飯島 愛 ホロスコープ。 酒井法子被告のホロスコープ

飯島愛の死因は?没後10年、腐敗して発見された真相は?

飯島 愛 ホロスコープ

遺体の発見状況と進まない死因の特定 (以下引用) 「遺体は全体にどす黒く、腐乱が進んでいた。 とくに左の腰回り上部のあたりがグチャッとした状態で完全に腐っていて、ベロンと皮が剥がれていた。 指でうっかり触ろうものなら、もろく崩れそうな感じだった。 何よりもかわいそうだったのが、顔の状態。 上唇の腐敗が進んでいて、歯の一部が唇から外側に突き出していた。 とてもあの飯島愛には見えなかった。 うつぶせに倒れたときに床に当たって歯が唇を突き破ったのかとも思ったが、 出血の跡はなかった。 腐敗が進むにつれて、歯が剥きだしになっていったようだ」 室内には異様な臭気が充満し、耐えられないほどだったという。 飯島さんの遺体は、翌25日には東京・大塚の観察医務院で行政解剖され、死後1週間が経過していたことが判明した。 しかし、 依然、死因は特定されていない。 「警察は、行政解剖の後に肝臓、腎臓など臓器の病理検査までやっている。 現時点では自殺の線は薄いと見られているが、ハルシオンなど複数の薬が部屋から発見されており、 酒と薬の服用で意識不明となった後に死に至ったとの見方が強い」(社会部記者) だが、別の捜査関係者によれば、組織検査の詳しい結果が出るまで、 現在も事件の可能性を視野に入れた捜査が続けられているという。 それは、彼女の人生が、とくに最近の生活があまりに波瀾に富むものだったからだ。 「『 プラトニック・セックス』による多額の印税収入があったはずなのに、 貯金はほぼゼロだったようだ。 「彼女は昨年秋、渋谷署に 『 精神的におかしくなった。 1人で寂しいから話を聞いてほしい。 薬を飲んでおかしくなった』 と相談をもちかけている。 また死後の検査で、 彼女の体内から予想外の薬物が検出されたんだ。 体調が悪かったこと、金銭的に苦しんでいたこと、人間関係で苦しんでいたことなど、いろいろなことが取りざたされています。 引退前に相談していた霊能者・木村藤子 女性セブンに、飯島さんが引退前に相談していたという霊能者・木村藤子さんの話が載っていました。 (以下引用) 「引退を決めたといっていても、彼女は悩んでいましたし、必死だった。 そんななか、 彼女はたったひとつの、二文字の言葉をいったのです。 私が、とても残念だと思う言葉でした。 人間として残念だった。 何でそれに、そんなにこだわらなければいけないの?・・・・と。 そこで人生を外れてしまった。 いったい飯島さんに何があったのか。 どうして亡くなってしまったのか・・・。 真実が明らかになる日は、来るのでしょうか・・・。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 まだ残されています。

