赤ペン先生ポイント。 憧れだったあの赤ペンを買った

赤ペン先生問題がパワーアップ!問題もデジタルになったからノンストレス!

赤ペン先生ポイント

赤ペン先生の仕事内容 学校の勉強以外では塾に通う人が多いですが、 自宅で勉強できるのが赤ペン先生の魅力です。 学校とは違って丁寧なアドバイスを受けられるので、勉強嫌いな子供も進んで学習できるカリキュラムとなっています。 そんな赤ペン先生の仕事内容を紹介します。 業務形態 この記事では在宅ワークとして赤ペン先生を紹介していますが、働き方としては 「完全在宅制」と 「グループ制」の2種類に分かれています。 在宅で作業がしたい人はネットを利用して研修を受けたり、決まった曜日や時間帯に答案の受注を受けます。 グループ制は数人のグループ単位で作業するため、答案はリーダーから配布されますが、こちらも決まった曜日や時間帯に、リーダーから受け取ることになります。 どちらも自分の好きな時間帯で作業ができため、副業やバイトとしてやっている人も増えていますよ。 添削指導 答案用紙の採点、添削作業が大まかな仕事内容ですが、答えが合っているだけを採点するのではなく、間違っている箇所に アドバイスして手助けする仕事です。 小学生、中学生、高校生のそれぞれ講座があるため、専属で添削指導をします。 小学講座 基本的には1年生~6年生のうち、 1年間は同じ生徒の担任となって指導することになります。 添削作業ではメッセージを書くことが重要で、生徒への活力の源のなります。 研修を受けることも必要になりますが、この添削作業でのメッセージは、生徒のモチベーションに繋がる重要なポイントになります。 中学講座 国語、数学、理科、社会、英語の5教科のうち、1つを専属で担当します。 基本的には国語、数学、英語は、1年間1人の生徒の担任となるため、責任感が必要不可欠です。 在宅ワークは専用のパソコンソフトを用いて作業するため、始める前にパソコン環境が整っていることが望ましいです。 答案は決まった曜日と時間に受注するなど、小学講座と内容はほぼ変わりません。 高校講座 主要の5教科から1教科を選ぶのは中学講座と同じですが、より 細分化した内容を指導することになります。 当然ながら高校講座は難易度もグンと上がるため、 研修期間は約3ヶ月と他の講座よりも長くなることが多いです。 生徒への指導・アドバイス 答案の解答をチェックするだけではなく、 メッセージなどで指導することが赤ペン先生のポイントです。 間違っている箇所にはわかるように導くやり方を書きますが、正解している解答にもメッセージを書くこともあります。 よく出来た解答には、どの部分が良かったのかメッセージを添えることで、より生徒たちに自信を持たせることができます。 生徒なりに細かい工夫して導き出した解答に対し、しっかりと見てくれていることが、後の自信と信頼に繋がるのです。 赤ペン先生になるための方法 赤ペン先生に興味を持った人は、どのようにしたら自分もなれるのか気になりますよね。 また、赤ペン先生はわかりやすく指導することが求められるので、ある程度の学力が必要です。 赤ペン先生になるための方法や流れについて紹介します。 募集 赤ペン先生になるためには、 クラウドソーシングや進研ゼミのホームページなどから応募することができます。 随時募集があるわけではなく、特定のエリアだけ、特定の教科のみという形でも募集となります。 基本的にはWebでの応募となるため、履歴書を送るなどはありません。 採用条件 募集欄から必要事項を記入してエントリーをしますが、 応募人数や選考基準によって合否を決めます。 筆記試験があるのが大きな特徴で、必要基準の学力があるかをチェック。 また、 面接をすることになりますが、ここでは「なぜ赤ペン先生になりたいと思ったのか」など、応募動機を確認します。 これは単純に報酬目的だけでなく、生徒に寄り添う指導ができるか、適正チェックをして合否を決めています。 準備期間 赤ペン先生として適切な指導ができるように、 講義と模擬答案を使った実習訓練をします。 