モナニュース。 モナコイン(Monacoin MONA)の最新ニュースまとめ

モナコイン(MONA)は徐々に売り圧が強まる展開

モナニュース

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。 金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。 暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。 暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 <暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点> 暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。 暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 当社は登録した暗号資産交換業者です。 暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。 <免責事項> 当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。 また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。 当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。 当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。 当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。 当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。 また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。 当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。 当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。 <注意事項> 暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。 暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。 暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。 外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。 なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。

次の

モナコイン(Monacoin MONA)の最新ニュースまとめ

モナニュース

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。 金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。 暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。 暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 <暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点> 暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。 暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 当社は登録した暗号資産交換業者です。 暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。 <免責事項> 当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。 また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。 当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。 当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。 当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。 当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。 また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。 当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。 当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。 <注意事項> 暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。 暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。 暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。 外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。 なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。

次の

AIが名画の美女達を “現実の女性” として動画で再現! 「モナ・リザ」や「真珠の耳飾りの少女」などリアルで感動します

モナニュース

来歴 に出生。 1982年、 6歳の時に日本へ。 を経て法学科を卒業し、の取得。 その後、2011年にで(MBA)を取得した。 1998年に へ入社した。 2001年より報道局に、アナウンス部兼務となる。 2004年にアナウンス部へ復帰。 『』の立ち上げにとして携わる。 2005年4月をもって『ムーブ! 』を降板。 6月、朝日放送を退社しフリーとなり、に所属。 『ムーブ! 』で共演した評論家の紹介を通しての、7月13日・7月14日『』の代理出演が退社後の初仕事となった。 2006年、9月に『』のキャスターにとともに抜擢されるが、当時代理であった・とのを報じられる。 体調不良を理由にから『筑紫哲也 NEWS23』の出演を休み、付けで降板。 2007年1月1日 - 11年ぶりに復活した『』でテレビに復帰。 のをして司会を務める。 2008年7月放送開始のの『』で総合司会として復帰。 しかしその直後、同郷広島県出身の・(当時・所属])との不倫を報じられ、その結果『サキヨミLIVE』は1回のみの出演で降板した。 同日からテレビ・ラジオ出演を無期限で自粛・謹慎することが所属事務所から発表された。 年明けとなる2009年1月20日の『』においてメディア再復帰。 聴取者からは8割の支持を得て好意的に迎えられた。 2010年8月、ブログで一般男性との結婚を発表。 同日再度の投稿で、2011年春の挙式後にタレントを引退することを示唆している。 2011年、6月30日に芸能界引退を発表し、同日付で引退。 ブログは同年7月10日付で閉鎖。 11月にはブログで妊娠を発表した。 翌2012年7月10日、4278グラムの女児を帝王切開にて出産。 2013年3月、芸能活動の再開を発表。 個人事務所、株式会社ARIES(アリーズ)を立ち上げている。 2014年6月に、第2子男児を出産。 同年7月1日付けで、芸名を旧姓の山本モナに戻した。 2019年6月27日、第3子出産を報告。 母親は日本人で父親はで外国航路に乗務した。 彼女が小学校4年の時(1985年)に三光汽船が倒産したため、父親はされノルウェーに帰国した。 それ以降一度も会うことなく既に死去しているという。 監督の尾道を舞台にした映画『』に実家が映っている。 尾道支局長だった母方の祖父は、の取材で後死去しており、自身は被爆3世となる。 趣味は(で困らない程度)、、観賞、、旅行、。 特技は、、(初段)。 『』のヘビーユーザー。 かつて『』に連載を持っていたことがある。 好きであり、であると自称している。 ワインエキスパートの呼称資格認定試験に合格している。 朝日放送時代の出演番組 テレビ• Dウイルス・デーモン閣下の世紀末的流行図鑑• セレクTV• (2003年) ラジオ• 中原秀一郎のラジオTODAY• () ナレーション(時折出演)• フリー転身後の出演番組 テレビ• (、2007年1月30日、4月17日、5月15日 - 2008年6月、2009年5月) - 準レギュラー• (、2007年2月9日、4月13日 - 2008年7月) - レギュラー• (テレビ朝日、2007年5月 - 2008年6月、2010年2月) - 準レギュラー(プレッシャーSTUDY)• (テレビ朝日、2007年10月 - 2008年3月) - 準レギュラー• (、2007年1月 - 2008年7月) - 不定期出演• (日本テレビ、2008年4月 - 7月) - 金曜レギュラー• (フジテレビ・共同制作、2008年7月6日) - 総合司会(不祥事により1回の出演で降板)• (フジテレビ、2011年4月 - 6月) - 準レギュラー(芸能界引退により降板)• TCK. TV メインキャスター• (、2013年11月10日) - MC その他• (、2006年10月23日にて途中降板)• (日本テレビ、2007年1月1日)• 山本モナのセレブ旅マリーアントワネット栄光と悲運…究極の秘密 (テレビ朝日、2008年2月11日)• (、2008年3月13日・2010年2月25日・11月4日)• (日本テレビ、2007年10月 - 2008年3月、水曜レギュラー)• (テレビ朝日、2008年4月7日)• (、2008年6月5日)• (NHK総合、2008年6月26日)• (、2009年2月23日)• 芸能人最強クイズ王決定戦スペシャル5・6・7・9・11(テレビ朝日、2009年3月31日・10月9日・2010年1月5日・9月24日・2011年3月30日)• (ABCテレビ、2010年1月1日)• (日本テレビ、2010年8月27日)• 「女性芸能人16人のプライベートを徹底調査! その全てを浜田が大暴露SP! 」(MBSテレビ、2010年9月8日)• (日本テレビ、2010年9月18日)• (、2011年1月18日) ラジオ• () 月 - 木ナビゲーター(2006年1月9日 - 9月14日)• (、火曜日) 舞台• 「新宿ミッドナイトベイビー」(2010年7月17日 - 7月25日、) CM• 「」(『モナ先生篇』)• 脚注 []• 化された4月以降、同局のアナウンサーは全員所属となっている。 山本モナ 2011年3月1日. 山本モナのもなろ〜ぐ. 2011年4月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年8月25日閲覧。 2008年7月10日. の2008年12月20日時点におけるアーカイブ。 2013年8月25日閲覧。 山本モナ 2010年8月16日. 2010年8月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年8月25日閲覧。 (公式ブログより)• スポーツ報知 報知新聞社. 2019年6月27日. 2019年6月27日閲覧。 2017年6月21日閲覧。 関連項目• - 日本支部長に就任した。 外部リンク• monayamamoto -• 2 2012年春より単独メイン。 3 月曜-木曜担当。 4 金曜担当。 5 サブキャスター兼務(蓮見は2012年10月から)。 6 後藤のメイン就任後はスペシャルアンカーとして随時出演(2008年3月まで)。 7 番組開始から1997年9月まで。 8 金曜日のみ出演。 9 筑紫哲也夏季休暇時のメインキャスター代理。 10 膳場貴子不在時のメインキャスター代理。 11 番組開始前、筑紫にキャスター就任の要請あり(実際のメインキャスターは)。 12 2018年10月から金曜日のみが担当。

次の