お悔やみ申し上げます ご自愛ください。 弔電の文例厳選50|悲しむ気持ちを伝える状況別お悔やみメッセージ

【相手別】訃報への「お悔やみメール」文例|友人/取引先/上司/同僚

お悔やみ申し上げます ご自愛ください

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「お悔やみ申し上げます」とメールやLINEで送るのはあり 近年ではメール以外にもLINEなどのコミュニケーションツールが数多く登場しており、われわれの生活の一部となっています。 これらのツールは気軽に自分の気持ちを伝えられるというメリットがありますが、弔意をメールやLINEで伝えても失礼ではないか気になる方もいるでしょう。 「お悔やみ」は故人を偲ぶためのものです。 メールやLINEでも、相手との関係性によってはマナー違反にはならないでしょう。 特に親しい間柄ではメールで知らせを受ける場合もあるので、その返信において弔意を伝えるのは失礼にあたらないとされています。 ただしメールで送られることを嫌う方もいるので、 相手に応じた判断が必要です。 親しい間柄であってもメールを送って終わりにせず、別の日に直接哀悼の意を伝えましょう。 メールは弔意を伝える方法としては正式なものではないので、 きちんと口頭で伝えることが大切です。 「お悔やみ申し上げます」とメールで送るかどうかの判断基準 お悔やみの言葉をどのような形で伝えるかは、相手との間柄や状況によって判断するとよいでしょう。 では、どのようなケースならメールを送ってもよいのでしょうか。 弔意をメールで伝えても失礼にならないかどうかの判断基準について詳しく見ていきましょう。 上司なのか友人なのか 誰に対して哀悼の意を伝えるのかをふまえた上で、電話を利用するかメールを用いるかどうかを判断することをおすすめします。 友人であれば多くの場合メールでも失礼にあたらないでしょう。 しかし上司のように 自分よりも目上の方には、昔ながらの礼儀を重んじる方も多くいます。 メールを使用せずに電話で伝えるほうがよいでしょう。 自分と相手の状況 自分や相手の状況をふまえた上で哀悼の意を伝える方法を判断することも大事です。 直接会って伝えたくても遠方に住んでいるなどといった事情でどうしても会えないというケースも考えられます。 その場合は 電話で弔意を伝えるか、親しい間柄の相手であればメールで哀悼の意を述べるとよいでしょう。 メールアドレスを知っているか 「メールアドレスやLINEのIDを知っている」という点も判断基準のひとつです。 これらの連絡先を知らなければメッセージを送れません。 必然的に電話もしくは直接伝えることになるでしょう。 一方、お互いにメールアドレスなどを知っているのであれば、メールやLINEで訃報が送られてくることもあります。 その返信として追悼の言葉を伝えるのは自然な流れといえるでしょう。 相手に寄り添える文章をきちんと書けるかどうか 相手に寄り添える文章を書けるということも、弔意を伝える方法を判断する基準のひとつです。 哀悼の気持ちを文字に起こしたことのない方や文章力に自信がないという方は、親しい間柄の相手であっても電話や直接会って伝えたほうがよいかもしれません。 相手に寄り添える文章を書ける場合は、相手との関係性に応じてメールで伝えてもよいでしょう。 長々と書かず短く簡潔に伝えることが大切です。 「お悔やみ申し上げます」とメールを送る際のチェック項目 お悔やみのメールを送る際には 「追悼のメールであると一目で分かるかどうか」「誤字や脱字がないか」などのチェックしておきたいポイントがいくつかあります。 チェックをおこたり誤ったメールを送ってしまうと失礼にあたるおそれがあるので注意が必要です。 ここでは、弔意をメールで伝える際のチェック項目についてご紹介します。 送る前にしっかり確認しておきましょう。 用件 一目でお悔やみを伝えるメールであるとわかるように、 タイトルには用件を簡潔に記載しておきましょう。 「突然のことでとても驚いています」「あまり気を落とさぬよう」などと心配するようなタイトルは問題ないように見えますが、迷惑メールにありがちな件名でもあるため、開封してもらえないおそれがあります。 弔意を伝えるメールには 「 〇〇 名前 です この度はご愁傷様です」といったように、タイトルにメールの差出人や要件を記載するのがおすすめです。 差出人や要件が件名にはっきりと記載されていれば、相手も安心して開封できるでしょう。 文章構成 哀悼の意を伝えるメールにおいて本文をだらだらと書くのは好ましくありません。 本文も要件と同様に簡潔に書きましょう。 文章構成が不自然でないか確認しておくことも大切です。 時候の挨拶は記載しないようにし、弔意を伝える「本文」、相手をいたわる「締めくくりの言葉」で構成されているかを意識して文章を作成しましょう。 忌み言葉の有無 忌み言葉とは縁起が悪いとされ、 弔事のメッセージに使用するのは不適切な言葉を指しています。 