この期間は進研ゼミの指導方法やノウハウを徹底して覚え、生徒への指導力、コミュニケーション力、知識、業務内容などをすべてマスターする必要があります。 講義と模擬答案を使った実習を中心に、進研ゼミの指導メソッド、ノウハウをお伝えいたします。 子どものやる気を引き出すための指導やコミュニケーションのとりかた、教科・指導・採点の知識など、担任の赤ペン先生として業務を依頼できるレベルになっていただきます。 出典: 赤ペン先生のメリット・デメリット 副業やバイトで赤ペン先生になりたいと思う人も多いですが、採用された後は責任を持って、生徒のためにしっかりと指導しなければなりません。 赤ペン先生になるには試験や面接などもあるため、気軽にやりたいと思える仕事ではありません。 そこで 赤ペン先生のメリットやデメリットについて探っていきます。 答案の受け取りや提出期間は決められていますが、作業時間は自分の好きなときにできるのは大きなメリットです。 主婦や育児休暇中の人が利用しているのも、働きやすいメリットがあるからです。 副業としてやっている人も多く、自分で時間管理ができる人にはやりやすい作業です。 初めはできなかった問題ができるようになったり、勉強嫌いだったのに率先してアドバイスを求めてくれるなど、 生徒の成長を感じることができます。 生徒と答案やメッセージという形で向き合うことは、自分のモチベーションにも繋がっていきます。 どこか旅行に行きたくても生徒に早く答案を返してあげたいと思えば、なるべく休みをとらないようにしてしまうでしょう。 やりがいや責任感を感じている人ほど頑張り過ぎてしまうため、自分の時間を削ってしまうことも少なくありません。 在宅ワークや副業として赤ペン先生をやりたい人にとって、採用されるまでが大変ですし、報酬額もそれほど高いとはいえません。 報酬形態は完全歩合制となっているため、自分の頑張り次第では報酬額を増やすことも可能です。 しかし、ひとりの生徒と真剣に向き合うほど、その生徒の考え方ややり方を覚え、丁寧にメッセージを書いたり指導することになります。 生徒に対して責任を持って担当するため、 報酬目当てだけではできない仕事だといえるでしょう。 研修に関しては指定された会場に行ったり、Webを利用して指導されるなどの方法があります。 初めのどのような形で研修を受けるのか、チェックしておく必要があります。 赤ペン先生の収入 赤ペン先生の収入は完全出来高制となっているため、頑張るほど報酬を自分で上げることができます。 基本は答案1枚に対して報酬単価が決められており、添削した枚数が自分の報酬として受け取れます。 自分がどれくらい時間がとれるのかによって、ある程度は作業量を調整できます。 小学講座よりも高校講座の方が単価が高くなりますが 、時給計算すると700円~1,200円前後となることが多いようです。 これは慣れや作業スピードによっても変わってきますし、夏休み時期などは単価がアップすることもあります。 赤ペン先生に向いている人 赤ペン先生は生徒の答案を添削し、解説やメッセージを添えることが仕事です。 コツコツと作業したり、細かい部分まで気づける人におすすめです。 応募資格はある程度の学力があればいいので、教員免許などは必要ありません。 ただし、高校講座は難易度が上がるため、大卒などの応募条件があるか事前に確認しましょう。 子供がいる人は実際に体験するのもあり 進研ゼミでは随時生徒を募集しているので、お子さんがいる家庭なら実際に体験してみるのもおすすめです。 自分が赤ペン先生としてやっている仕事が、子供にとってはどんなに影響力があるかを感じることができるでしょう。 自分の子供には強く言えないですし、勉強のアドバイスをしても子供がすんなり受け入れてくれないことも多いですよね。 親からいろいろ言われるよりも、赤ペン先生からもらったメッセージの方が効果があるかもしれません。 子供を塾に通わせることがスタンダードになりつつあるので、赤ペン先生も塾代わりの候補のひとつとして検討する価値はあります。 まとめ 赤ペン先生の副業は、報酬よりもどれだけ生徒に寄り添った指導ができるかが重要です。 生徒の考え方を理解し、メッセージとして言葉で伝えることは簡単ではありません。 長く続けるほど要領を得やすいですが、子供によって指導内容も変わるため、やりがいのある仕事です。 単純に副業やバイトとしてやるだけでなく、やりがいを求めている人におすすめできる副業のひとつです。

