限界突破wifi 下り。 限界突破Wi

速度低下の「限界突破WiFi」、3月利用分を返金 解約金免除や移行費用負担も

限界突破wifi 下り

エックスモバイル株式会社は、ポケットWiFiの他に格安SIMや固定電話といったサービスも提供しており、2014年から事業を開始しています。 格安SIMの店舗数は全国で80店と、業界内でもかなり多い水準にある企業です。 「限界突破WiFi」の月額料金や初期費用といったサービス内容は下記の通りです。 月額料金と初期費用 まず、「限界突破WiFi」の 月額料金は3,500円で、初期費用の 事務手数料は0円です。 月額料金は他社と比べると平均的ですが、事務手数料が無料というのは珍しいです。 月額料金が3,500円で固定されているのも分かりやすくていいですね。 ネット回線だと「最初だけ安い割引料金だけど、その後高くなる」といった料金体系をしているサービスが多いです。 また、端末代は無料です。 端末代0円は他社のポケットWiFiでもよく見られますが、契約事務手数料まで無料なので初期費用は0円で始めることができます。 端末補償もつけられる また、オプションで端末補償(月額500円)を付けることもできます。 端末が故障してしまった際、交換には18,000円がかかってしまいますが、端末補償に入っていれば年2回までの無料交換に対応してくれます。 限界突破WiFiの速度は?速度制限はあるの? 「限界突破WiFi」で利用できる端末のスペックは下記の通りです。 最大通信速度 下り:最大150Mbps 上り:50Mbps 連続利用時間 最大15時間 同時接続 最大8台 対応ネットワーク au、SoftBank、docomo ディスプレイ 5. 7インチ その他機能 翻訳アプリ、地図アプリ 通信速度は下り最大150MbpsとWiMAXほど速いわけではありませんが、 連続使用時間が最大15時間と大容量になっているので、屋外で利用する際でも充電切れの心配がありません。 最大8台の端末と同時接続が可能なので、スマホやタブレット、ゲーム機など、さまざまな端末で楽しめます。 さらに、こちらの端末はポケットWiFiなのに5. 7インチのディスプレイが搭載されています。 翻訳アプリや地図アプリがインストールされているので、簡易スマホとしても使えて便利ですね。 速度制限について そして、気になる速度制限についてです。 限界突破WiFiでは「速度制限なし」を売りにしていましたが、ホームページには小さく注意書きが記載されています。 「他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 」 「違法ダウンロード」などの不正利用や常識の範疇を超える利用をした場合に、速度制限がかかる設定になっています。 ただし、余程の使い方をしなければ制限にかかることはないので実質的に「速度制限なし」と考えてもいいでしょう。 2020年4月から「1日5GB」使うと制限がかかる? ここまでが従来の限界突破WiFiの速度制限でしたが、2020年4月から下記のような制限が設けられています。 1日5GB以上 快適な速度(下り:4Mbps/上り:1Mbps) 1日10GB以上 128Kbps 「速度制限なし」が売りだった限界突破WiFiでしたが、ここに来て速度制限が追加されました。 今後(2020年4月以降)限界突破WiFiを申し込む方は、1日5GB以上使うと下り4Mbpsに、10GB使うと128Kbpsに低速化してしまいます。 ちなみにどのくらいネットを使うと10GBを超えてしまうのかについては、限界突破WiFiのホームページに次のような目安が掲載されています。 ですが、長時間動画の視聴などをする方はデータ容量を消費しやすいので注意が必要ですね。 なお、2020年3月以前に契約した方の中には、「いくら使っても遅くならないから加入したのに」と思われる方もいるでしょう。 限界突破WiFiは急なサービス変更に対して、2020年3月末日までの加入者を対象に特別な解約申請フォームを設けています。 上記の窓口から解約すれば、「解約金なし」「3月の月額料金返金」といった対応を受けられます。 解約を希望する方はこちらから申請してみてください。 限界突破WiFiの評判 「限界突破WiFi」の評判をSNS上から集めてみました。 実際に利用している方がどのような感想を抱いているのか口コミをチェックしていきましょう。 限界突破wifiが遅すぎてしんどい — LOVSTAR ろぶすたー lovstarzz 通信速度については「速い」「遅い」と両方の口コミがみられました。 平均的な実測速度は20~30Mbps程度なので、用途などによって評価が分かれる部分だと思います。 ただ、限界突破WiFiは「au」「SoftBank」「docomo」のトリプルキャリアに対応しており、繋がりやすさにおいてWiMAXよりも上と評価する人もいました。 また、プラン変更やWiFiレンタルなどをしなくても、限界突破WiFiは海外でも利用可能です。 そういった利便性について高く評価している口コミもみられました。 限界突破WiFiのメリット 限界突破WiFiのメリットは下記の4点です。 月額料金が3,500円とリーズナブル• 広いエリアで繋がりやすい• 手続きやレンタルなしで海外利用が可能• ポケットWiFiにアプリ機能を搭載している 1.