チャンネル登録者 1000人 収益。 【YouTube】収入を公開!チャンネル登録3万人でいくら稼げたか?

YouTubeチャンネル登録者4000人の月間収益と運営日数

チャンネル登録者 1000人 収益

2018 年 1 月 16 日、YouTube は YouTube パートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。 チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。 詳しくは YouTube クリエイター ブログをご覧ください。 ソース: Jackassみたいなノリだ あの頃はyoutubeがなかった 今どこでなにしてるんだろう WE FOUGHT IN THE MIDDLE OF TOKYO! この上記の条件をクリアできないユーザーは広告を強制的に剥がされるらしい。 つまるところ、動画に広告が表示されなくなるから、収益(ブラックサンダー代)を得られなくなるのだ。 なして、広告を掲載できる条件が厳しくなったのかというと、再生数を稼ぐために一般人に迷惑行為を行うユーザーが増えたのが大きな原因のようだ。 直近だと「」の樹海や築地の動画が話題になったから、彼は輩の代表として世界中の人たちから恨みをかうことだろう。 でも彼は絶対に裏返ると思うな。 先日も似たようなこと書いたけど、悪いことして有名になろうが、真面目にしてたら印象は上書きされてひっくりかえるから。 んなもんで、こういう世界ってファンとアンチを増やしたもの勝ちだろう。 その他に、スパムや違法動画をあげるユーザーの対策でもあるんじゃなかろうか。 あのイナゴ達は運営にいくら佃煮にされても、懲りずに新しい垢を作成して動画あげまくってくるようだから。 ;: サラサラ.. チャンネル登録者数1,000ってかなり厳しいような… チャンネル登録者数1,000ってけっこうハードルが高いと思うから、スパムや違法動画うpしてるユーザーにとっては「ざまぁ」だが、不特定なジャンルの動画をあげる一般人には過酷な数字な気もする。 なぜなら、つべって再生数が稼げそうな動画をあげたとしてもチャンネル登録されるとは限らないうえ、顔を出さない一般ユーザーがチャンネル登録者数を増やすには、特定のジャンルの動画を定期的にうpし続けないといけないからだ。 話題になるような神スキルでも取得してない限り簡単に増やせる数字ではない。 そういや昔、戦闘力1,000ちょいのサイヤ人(ラディツさん)が地球に来たけど、地球最強のピッコロと悟空が二人がかりでやっと倒せたくらい強かった。 ちなみにこの戦闘で悟空は死んだ。 その1年後、戦闘力1000ちょいの栽培マンにヤムチャさんも殺されてる。 登録者数1,000ってそれくらい強大な数字なのだ。 ナッパなんて蘇ったときにベジータさんに一瞬で殺されたけど、昔のZ戦士は戦闘力数千のナッパ相手にTVで何時間もかけて戦ってたほど強かったのだ。 全王様が観戦してたら地球が消し飛ばされてたほど弱小レベルだけど。 とにかく1,000って力は、亀の甲羅を背負って1年くらい修行したくらいでは越えられない壁なんだ。 短い動画メインで1年の総再生数4,000時間って可能? リニューアルされるYoutubeの収益化させられる条件は、チャンネル登録数1,000だけではない。 1年の総再生数時間が4,000時間必要なようである。 1年の総再生数時間が4,000時間ってことは、1日約11時間視聴してもらわなければけない!? わしがyoutubeにあげてる動画は数分で終わる短いものが大半だから、この条件もけっこう厳しように感じた。 でも、レポートから再生時間を調べてみると、一ヶ月(30日)に2,636時間再生されているようだから、1日87時間ほど再生されてる計算になる。 意外だ。 ということで、短い動画しかあげない人でも、動画をたくさんあげて、なおかつ、サイトやブログやSNSなどに貼り付けるなどしておけば、1日11時間は案外簡単にクリアできる数字なもかもしれない。 ちなみに、再生時間を稼ぎたいのであればノイズの入らない「ICレコーダー」でも買って環境音を長時間録音してうpすればいいんじゃなかろうか。 、、、などのような環境音は作業用BGMとして垂れ流す人もいるので再生時間を稼げそう。 こういう規則的な音や人の声を聞くと脳の集中力が増すらしいです。 月数千円でもありがたいでござる 月の収益が数千円だったとしても、バイトが禁止されてる学生や結婚しているリーマン、そして引き篭もりニートにとってはいい小遣い稼ぎだと思うんだよね。 現代人が何を買うのかわからないけど、まあジュース買ったり、たまにはお昼にちょっと高い弁当を買ってみたり、ちょっとした趣味に費やしたりできる金額だと思うので。 んなもんで、収益が入る楽しみを奪うと動画をあげるモチベーションも失われてしまうことだろう。 ちなみにおれもYoutubeの収益がなくなると思ってたけど、あとでチャンネル登録数見たら1,108人いるじゃないか。 ちなみにわしの最近のつべの収益は 10,000~15,000ペリカほど。 「たんぽぽ温泉デイサービス」で換算すると10~15kmを歩いたことに相当する。 カイジにしか見えん。 100m歩いたら100ペリカ。 ほんで1日外出券的なものが150万ペリカだから1500Km歩かにゃならん。 ざわざわ…チンチロで勝負するしかないぞ。