次の

PowerPointで「くるりん矢印」を赤ペンで描く方法

赤ペン先生ポイント

「前に提出用のアプリを入れたけど、うまくいかなくて最近使ってない」 「兄弟分の赤ペン先生の問題って、アプリで提出できるの?やり方は?」 と悩んで、結局切手を貼ってテストを提出していませんか。 チャレンジタッチだと、赤ペンの提出が毎月ではないにせよ、「切手」の用意が必要ですし、ポストまで投函(とうかん)しにいく手間もありますよね。 オリジナル(テキストタイプ)のチャレンジを受講中の方なら、毎月のこと。 また、郵送は「兄弟分のテストを一緒に送れない」といったデメリットもあります。 そんな悩みも赤ペン提出カメラ(アプリ)があれば、切手の用意も必要なく、簡単に提出できます。 さらに、アプリで答案を提出すれば、郵送の時のように提出が遅れて「おまけプレゼント」や「ボーナスポイント」がもらえなかったなんてトラブルもなし。 提出期限当日でもOKというのも、とってもうれしいですよね。 そこで本記事では、どうしたら 「赤ペン提出アプリ」でさっと撮影できるかいろいろ試した著者が、下記について詳しく紹介していきます。 専用アプリ「赤ペン提出カメラ」を使ったネット提出• 従来からある郵便 この2つの方法があります。 なお、チャレンジタッチはテストの返却のみで、提出することはできません。 特に、答案を写真として撮影するだけで提出できる 「赤ペン提出カメラアプリ」は、いつでも対応できるように準備しておきたいところ。 なお、アプリ以外に必要なものは以下の2つです。 赤ペン提出カメラアプリ• お子さんの進研ゼミの会員番号とパスワード では、さっそくアプリからインストールしていきます。 本文で説明に使用する画像はiPhone XRでの画面です。 【補足:パスワードの再発行】 チャレンジのサイトから再発行の手続きが可能で、以下の2つの方法があります。 メールアドレスで再発行する(その場で再発行可)• はがきで再発行する(申請から5日ほどか必要) 登録しているメールアドレスがわかれば、すぐにWEB上で再度パスワードを設定できます。 詳しくは進研ゼミのサイト(こちら)へ。 「App Store」もしくは「Google Play」で「赤ペン提出カメラ」を検索するほか、以下の方法でもアプリにアクセスできます。 「赤ペン先生の問題」の冊子に記載されている2次元バーコードを読み取る• benesse. 次に、お子さん(受講者)の設定に進みます。 【設定】ニックネームの設定・登録 アプリを起動すると、上記のようなログイン画面がでてきますので、 ・会員番号(10桁) ・パスワード ・ニックネーム ・対象の受講講座(小学生なら小学講座をチェック) 4つの項目を記入し、画面の下部にあるログインをタップします。 ニックネームについては、このアプリ内だけの話なので、なんでもOKです。 ここまでの設定は終わると、通知設定の画面へ移ります。 普段であれば、余計な通知はいらないし・・・設定をオフにしてしまいがちですが、エラー情報や返却情報の通知が受け取れるので、ここは「はい」にしておくのがおすすめです。 あとは、注意事項や撮影のポイントが紹介されるので、「次へ」を押しながら読み進めていきます。 途中、「カメラへのアクセス許可」の設定がありますが、答案の撮影に使用するのでここも「OK」を選択しましょう。 【補足】兄弟分の設定は?ユーザー追加と切り替え アプリを再起動し、ユーザーを追加していきます。 すでに入力しているお子さんのニックネームが画面左上(上記画面の赤枠)に表示されていますので、その名前の部分をタッチします。 最初に設定したお子さんのニックネームや受講講座などが表示されていますが、画面の下部にある「ユーザー追加」のボタンを選択します。 