サイズ アウト おむつ。 重宝します!サイズアウトしたおむつの意外な活用法|ベビーカレンダーのベビーニュース

重宝します!サイズアウトしたおむつの意外な活用法

サイズ アウト おむつ

この記事の目次• 人に譲る・売る 親戚や知人に譲渡 近くに譲れる人がいるなら、捨てるよりも使ってもらった方がいいですよね。 おむつは衛生用品なので、特に開封済みのものについては、相手が衛生面を気にしない方かどうかを事前に確認したうえでお譲りしましょう。 買取サイトやフリマアプリで売る 「おむつ 買取」で検索すると、意外にもおむつの買取をしてくれるサイトが複数見つかります。 ただし、新古品および未開封品でないと売却は難しいようです。 メルカリなどのフリマアプリにもおむつがたくさん出品されていますよ。 メルカリでは開封済みの商品も多数見受けられますが、中には開封済みのおむつを出品した際に事務局から削除を要請された方もいるそう。 未開封の品物を出品するのが無難なようです。 保育園・小児科・産婦人科・子育て支援センターなどに寄付 周囲にあげられる人もいない、売却は手続きが面倒…という方は、お近くの施設に寄付できないか調べてみましょう。 保育園・小児科・産婦人科・子育て支援センターなど、おむつを必要とする施設は意外と多くあります。 もしおむつの寄付を受け入れをしている施設なら、喜んで受け取ってくれるはずです。 こんな使い方も!余ったおむつの便利な活用法 実はおむつには本来の用途以外にも、便利な活用法がたくさん!捨てるしかないと思っていた不要おむつも、視点を変えればお役立ちアイテムに姿を変えてくれます。 日用品の代用に 生理用ナプキンの代わりに ハサミで不要な部分を切って、生理用ナプキンの代わりに使用することができます。 吸収力は抜群だし、赤ちゃんのために作られているものだから敏感肌でもかぶれにくく、なかなか快適な使い心地なのだそう。 水を含ませ冷凍して保冷剤代わりに おむつに水分をたっぷり含ませて冷凍庫で凍らせれば、なんと保冷剤に変身! 実は、保冷剤の中身はおむつと同じ吸水ポリマーなのです。 氷ほど冷たくなり過ぎずヒンヤリと優しい冷たさになります。 また使い捨てできるので、衛生面も安心。 胸が張って痛い時に冷やす、真夏のベビーカーに敷いて上げる、ペットボトルをくるむ…などなど、活用法は様々! 片付けや掃除に活用 使用済み油の処理に 使い終わった後の揚げ油を、新聞紙やキッチンペーパーに含ませて捨てていませんか?おむつはその代用も可能!要らない牛乳パックなどにおむつを詰めて油を注ぐと、ぐんぐん吸い取ってくれます。 拭き掃除に使う お子さんが盛大にこぼしたお水やジュース、雑巾だと何度も絞って拭かなければならなくて大変ですよね。 おむつなら、大量にこぼした水分も抜群の吸水力で瞬時に吸い取ってくれます。 同様に、トイトレ中のおもらしの掃除や、結露がびっしりついた窓の拭き掃除などにも便利に使えますよ。 おねしょした布団の吸水に お子さんが布団におねしょをしてしまったら、おねしょの箇所におむつの吸水面を当てて、上から手で押したり、足で踏んだりしてみましょう。 タオルや雑巾で同様のことをするよりも、おしっこがたくさん吸い取れます。 そして吸い取った後洗わなければならないタオルや雑巾と違い、おむつならポイっと捨てるだけ!とても楽だし衛生的です。 防災バッグに入れておけば、災害時に役立つはず。 また、車に常備しておけばドライブ中お子さんが急に尿意を催しても安心です。 おしっこをすぐに吸収してくれるので周りへの飛び散りも防げますし、使用後はゴミとして捨てるだけなので楽ちんです。 嘔吐の処理に お子さんが胃腸風邪や胃腸炎になってしまったときには、嘔吐処理にもおむつが役立ちます。 ビニール袋の中に、おむつを広げて入れて使いましょう。 水分を吸い取ってくれるので、処理がずいぶんと楽になります。 もしビニール袋に吐けずお部屋を汚してしまった場合も、おむつを使って拭き掃除をすれば、雑巾などを使うより迅速に処理できます。 下の子にとっておきたい!気になるおむつの使用期限は? 余ったおむつを下の子のためにとっておきたい!という方も多いはず。 おむつに使用期限はあるのでしょうか? 花王(メリーズ)やエリエール(グーン)など大手紙おむつメーカーによると、基本的に紙おむつに使用期限はないとのこと。 紙おむつの材料は化学変化が小さいため、たとえ購入から日数が経ったとしても、きちんと保管してあれば使用に問題はないそうです。 保管の際には、以下の点に注意しましょう。 ほこりが少なく、直射日光が当たらない場所で• 湿気の少ない場所で(湿気を吸って吸水力が落ちる可能性があるため)• 開封後のものは虫などの侵入が無いよう特に注意• 高温の場所は避ける• ニオイ移りを防ぐため、ニオイの強いものと一緒に保管しない 以上に気を付けて保管し、使用する際にはホコリや虫の侵入が無いか、ゴム部分の劣化が無いかなどをきちんとチェックし、衛生的・機能的に問題がないことを確認しましょう。 余らせないのが一番!まとめ買いは控えよう おむつは一日に何枚も使う消耗品だからこそ、安い時にたくさん買ってストックしておきたくなりますよね。 でも、まとめ買いには要注意です! 子どもはあっという間に大きくなり、どんどんおむつのサイズが変わっていきます。 特に新生児期の赤ちゃんは、予想を遥かに上回るスピードで成長します。 せっかく安い値段だったとしても、計画的に購入しないと逆に勿体ないことに…。 体格に大きな変化が無かったとしても、下記のような理由で無駄にしてしまう可能性はあります。 動き回るようになり、テープタイプからパンツタイプに切り替えたくなった• 肌の調子が悪くて、それまでずっと着けていたおむつでかぶれるようになった.