死や苦しみなどを連想させる言葉や不幸が連続で起きてしまうことを連想させる重ね言葉は使用しないことを心がけましょう。 また、ご高齢の方が亡くなった際に 「大往生」「天寿をまっとうした」といった言葉を用いることがありますが、これは主に 遺族側が使用するものです。 哀悼の意を表す言葉として使用すると失礼にあたりますので注意しましょう。 誤字・脱字の有無 メールを作成し終えたら 誤字や脱字がないか送信する前に読み返してチェックしましょう。 作成しているときは気が付かなくても、後で読み返してみると修正したほうがよい箇所があることも少なくありません。 同時に「不適切な表現がないか」「不自然なところ」がないかといった点も確認しておきましょう。 返信不要と付けているかどうか 哀悼の意を述べるメールを送る際には相手に負担をかけないよう、 「返信不要」と付けるとよいでしょう。 不幸があったばかりの相手は気持ちの整理がついていないことがほとんどです。 返信を求めるような文章や気持ちを一方的に伝えるような文章は記載しないように心がけましょう。 文字化け 株 のような省略文字やローマ数字、丸で囲まれた英数字など パソコンやスマートフォンの機種や環境に依存する文字は、メールを作成した機種とは異なる機種で表示されたときに 文字化けするおそれがあります。 このような文字はなるべく避けましょう。 親しい間柄だとお悔やみの言葉に絵文字を使いたくなることもあるかもしれません。 絵文字も機種依存文字と同じように文字化けするリスクがあるので避けたほうが無難です。 友人や上司などに「お悔やみ申し上げます」とメールを送る際の例文 メール本文に記載する文章の内容や送り方は相手との関係性によって異なります。 相手との間柄によって添える文章を工夫すると、相手に負担をかけずに弔意を伝えられるでしょう。 ここでは、お悔やみの気持ちを伝えるメールを送る際の例文をご紹介します。 関係性別にご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 友人 【例文】 突然の訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をしていないか心配しております。 何かできることがあればご連絡ください。 なお、返信は不要です。 親しい間柄であれば儀式的で固い表現にこだわる必要はないでしょう。 しかし「親しき中にも礼儀あり」という言葉のとおり、 くだけ過ぎた表現は好ましくありません。 日常会話のようにフランクな文章にするのではなく、整った文章になるようにメールを作成しましょう。 上司 【例文】 この度は突然のことで茫然としております。 ご尊父様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 本来であればご弔問に伺わなければならないところではありますが、略儀ながらメールにて失礼いたします。 なお、ご返信は不要です。 上司へお悔やみメールを送る場合には故人の敬称にも気を付けましょう。 上司の母親はご母堂様、父親はご尊父様と表記します。 また、式に参列できない場合はその旨とお詫びの言葉を忘れずに添えることも大切です。 略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変なときだと思いますが、無理しないよう仕事のことは気にせずに休んでください。 ご冥福をお祈りいたします。 なお、返信は不要です。 弔事とはいえ会社を休んでしまうことで自分が担当する業務が止まってしまうのを不安に感じる人もいます。 仕事については心配無用である旨を一言添えるとよいでしょう。 葬儀に関する疑問を質問するなら「小さなお葬式」がおすすめ 今回ご紹介した内容のほかにも弔事に関する疑問や不安、悩みがあるという方は専門家に相談するのもよいでしょう。 葬儀に関する疑問を質問するのであれば「」がおすすめです。 「小さなお葬式」にはコールスタッフが60名在籍しており、24時間365日体制でお客様からのご相談を承っております。 ご自身のタイミングでお電話をかけていただけますし、フリーダイヤルですので通話料はかかりません。 葬儀に関してわからないことがある方や不安なことがある方は、ぜひ一度お気軽に 「小さなお葬式」へご相談ください。 どんな些細なことでもお客様に寄り添い、親身になってお答えいたします。 まとめ 相手との関係性や状況によっては「お悔やみ申し上げます」とメールで送ることもマナー違反ではありません。 哀悼の意をメールで伝える際は、 相手に応じて文章の内容を精査することも大切です。 ただしメールは弔意を伝える手段としては正式なものではありません。 あくまでも略式ですので、後日直接伝えることを忘れないようにしましょう。 「どうしたらよいかわからなくて不安」という場合は、プロに相談することもひとつの手です。 「」では24時間365日体制で相談を承っております。 何かわからないことがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