次の

YouTubeでチャンネル登録者1000人を超えてる人と超えてない人の違い

チャンネル登録者 1000人 収益

コメント欄で売名するのは非効率 はじめしゃちょーやHIKAKINさんのコメント欄で「チャンネル登録してね~」なんて言っててもチャンネル登録者は全く増えませんよ。 もしかするとHIKAKINさんのファン達にコメント欄で叩かれるかもしれないのでおすすめしないです。 ここだけの話、 コレコレさんの所で売名するほうが何万倍も効果があります^@^ コレコレさんを知らない方の為に簡単に説明すると、主にニコニコ生放送・ツイキャス・YouTubeで活動している方で、 YouTubeのチャンネル登録者数はなんと100万人!! 最近は『Kore:ct』というアイドルもプロデュースしている凄い人です!! さらに、コレコレさんのファンには若い方が多く、新しい物好きのため、コレコレさんがチャンネルを紹介するとあっという間に登録者が1000人突破します。 「売名」って聞くとなんかいい意味には聞こえませんよね。 でもなぜコレコレさんは売名行為を許してるんでしょうか。 コレコレさん曰く、貧乏生活を経験していたこともあり人気が出ない辛さは知ってるからとのこと…良い人すぎ;; それでは、具体的な売名方法の解説に移ります。 売名方法 コレコレさんがツイキャスまたはYouTubeで生放送をしているとき、 Twitterのダイレクトメッセージで自分のチャンネルの紹介動画を送りましょう。 それでは売名動画を送るときの注意点をまとめました。 POINT・動画の長さは30秒くらい ・「コレコレさん」と動画で言う ・著作権に触れるものを使わない この3つが守れていないと売名させてくれません。 少し分かりづらかったと思うので少し補足すると、「コレコレさん」と動画で言うことの意味はこの売名動画はネットで拾った動画ではなく、売名用にしっかり作った動画であることをコレコレさんに証明するために必要です。 あと、あたりまえですが著作権に触れることも紹介動画では禁止です。 主にアニメのBGMとか使ったり、何かのキャラクター画像を使ったり… 完全なオリジナル動画でお願いします。 基本的にコレコレさんは夜22:30から生放送してるので、タイミングを見計らってTwitterのダイレクトメッセージを送りましょう。 ツイキャスが多い 1000人行くのにどのくらいかかる? コレコレさんに売名したらどのくらいでチャンネル登録者1000人行くか気になりますよね~何時間?何日? 平均して5分でチャンネル登録者1000人を突破します。 実際にコレコレさんに売名をしてチャンネル登録者数が1000人突破した事例を紹介します。 セントラルドグマ チャンネルの伸び売名前:40人 売名後:1600人 作ったばかりのチャンネルなので、動画の方針は分かりませんが、たぶん癒し系です。 ワンちゃんが出てるので このチャンネルは売名後わずか10分で1600人に達成しました! コレコレさん凄すぎ… 他にもコレコレさんの所で売名して、チャンネル登録者が増えた歌い手の方やゲーム実況者・バーチャルユーチューバーの方などいます。 コレコレさんの新企画に参加しよう! .