月額料金が3,500円とリーズナブル 限界突破WiFiの 月額料金は3,500円なので、WiMAXの料金が月額4,000円程度なのを考えるとリーズナブルな料金設定になっています。 また、WiMAXのように1、2ヶ月目は3,609円、3ヶ月目以降は4,263円、というように最初だけ安いわけではなく、ずっと3,500円の料金のまま使えます。 2.広いエリアで繋がりやすい 限界突破WiFiは、 「au」「SoftBank」「docomo」のトリプルキャリアのエリアに対応しているので、全国どこにいても繋がりやすくなっています。 屋外でポケットWiFiを利用される方にとっては、ビルの中や地下鉄、カフェなどで繋がってくれないと困りますよね。 家でも外でもネットを利用するという方には使い勝手がいいでしょう。 3.手続きやレンタルなしで海外利用が可能 海外での利用も可能なので、海外でのWiFiレンタルの手続きなど面倒な手間いらずで海外でネットが使えます。 海外利用の細かい設定も必要ないので、そういった機械の設定などに弱い方にも便利です。 ただ、海外利用時には利用料金が必要です。 対応している国は107カ国でエリアによって料金は異なるため、気になる方はで確認してみてください。 4.ポケットWiFiにアプリ機能を搭載している 限界突破WiFiは、ポケットWiFiでは珍しく翻訳アプリと地図アプリがインストールされています。 ポケットWiFiとしてだけでなく簡易スマホとしても使え、海外旅行や海外出張に行った際にも便利です。 限界突破WiFiのデメリット 限界突破WiFiのデメリットは下記の2点です。 解約金が高い• 最大通信速度はそこまで速くない 1.解約金が高い 限界突破WiFiを2年以内に解約すると、18,000円の解約金が発生します。 解約金の金額はサービスによって異なりますが、「無制限WiFi」系だと9,000円〜10,000円程度が相場なので、高めに設定されています。 実際に利用してみてイメージと違った場合、短期で解約すると負担が大きくなるので注意が必要です。 2.最大通信速度はそこまで速くない また、最大通信速度は下り150Mbpsと、WiMAXと比較してそこまで速いというわけではありません。 ただ、ネットの利用目的に応じて必要な通信速度は異なりますし、「繋がりやすさ」や「速度制限」を優先して限界突破WiFiを選ぶのもいいでしょう。 「使い放題&速度制限なし」をアピールしていますが、イマイチ違いが分かりづらい部分も多いでしょう。 ここでは「限界突破WiFi」と同じく人気の「どんなときもWiFi」を比較していきます。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 月額料金 3,500円 1〜24ヶ月目:3,490円 25ヶ月以降:3,980円 初期費用 (事務手数料・端末) 0円 3,000円 データ通信量 1日5GB(4月1日から) 月間25GB(通信障害以降) 通信速度 下り最大150Mbps 下り最大150Mbps 契約期間 2年 2年 解約金 2年目までの解約:18,000円 2年目以降の解約:5,000円 1年以内の解約:19,000円 2年以内の解約:14,000円 2年目以降の解約:9,500円 月額料金に関しては、長く使うなら限界突破WiFiがお得ですし初期費用もかかりません。 端末スペックはほぼ同じで、解約金に関しても同じような感じになっています。 また、どんなときもWiFiは2020年3月に生じた通信障害以降、対象ユーザーに月間25GBという利用制限を設けているため「無制限WiFi」とは言えなくなっています。 限界突破WiFiなら1日5GBまで使えるので、どんなときもWiFiよりも快適に使えるでしょう。 本当に無制限に使えるWiFiはないの?と思っている方も多いと思います。 そこで注目されているのが、同じ無制限WiFiの「MUGEN WiFi」です。 「MUGEN WiFi」のサービス内容はどうなのか、限界突破WiFiと比較してみたいと思います。 限界突破WiFi MUGEN WiFi 月額料金 3,500円 MUGENアドバンスプラン:3,880円 MUGEN格安プラン:3,280円 初期費用 (事務手数料・端末) 0円 3,000円 データ通信量 1日5GB(4月1日から) 無制限(月300GB) 最大通信速度(下り) 150Mbps 150Mbps 契約期間 2年 2年(自動更新なし) 解約金 2年目までの解約:18,000円 2年目以降の解約:5,000円 1年未満:9,000円 1年以上2年未満:5,000円 更新月以降:0円 翻訳機能と充電器機能がついていないMUGEN格安プランであれば、限界突破WiFiよりも月額料金が安く使えます。 MUGEN WiFiも無制限WiFiですが、利用者の口コミによれば実際は月300GBで速度制限がかかっているようです。 ですが、通常利用で300GBを超えることはなかなかありません。 限界突破WiFiには1日5GBの制限があるので、容量を気にせず通信できるのはMUGEN WiFiの方でしょう。 また、限界突破WiFiは契約期間が2年で、3年目以降は1年契約になりますが、MUGEN WiFiは2年利用すればその後はいつ解約しても解約金がかかりません。 以上のことから、月額料金の安さ・通信量の多さ・契約期間の縛りの緩さで選ぶ人にはMUGEN WiFiがおすすめです。