家族葬のお悔やみ言葉例文!失礼にならず心に響く一言を

お悔やみ申し上げます ご自愛ください

お悔やみ状とは さまざまな事情で通夜や葬儀に出席できないことがあります。 そんなときに哀悼の意をこめて出すのが、お悔やみ状です。 便箋2枚以上の手紙は、不幸が重なるのを連想させるので避けて、1枚で簡潔にまとめましょう。 また、筆記具は、ボールペンは不向きで、筆ペンか万年筆、水性インクのペンを使うとよいでしょう。 残されたご家族のお気持ちをお察し申し上げます。 本来ならば葬儀に参列して、ご霊前にごあいさつを申し上げたいところでございますが、あいにく遠方ゆえそれもかなわず、とり急ぎ書中にて失礼させていただきます。 例文2 突然の訃報を受け、まだ信じられない想いでおります。 ご家族の皆様のご胸中を察するに余りあります。 さっそくご葬儀に伺いお見送りいたしたいのですが、あいにく現在療養中のため、断念する失礼をお許しください。 ご霊前にお供えいただきたく、心ばかりのお花を送らせていただきました。 とり急ぎ、書中にて心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご家族の心中をお察しいたします。 本来ならば、ご葬儀に参列し、ご焼香させていただくところ、よんどころない事情で伺えません。 失礼のほどご容赦ください。 ご霊前にお供えいただきたく、ささやかな気持ちを送らせていただきます。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ご家族の皆様のご無念はいかばかりかと拝察いたします。 お伺いして直接お悔やみを申し上げるべきところ、どうしても都合がつかず、参上がかないません。 心ばかりのものでございますが、お花を送らさせていただきました。 ご霊前にお供えいただければ幸いと存じます。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 お悔やみも申し上げないまま今日にいたり、たいへん失礼いたしました。 あらためて心よりご冥福をお祈り申し上げます。 お寂しい年の暮れとは存じますが、なにとぞご自愛のほどをお祈りいたします。 例文6 このたびはご丁寧なご挨拶をいただきまして恐れ入ります。 今日までお悔やみも申し上げず失礼いたしました。 ご服喪中につき、年頭のご祝詞を控えさせていただきます。 心ばかりのものでございますが、お花をお送りいたします。 ご仏前にお供えくださいますよう、お願い申し上げます。 寒さ厳しき折から、ご一同様ご自愛あそばされますよう、心よりお祈り申し上げます。 例文7 本日、年賀欠礼のお知らせをいただき、たいへん驚いております。 遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げますとともに、勝手ながら、お花を送らせていただきました。 ご仏前にお供えいただければ幸いです。 ご家族の皆様にはさぞお力落としのことと拝察申し上げますが、どうかお心を強くお持ちになりますよう、心からお祈り申し上げます。 もちろん葬儀のときにも使ってはいけません。 また、キリスト教では、死は終わりではなく、神の元へと召されることなので、「悲報」や「悲嘆」「哀悼の意」など悲しみの表現は避けて、「安らかな眠りをお祈りいたします」とした方が無難です。