次の

【難しい】YouTubeチャンネル登録1,000人超えるまでの推移!【実体験】

チャンネル登録者 1000人 収益

もくじ• チャンネル登録者1,000人はどのくらい難しいか 厳しい厳しいと言われるチャンネル登録者1,000人という参加基準。 分析に使用するのはというWebサイト。 YouTubeを分析するサイトの中では最も登録数が多く、YouTubeチャンネルの細かい情報をほぼリアルタイムで見ることができます。 この記事を書いている時点でSOCIALBLADEに登録されている数は 約2,100万チャンネルもあります。 (2018年1月18日時点) それに、SOCIALBLADEには チャンネル登録者5人未満のチャンネルは登録できないようになっているので、 動画を投稿していないほとんどのチャンネルを除外できるという意味でも今回の分析に適しています。 分析する方法は面倒だけど単純。 ーーー ということでチャンネル登録者がピッタリ1,000人のチャンネル見つけました。 (チャンネル名はわからないように目隠しています)• チャンネル登録者1,000人• SOCIALBLADE内のランク 2,354,015位• チャンネル登録者5人未満の動画投稿者が含まれない• チャンネル登録者5人以上でも動画を投稿していない人が含まれる(と言っても、SOCIALBLADEに登録される可能性は低いのであまり心配いらない)• チャンネル登録者5人以上でも、SOCIALBLADEに登録されていないチャンネルが非常に多い この中でも最後の理由について、 1000人以下のチャンネルはSOCIALBLADEに登録されていないことが多いです。 (試しに運営歴が短めのジャンルであるVtuberで、1,000人以下のチャンネルを片っ端から1,000個以上は調べてみましたが、 100人以上のチャンネルでもSOCIALBLADEに登録されているのは1割ほどしかありませんでした) よって、言い換えると、チャンネル登録者1000人だと 最低でも上位11%、実際はもっと上位に位置する可能性が高い、ということになります。 ーーー さらにあとで詳しく書きますが、 1,000人になるまで1年以上かかることは当たり前、1,000人まで収入はゼロで、収益化できたとしても一体どのくらいの収益になるのか分からないまま突き進まなきゃいけないので、1000人になるまでモチベーションを保つのがはっきり言って厳しすぎます。 そう考えるとYouTubeがぶち上げてきた、収益化のためにチャンネル登録者が1,000人必要というハードルは、やっぱりかなり高いということがわかりますね。 YouTubeチャンネル登録者数の割合 せっかくなので チャンネル登録者数の分布がどのようになっているのか、他の人数もかなり細かく分析してみました。 実際は 上下の偏りがもっと激しくなります。 登録者数 SB順位 上位% 100 8683358 41. 100人以下のチャンネルがいかに多いか分かりやすくなっています。 登録者数 SB順位 上位% 100 8683358 41. 「過去12ヶ月4000時間」に必要な再生回数 もう一つの基準についても書いていきます。 過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上 ってことですけど、普段目にする数字は「再生回数」のほうなので、時間で書かれてもイマイチピンときません。 平均視聴時間が分かれば簡単に計算できるので、動画を投稿している人は自分のアナリティクスの平均視聴時間を見てみてください。 この240,000分を平均視聴時間(分)で割り算すると、1年間に必要な再生回数ということになりますね。 平均視聴時間ごとの必要な再生回数は以下の通り。 