ホスピタル。 【国際モダンホスピタルショウ2020】国際モダンホスピタルショウ2020

白子ウィメンズホスピタル

ホスピタル

「AIホスピタルシステム」の社会実装に向けた取り組みが動き出した。 AIホスピタルシステムとは、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)、ビッグデータなどを活用して、高度で先進的な医療を提供するとともに、医療従事者の負担の軽減や病院の効率化を目指すシステムである。 医療現場で使う様々なAIソフト(以下、医療AIソフト)を集約するプラットフォームを構築し、2020年秋にはモデル事業を開始する予定だ。 日本医師会と日本ユニシス、日立製作所、日本IBMの4者は2020年6月10日、内閣府の研究開発事業「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の社会実装のためのプロジェクトに取り組むと発表した。 AIホスピタルは内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期(2018年度~2022年度)の1つとして採択され、既に実証に向けた研究開発が進んでいる。 前述の4者以外にソフトバンクと三井物産も協力参加機関としてプロジェクトに加わり、2022年の社会実装を目指している。 使いたい医療AIソフトを使える世界へ 民間企業5社は医療機関や民間の検診センター、保険会社などが利用できる「プラットフォーム」を開発する。 具体的には医療AIソフトを1カ所に集約する基盤である。 今、肺のCT(コンピューター断層撮影装置)画像などをAIで解析するソフトや、パソコンやスマホで「AIアバター」を使って個人の症状などを質問し、医療機関の受診に関するアドバイスをするソフトなどが使われ始めている。 こうした医療AIソフトを新たな基盤はどう集約するのか。 「スマホ画面のように使いたいソフトを使いたいときに使える基盤をイメージしている」。 内閣府の中村祐輔プログラムディレクターはこう明かす。 「ユーザーはプラットフォームの中にたくさん並んだ医療AIソフトの中から自分たちに合ったものを使える」(中村ディレクター)。 基盤はAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を開放し、各医療AIソフトがデータ連携できるようなサービス基盤となる予定だ。 [画像のクリックで拡大表示] 同時に、臨床現場をよく知る医師などが医療AIソフトを開発しやすい環境も整える。 プラットフォーム上で教師データになるような臨床データを提供する方針だ。 基盤を作るに当たっての焦点の1つが、患者のデータの取り扱いである。 「医療機関などのユーザーが送り、AIで解析したデータはプラットフォームには残さず、解析結果のみをユーザーに送る仕組みを検討している」と中村ディレクターは話す。 開発基盤もデータは開発者には渡さず、開発者がプラットフォームに来ればデータを利用できるようなアーキテクチャーを考えているという。 この記事は有料会員限定です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮ならスマホスピタル埼玉大宮にお任せ!