次の

みなさんサイズアウトしたおむつってどうされてますか?娘が2ヶ月になってすぐ新生児→Sサイズに…

サイズ アウト おむつ

赤ちゃんのお世話での必需品と言えば、おむつですよね。 おむつはメーカーがたくさんあり、種類によって特徴も様々ですが、 おむつ選びは赤ちゃんの体格に合わせて選ぶのが基本です。 その他のチェックポイントと、それぞれのおむつの特徴をまとめました。 また、サイズアップやタイプ変更、おむつかぶれなどのお悩み解決法もご紹介いたします。 おむつ徹底比較!体に合わせたサイズ選びを! おむつはたくさんのメーカーがあって、どれが一番良いのか悩みますよね。 おむつを選ぶときには、それぞれの特徴を知り、優先順位をつけて決めましょう。 【おむつ選びの比較ポイント】• 大きさ• 股の深さ• 足回り• 漏れにくさ• おしっこサイン• かさばるかどうか• 通気性• 肌触り これらのチェックするポイントについて、ママが優先順位をつけます。 例えば・・・ お肌の弱い赤ちゃん 「通気性・肌触り」を優先させる。 ぽっちゃりさんや細身ちゃん 「大きさ・漏れにくさ」を優先させる。 おむつ嫌いの赤ちゃん 好きなキャラクターのおむつを選んでみる。 など、赤ちゃんの特性によっておむつを選びましょう。 おむつの種類を徹底比較!あなたはどれを選ぶ? まずは、主なおむつをご紹介いたします。 パンパース• メリーズ• ムーニー• GOO. マミーポコ• GENKI では、それぞれのポイントについて、ランキング形式で比較してみましょう。 柔らかさ・肌触りランキング 第一位 ムーニー 第二位 メリーズ 第三位 GENKI 一位のムーニーは、断トツで柔らかく、赤ちゃんにとって履き心地がいいようです。 また、二位のメリーズは、外国でも高機能だと噂されるだけあって、柔らかいだけでなく、伸びも良いことが特徴です。 そして三位のGENKIは、テープタイプは少しごわごわしたように感じますが、パンツタイプは柔らかく履かせやすいと人気のおむつとなっています。 また、ランク外のマミーポコは価格が安いこともあってか、一番ごわごわしているといった印象を受けるようです。 漏れにくさランキング 漏れにくさに関しては、赤ちゃんの体形によって様々です。 それぞれの特徴をご紹介いたします。 パンパース 男の子はパンパースを使うと漏れるという声をよく耳にします。 パンパースは細見に作られているので、がっちりとした体格の男の子には合わないことが多いようです。 オシッコが横から漏れるというママ、後ろ(背中)からウンチが漏れるというママがいらっしゃいます。 逆に、華奢な赤ちゃんは漏れないということで、リピートされています。 ムーニー ムーニーは、お腹周り・足回りがゆったりと作られていますので、細身の赤ちゃんは漏れることがあります。 GOO. N GOO. Nは一番ゆったりと作られています。 例えば、他のメーカーでMサイズがサイズアウトしても、GOO. Nであれば、Mサイズのまま使うことができる場合もあります。 そして、やはり細身の赤ちゃんは漏れることがあります。 GENKI ギャザーが他のものより少しきつめです。 ぽっちゃり赤ちゃんの場合は、赤い跡がつくこともあります。 しかし、ギャザーがしっかりしているので、漏れることはありません。 こまめに交換することでおむつのギャザー跡がつかないように気を付けましょう。 かさばりにくさランキング 第一位 メリーズ 第二位 パンパース 第三位 マミーポコ メリーズ、パンパースは半分におりたためば一日のおでかけに必要な枚数は余裕でおさまります。 ちなみに、一番かさばるのは、ムーニーです。 ふわふわにできているだけあって、鞄の中で主張します。 おむつの柄は? 各メーカー、それぞれにおむつの柄があります。 おむつを履くの嫌がる頃は、ママの言葉も少しずつ理解してきています。 ムーニー くまのプーさん GOO. N いないいないばあ!(ポコポッテイトから変わりました。 ) マミーポコ ミッキーフレンズ GENKI アンパンマン パンパース しまじろう メリーズ うさぎ 通気性ランキング ママが重要ポイントとするのが、通気性です。 通気性が悪いと、おむつかぶれを起こしてしまいます。 第一位 メリーズ 第二位 パンパース 第三位 ムーニー 第四位 GOO. N 第五位 GENKI メリーズの通気性はピカいちですが、通気性が良すぎるために、ズボンがしっとりしていることも・・・。 また、肌に触れる部分に凹凸があるので、赤ちゃんのおしりはいつでもサラサラです。 パンパースもメリーズに次ぐ通気性の良さで、おむつかぶれを起こしにくいです。 そして、GOO. Nには、おむつかぶれを防止するビタミンEが配合されています。 価格ランキング 第一位 マミーポコ 第二位 GOO. N 第三位 ムーニー 第四位 メリーズ 第五位 パンパース 価格のみを見ると、マミーポコが断トツです。 前年度のデザインのものであれば、800円程度で売られていることもあります。 