一人目の設定と同じ、入力画面がでてくるので、同じように情報を入力しログイン(設定)します。 上記は、2人分の設定済みの画面になります。 なお、この画面でお子さんの情報をタッチして、ユーザー情報を切り替えます。 ユーザーが2名以上の場合は、アプリを立ち上げるとこの画面になります。 その都度テストを提出するお子さんのニックネームを選択し、次の撮影&提出のステップに進みます。 撮影は、アプリを起動し、画面下にある 「撮影しよう」をタッチし撮影画面に。 (初期設定の)自動モードの場合であれば、このガイドがある程度重なると、テストの撮影が自動におこなわれ、確認画面に移動します。 撮影した画像をみて、文字が読めるようであれば、裏面も同じように撮影します。 両面とも撮影ができたら、画面下部にある「提出ボタン」を押して提出完了です。 なお、返却は通常であれば3日後くらいで戻ってきます。 【トラブル解決1】赤ペン提出カメラが起動しない!開かないときの見直しポイント まずは、アプリを起動した際に 「カメラへのアクセスを許可する必要があります」と画面に出てくる場合があります。 そのときには、そのまま「OK」を押し、設定画面で「カメラのアクセス」を許可します。 そこまでいかない、画面が真っ白でそのまま止まってしまう(アプリが開かない)場合には、一度アプリを閉じて(終了させ)、アプリを再起動します。 なお、何度も起こる場合は、アプリのアップデートがないかどうか確認しましょう。 【トラブル解決2】答案を認識しない!うまく撮影できないときの解決法 カメラやアプリの起動に関するエラーは、先述した設定見直し・アプリの更新などで解消しますが、答案の撮影にもちょっとしたコツがあるようです。 私自身も毎回一回で撮影できるとも限りませんが、紹介する3つのポイントを見直していくと、すんなりいくことが多いのでぜひ参考にしてみてください。 まずは撮影環境(室内の明るさ・影)をチェック 撮影画面には、 できるだけ赤ペン先生の問題だけが移るようにし、カメラで読み取りやすいようにします。 太陽光だとスムーズにいくことが多いですが、夜間や天気の悪い日には、デスク用のライトなどで明るさを確保します。 この時自分の影が大きく入らないよう、ライトの位置を調整しましょう。 特に、十分明るいのに撮影がうまくいかないケースでは、問題用紙の左下にある番号が撮影者の影で隠れている可能性も。 答案が、影で隠れていないかチェックしてみましょう。 折り目やしわをしっかりと伸ばしてから 室内の明るさなどが十分でも、なかなかうまく認識されない場合もあります。 赤ペン先生の問題は、しっかりと折り目が付いた状態で届くので、折れ目が原因でテストを認識できないこともあります。 まずは、折り目を手で伸ばして、再度撮影してみましょう。 とはいえ、何回かトライしてもうまく認識できず撮影できないこともあります。 我が家では、時間があるときは答案用紙に半日ほど辞書などをのせ、折り目をしっかりのばすとスムーズに撮影ができましたよ。 アプリを再起動 それでもだめという場合には、アプリをいったん閉じて、 アプリそのものを再起動。 それだけ?と思うかもしれませんが、何をやってもうまく認識してくれないというときは、これでうまく撮影できることも多いです。 提出後はエラーが出ていないかをチェック! 提出したと思っても回線トラブルで転送できてないということもあるようです。 (ちなみに我が家はこれまで一度もありません) なお、正常に提出できたかどうかは、アプリ内で簡単に確認できます。 チェックの方法は、アプリ内の右上にある「!」マークの部分をタップし「受付エラー一覧」をチェックします。 なお、エラーがある場合には、再度撮影して提出となることもあるので、とりあえず答案用紙は添削され返却されるまで手元においておくといいかなと思います。 【返却】最短で3日!復習もスムーズ 郵送・カメラによるネット提出にかかわらず、小学3年生以上はネット返却(原本返却なし)となります。 