次の

スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(1)「秘密をバラすと脅した」と・・・

飯島 愛 ホロスコープ

飯島愛さんの死の状況 飯島愛さんは渋谷インフォスタワーという100万円を超える高級マンションに住んでいました。 亡くなったのは芸能界を引退したあとのことです。 当時は近所づきあいの希薄化がたびたびニュースや討論番組で取り上げられ、孤独死が社会問題化しつつありました。 発見したのはたまたま飯島愛さんの自宅を訪れた知人。 部屋は暖房が入ったままで、すでに1週間が経過していたため、遺体の腐敗は凄惨を極めるものだったと言われています。 時代を時めいた超有名タレントとは思えない事実は悲しい最後でした。 享年36歳。 あまりにも若い。 亡くなった時期は医師の診断で12月17日前後、世間はクリスマスムードだったことを記憶しています。 スポンサーリンク 飯島愛さんの死因の真相 飯島愛さんは体調不良を理由にタレントを引退しています。 母親に語った引退理由は年を取ったら化粧でごまかしていることがばれるからだそうです。 当時はさまざまな憶測が流れました。 ウワサによると暴力団と関係があったとか、 立ち上げた会社絡みで恨みを買っていたとか。 司法解剖で薬物反応が出たため、薬物の使用が疑われたり。 しかしその薬物は服用中の風邪薬のものだったとされ、自宅から薬物は発見されなかったことから 乱用の疑いは消えました。 エイズという話もありましたが、主治医の産婦人科医が否定しているようです。 検査では陰性だったとのこと。 タレント以前の仕事の内容や、エイズ啓発運動もしていることを鑑みると、産婦人科に通っているのは普通のことだと思います。 最終的には肺炎が死因とされましたが、当時飯島愛さんは精神的に追い詰められており 睡眠薬を服用していました。 「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人と交際していたという デマが2ちゃんねるで拡散され、それを信じた不特定多数から熾烈な攻撃を受けていたのです。 2008年当時はフェイクニュースや、嘘のネット情報に対する疑いの視線が 全くない時代。 「真実は全てネットにある」 とまで言われるほど皆ネット情報を妄信する時代でした。 引退後もイベントなどで活動していたことから、芸能事務所との 折り合いも悪かったようです。 このような状況だったので精神的に参っていても不思議ではありません。 遺体の状態も良くなく、 そのため、その本当の死因ははっきりしておらず、謎のまま。 怒鳴りつけられるという「耳鳴り」に苦しんでいたり、主治医の産婦人科で何時間も放心状態だったり かなり苦しい状況だったようで、その死には肺炎や服用している薬の作用など複数の要因が絡んでいるともされています。 ここからは当サイト管理人の当時の記憶なのですが、とあるテレビ番組で、登場したタレントの私生活から 医師が残り寿命を割り出すというバラエティ番組がありました。 その番組に飯島愛さんも登場しており、私生活を暴露。 それは「夜、寝ころびながらお菓子をたべつつ、そのままねむってしまう」など とても不健康な私生活ぶりでした。 その私生活ぶりから医師が導きだしたのこり寿命は5年。 VTRもおそろしいもので、体がぼろぼろになって突然死するだろうという結果。 飯島愛さんが「それはありえない!」と医師の忠告を否定していた姿を朧気に覚えています。 当時私は高校生だったので、番組の詳しいタイトルなどは覚えていないのですが、ゴールデンタイムに やっていたはずなので、記憶に残っている人もいるのではないでしょうか。 実際には5年も持たなかった。 大学生の時に飯島愛さんが亡くなったことを知って真っ先にあの番組を思い出したのです。 実際は芸能界を引退し、会社を立ち上げ、社長になったのだから、 もう何年もたっているのだから、私生活は健康なものになっていた可能性もありますが、 個人的には、食生活をはじめとする生活スタイルも死因に関係していると思っています。 少なくとも他殺の可能性はないといっていいでしょう。

次の

スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(1)「秘密をバラすと脅した」と・・・

飯島 愛 ホロスコープ

謎の密室死から3年。 直接の死因は肺炎だったが、当時、 「死の直前に何かにおびえていた」など、さまざまな情報が飛び出し、いまだ「怪死の真実」は謎に包まれている。 そんな中、当時飯島を死に追いやった「犯人」と名指しされた親友ホステスが、初めて「真相」を本誌に語った。 私は3年前、こうネット上で名指しされていました。 確かに愛が亡くなる前後に愛のブログの中で、私の名前をかたり、彼女を中傷する言葉が何度も書き込まれていたのは事実です。 言葉を選び決然と話すのは、銀座でホステスとして働きながら、ノンフィクション作家としても活動する倉地明美さんだ。 飯島愛(享年36)の3歳年上の彼女は、飯島とは20年来の親友で、冒頭のように名指しされた直後も、「何を言われても私と愛は強い絆で結ばれている」と、ひたすら耐えた。 しかし書き込みはエスカレートし、倉地さんは精神的苦痛から自殺も図った。 そんな体験から、飯島の死について長く沈黙してきた彼女が、心の落ち着きを取り戻し、今回、コトの真相を語ってくれたのだ。 飯島との出会いから、いさかい、そして自身がなぜ、犯人扱いされたのか。 それを語ってもらう前に、もう一度、飯島の 「密室死」について振り返っておこう。 AV女優からタレントに転身し人気者になったが、「芸能界で目標や夢が見いだせない」と、07年に引退した飯島が、東京・渋谷区のマンションの自室で死亡しているのが知人に発見されたのは、08年12月24日。 クリスマスイブの悲報は彼女のファンや芸能界に大きな衝撃を与えたものだ。 発見時に死後1週間ほど経過していたという飯島の死因について、当初、通常1週間ほどで出る病理検査の結果が遅れたこともあり、さまざまな憶測が乱れ飛んだ。 結局2カ月後、直接の死因は肺炎だと警察が発表。 以下、倉地さんに順を追って「自身と飯島との20年」と彼女が見た「死の真相」を語ってもらおう。 愛と出会ったのは、80年代後半のバブル最盛期。 当時19歳だった私が勤めていた、六本木のクラブのロッカー室で、愛は笑顔で私に挨拶してきた。 「愛っていいます。 今日からこのお店に入りました。 よろしくお願いします」 「今日からヨロシクね、ところであなた何歳なの?」 「えっと、19歳です」 「何だ、私と同い年じゃない。 さっそく私のお客様についてよ」 最初、こんな会話を交わし、自分のお客様の席へ案内したのが始まりでした。 その後、愛が、私が通っていたディスコ「マハラジャ」の常連だったことや偶然住んでいるところも近かったので、どんどん仲よくなりました。

次の