しかし、値段相当の機能性といったところです。 メリーズは、少し価格が上がりますが、それだけの機能性にママ達は満足して購入しています。 そして、おむつ業界での高級品はパンパース。 しかし、アマゾンなのでまとめて購入すれば安い場合もありますので、そのあたりを上手に使われているママもいらっしゃいます。 これらのポイントに優先順位をつけて、赤ちゃんのためにおむつを選んでも、おむつかぶれを起こしてしまうこともあります。 特にお肌が弱い赤ちゃんや、下痢などでゆるゆるうんちによって、お尻がかぶれてしまうこともあります。 おむつかぶれの時のケアは? まずは、ママがおうちででるケアを紹介します。 お尻をぬるま湯で洗ってあげる まずは、お尻を清潔にしてあげることが一番です。 ただし、石鹸でゴシゴシと洗うのは逆効果!ぬるま湯で石鹸をつけずに優しくあらってあげましょう。 しっかりとお尻を乾かす お尻が濡れた状態で新しいおむつを履かせると、せっかくきれいにしたのに、蒸れてしまって、おむつかぶれが悪化してしまいます。 おむつ交換の時におしり拭きを使った時も同様に、しっかりと乾かします。 うちわで扇いだり、扇風機で乾かしてあげましょう。 ワセリンを塗る 汗疹などの肌荒れの際に、まず小児科で処方されるのが白色ワセリンです。 肌を清潔にし、しっかりと乾かしたら、ワセリンを塗ります。 馬油やベビーローションで保湿 ワセリンの他にも、ベビーローションや馬油なども効果的です。 保湿することで、お肌にバリアができるので、摩擦によるおむつかぶれが改善されます。 成長とともに、お肌も強くなっていきますので、おむつかぶれも改善されていきます。 おむつのサイズアップのタイミングは? おむつを使っている上で、ママが悩むのがサイズアップのタイミングです。 サイズアップを考えるポイントをご紹介いたします。 体重が増えた 一番わかりやすいのが体重を目安にする方法です。 おむつのパッケージには、それぞれのサイズの目安体重が書かれています。 メーカーによって、目安体重の幅は異なります。 お腹周りや足回りにおむつ跡がついている ギャザーの跡がついていたら、サイズアップのサインです。 おむつ交換の時にチェックしてみましょう。 オシッコやウンチが頻繁に漏れる 赤ちゃんの排泄量は成長とともに増えていきます。 それに合わせて、おむもサイズが大きくなるにつれて吸収量が増えていきます。 おむつの種類を変えても漏れる場合は、サイズアップしてみましょう。 新生児用サイズからSサイズへのサイズアップはあっという間! ちなみに、新生児用サイズからSサイズへのサイズアップは、あっという間です。 新生児用でという名前がついていますが、2ヶ月直前まで使用できる赤ちゃんもいますし、おむつのメーカーを変えると新生児用が仕えたというママもいます。 ただ、すぐにサイズアウトすることには変わりありません。 新生児用サイズを買いだめするのはやめておきましょう。 SサイズからMサイズへのサイズアップは体格次第 ぽっちゃり赤ちゃんは、Sサイズもあっという間にサイズアウトし、おむつを余らせてしまったという声もよく耳にします。 およそ3ヶ月~5ヶ月の間にMサイズになる赤ちゃんがほとんどです。 そこからのLサイズへのサイズアップは赤ちゃんの体型によって本当に様々です。 6ヶ月ですでにLサイズ• 2歳になってもMサイズ• 1歳頃にLサイズに変わったけれど、痩せてMサイズに戻った 運動量が増えることで、スリムになってサイズが戻ることもあるようですね! もう一つの悩みは、テープからパンツタイプに変えるタイミングです。 テープからパンツに変えるのはいつ? パンツタイプに変えるポイントは、赤ちゃんの運動量です。 ハイハイができるようになると、動きたくておむつを履いてようが履いてなかろうが、どこかへ行ってしまいます。 ハイハイ用パンツも出ていますので、試してみてくださいね。 ネンネでおむつを変えさせてくれない場合もパンツタイプのオムツに変えるタイミングといってもいいでしょう。 寝がえりができない赤ちゃんでも、足を元気にバタバタと動かして、おむつを変えるのに手間取ってしまうことがありますので、 4kgから使えるパンツタイプのおむつも売られています。 テープタイプと両方用意しておいて、テープタイプが変え辛い時には、パンツタイプにすると、ママのストレスも軽減されますよ。 おむつはいつまで履くの? おむつをいつまで履くかどうかは、1歳半~4歳と、とても幅広いです。 おむつ選びは、成長とともに、メーカーやタイプが変化していきます。 ちなみに、おむつの使用量の目安は以下の通りです。 月齢 1ヶ月あたり 0~3ヶ月 360枚 3ヶ月~6ヶ月 300枚 6ヶ月~1歳6ヶ月 240~180枚 1歳6ヶ月~ 180枚~ これ以上に使う場合ももちろんあります。 数にしてみるとこれだけ多くの枚数を使うおむつ。 できるだけたくさんの種類を試してみて、赤ちゃんとママにぴったりのおむつを見つけてくださいね。