答案が手元にもどってくるまでの時間が大幅に短縮されることで、忘れる前に復習できるという点はスムーズな復習、学習効果のアップも期待も。 ただし、受講コースにより、返却先が異なるので、ここでいったん整理しておきますね。 benesse. なお、小学1年生・2年生は、郵送提出および原本での返却となります。 チャレンジタッチで受講中|「赤ペン先生の問題」へ 郵送・アプリによる提出方法にかかわらず、返却までがスムーズな 「ネット返却」となります。 返却場所は、チャレンジタッチ(トップ画面)>ポスト>赤ペン先生の問題 赤ペン先生の問題の中に「赤ペンファイル」として返却されますよ。 【答案を印刷したい場合】 受講コースにかかわらず、チェレンジウェブの「赤ペンルーム」から返却された答案を印刷することができます。 手元に残しておきたい場合など利用できます。 赤ペン提出カメラを使って実際に提出した感想 赤ペン提出カメラアプリによる提出&返却を経験したうえで感想をいうと ・切手の用意もいらない(つまり無料) ・兄弟がいてもタップだけで切り替え可能 ・提出期限(目標)日当日でも提出OK! といった点もあり、総合的にみてとても便利だなと感じています。 また、返却が3~5日と郵送のときと比べ早いので、チャレンジタッチなら返却先もタブレットと一人で勉強する際も、郵送で提出&返却していたときよりとてもスムーズです。 そして、 ネット提出&返却になったことで、 記憶のあるうちに間違ったところ見直せるのは、苦手克服・テスト勉強にもメリットになっています。 一方で、保護者として感じたデメリットといえば、返却のメール設定をONにしないと、答案の返却わかりにくいことです。 特に、オリジナル教材の場合は、通知が保護者への通知(アプリもしくはメール)となっているので、アプリの 「メール通知の設定をON」にすることをおすすめしています。 「おしらせ通知」がONになっているか、アプリ内のユーザー設定の画面でチェックしてみてください。 赤ペン提出カメラQA|シールがない場合は?提出期限を過ぎたら?を解決 ここでは、赤ペン提出カメラで経験したトラブルやよくあるお悩みをQA方式で紹介します。 Q1:答案が返却されたかどうか確認する方法は? アプリによる通知のほか、アプリの画面内でも確認できます。 アプリで確認する場合は、画面右上の「!」マークをタッチし、 「返却のお知らせ一覧」のタブを選択し確認することができますよ(返却の有無のみ、詳細は確認できません)。 兄弟がいる場合には、ユーザーを切り替えチェックできます。 Q2:会員番号が書かれたシールがない場合は? シールがなくても赤ペン先生の問題は提出することが可能です。 (オペレータに確認済み) ただし、返却が通常より少しおそくなるとのこと。 シールは半年に1回送られてきますが、カスタマーセンターへの電話で再発行を依頼することも可能です。 Q3:提出(目標)期限を過ぎても添削してもらえるの? 提出目標期限に間に合わない場合でも添削してもらうことができます。 赤ペン提出アプリであれば期限当日の提出もOKですが、郵送の場合は2~3日ほど余裕をもって提出しましょう。 なお、提出目標日までに提出できると、ボーナスポイントやプレゼントがもらえるので、お子さんとはしてはぎりぎりでも間に合わせたいですよね。 こうしたときにも赤ペン提出カメラのアプリはとても便利です。 Q4:添削済みの答案を手元に残したいときは オリジナル教材の低学年のほかは、小学生講座は「ネット返却」となります。 手元にテストを保管しておきたいという場合には、チャレンジウェブの「赤ペンルーム」から印刷可能です。 なお、チャレンジタッチ内からは印刷はできないため、チャレンジタッチの方も、チャレンジウェブにログインして印刷という流れになっています。 チャレンジ「赤ペン提出アプリ」のまとめ 赤ペン提出アプリは一度設定しておけば、急いでいるときにさっと提出できるのでとても便利ですので、ぜひ設定しておくことをおすすめします。 答案の撮影には少しコツがいりますが、やってみたら意外に簡単と感じるのではないでしょうか。 なかなか撮影がうまくいかない場合には、.

