グラブル ルシファー hl ソロ。 【グラブル】メドゥーサHLソロにチャレンジ

【グラブル】『ルシファーHL』攻略/敵行動表|ダークラプチャーHARD【グランブルーファンタジー】

グラブル ルシファー hl ソロ

使用編成 キャラ、アビ アビリティは基本この3つ。 光がパラロスを担当するという場合に限り、センチュリオンが入ったりします。 ノアはリミヴィーラで代用可能。 自分はガイゼン未所持なので、3キャラ目にノイシュやゾーイを入れて挑むことが多いです。 フュンフ ヒール、クリア、ディスペル 奥義 とルシHLに重要な要素を持っているため優先度大。 現状外す理由も無く、取得難易度も高くないため実質必須。 リミヴィーラ リミノアかリミヴィーラのどちらかは欲しい。 私はノアを持っていないのでヴィーラ。 あまりやらないが、1アビをうまく使うと光がパラロス受けを担当出来たりもする。 その他候補 現状では上記の2キャラが必須に近いキャラで、3キャラ目は自由枠と言えます。 候補としては、• 水着ノイシュ:1アビのカットを使ったターン回し、3アビでの奥義火力伸ばしなど。 他キャラと種族が異なるのもgood。 水着ハールートマールート:無属性ダメ試練を光が担当できるようになる。 リミヴィーラと種族が被っているため、闇がバレクラ無し、土がサラーサ無しのときぐらいしか使わない気がする。 銃ゾーイ:3アビによる強化が強力で、安定性が大きく増す。 種族がリミヴィーラと被っているので控えに1キャラ置きましょう。 アルベール:スロウによりCT管理の事故を軽減できる。 サルナーン:ヒールとスロウ持ち。 ソーン:マグナの場合は火力が不足しやすいので選択肢に。 ガイゼンボーガ:持っているなら使ってあげましょう。 ガイゼンボーガはルシHLにて最強。 などが挙げられます。 光の3キャラ目は自由度が高いため、使い勝手の好みで決めてしまっていいと思います。 装備 エデン3、サティ2のゼウスルシ編成でやってます。 ゼウス4凸実装により、火力もHPも確保しやすくなりました。 イーリアス4凸で代用できるため、エデン2でも問題ないとは思います 試したこと無いので確証はない。 サティは1でも問題ないので、 サティ 1 エデン 2 が神石編成の最低限のラインなのかなと勝手に思ってます。 それより少ない場合は大人しくマグナでやりましょう。 HPはガ剣2とコロ拳1で確保しています。 コロ拳を2にするとガ剣0でも十分なHPを確保できるため、装備の自由度が少し上がります。 オーラフラルジェム4凸がある人はそちらを使ってください。 召喚石 ゼウスルシ編成です。 召喚石は特に変哲もない普通の編成ですが、ルシを持っていないため黒麒麟を2枚入れています。 光は、ヴィーラの1・2アビ、フュンフの1アビ、ゾーイの3アビなどターン回しに有効なアビリティが多いため、 黒麒麟が使いやすい属性となっています。 サティフィケイトや黄龍槍などで奥義ダメージを伸ばしやすいため、バハは入れてません。 試練突破に不安のあるマグナ編成の場合は優先度が上がります。 立ち回り 初動 どの属性にも言えることですが、初動はある程度固定化できます。 とやっています。 2Tは部屋や使用キャラによって変えていますが、1Tは毎回これでやってます。 光でルシをやるときに意識していること ターンを回す ヴィーラ1アビ、ノイシュのカット、ゾーイ3アビ、豊富なヒールとディスペルなどがあるため、 光はターン回しが圧倒的に楽な属性です。 通常攻撃であれば、ファラ無しでヴィーラ 1 アビだけでも十分に受けられます。 クリアやファラが無くて他のメンバーが動けなくなっている場合は、光がターンを回してファラやクリアを打ってあげましょう。 ターンを回せる属性がしっかりターンを回してアビや召喚石を投げるのが大事です。 頑張りましょう。 ターン回しも簡単であるため、羽50になる前に停止してまで試練の準備をする必要はないです。 黒麒麟は躊躇せず使う ルシ HL は、試練を突破するまでが一番難しいコンテンツです。 光は、黒麒麟でゾーイ3とリミヴィーラ1アビが使用可能になるため、他の属性より局面を打開しやすくなります。 グダって試練が突破できないぐらいなら、黒麒麟を使って多少無理やりでも突破してしまいましょう。 まとめ 編成面での敷居はそこまで高くない リミヴィーラと最終フュンフさえいればマグナでも十分戦力になれます。 ただしマグナの場合は火力に難があるため、3キャラ目や召喚石で補いましょう。 ターン回しがやりやすい ヴィーラ1アビが強いため、他の属性に比べてターンが回しやすいです。 そのためターンを回して削ったり、召喚石やアビリティのリキャストを進めて他属性のサポートをすることが大きな役割になります。 総じて初心者向け 編成面で用意がしやすく、動きやすい属性なためルシ初心者でもやりやすい属性となっています。 しかし、ターンを回せないと役割が果たせない側面もあるため、行動表とにらめっこしながら練習部屋などで経験を積むと良いと思います。 最後に、ルシHLは6人がしっかり役割を果たして攻略するようにデザインされていることから、 中々手が出しにくいようなコンテンツだと思います。 ですが、実際に挑戦してみないと分からないことも多いので、練習部屋などを立てるなどして積極的に挑戦してみてください。

