ご参考までに 使い方。 「ご参考下さい」の意味と使い方・正しい敬語表現

「ご参考までに」はどう使う?敬語や類語など使い方を完全マスター

ご参考までに 使い方

ご参考までにの意味は? ご参考までにの意味は「判断材料の一つとして」という意味 まず、「ご参考までに」という言葉の意味は、「判断材料の一つとして」という意味です。 「判断材料」とは何かについて決断を下す際にそれを判断する基準になるような内容のものという意味を表す言葉です。 このことから、「ご参考までに」という言葉は自分が提示したい内容のものを「これを良かったら判断材料の一つとして考えて下さいね」と相手に伝える言葉であると言えます。 あなたも特にビジネスの場面でこのフレーズを一度は耳にしたことがあると思います。 ご参考までにの意味は何かに情報を付け加える際に用いられる ご参考までにの意味は、何かに情報を付け加える際に用いられるものであるとも言えます。 メールや会話などの中でまずは自分が伝えたい内容を簡潔に伝えた後、一度に伝えきれない情報、多くの場合はデータや資料などを付け加えたい際にこの言葉を使用します。 逆に言うと、まず何かの提案や前提となる話がないとこの「ご参考までに」という言葉は使用できず、使用したとしても本来の意味を持つ言葉として伝わりません。 この言葉は何か情報を付け加えるという意味と役割を持つ、ということを念頭に置いておきましょう。 これは、例えばメールや手紙の最後に相手に参考にしてもらいたい情報を添付したい場合などに使用します。 具体的には、「ご参考までに。 」という文言と共に添付ファイルなどでそれらを添付します。 また、この使い方は例えばメール文面で「先日お話していたプロジェクトについてですが、今のところ滞りなく進んでいます。 ご参考までに。 」と今まで話していた内容に情報を付け加えたい際に文末に使用することもできます。 これは、例えば会議や接客中に相手に「ご参考までに。 」と言いながら自分が提示したい資料や商品を手渡すという使い方です。 もちろん、時と場合によりますが、状況によっては「ここではあまり自分の主張をしすぎない方が良いな」と感じることもありますよね。 ただ、相手へアピールできるせかくのチャンスを逃すのはもったいないので、この「ご参考までに」をさりげなく使うこの使い方が生かされてきます。 ご参考までにの敬語表現は? ご参考までにの敬語表現はそのままの形で「ご参考までに」 ご参考までにの敬語表現は、そのままの形で「ご参考までに」と使うだけで敬語表現として使えます。 「参考」という言葉に「ご」という丁寧語がついているので、敬語表現であるということが分かります。 良くある誤用が、「ご参考までにご確認ください。 」などの形で敬語表現を重ねてしまうものです。 この使い方は、厳密に言うと敬語が重複してしまっているという理由から誤用となりますので、注意してください。 ご参考までにの敬語表現の後に具体的な表現を重ねるとより丁寧に 「ご参考までに」という敬語表現の後に、具体的な表現を重ねるとより丁寧な敬語表現となります。 例えば、「ご参考までにお伝えさせて頂きます。 」など、特に自分の行う行為を謙譲語の形の敬語にして伝えるとより丁寧な響きとなります。 先述した通り、この「ご参考までに」というフレーズは文末などで単独で使用することもできますが、それだけでは伝える意味合いが弱い、あるいは丁寧さが欠けるという場合もあります。 これを避けるために今回ご紹介したような形で具体的な表現を重ねるようにしましょう。 」です。 これは、「一つの判断材料としてもらうために、資料を添付します」という意味を表します。 この文言を付け加えた後、メールなどに該当の資料を添付して使います。 この例文を使ってうっかりやってしまうのが、資料の添付し忘れです。 相手からしても、「参考までにって書いてあるけど、肝心の資料はどこ?」と思ってしまうところですので、最後まで細心の注意を払ってメールを送りましょう。 」です。 これは、メール文面や会議などでの発言の中で補足情報として何らかのデータを提示したい場合に使用できる例文です。 この「ご覧ください」という言葉は、ビジネスシーンでも特に活用できる良い敬語表現です。 「ご参考までに」という言葉とも相性の良い言葉なので、ぜひこの例文をそのまま暗記して活用してみましょう。 」です。 これは、参考にして欲しいものについては具体的に言及せず、さらりと相手に補足情報の存在について伝えられる例文です。 