次の

【口コミ】チャレンジ1年生の赤ペン先生ってどうなの?効果はある?

赤ペン先生ポイント

Contents• 赤ペン先生のバイトとは? パート代わりのお小遣い稼ぎや副業としても有名な赤ペン先生は、自分が子どものころに利用したことがある人にとって馴染み深い存在ですよね。 まずは、そんな赤ペン先生の仕事内容について説明します。 在宅でできるベネッセの添削指導員 赤ペン先生とはベネッセの通信講座の添削指導員で、1年間同じ子どもを担当し、送られてきた答案の添削指導を行う仕事です。 仕事は基本的に在宅でできるため、主婦のお小遣い稼ぎや社会人の副業としてやりたいと思っている人も少なくありません。 有名企業が行っているサービスであるため、在宅でできる仕事の中でも安心してできるものの一つと言えるでしょう。 完全在宅制とグループ制の2種類 赤ペン先生には完全在宅制とグループ制の2つの業務形態があり、以下のような違いがあります。 完全在宅制:週3回パソコン上で答案の受発注を行い、自宅で添削指導を行う。 グループ制:週2回地域ごとに決められたグループリーダー宅で答案の受発注や情報共有を行い、添削指導は自宅で行う。 グループ制は定期的に外出する必要がありますが、添削指導は在宅でできるため人付き合いが少なく気楽に作業を進められます。 参考記事:進研ゼミ小学講座赤ペン先生() 仕事内容は採点や小論文添削など 赤ペン先生は主に答案用紙の採点や小論文添削などを行いますが、解答が合っているかのチェックだけでなく、間違っている場所にアドバイスを書いたりメッセージを書いたりすることも求められます。 いずれも用意された模範解答や採点基準に照らし合わせながら添削を行うため、高度な知識が求められるわけではありません。 赤ペン先生の良い評判は? 安心してできる在宅ワークとして有名な赤ペン先生。 では、そんな赤ペン先生にはどんなメリットがあるのでしょうか? 在宅で仕事ができる 赤ペン先生のバイトは年に1~数回の研修会に参加しなければなりませんが、基本的には自宅で好きな時間に作業を進めることができます。 採点というと不安になる人もいるかもしれませんが、模範解答を見ながら行うため非常に難しい内容というわけではありません。 報酬は出来歩合なので、慣れて採点スピードが上がればその分効率良く稼ぐことができるでしょう。 子どもたちの成長 赤ペン先生は在宅でのバイトなので子どもたちと直接顔を合わせることはありませんが、1人の子どもを1年を通して担当するため添削指導を通して成長を感じることができます。 自分の指導によって子どもがどんどん成長していく様子を見守れるため、子どもが好きな人や教えることが好きな人は大きなやりがいを感じられるでしょう。 赤ペン先生の悪い評判は? 自分の都合に合わせて働ける赤ペン先生ですが、子どもの教育に関わる責任の大きな仕事であるため、決して楽ではありません。 では、赤ペン先生のデメリットにはどんなことがあるのでしょうか? 時給が安くて稼げない 赤ペン先生の収入は出来歩合制で、答案1枚当たりの報酬は公開されていませんが、添削した枚数に応じた報酬が支払われます。 そのため、1時間でたくさんの添削をこなせる人ほど効率よく稼げることになりますが、実際は時給に換算すると数百円程度になることが多いようです。 自宅ですき間時間に働ける仕事としては魅了的ですが、簡単に高収入が目指せるわけはありません。 