平均視聴時間(分) 必要な再生回数(年) 必要な再生回数(月) 1 240,000 20,000 2 120,000 10,000 3 80,000 6,666 4 60,000 5,000 5 48,000 4,000 6 40,000 3,333 7 34,285 2,857 8 30,000 2,500 9 26,666 2,222 10 24,000 2,000 なぜ「再生回数」ではなく、「再生時間」が基準になっているかというと、たぶん、チャンネル登録者と再生回数はツールで簡単に水増しできてしまうので、 ズルしにくいように「再生時間」を基準に組み込んでいるんだと思います。 もし不正にツールを使って時間を増やそうとしても時間がかかりますから、ある意味、防波堤として重要な役割を持ってそうです。 ーーー さて、ここまで書いてきたことを踏まえて、• チャンネル登録者1,000人• 過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上 どちらの基準を達成するのが難しいでしょうか。 今までさまざまなチャンネルのSOCIALBLADEを見てきた限りでは、チャンネル登録者1,000人のほうが難しいと感じている人が多い印象ですが、どのようなチャンネルを運営しているかでも変わってきそうです。 検索や関連動画からの流入が見込めるような、 情報として需要がある内容であれば、1ヶ月の再生回数が数万回のチャンネルはよく見かけることがありました。 その情報そのものを得ることが目的であれば、満足したら離脱するのでチャンネル登録する理由もなく、 再生回数に対してチャンネル登録者は伸びにくくなります。 逆に顔出しYouTuberやVtuberのように、 人物(キャラクター)に対する人気が重要になってくるチャンネルだと、先にチャンネル登録者の基準を超えることがあるかもしれません。 これだと相対的にチャンネル登録者は伸びやすくなります。 キャラクターありきの視聴で配信(生放送)を主軸にするなら、再生回数は気にせずに一人あたりの視聴時間を長くしてスパチャで収益性を高める方向でも良いのかもしれません。 重要なのは、 自分のチャンネルの特性を把握して運営ができるかどうかです。 最後にもリンクを貼りますが「」という記事にもそういうことを書いています。 モチベーションが下がる問題 YouTubeクリエイターブログには、影響を受けるチャンネルについて以下のように書かれています。 つまり、 収益化の基準が変わったことによって収益が得られなくなるチャンネルは、どのくらいの損失になるのか、ということ。 5 ドル未満であったことがわかっています。 引用: ざっくり日本円に換算してまとめると、• ほぼすべてのチャンネルが 年間収益 約11,000円未満• なので元々「YouTubeの収入が無くなると生活ができなくなる」という人はほとんどいなくて、「収益発生するのが面白かったのに楽しみが無くなるやん。 やる気なくすわー」という人のほうが多いように思います。 確かに全然生活できる収入じゃなくても、なんか 自分の投稿した動画から収益が発生するってプライスレスな面白さがあるので、突然無くなると愚痴の一つも言いたくなります。 それに年間数千円だったとしても動画に使う機材を買ったりできるので、より良い動画を作ろうという動機付けにもなります。 なので、 心配なのはニッチなジャンルで一生懸命活動している人のモチベーションが落ちて、更新をやめてしまうんじゃないかということ。 元々視聴者が少ないジャンルだと、高クオリティな動画を投稿していてもチャンネル登録者が1,000人に満たないことがよくあります。 (興味を持つ絶対数が少ないジャンルや切り口だとどうしようもない) できればそういうクリエイターの動画は情報として役に立つことが多いのでやめてほしくないですが、動画投稿は撮影や編集に手間がかかるので、モチベーションが高くないとなかなか継続できません。 かと言ってチャンネル登録者はすぐに増えるものじゃないので、1,000人未満で収益がそこそこあった人はいったいどうすりゃいいんでしょうか。 動画がしっかりしていて1,000人までもう少しなら続けられるでしょうけど、例えば300人くらいで、増えるペース的に1,000人に到達するのが1年後になりそう、という状況だとつらい。 