自分が伝えている内容によっては、法的な決まりなどで一応、相手に知らせる必要はあるが、話の主題ではないので参照する旨は伝えるものの、あまりそのことについて時間を割きたくないという状況もあるはずです。 そんな時に活用してみましょう。 これは、例えば大事な取引先担当者、または顧客に対して指定のものを確認したいかどうか、その意思の確認を行う例文です。 この例文のように、「ご参考までに」というフレーズは会話の中の質問という形で応用することも可能です。 もし相手に確認を取ってみて、相手が「その必要はない」と答えれば、自分の作業時間の短縮も図ることができます。 ぜひ活用してみてください。 」です。 これは、例えば自分が販売を担当する新商品のサンプルを、担当顧客に送付したい場合などに使用することのできる例文です。 もちろん、営業担当として売り上げを上げることは重要ですが、押し売りされるのは誰でも嫌なものです。 しかし、この「ご参考までに」という言葉を上手く使うと、今回の例文のようにやんわりと相手に提案を行うことができます。 おすすめの使い方です。 」です。 これは、相手が今後の予定を立てやすいように、という配慮から例えば今後の会議の予定を表にしてまとめたものを掲載しています、と相手に伝える丁寧な敬語表現です。 このように使用すると、相手に対してそれを確認することを強要するニュアンスが消えますので、相手も不快な思いをすることなく行動に移すことが期待できます。 人の心理を上手くとらえた使い方とも言えそうですね。 」です。 これは、相手に自分が見つけたおもしろい記事を共有する旨を伝える例文です。 この例文の後に「お時間が許せばぜひご覧ください。 」などと重ねると丁寧さが増します。 このような表現を使ってある程度信頼関係が築けている相手に有用な情報をシェアするというのはビジネスにおいても非常に有効な手段です。 ぜひ自分から色んな情報を提供できるキーバーソンとなってビジネスでもその存在感を高めましょう。 これは、「とりあえず判断材料の一つとして確認してもらえると嬉しいです」という意味を表す例文です。 当例文内の「幸いです」という言葉は、相手に何かを依頼する際に活用できる良い敬語表現です。 この例文以外でも様々な形で応用してみてください。 「ご参照」とは「何かを照らし合わせて考える」という意味を表す丁寧語です。 「ご参照までに」という言葉は、「ご参考までに」という言葉とほぼ同義語で使用することが可能です。 具体的な例文としては、例えば「ご参照までに下記データをご覧ください。 」などの形で使用します。 「ご参考までに」を使用した場合と同様、相手に強制するニュアンスがありませんので、安心して使用することができる類語です。 これは、「判断材料の一つとしてというくらいに」という意味になります。 具体的な例文としては、例えば「以下の資料についてはご参照程度に考えていただければと思います。 」などがあります。 これは、「以下の資料内容は参照して判断する一つの材料というくらいに考えてください」という意味になります。 相手にあくまでも補足の情報としてお送りしていますよ、と伝える場合はこの「ご参照程度に」を上手く使えると良いでしょう。 これは、例えば「参考として過去のデータを添付ファイルにてお送りいたします。 」などの例文があります。 イメージとしては、「ご参考までに」という言葉をよりシンプルな響きの言葉にしたというイメージです。 この類語表現である「参考として」という言葉もビジネスでは頻繁に使用される言葉です。 他にも「参考としてこちらの商品をご覧いただければと思います。 」などの形でその内容に合わせて応用することが可能です。 「ご参考までに」という言葉の使いこなしてビジネスを円滑にしていこう! 当記事では、「ご参考までに」という言葉の意味とその使い方、類語表現についても詳しくお伝えしてきました。 この言葉を見ていくと、相手にやんわり何かを提案する場合に特に活用できる言葉であるということが分かりました。 あなたもぜひこの言葉を使いこなしてビジネスを円滑にしていってくださいね。 下記関連記事内では、「ご参照ください」という言葉の意味について分かりやすくまとめています。 参照と参考の違いや、「別紙参照」の敬語についても詳しく解説していますので、興味のある方はぜひこちらの内容も合わせてぜひご覧ください。 あなたの語彙力アップに役立つこと間違いなしです。