次の

限界突破WiFi と THE WiFiを徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

限界突破wifi 下り

限界突破WiFiは、新型コロナウイルスの影響により、在庫不足で入荷待ちの状況です。 4月8日よりWEB申し込みが停止となっています。 受け付けている店舗もあるようですが、それも在庫がある間だけということです。 しかも、 無制限だった通信容量は1日5GB以上で速度制限になるという規約に変わりましたので、無制限を探していた方にはオススメできないWiFiになってしまいました。 そこで、今も無制限で提供しているモバイルWiFiを紹介しておきます。 6月5日時点では 「ギガWi-Fi」がオススメです。 「ギガWi-Fi」は 月額3,250円で使えるデータ量無制限のモバイルWiFiなので、3,500円の 限界突破WiFiよりも250円安く使えます。 安さで大人気だったMugen WiFiの3,280円よりも30円安いので、今後人気になることが予想されるモバイルWiFiです。 最大速度150Mbpsは限界突破WiFiと同じなので、限界突破WiFiが制限有りになった今、圧倒的におススメのモバイルWiFiになっています。 知名度の低さから在庫がある状態でしたが、6月5日時点で3機種中2機種が在庫切れという状況になっています。 安くて使い放題のモバイルWiFiがあると知り、申し込みが殺到し始めているようなので、 申し込みが遅くなると在庫切れになる可能性が非常に高い状況です。 モバイルWiFiが必要な方は、ギガWi-Fiが今も申し込み可能なのか、急いで公式サイトを見に行きましょう。 ゆっくりしていると申し込めるWiFiがなくなっていくかも知れませんよ。 限界突破WiFiの機種名• 限界突破WiFiの端末の大きさ・サイズ• 限界突破WiFiの重さ・重量• 限界突破WiFiの端末の最大速度• 限界突破WiFiの端末の同時接続台数• 限界突破WiFiのバッテリー・充電 それでは詳しく解説していきます。 限界突破WiFiの機種名 限界突破WiFiの機種名は「jetfon P6」です。 元々はスマホとして作られた機種らしく、限界突破WiFiように仕様を変更してモバイルルーターとして使えるようになったようです。 サービス開始当初は通信が切断してしまったり、極端に速度が遅くなってしまう等のトラブルがありましたが、アップデートなどを行い今では改善しています。 アップデート問題について、詳しくはこちらの記事で解説しています。 限界突破WiFiの端末の大きさ・サイズ 限界突破WiFiの端末の大きさは、iPhone Xとほぼ同じ大きさでした。 あまりにも同じサイズ過ぎて衝撃だったことを覚えています。 サイズで言うと152. 5mmとなっています。 限界突破WiFiの重さ・重量 限界突破WiFiの重さ・重量は162gです。 本当にこの重さなのかな?と気になったので、家に合った調理用の測りで測ってみました。 調理用測りで159. 0gなので、162gとは誤差程度の違いということで間違いなさそうです。 簡単に伝えてしまうとスマホくらいの重さです。 限界突破WiFiの端末の最大速度 限界突破WiFiの端末の最大速度は、ダウンロード(下り)150Mbps、アップロード(上り)50Mbpsが最大値となっています。 ただし、この速度は端末の上限の速度なので、実測は別物となります。 限界突破WiFiの実測の平均値を調査してみた結果は20~30Mbpsと言ったところでした。 実際に契約しているので、速度を測ってレビューをしたりもしました。 その時の動画がこちらです。 速度のレビュー動画を複数回撮影しましたが、実測はやはり20~30Mbpsという感じでした。 この速度ならスマホのゲームアプリやYouTubeはもちろんの事、パソコンのオンラインゲーム(FF14)もプレイできたので、日常使いなら十分すぎる速度かと思います。 速度以外にも「本当に無制限で使えるのか?」ということが気になる人も多いと思うので、無制限について検証した記事も紹介しておきますね。 限界突破WiFiの端末の同時接続台数 限界突破WiFiの端末は、スマホやパソコンなどの機器を同時に8台まで接続できます。 実際に8台接続した時の表示がこちらです。 ライバルWiFiともいえる「どんなときもWiFiが5台」までなので、接続台数が多いと嬉しいという方は限界突破WiFiを選んでいる傾向が強いですね。 では、8台繋げた状態でどのくらいの速度が出るのか?超低速になってしまわないのか?という心配があると思うので、8台接続時の速度についてもレビューしました。 