そういうことを考えると今回のYouTubeの決定は結構過激で、金額以上に衝撃を受けているクリエイターが多いだろうと思います。 どうやったら新基準をクリアできるのか ここまで長々と「新基準がどのくらいの難しさなのか」ということについていろいろと分析してみましたが、じゃぁ実際に基準をクリアするために何をすればいいのか・・・。 当然ですけど、 YouTubeのチャンネル登録は、次も見たいからするのであって、まずは自分の動画を見た時に次も見たいと思うかどうか客観的に見ることが大事ですね。 あと、そもそも自分の投稿しているジャンルの動画は、YouTubeの 視聴者が多いジャンルなのかどうか。 (強い人がいるのは悪いことばかりじゃなく、2番手以降でも関連動画からの流入が見込めるメリットもある) そういう外部要因にも強く影響を受けるので、当然その条件が良いほど、クオリティが高くなくても見てもらいやすくなります。 そういう意味では ゲーム実況はレッドオーシャンなので、差別化できるもの(プレイの上手さ・編集・トーク・知識・ゲーム好き・声・新作ソフト・人気ソフトの選択眼)などを持っていないといくら頑張っても伸ばせません。 とにかくがむしゃらに良い動画を作ろうとするより前に、まずは 検索や関連動画に出てくるチャンネルの動画をいろいろ見て、自分と何が違うのかよく観察することが大事。 そして、もし「自分には無理っぽい」と思った時にどうすれば良いのか迷ったら、好きだったり伝えたいことがあるならお金のことを考えずにやれば良いと思います。 同じような人と交流できるし、お金以上のメリットがあるはず。 逆にお金が最優先の場合は稼げないとモチベーションが下がるので、自分のできることやジャンルの条件の良さを考慮して、良いジャンルを探し、良い切り口を考えましょう。 (どっちみち動画を投稿してみないとわからないことのほうが多いですが) ただしぶっちゃけ、 お金最優先は単純に難しくて運にも左右されるし、手間もかかるのでおすすめできません。 とてもじゃないけど結果が出るかどうか分からないのにモチベーションを保ち続けるのが大変でしょう。 登録者1,000人だとどのくらいの収入になるのか これはあんまり鵜呑みにしてほしくないですが、 自分はチャンネル登録者1,000人の時点(2015年10月)で1ヶ月の再生回数が約5万回、収益はだいたい樋口一葉さんが1枚、まさにお小遣いという感覚です。 道のりはたぶん普通の人より長く、最初の動画を投稿したのは2009年6月。 最初の3ヶ月で一気に53個の動画を投稿していたけど、そこからほぼ動画投稿はせず、2014年6月まで約5年間でチャンネル登録者は152人、月々の収益は数百円ほど。 8,000円を超えないと振り込まれないので、1年以上収入にならない状態でした。 お金目当てだったら絶対やめてたと思います。 2014年7月から何となく動画を撮りたくなったので、3ヶ月で186個ほどの動画をアップ。 そこから徐々に伸びていき、2015年10月にチャンネル登録者1,000人に到達。 約850人増やすのに1年3ヶ月かかった計算になります。 ーーー なんか文字で書くとあっさりしてますが、 機材と知識と試行錯誤が必要なので、1,000人の時点でも確実にお金の面では損してると思います。 収益目当てだったら全く割りに合っていません。 面白さややりがいが無いと、とてもじゃないけど続けられないでしょう。 年単位でやっても面白いと思えるなら登録者1,000人は超えられると思います。 ちなみに、収益はチャンネル登録者数と比例するわけじゃないので、実際に収益化してみないとどのくらいの収益になるのかわかりません。 見聞きした範囲だと1再生0. 3円の人もいれば、0. 05円の人もいます。 そういう意味では、1,000人になるまで収益額が全然分からないのに、収益目当てで突っ走るのはモチベーションを保てません。 