次の

ビジネスで使う「ご査収」の意味と正しい使い方(例文付き)

ご参考までに 使い方

ビジネスシーンでは「参考までに」という表現が多く使われます。 それは、参考にできる資料や、過去の事例などを可能な限り使うことで、未然に防げる失敗を取り除き、無駄な人的労力やコストを減らすことがビジネスにおいて大切だからです。 さて、ビジネスシーンにおける「参考までに」の意味ですが、「参照してください」「認識しておいてください」「判断材料の一部に使ってください」「目を通した方が業務がスムーズに運びます」などといった意味合いを含みます。 ビジネスシーン以外のプライベートな場面では、「参考までに」と言われたケースでも、聞き流したり、目を通さないでいたとしても、後から特に大きな問題になったり、誰かに多大な迷惑を掛けたりといったことは起こらないかもしれません。 しかし、この表現がビジネスシーンで使われた場合には、事前に配布されていた参考資料に目を通さなかったばかりに取引先に迷惑を掛ける結果を招いてしまったり、大きな損益を会社に与えてしまうなど、後々取り返しのつかない事態にも発展しかねません。 「参考までに」と言われたら、話であればよく聞き、資料であれば、その資料や情報には目を通すのが賢明です。 「ビジネスシーンで参考までにと言われたら、しっかりと聞く、読む」と覚えておくと良いでしょう。 そうでないと、後々、上司から「目を通していないのか」と詰問される事態にも陥りかねません。 「参考までに」の使い方 ・「参考までに意見を聞かせていただけますか」 ・「参考までに考えを聞きたいのですが」 といった場合です。 よく耳にするフレーズのようでもありますが、二つの用例とも、意見や考えを述べるのは相手ですが、参考にするのは発言した本人です。 そのため、ビジネスのシーンで目上の相手に対してこう発言してしまった場合には、相手によってはこの言葉の発言者に対して、失礼な人という印象を抱くことになります。 (目上の)あなたの意見や考えを、 (目下の)私の判断材料にさせてもらいます と言っているのと同じことだからです。 少しややこしいですが、ポイントは誰が参考にするのかといった行動の主体を、常に見失わないように意識することです。 上の二つの具体例を、失礼でない言い方にするとこうなります。 ・「ご意見を聞かせていただけますか」 ・「お考えをお聞きしたいのすが」 つまり、参考までに、の後半に続けることが可能であるのは、相手のためになることに関する表現だけだということです。 ここでいう相手のため、というのは、突き詰めて言えば、相手の利益、メリットになるということです。 先ほど既に挙げました、「参考までに、資料をメールに添付しておきました」というのが、良い例です。 自分の(利益やメリットの)ために、相手の意見や考えを聞きたいのであれば、「参考までに」を呑みこんで、言葉にせずに伏せておくほうが、どのような相手に対しても失礼がなく、無難だということです。 ご参考までにの用例としては ・「ご参考までに、こちらの物件もご覧になられますか」 ・「ご参考までに、今後の弊社の経営方針を説明させていただきます」 ・「ご参考までに、次回のイベントの日時を掲載させていただきました」 といった具合です。 参考までに、と比べると、相手の立場は、自分の立場よりもぐんと上がっています。 ここで気を付けたいポイントですが、参考するという行為の主体は、相手だということです。 その相手を敬っていることを表現した言葉なので、「ご参考までに」に続く言葉が、相手の行動に関するものであれば尊敬語を、こちらの行動に関するものであれば謙譲語を使うというルールを覚えておきます。 慣れないうちは、ご参考までにに続く表現を誤って使用してしまうかもしれませんが、ビジネス用語を自分のものにするコツは、慣れるまでの自分の間違いを気にせずに、馴染んでくるまでどんどん使うことです。 「ご参考までに」の誤った用例 それでは、この言葉の使い方の理解を深めるために、ご参考までにの誤用例を紹介します。 ・「ご参考までに、今週の式典に来てみますか」 ・「ご参考までに、明日の朝刊を読んでみてください」 ・「ご参考までに、私の体験を言います」 といった具合です。 いずれも誤った用例ですが、不自然さを感じるでしょうか。 違和感を覚えたら、その感覚は正解です。 三例とも、前半は相手を敬った表現であるのに、それに続く後半はすべての用例は「です」「ます」といった丁寧語であるだけで、相手を敬う尊敬語を使うことと、発言者である自分をへりくだることを忘れています。 「ご参考までに」に続く、後半部分も、そのまま相手を敬った表現を続けると日本語としてきれいです。 以下が正しい用例です。 ・「ご参考までに、あちらのお部屋もご覧になられますか」 ・「ご参考までに、今週の式典においでになられてみますか」 ・「ご参考までに、私の体験を述べさせていただきます」.