次の

お悔やみのメールを送る時。心遣いが伝わる7つの例文

お悔やみ申し上げます ご自愛ください

お悔やみの言葉・挨拶は、要点だけを簡潔に! お悔みの挨拶・言葉とは、訃報をいただいたときや、弔問、通夜・告別式・お葬式などの際に、故人を悼み悲しむ気持ちを遺族に述べる言葉です。 長々と話さず、簡潔な挨拶が無難です。 場面や個人との関係性によって言い方を使い分けましょう。 今回は、遺族や受付の人を勇気付けるお悔やみの言葉をそれぞれのシーン別にまとめてみました。 【INDEX】• お悔みの挨拶・言葉:一般的な例• 「このたびはご愁傷さまです」• 「心からお悔やみ申し上げます」• 「胸中お察しいたします」• 「このたびはとんだことで……」• 「あまりに突然のことで信じられません。 どうぞお気を落とされませんように」• 「急なお知らせで、慰めの言葉もございません。 どうかお力を落とされませんように」 これらのお悔みの挨拶・言葉が一般的に使われます。 宗教によって多少の違いがありますので、忌み言葉なども使わないように注意しましょう。 お悔みの挨拶・言葉:一般的な忌み言葉 忌み言葉とは、お悔やみの挨拶・言葉、弔電などで使わない方がよいとされる言葉です。 重ねる・かさねがさね・再三・くれぐれも(不幸が重なることを連想するため)• また・たびたび・しばしば・返す返す(不幸が再び来ることを連想するため)• 九、四(苦や死を連想するため) 加えて「死ぬ」「死亡」「生きる」「生存」などの直接的な表現も控えましょう。 「死亡」は「ご逝去(ごせいきょ)」、「ご生存中」は「ご生前」、「生きているころ」は「お元気なころ」などと言い換えます。 お悔みの挨拶・言葉:キリスト教での一般的な例 キリスト教では、人の死は終わりでなく神の元に召されることと考え、葬儀は神に対する感謝、故人を懐かしむ儀式。 「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」という言い方が一般的です。 関連記事: お悔みの挨拶・言葉:通夜・告別式の受付での例• 「ご焼香をあげさせていただきたく、うかがいました」• 「……お参りさせていただきます(記帳がすんでから)」• 「どうぞお供えしてください(香典袋を出すとき)」 お悔みの挨拶・言葉:通夜・葬式に出席できない場合例• 「出張予定があり、お通夜(葬儀)にはお伺いすることができません。 戻りましたらあらためてお参りさせていただきます」• 関連記事: お悔みの挨拶・言葉:訃報を後で知り、お悔やみが遅れた場合の例 訃報を後で知った場合などは、弔問の代わりとなるお悔やみの手紙をすぐにしたためるのがマナー。 また告別式が終わった後でも喪家の都合を聞いて弔問してあげてください。 「私が不幸を知ったのは、つい先日のことで、ご葬儀に参列できませんでした。 おわびいたします」• 「家族で家を留守にしていましたので、参列できませんでした。 今日は是非ご霊前にお線香を上げさせていただきたく存じます」 関連記事: お悔みの挨拶・言葉:病死の場合の例• 「このたびは、誠にご愁傷さまでした。 ご療養が長く続いたと伺いましたが、ご家族の皆様のご苦労も大変だったことでしょう」• 「どうかご看病疲れの出ませぬように」• 「ご入院中はお見舞いにも伺わずに失礼いたしました」• 「ご家族の方々の看病のかいもなくお亡くなられ、皆様のお悲しみをお察しいたします」 お悔みの挨拶・言葉:事故死の場合の例• 「あまりに突然のことで、なんと申し上げてよいものかわかりません。 お悔やみ申し上げます」• 「急な知らせをいただき、本当に信じられない思いです」• 「皆様のご心中、お察し申し上げます」• 「このたびは、思いもかけぬことで、なんと申し上げてよいやら、お慰めの言葉もありません」• 「何か私でお役に立つことがあれば、お申し付けください」 お悔みの挨拶・言葉:会社の同僚・上司の場合の例• 人望のある方だっただけに社内でも皆悲しんでおります」• 「課長は誰にでもあたたかいお心遣いをくださって、ひとかたならぬお世話になっておりました。 今日は少しでもお役に立ちたいと思い駆けつけてまいりました。 ご遠慮なく申しつけてください」 悲しみの中にいる遺族にお悔やみの挨拶を言うのは、本当にむずかしいものです。 どう励ましてあげたらいいものか悩むところですが、たとえ言葉にならなくても思いがあれば、相手にじゅうぶん気持ちは伝わるはずです。 それぞれケース別のお悔やみの挨拶をご参考までにどうぞ! 【関連記事】•

次の