次の

ルシファー(HARD)ソロ備忘録

グラブル ルシファー hl ソロ

知ってる人はいらっしゃいませ。 知らない人は初めまして。 しぃたです。 ムーブ共有やらなんやらをすべくブログを始めてみました。 内容としては多分とプリコネ辺りの思いついたことを適当に書きなぐっていくと思います。 拙い文章ではありますが、宜しくお願いします。 今回はタイトルに書いた通り、ルシファーHLの闇パソロ攻略時のムーブを書いていきます。 自分が使っている編成はこちら。 フロントの配置についてはレイが4番目固定。 バックはシャレム、ゾーイの順で固定です。 理由としてはレイの2アビ"解脱"と、デス召喚によるキャラの入れ替えをスムーズに行うためです。 ~各キャラの採用理由~ ・シス 単純に強い。 安心と信頼の十天衆。 ・黒騎士 スロウ兼ディスペル役。 4アビは基本温存で、状況次第で使用。 なんかやらかしても4アビで誤魔化してくれる。 母は強し。 ・シャレム 1アビと3アビによるデバフ担当。 ルシソロにおける貢献度はとても高いのに、一番デスられる不憫な娘。 デバフ入れるとき以外は基本的にデスって後ろで待機。 1アビと3アビでちょこちょこ相手のHP調整できるのも便利。 アビ上限はHPトリガー踏むための調整をしやすくするため。 他の方の攻略記事を参考にしてるとマジェ4、残りグラシの編成をよく見ますが自分は試してないのでノーコメント。 実際の各キャラHPは6万後半ぐらいになります。 ~召喚石~ ・メイン、フレ石 HPと堅守を盛るために両面ハデス。 オマケでクリ確も付いてきます。 ・黒 基本的に保険用。 とりあえず困ったら切っていいです。 よくある用途は下記の2点。 ・デス フロント入れ替え用。 パラロス受けるためにゾーイ呼んだり、弱体試練を越えるためにシャレムを呼んだり。 ・ウェ 正直あんまり要らないかなと思うけど、一応入れる枠。 ・ルーンナイフ 嚇刃レベル下げ用。 HPが不安なときは適当に切ってもいい。 ・リフレイン オバチェ試練解除、火力補強用。 使用回数制限は3だが、悪夢の再演がリキャ毎に使えるのであまり気にしなくていい。 ・モラールショット 多分ここはなんでもいい枠。 とりあえず投げて累積デバフ入れるのが目的。 キュアはHPが危なそうなキャラが居れば随時使用。 シャレム1アビ使用。 主人公はディスペルと適当な秘器。 シスは全アビ、黒騎士は2アビ使用。 1回目 2ターン目 のCT特殊ポースポロスは白煙弾を使って回避。 2回目 4ターン目 のポースポロスはシャレム2アビを主人公に付与で回避。 2アビを付けたらデス召喚してレイを前に。 シャレムは一応リヴァイヴで蘇生。 この時秘器は自由に使えるので、リフレインとか適当なのを使用。 5ターン目以降はリンゴバフが剥がれるまで奥義温存。 とりあえずハーマーを召喚してデバフ付与。 この時にウェを本体に投げてグラビが入ればラッキー。 このままターンを進行しODさせてパラロスをレイ3アビで受ける。 グラビが入っていない場合はスロウパウダーで調整。 パラロスを受けた後、デスのリキャが回復しているか確認。 使用可能であれば下記の順で行動。 適当にシャレムの1アビ、2アビを使用。 リヴァイヴが使用可能になればシャレム蘇生。 OD中はCTを調整して、パラロスをコンジャクションで受ける。 羽バフを解除しつつ、ODが近くなったらスロウ等で調整しつつ進める。 OD後1度目のパラロスはコンジャクションで受ける。 この後デスが使用可能になった時点でデス召喚、レイを前へ。 リヴァイヴが使用可能になればゾーイ蘇生。 2度目のパラロスはレイ3アビで受ける。 レイ2アビでシャレムを前に出し、シャレム3アビで弱体付与。 デスが使用可能になったらデス召喚、レイを前へ。 そのままレイ2アビ使用でゾーイと交代。 CT MAX一致のパラロスはコンジャクションで受ける。 無理な場合は黒を使用。 OD時は本体と羽がCT MAXかを確認。 HPトリガーとCT MAXが被りそうな場合は本体にスロウ、羽殴りで誤魔化す。 HPがきついと思ったら即オルポ使用。 あとはレイ3アビ、4アビやら使って凌ぎつつ殴り倒す。 自分の闇ルシソロにおける立ち回りは以上になります。 質問や不明点等ありましたらへお気軽にお問い合わせください。 このブログを読んでくださった方々の参考になれば幸いです。 お付き合いいただきありがとうございました。