チャンネル登録者が少なくても再生回数が多い人もいるし、その逆の人もいるし、また、動画のジャンルによって配信される広告が変わる(単価が変わる)、視聴者層が変わる(クリック率が変わる)ので、まったく予想ができません。 なので、まだ登録者が1,000人まで遠い人やこれから始める人は、収益を目当てにすること自体おすすめできない状況になっています。 お金じゃない楽しみを見つけるのが一番良いんじゃないでしょうか。 グレーな動画は新しく始めにくくなる テレビ・アニメの無断転載や、ネット上のコンテンツをパクった字幕スクロール動画など、お金儲けのためにグレーな動画を投稿する側の気持ちになったらよくわかると思いますが、新しく始める場合、これからはチャンネル登録者が1,000人になるまで収益化できず、収益率もわからないまま、しかも1,000人になっても審査に通らなかったらそこまでの作業がすべて無駄になるので、お金を稼ぐ手段としては非常にリスキーになると思います。 しかもこれらの手法はトップページ・関連動画・検索からの爆発的なアクセスが頼りなので、今まではすぐに収益化できていましたが、それが1,000人になるまで収益ゼロなので、作業が非常にしんどくなります。 今後、上記のような手法のチャンネルが審査に通るかどうかで変わってくると思います。 (YouTubeはなんだかんだ著作権違反の動画も放置しているので) ということで、個人的にはお金最優先でグレーな動画を投稿する作戦は、長い目で見ると愚策になりそうな気がします。 相互チャンネル登録や登録者の購入は違反 そして他にも気をつけないといけないこととして、チャンネル登録者1,000人にもう少しだからといって、 相互チャンネル登録をTwitterで呼びかけたり、チャンネル登録者を買うことは違反になるので、やらないように気をつけてください。 SOCIALBLADEで登録者の増減を見ると不正が簡単にわかりますし、公式ヘルプにもはっきりと書かれています。 別のクリエイターのチャンネルに登録することの見返りとして、自分のチャンネルへの登録を提案すること(Sub4Sub とも呼ばれます)は許可されていません。 相互チャンネル登録を提案したクリエイターは、 チャンネル登録者数が減らされたり、利用規約違反警告を受けたり、チャンネルが停止されたりするおそれがあります。 また、自動化された方法やマーケットプレイスを利用して YouTube チャンネル登録者数を増やそうとするサービスは、YouTube 利用規約の以下の条項に違反します。 第三者のウェブサイトから チャンネル登録者を買うこと 第三者のウェブサイトで提供される、複数のチャンネルに登録させる代わりにチャンネル登録し返す相互チャンネル登録と、そのサービス 引用: ただ、そうは言ってもTwitterでは相互登録が当たり前のようにやり取りされているし、事実上は運営もスルーしているように見えます。 それに、相互登録については以下のようにも書かれているので、相互し合う間柄によってはOKで、線引きはそこまで厳格に決められてはいません。 友だち同士でチャンネル登録することや、視聴者にチャンネル登録を呼びかけることは問題ありませんが、相互チャンネル登録の一環としてチャンネル登録を行うことは許可されていません。 少なくとも YouTubeやTwitterで不特定多数に相互チャンネル登録を呼びかけるのは違反ということは知っておきましょう。 まとめ もうすでにお金を稼ぐための市場としてはそんなに魅力的ではなくなりました。 何かで差別化できないと、埋もれて時間の無駄になるので、お金以外の楽しみを感じる人じゃないとYouTube投稿はおすすめできません。 ツールとしては優秀なので、今まで投稿したことがない人も、最初は収益化のことを考えずにやってみたら良いと思いますよ。 「」という記事も書いているので合わせてどうぞ。 最後に、自分のチャンネルを貼っておきます。 この記事も実際にYouTubeチャンネルを運営しているからこそ書けているので、照らし合わせると面白いと思います。

次の