ホスピタル

病院の待合室で不安な気持ちでいる人に、デザインは何ができるだろう? 2008年、徳島大学病院に小さなギャラリー設置を提案した深澤直人。 しかも展示するのは、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科「形態論」の学生作品。 ものと行為をとことん観察し、そこから新たなかたちを見出す「形態論」。 「定規」と出題されれば、蚊取り線香に目盛りをつけて提出する学生。 「手」と言われれば、出来たてのクリームパンが登場 ただし紙粘土。 あっと驚き、思わず笑ってしまう。 そうだ、この瞬間を届けよう! 真剣にかたちに取り組む学生作品は、 訪れる人びとに、新鮮な驚きや共感を呼び覚ます。 さまざまな感情が「感想ノート」に溢れ、 ギャラリーはいつしか、ほっと和む空間へと変化していく。 大学病院と美術大学、異色コラボの結晶! 1983年、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。 在学中からグラフィックデザイナー清原悦志氏に師事し、1985年、郷里徳島に事務所を設立、現在も徳島を拠点に活動。 2002年より同大基礎デザイン学科教授。 1980年、多摩美術大学プロダクトデザイン学科卒業。 2003年にNAOTO FUKASAWA DESIGN設立。 2012年、日本民藝館館長。 2014年より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授。 1969年、徳島大学医学部医学科卒業。 1988年に同大医学部泌尿器科教授。 泌尿器系腫瘍の研究、治療に取り組む。 展示スタンドや壁面フレームのマットな黒色が際立つ。 クリアガラスのケースが純度の高い輝きを放っている。 この洗練された空間が病院の一角だとはにわかには信じられないだろう。 徳島大学病院の西病棟一階ホールにホスピタルギャラリー[be]はある。 「b」は「美」を「e」は「医」を表しているという。 9メートル四方の小さなスペースは東病棟への通路でもある。 毎日そこを病院関係者や患者や家族など2千人もの人が行き来するのだ。 「病院の環境を普通の街並みのように整備したい」という院長の想い。 それに応えたのは、当時 武蔵野美術大学の教員だった深澤直人氏だった。 深澤氏はこの小さな空間に通路とギャラリーと待合室の機能を融合させた。 本書は、病院に類い稀なギャラリーが誕生した理由と創造の記録だ。 その軌跡を辿りながら、展示作品の面白さを味わうことができる。 2008年のオープン時から展示されるのは武蔵野美術大学の学生作品だ。 その作品群は思わずクスッと微笑んでしまうユニークさがある。 創作へのひたむきな想いも伝わってくる。 病院にアートやデザインを導入するエビデンスは捉えにくい。 [be]でも傍に置かれた感想ノート以外に効果を測るものはない。 しかし、書き込みの多さには驚かされる。 皆、純粋に作品の面白さに惹かれ、心情を書き込んでいる。 ここは不安を抱え病院を訪れる人の気分を変え、ほぐしていく。 そんな『サプリメント』のような場所なのだろう。 病院の問題にアートが示した解決策の一つだ。 2019年現在、ホスピタルギャラリー[be]は続いているのだろうか。 徳島大学病院のホームページを恐るおそるのぞいてみた。 武蔵美の学生作品や地元作家の展示が今も続いていて、なぜかホッとした。 美と医のコラボレーションが、こういう形で成功していることを紹介してもらえたことに感謝! 病院という場所は、診療を受けに行くとしても、お見舞いや付き添いで行くとしても気持ちが重たい。 来院者の快適さを追求するために様々なことを試みている病院が少なからずあるが、この本で紹介されている徳島大学病院は、東京の私でさえ行ってみたいと思ってしまう。 病院の玄関ホールのギャラリー「be」。 素敵だなと心が動いてしまうモノの先にいつもいるデザイナー深澤直人さんディレクションの空間なら納得。 インスタントラーメンそっくりの針金作品とか、かまぼこ板の側面に目盛りをつけて定義にしてしまう作品など、ページをめくるごとに、楽しさに微笑んでしまう。 いつの間にか、たくさん心癒されます。 おすすめ! 本書の多くの部分(半分ほど)が、著者の属する武蔵野美術大学で行われているデザインの授業・学生作品の紹介に当てられている。 また、こちらで紹介されているホスピタルギャラリーの成果については、ギャラリー横に置かれた「感想ノート」に書かれた言葉から引用した文章が書き連ねられているにすぎない。 統計学的な裏付けなどといった理論的・客観的なものは一切記述されておらず、著者の主観や「感想ノート」が根拠となっているため信用性が薄い。 私個人としては、本書は武蔵野美術大学と自身のアピール・自意識過剰な物語としか受け取ることができなかった。 ホスピタルアートに関する著書はあまり刊行されておらず、本書の内容に期待していたため正直がっかりだった。 一実践例として参考にする程度には使える本だと思うが、ホスピタルアートについて本格的に学びたい人には参考にならないと思われる。 『ホスピタル ギャラリー』というタイトルを見て、 ゆったりまったりの癒しの空間を想像したが、そんなものではなかった。 そこで展示されているのは、心の底からワクワクできるような パワーに満ちた学生の作品たちでありました。 「手」のお題で「クリームパン」 「針金」のお題で「インスタントラーメン」 「定規」のお題で「蚊取り線香に目盛り」 「うまい!」「こういうことか!」と膝を打ったり、笑ったり あるいは、しみじみと造形の美しさに見入ったり 「かたち」とはなにかを考え抜き表現している作品がもつ 「自由な発想」「アイデア」「ユーモア」「美しさ」「パワー」に 惹きつけられ、癒されてゆく。 笑うことでナチュラルキラー細胞が増え、 免疫力がアップするということも書かれています。 形態論でナチュラルキラー細胞が増えるとは。 この本を読んで、形態論というものの認識をあらたにしました。 「形態論=知っていても気づかないそのものの本質を知る知恵」は、 人の心の本質にせまるものであり、ときに美しく、ときにユーモラスであり 結果、私たちは癒されるのかもしれない、と。

次の

医療法人清風会 ホスピタル坂東

ホスピタル

院長・副院長含め医師全員が「産婦人科専門医」。 母親教室など出産へのサポート体制がある病院 鈴鹿市南江島町にある「白子ウィメンズホスピタル」は、近鉄名古屋線「白子駅」から徒歩10分ほどの場所に位置する産科・婦人科を掲げる病院です。 土曜日も夕方まで診療をしておりますので、平日の通院が難しい方も足を運びやすいかと思います。 当院長と女性医師の副院長を含め、医師全員が「日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医」の専門医資格を保有し、出産へのサポート体制を整えております。 入院病室は特別室・和室・洋室などお好みに合わせて選んでいただけます。 里帰り出産も可能ですので、事前にご相談いただければ幸いです。 また、婦人科では月経不順・更年期障害といった女性特有のお悩みを受け付けております。 「日常的にイライラする」「不眠が続く」などのつらい症状がございましたらお聞かせください。 「白子ウィメンズホスピタル」では出産や婦人科疾患の診療はもちろん、無料でご利用いただける教室をいくつかご用意しております。 14週以降で当院受診の方に向けた「マタニティヨガ」や「マタニティビクス」、28週までの前期・28週以降の後期方が対象の「母親教室」、20週以降の方の「骨盤ケア教室」、そのほか「両親学級」など多岐にわたります。 「赤ちゃんの成長について知りたい」「入院の準備の話を聞きたい」「お産に向けて体力をつけたい」など、ご希望に合わせてご参加いただければと思います。 正しい知識をわかりやすく解説するよう努めておりますので、詳しくはお問い合わせください。

次の