次の

「ご参考下さい」の意味と使い方・正しい敬語表現

ご参考までに 使い方

「ご参考ください」は誤った日本語 「ご参考ください」の意味は「照らし合わせて手がかりにしてください」 「参考」の意味は「照らし合わせて考える。 自分の考えややり方を決める手がかりにする」という意味です。 よって、「ご参考ください」の意味は「照らし合わせて手がかりにしてください」です。 ビジネスシーンでは会議で補足資料を配布するときによく使われます。 「参考する」という動詞はなく、「ご参考ください」は誤用 しかし、「ご参考ください」は間違った日本語なので注意が必要です! 「ご参考ください」の原型は「参考する」になりますが、「参考する」という動詞は日本語にありません。 「参考にする」というのが正しい動詞の形です。 「ご参考ください」は広く使われている表現なので使っても違和感を抱かれることは少ないと思いますが、間違った日本語ですので正しい言い換え表現を紹介していきます。 「ご参考ください」の類語 「ご参照ください」は「文章や図を引き比べて参考にしてください」 「参考」の類語に「参照」があります。 「参照」は「文章や図を比べて参考にする」という意味になります。 つまり、「参考」も「参照」も「照らし合わせて自分のやる方や考え方の手がかりにする」という意味では同じですが、「参照」の方が「他のものと比べる」という語感が強いです。 「ご参照ください」は慣習的に広く使用されている言い回しですが、「ご参考ください」と同じ理由で誤った日本語となります。 ・ご参照願います ・ご参照のほど、よろしくお願いいたします ・ご参照くださいますよう、何卒お願い申し上げます などと言い換えましょう。 「ご覧ください」「ご覧になってください」 「ご覧ください」は「見てください」という意味です。 「ご覧ください」は「ご覧になってください」の省略形です。 「ご覧になってください」=「見る」の尊敬語「ご覧になる」+丁寧語「ください」 で成り立っています。 「ご覧ください」「ご覧になってください」は尊敬表現なので、目上の人に対して使うことが可能です。 「ご覧ください」「ご覧になってください」は「見てください」の意なので、文章以外のものに対しても使うことができます。 ・ご覧くださいませ ・どうぞご覧ください ・ご覧くださいますようお願いいたします ・よろしければご覧ください などと表現するとより丁寧になります。 「参考」の使用上の注意点 「参考になりました」と目上に言うのは失礼 上司や取引先に何かを教わったときに 「参考になりました」と返すのは失礼になりますので注意です。 「参考程度にしかならなかったのか」と思わせてしまうかもしれないからです。 「 大変勉強になりました」と言い換えましょう。 「参考までにご教示ください」と教えを請う表現は上司などに使うことができます。 「参考までに教えてください」は、「参考にする程度などでそこまで詳しく教えていただく必要はありません」という意味合いなので、謙虚さを示すことができます。 「ご参考までに」だと見てもらえない可能性も 「ご参考ください」「ご参考までに」という表現は、「参考にするかどうかは相手次第」であり、必ず見てもらえるか分かりません。 なので、必ず目を通してもらう必要がある資料などに対しては、「ご一読ください」「ご覧ください」などの言い換え表現を使うようにしましょう。

次の