次の

サイズアウトしたおむつの使い道はある?譲り先や活用法のアイデア

サイズ アウト おむつ

目次 新生児はおむつ替えが多いので、いつもわが家ではおむつの箱買いをしています。 いざというときにないと困るので、いつも多めに購入しているのですが、これが失敗でした。 赤ちゃんによって成長の仕方が違うだけではなく、おしっこの頻度や量も違うということを学んだ体験をお伝えします。 新生児はおむつ替えの回数が多い!新生児はうんちやおしっこの頻度が多く、少量のおしっこをしただけでもすぐにおむつがグッショリになります。 1人目のとき、できるだけこまめにおむつ替えをしていたら、おむつが足りなくなって焦った経験をしていたので、3人目である今回もおむつを切らさないように気をつけていました。 いつも必要分より多めにストックするように購入し、いざというときにおむつが足りないなんてことがないように対策をしていたのです。 おむつの交換頻度は赤ちゃんによる私が出産した子どもたちは1人目が女の子、2人目が男の子、3人目が女の子でした。 男の子の場合、おむつの前の方がすぐに濡れるため、おしっこをしたのがすぐに確認できることが多く、できるだけ早めに交換をするようにしていました。 それに対し、女の子はおしっこをしても後ろの方に流れていくため、一カ所だけが濡れるということがあまりありません。 おむつの交換頻度は赤ちゃんにもよりますが、男の子と女の子でおむつの濡れ方が違うということを知りました。 女の子はおむつ交換の頻度が少なめ?!3人目の赤ちゃんは女の子だったので、男の子よりもおしっこをしたことに気付きにくかったこともあり、おむつ交換の回数が少なめでした。 また、3人目のときは2人目のときにたくさん必要だったからとたくさん買ってしまいましたが、大きくなるのが早かったようで新生児用のおむつが1カ月半ほどでサイズアウトしてしまいました 男の子か女の子かだけでなく、赤ちゃんの大きさや成長の仕方によってもおむつのサイズが変わるタイミングが違います。 毎日抱っこをしている赤ちゃんの体重の変化は、一番身近なママにとって意外と気付きにくいものだと思います。 赤ちゃんの成長をもっと気にしていたらよかったと思い、最近ではこまめに体重を測ったり成長の変化を気にするようになりました。 著者:永田真結4歳の長女、2歳の長男、0歳の次女を持つ母。 自身の妊娠、出産、育児に関する体験談を中心に記事を執筆している。

次の