その時の動画がこちらです。 レビューの内容としては8台同時に限界突破WiFiと接続し、8台のうちの7台でYouTubeを再生し、1台はスピードテストのために使うというレビューでした。 その結果、普段と変わらない速度が出たという検証結果でした。 この動画に頂いたコメントの中に「YouTubeは通常の動画はある程度キャッシュを溜める仕様の為、生配信を同時接続しなければ検証の意味がありません。 」との声もあったので、完璧なレビューとは言えないかもしれません。 しかし、7人の家族全員が普通のYouTubeを見ているという状況を想定したレビューとしてはかなり実用的な内容だと思うので、参考になる検証結果だと思います。 限界突破WiFiのバッテリー・充電 限界突破WiFiのバッテリー・電池の持ちは15時間と言われています。 日常使いの結果では、18時間ほど持ったというのが現実的な数字でした。 電池の持ちについてはツイッターでもこのようにつぶやきました。 限界突破WiFiの電池の持ちをレビュー! 朝の8時頃からYouTubeをアップしたり、SNSを使ったりサイトの更新をしていました。 その時の動画がこちらです。 「翻訳アプリなんてスマホで使えば良いじゃん」と思う人が多いと思いますが、まさにその通りで、翻訳アプリなんてスマホで使えば良いんです。 限界突破WiFiの翻訳アプリが活躍するシーンは、スマホが電池切れになった時です。 本来ならスマホの電池が切れてしまったら、翻訳アプリは使えないわけなので、自力で会話をして空港やホテルまでの行き方を聞かなければなりません。 それが、限界突破WiFiを持って入れば翻訳アプリが使えるので、その国の言葉が全く分からなくても何とか会話が成り立ちます。 海外では思わぬトラブルが起きがちなので、スマホの電池切れというトラブルに備えるという意味で、他のモバイルWiFi以上の価値を発揮しますよ。 限界突破WiFiの地図アプリ 限界突破WiFiには地図アプリも搭載されています。 地図アプリについては使い方が簡単だったので、動画なしで画像のみの紹介となります。 音声入力にも対応していてとても便利でしたよ。 かず店長 限界突破WiFiのカメラ機能 限界突破WiFiの端末にはカメラが付いています。 まるでiPhone11の横バージョンのようなカメラに、高機能カメラなのでは?という期待を持たせてきますよね。 しかし、このカメラは使えないカメラなんです。 カメラの性能として使えないのではなく、端末をルーターように使うためにシステムがいじられているので、カメラが使えない仕様になっているんです。 余談としては、端末が発売された当初は裏技的なやり方でカメラが使えていました。 そのため、僕みたいなマニアックなタイプの方たちがカメラが使える!と言って試してみたみたいですね。 ただ、使えないと言われているものを無理やり使うという行為は「完全に自己責任で保証無し」なので、個人的には非公式の事はリスクがあるのでおすすめしません。 かず店長 限界突破WiFiはスマホとして使える? 限界突破WiFiの端末は元スマホなので、スマホとして使えるのでは?という疑問も生まれます。 答えとしては「スマホとしては使えません」です。 簡単に言うと、モバイルルーター仕様にシステムを改造しているので、スマホとしては使えなくなっています。 一応SIMを入れることも出来ます。 ちなみに僕はSIMを入れません。 繰り返しになりますが、非公式の使い方をして壊れたらもともこもありませんからね。 スマホとしては使えませんが、翻訳アプリや地図アプリが使えるので、普通のルーターと比べるとかなりスマホに近い端末となっています。 基本的な使い方以外にも、限界突破WiFiの裏技について紹介した記事もあるので、どんな裏技が使えるのか知りたい方はこちらの記事も読んでおきましょう。 限界突破WiFiの端末ってどんなルーター? まとめ 限界突破WiFiの端末はまるでスマホのような形のルーターです。 元々がスマホということもあり、スマホで使える地図アプリや翻訳アプリが標準で利用できます。 ライバルWiFiよりも接続台数が多いというメリットに魅力を感じて選んでいる方も多いようです。 2019年10月にスタートしたサービスなので、契約数を伸ばしたいタイミングという背景からか、端末代金は無料というキャンペーンを行っています。 契約数が増えてしまったり、一定の知名度まで伸びてしまうとキャンペーンというのは無くなったり弱くなったりします。 事務手数料無料というキャンペーン中でもあるので、2つの無料が適用されているうちに申し込んでおきましょう。 データ容量無制限というストレスのないスタイリッシュなWiFi生活が始まりますよ。

