に向けたままあげようとしない。 小さな体は震えていた。 「こんちゃん、おいで…」 「……」 こんちゃん、ともう一度呼ぶと、こんのすけは俺の膝の上に乗った。 今にも泣きそうな顔になっていたけど、俺が撫でたら泣いた。 よしよし、と慰めていると歌仙さんは溜息をついて俺に言った。 「…鍛刀も刀装作りも手当も知らないんだね…?」 「…はい」 「出陣や遠征については?それも何も聞いてない?」 「……聞いてない、です…」 「…わかった。 それだけ確認したかったんだ」 そういうと、歌仙さんは立ち上がって空になった繕をもって出て行った。 出て行ったあと、俺はそっと廊下を見て誰も居ないことを確認するとノートパソコンを開いた。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 244 壱 と、まぁ…こんなことがあったったー 245 名無しの審神者 246 名無しの審神者 247 名無しの審神者 248 名無しの審神者 249 名無しの審神者 250 名無しの審神者 251 名無しの審神者 252 壱 ここは無言の多いインターネッツですね^^ マジで怖かった。

次の

拍車をかけるの意味!語源に意外な事実がかくされた言葉とは?

拍車がかかる

質問者さんへ こんにちは。 だいぶ以前のご質問への回答となり恐縮ですが 少しでも参考として頂けますと幸いです。 ~に拍車をかける、と言う表現ですが、 結論から申し上げますと、ケースバイケースで 表現することが可能です。 今回紹介させて頂いた例ですと、重要なプロジェクトを 任せれていて、それ(プロジェクト)が、私を以前より忙しくしている という感じで、「忙しさに拍車をかける」というニュアンスを伝えることが 可能です。 更に、 It makes me busier and busier. と言えば、「ますます忙しくなってきている」と、忙しさを より強調した言い方が出来ます。 (比較級 and 比較級 という形が ポイントです) 他にも、 The Japanese yen is now getting stronger and stronger. 現在、円高に拍車がかかっている という表現も可能です。 要は、拍車がかかる=前よりも〇〇である、ということですから 比較級を上手く使えば表現できるという事です。 ・・・少しでも参考として頂けますと幸いです。 質問者さんの英語学習の成功を願っております。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の

「拍車をかける」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

拍車がかかる

【テレワーク浸透】 「(消費者が)通信容量の上限を意識するような使い方は時代に合わなくなる」。 新型コロナはこの傾向に拍車をかけた。 テレワークの浸透や、外出を控えたい意向が寄与したと考えられる。 【収益伸び悩み】 しかし、通信量の増加は必ずしも通信会社の収益につながるわけではない。 家庭用光ファイバー通信回線(FTTH)をはじめとする固定通信は、従来、定額の料金体系の利用が多いからだ。 携帯通信についても、自宅に固定回線を持たない学生が遠隔学習に使いたいといった需要が広がると、やはり従量制ではなく定額制が歓迎されそうだ。 通信会社にとっては、トラフィックが増えても定額制では顧客当たりの収入が伸び悩む一方、管理コストや通信障害のリスクは高まるジレンマに陥る可能性もある。 FTTH市場は新型コロナの感染拡大前から、緩やかではあるものの、拡大傾向が継続。 MM総研(東京都港区)は、21年3月末時点のFTTH契約件数を、20年3月末時点比142万件増の3449万件と予測する。 【つながる機器】 モバイル関連は今後、第5世代通信(5G)やIoT(モノのインターネット)の普及が見込まれる。 通信網につながる機器が増えれば、それに比例して契約回線数が伸びることも期待できる。 一方で「通信やIT(の恩恵)を享受した生活が前提になると、そこに取り残される人も出る」(野村総研の斎藤プリンシパル)。 店舗は従来、高齢者などにスマートフォンの使い方を対面で分かりやすく説明するといったサポート拠点としての機能もあったが、それが損なわれた側面は否定できない。 携帯通信各社はオンラインでのサポートの充実を図るが「取り残される人を少なくする仕組みが公共性の点からも求められる」(同)。 新型コロナは販売戦略や店舗の位置付けの見直しも迫っていると言えそうだ。 (斎藤弘和) 日刊工業新聞2020年6月19日.

次の