自己管理が必要 赤ペン先生は自宅で自由に働けるとはいえ、納期までに確実に終わらせなければならないためのんびりと働けるとは限りません。 誰かに監視されているわけではないので、しっかりとスケジュールを立ててすべて自己責任で最後までやり切ることが求められます。 特に夏休みなどの長期休暇中は忙しくなる傾向がありますが、この時期は自分の子どもも家にいる時間が増えるため、それも踏まえたスケジュール管理が重要となります。 赤ペン先生になるには? 赤ペン先生には良いところも悪いところもありますが、それを理解した上で「やってみたい」と思う人のために、赤ペン先生になるための条件や方法をお伝えします。 いつも募集しているわけではない 赤ペン先生はベネッセの公式サイトで募集が行われていますが、常に求人が公開されているわけではなく、タイミングによって特定のエリア、特定の教科で募集されることになります。 そのため赤ペン先生になりたいと思った時に希望のエリア、教科で募集が行われていないことも少なくありません。 赤ペン先生になりたいならば、こまめに公式サイトの求人情報をチェックしておくことが必要です。 大学卒業程度の学歴が必要 模範解答が用意されているとはいえ赤ペン先生には一定以上の学力が必要であるため、基本的には4年制大学を卒業していることが応募条件となりますが、卒業前の大学生が赤ペン先生をやっている場合もあります。 また、教員免許や教育経験などは必要なく、子どもに対する熱意があれば赤ペン先生になることができます。 ただし、求人が少ないうえに人気のあるバイトなので大卒者であれば誰でもなれるというわけではありません。 自宅にパソコンと通信環境が必要 赤ペン先生はパソコンを使って連絡を取ることが多く、「赤ペン先生通信」というネット返却サービスもあるため、指定のパソコンと通信環境があることを条件としています。 パソコンはWindowsのみでApple社製は不可、さらにメモリや回線、CD-ROMなどの指定があるため、応募する段階で条件を満たしているかどうか確認しましょう。 年に1~数回の研修会に参加する 基本的に在宅ですきな時間にできる赤ペン先生ですが、採用後に年に1~数回行われる研修会に参加できることが応募条件となっています。 会場の場所や時期については公開されていませんが、ある程度スケジュールを調節できることが必要となるでしょう。 また、難易度が高い高校講座では他の講座よりも長めの研修を受けなければならないこともあります。 筆記試験と面接を受ける 赤ペン先生になるためには、Web上でのエントリー後、筆記試験と面接に合格しなければなりません。 応募者が多数の場合はエントリーの時点で不合格になる可能性もあり、筆記試験では基礎的な学力や赤ペン先生としての適性を総合的にみるための試験が行われます。 面接では志望動機や子どもに対する熱意、赤ペン先生になるために必要な事項が確認されます。 筆記試験・面接合格後には講義と模擬答案を使った実習や採点の知識などの訓練が行われ、これらをすべてクリアすると晴れて赤ペン先生になることができます。 まとめ:赤ペン先生は副業としておすすめ ベネッセの通信講座で添削指導をする赤ペン先生は、基本的に在宅で好きな時間に作業ができるため、主婦や副業をしたい社会人におすすめ。 大卒以上、指定の通信環境、基礎学力などの条件がありますが、子どもたちの成長を感じられるとてもやりがいのある在宅バイトです。 常に募集があるわけではないので、赤ペン先生になりたいならばこまめに求人情報をチェックしておきましょう。

次の