次の

限界突破WiFiってどうなの?速度や評判のまとめと無制限WiFiとの比較

限界突破wifi 下り

いつもX-mobileのご利用、ご愛顧いただき誠にありがとうございます。 また、限界突破Wi-Fiの通信速度の低下現象につきまして、多大なご迷惑、ご不便をおかけしており、誠に申し訳ございません。 以下に現状と今後の見通し等を列記いたしますので、ご確認いただければと存じます。 本件は、2020年3月7日より通信速度に関するお問い合わせをお客様より頂くことから発覚しました。 その後、調査を進めて参りましたが、2020年3月12日にメーカーより正式な回答を受けた為、ご報告申し上げます。 ご報告が遅くなりました事、重ねてお詫び申し上げます。 限界突破Wi-Fiはより多くの方により安価なデータサービスをご提供すべく、クラウドSIMというデータ通信シェアサービスを採用しています。 ユーザー様のデータ通信はSIMサーバーで一元管理し、通常の使い方であれば、お客様に満足いただけるデータ容量を確保していますが、下記案内に該当する一部のお客様によって膨大なデータ通信の発生が確認されており、SIMサーバーの不安定を引き起こし局所的不具合が断続的に発生しております。 オフィシャルのご案内として「他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 」をご提示させていただいておりますが、今回の一時的に著しく容量を占領するユーザーを調整する為のものであると報告を受けております。 また、3月7日からの不具合が生じている場合の通信環境は以下の通りです。 【調査開始日】 3月7日 低速発生時 下り1Mbps前後 1日の利用が3GBに達した場合、低速化 【メーカーへの初回改善要求、サーバー異常発生に伴う調整開始日】 3月12日現在低速発生時の実績は下り5Mbps前後となっており、今後通信速度の低下は無い事を一旦確認しております。 【今後の改善(通常化)への見込み-1】 本日以降も順次、明らかに膨大又は不正な利用とみられる通信利用状況のお客様に関しましては、 利用状況の改善がみられない場合、通信をやむなく遮断するなどの措置をとらせていただく場合があり、X-mobileをご愛顧頂いている、「お支払い頂いている料金のサービス対価を受け取って頂くべきお客様」に無制限かつ、十分な速度をすぐに達成できるよう鋭意交渉、調整中でございます。 【今後の改善(通常化)への見込み-2】 当然、最終的には全てのお客様が限界突破Wi-Fiを当初の予定通り、何の制限もなくご利用いただける状態になることを目指して行動しておりますが、新型コロナウイルスに端を発する不確実性の高い状況でメーカーにもご協力、活動して頂いている為、本日 2020年3月13日現在では確実なお約束ができる状況ではございません。 ですが、2020年4月以降も随時、事態の改善、平常化に向けては鋭意企業努力を続ける所存でございます。 以上が、現在お客様にご報告できる最新の状況でございます。 当社としても全く予期していなかった事であり、不本意な結果となっております。 当然ですが、この低速化を原因とするご契約のご解約に関しましては、解約手数料を はじめとする全ての手数料を頂く事なく対応をさせていただきます。 今回の不具合、低速化により、ご不便、ご迷惑をおかけしたお客様に改めてお詫び申し上げます。

次の