次の

【グラブル】メドゥーサHLソロにチャレンジ

グラブル ルシファー hl ソロ

こんにちは!Nozinekoです。 ルシファーHL(ルシファーHARD)のソロを昨日無事に達成することが出来ました。 ソロをするには終末5凸武器が必須と言われていますが、 構成次第では終末4凸でもクリアは可能であると証明出来たのではないでしょうか。 ルシファーHLソロ 風属性 12日目。 ついに、ついにやりました! 【ゲーム】ルシファーHLソロ 風属性 12日目【】 - 野良猫エンジニアの放浪記— Nozineko はてぶ nozineko999 今回の記事では終末4凸でもルシファーのソロクリアを達成するために必要な編成をまとめました。 撃破した際の参考情報としての一例ですが、今後挑戦する皆様のお役に立てれば私も光栄です。 キャラ構成とLB振り分け フロント編成 タ:カオスルーダー、アブソーブ、グラビティ、ディスペル ユリウス:最後まで頑張るデバッファー。 アンチラ:最後まで頑張る多機能アタッカー。 グリームニル:100%~50%の多機能アタッカー サブ編成 最終シエテ:50%~25%の超火力アタッカー カッツェリーラ:25%~0%の鉄壁バッファー よくある編成との違いは二点。 特に25%~でのは有効な場面が多いので採用した価値アリです。 キャラLB LBの振り分けで意識したポイントとしては以下です。 シエテに関しては剣光バフが消去される心配がなくなったため、 久遠はなくてもよいかと思います。 補足ですがソロクリア時には十天衆の開放を全て完了していないため、 統べ称号によるシエテのステータスアップはない状態でした。 タのLBはHPアップ・火力系を中心に火属性軽減を取ったくらいです。 武器 メイン武器:リユニオン。 奥義効果による風属性+渾身バフが強力 サブ武器はHP維持を中心にリユニオン、グリーム槍、匙弓を構成しています。 インドラリム3本搭載による堅守効果で特殊技の素受けも楽々。 終末4凸の火力を補うために必殺大の奥義性能アップとしてスカイエースを1本投入しています。 終末4凸の第二スキルはCBアップですが、アビダメ上限UPでも良いという印象です。 クリアしていく過程で一番悩んだのは スカイエースを ローズ斧にするかどうかです。 50%以降のルシファーの攻撃は 火属性 攻撃になることもあり、ローズ斧を採用すると 安定性は増すのですが 火力が不足します。 挑戦中に実際あったのですが、終末4凸の編成ではローズ斧を採用するとで風属性を引かない限り時間が足りませんでした。 ただし、結果的に25%以降の立ち回りを改善したことでローズ斧は不要であるとわかりスカイエースを採用することになりました。 召喚石 メイン:ゼピュロス4凸 サブ: 4凸:別枠でかかる累積攻防UPが強力。 デバフの更新にも利用。 バイヴカハ4凸:バハ5凸の代わりの火力枠。 ハルマル無凸:永続継続ダメージと与ダメUP効果による火力貢献+デバフ2枠 RQ4凸:特殊技受け用の耐久向け。 他に入れるものがなかったので自由枠。 キーとなったのはハルマルと。 ハルマルはや試練の通過に必要な弱体化効果の枠を2つ確保出来る点。 は累積攻防ダウンの更新と累積攻防アップのバフ枠として火力にも貢献できる点。 どちらも優秀であったことは間違いありません。 バイヴ4凸はバハ5凸の代わりとして投入した火力枠です。 70%もの風属性攻撃UP枠が3ターン続くのはゼピュロス編成において重要なリソースといえるでしょう。 (バハ5凸持ってないというのが正直なところです。。。 ) ローズクイーンは4凸する事でガード効果の確率がUPされることから特殊受け時の軽減で利用しています。 特に50%~25%のはグリームニルを落とすため、多少なりともガード効果によって被ダメ軽減することは重要なことです。 意外といいところまで行ったんですが、25%以降の立ち回りが完璧に出来ていなかった時期だったため安定性に欠けると判断してやめました。 グラビティの安定性がなくなる反面、霧散霧消による完全回避がいい仕事をします。 モニカのスロウ連打も面白かったですね。 ブラックチャームを維持することによって堅守が効かない高HP帯での安定性と火力の維持により安定性を図ろうとしました。 結果的にブラックチャームを維持するためのムーンライトがほぼ必須であり、 アビリティのポチ数が増えて時間に追われる状況下では機能しないと判断して こちらの編成も最終的には却下となりました。 まとめ 終末4凸というハンデを抱えながらも、ゼピュロスによる高耐久編成でルシファーHLソロクリアを達成した編成をまとめてみました。 試行錯誤しながら手持ちの装備・編成であれこれ試行錯誤しながらやれていたのが非常に楽しかったです。 あれこれしていく過程は日記風に書いていますので、こちらも興味がある方はぜひ。 Nozineko.

次の